子供 無 呼吸 症候群。 無呼吸症候群の症状はコレ!子供でもかかるの?

「子ども」の睡眠時無呼吸症候群(SAS)

子供 無 呼吸 症候群

小児の睡眠時無呼吸症候群 小児の睡眠時無呼吸症候群という病気をご存じでしょうか? 小児期は心身の成長・発達が最も活発な時期のためとても大切です。 小児は成長・発達が著しい反面、障害を受けやすく、成長も未発達です。 この時期発症する睡眠時無呼吸症候群や生活習慣の影響が後々小児の人格形成や健康状態に大きく影響を及ぼします。 睡眠の大きな役目は疲労回復と言われています。 特に小児の睡眠はきわめて重要な生活の一部分を占めており小児は成長・発達するために、必要なものを吸収合成する一方で不必要なものを排泄するために成長が著しく、月齢の少ない乳児ほど長時間の眠りを必要とします。 小児の睡眠呼吸障害、いびきをおこす代表的な疾患として アデノイド・口蓋扁桃肥大 があります。 咽頭扁桃は3-6歳、口蓋扁桃は5-7歳で最大となり学童期後半に次第に退縮します。 扁桃の程度、経過は個人差がありますが成人期まで肥大が持続することもあります。 好発年齢は2-6歳頃で成長・発達の時期に関係していると言えます。 高度に口蓋扁桃が肥大していても睡眠時呼吸障害とは限りません。 この場合、咽頭正中で口蓋扁桃が接してもその後方には鼻からの気道が確保されているからです。 しかし咽頭扁桃増殖(アデノイド)では、鼻呼吸が直接に制限され睡眠時呼吸障害が生じてしまいます。 特に乳幼児では、上気道断面積、呼吸予備能が小さく、解剖学的にも口呼吸が制限されているので、アデノイドは重大な呼吸障害をもたらします。 診断に必要な診断上の要点と検査 鼻呼吸障害が長期間にわたると、顔面筋は弛緩して口を半ば開き、下口唇下垂、鼻唇溝消失、門歯の突出といったアデノイド顔貌を呈し、重症例では荒い呼吸音が覚醒時にも聴取される。 開口すると肥大した口蓋扁桃と、口蓋垂後方にアデノイド下端を認めます。 乳幼児は鼻呼吸が大切 哺乳運動の説明を参考にすると理解しやすくなります。 安静時に正常新生児では、舌は口腔粘膜のほとんどの部位と接触しています。 下顎は上顎に比べて後方に引っ込んでおり、軟口蓋が喉頭蓋と近接しています。 吸啜は下顎と舌のリズミカルな協調運動によっておこなわれています。 舌後方部分は、ローラー様の動きで乳汁を咽頭に送っています。 このとき乳汁が流れ込まないように喉頭は上方に移動するが、喉頭蓋は気道を塞がず、鼻腔との交通を確保したままの状態です。 以上のように、 乳児では鼻呼吸しながら、同時に哺乳運動が可能である。 しかし、このような解剖学的特徴のために、鼻閉の際には口腔をバイパス路として使用するのが困難となります。 鼻閉があっても、覚醒時であれば意識的に口を通して呼吸ができます。 しかし、睡眠時にはそのような意識的な代償がなされず、鼻閉があっても無意識に鼻呼吸しようとして呼吸障害となってしまいます。 乳幼児や小児で鼻呼吸障害をおこす代表的疾患は扁桃肥大です。 扁桃は母体からの免疫が薄れる1歳過ぎから、リンパの数や大きさを増し生理的肥大を示します。 小児の睡眠時無呼吸症候群の多くは、閉塞性睡眠時無呼吸! いびきはアデノイドや扁桃腺の肥大によって鼻から肺までの気道が狭くなり、呼吸にともなって発生する雑音です。 起きているときは鼻がつまっていても口で呼吸がすることが出来ますが、睡眠中は無意識に鼻で呼吸しようとするためにいびきや無呼吸が起こってしまいます。 副鼻腔炎・鼻中隔湾曲症・アレルギー性鼻炎など鼻呼吸の障害で鼻づまりのある方にもいびきが多くみられます。 睡眠時呼吸障害(無呼吸)の合併は、予備能が小さい乳幼児や小児にとって重篤な障害となり突然死の原因となることがあります。 とくに鼻呼吸が重要である小児の解剖学的特徴を理解した上で、適切に睡眠呼吸障害を診断・治療することが大切です。 小児の睡眠時無呼吸症候群の症状 いびき、のどの渇き、倦怠感、頭痛、就寝・起床時間の遅延、寝起きが悪い、長時間の昼寝、夜間の体動、覚醒、集中力の欠如、学力低下などが起こったりします。 また、 睡眠リズムが崩れ昼と夜が逆転してしまい不登校を引き起こし、落ち着きがない、多動、人格変化(攻撃的、内向的になる)など異常行動を引き起こしてしまう場合もあります。 また、睡眠呼吸障害が長期間続いた重症例では、睡眠時の胸腔陰圧増大による 肺性心、胸郭変形(漏斗胸・鳩胸) などが生じる場合や 乳幼児突然死症候群での死亡。 慢性的な低酸素に伴う 精神遅滞 、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌障害に伴う 低身長、肥満 、抗利尿ホルモン分泌障害による 夜尿 など小児の成長・発達に大きな影響を及ぼします。 あなたの周りのお子さんの睡眠状況をよく観察してみて下さい。 このような症状がいくつか思い当たるようならば一度、耳鼻科咽喉科や睡眠障害の専門医での相談・検査をおすすめします。 当院でも検査は出来ます。 睡眠時呼吸障害の正確な診断には睡眠脳波、眼球運動、心電図、鼻+口の気流量、 胸腹運動等を記録する終夜睡眠検査が必要です。 簡易検査として、睡眠中の呼吸状況をビデオ記録すると良いでしょう。 小児では胸壁が柔らかいので、上気道狭窄による換気障害は陥没呼吸として観察されます。

次の

子供のいびきは要注意

子供 無 呼吸 症候群

アデノイド---鼻から喉につながるところ、いわゆる「のどちんこ」にあるリンパ組織で、咽頭扁桃とも呼ばれています。 口蓋扁桃 ---口蓋(こうがい)は、のど奥の両わきから飛び出しているように見えるリンパ組織です。 例えば、風邪などで鼻が詰まり短期間のいびきをかくことはそれほど問題ではありません。 子供のころ風邪を引くと、扁桃腺が腫れて熱が出た記憶をお持ちの方も多いかと思います。 しかし、 一晩中にわたる大きいびきが数か月以上続くようなら、睡眠時無呼吸症の疑いがありますので、よく調べる必要があります。 アデノイドや口蓋扁桃がある程度以上の大きさになると、鼻詰まりが生じ、慢性化してしまいます。 一般的に、 アデノイド肥大は3〜6歳、口蓋扁桃肥大は5〜7歳で最大になり、小学校高学年にかけて次第に小さくなるそうです。 成長ホルモンの分泌は質の高い深い睡眠と関係がある ここで、子供の成長にとって不可欠な成長ホルモンの分泌と睡眠と関係についてご説明します。 成長ホルモンが分泌される場所は、脳の視床下部の脳下垂体で、血管をとおって全身に行きわたります。 分泌される成長ホルモンの量は、寝始め約2-3時間の深い眠り(ノンレムス睡眠中)が最大となります。 特に、 夜22時〜午前2時は、睡眠のゴールデンタイムといわれており、この時間帯に質のよい眠りを取ることが子供の成長にも良いとされています。 昔から、 「寝る子は育つ」といわれますが本当にその通りなのです。 睡眠時無呼吸症は子供の成長にも影響を与える しかし、 子供が質の良い睡眠を確保できないと成長ホルモンの分泌もうまくいかないことになりかねません。 長期間の睡眠時無呼吸が続くと、 胸の中央が凹んでしまう胸郭(きょうかく)変形が生じたりすることもあるそうです。 【胸の中央が凹んでしまう胸郭変形】 また、睡眠中の成長ホルモンが十分に分泌されないため、 知能の発達遅れや身長が伸びないなどの障害が出る場合もあります。 アデノイドや扁桃腺の肥大による睡眠時無呼吸をそのままにしておくと、夜間に限らず日中も口呼吸が中心となってしまいます。 鼻呼吸と違って口呼吸の習慣は、細菌やウイルスに感染しやすく、風邪を引きやすくなります。 いつも風邪を引きいて、鼻詰まりも解消されないため、ますますいびきをかく悪循環になってしまいます。 子供の睡眠時無呼吸症はどうやって調べる? まずは、耳鼻咽喉科などの専門のクリニックで、 鼻や喉の状況およびアレルギー性鼻炎や蓄膿症の有無などの診察が基本になります。 疑わしい場合は、レントゲン撮影などでアデノイド肥大や扁桃肥大などを調べてもらいます。 睡眠時無呼吸症の正確な判定には、大人同様に 終夜睡眠ポリソムノグラフィーが必要となるそうですが、子供を入院させるのは不安がありますよね。 なので、最初は パルスオキシメーター簡易検査で、家での睡眠中の状況を調べることも多いそうです。 また、診断の際に 家庭での睡眠時のビデオ撮影なども有効とのこと。 子供が寝ている時の、 いびきの状態、口呼吸や無呼吸、低呼吸の有無、体動を観察することが判断材料になるようです。 子供のこんな症状、睡眠時無呼吸症かも!? 風邪など症状で、アデノイドが一時的に腫れているような場合は、薬の服用や点鼻薬で症状の軽減が可能です。 しかし、睡眠時無呼吸症になるほど アデノイド肥大が慢性化しているケースは、薬よりも切除手術を選択する場合もあるようです。 もちろん、学校も休まなければいけませんし、切除の手術は痛みを伴いすので、お子さんには辛いですよね。 また、 切除したときのリスクも考えなければなりません。 アデノイドや扁桃腺はリンパ組織です。 扁桃腺が腫れることは、病原菌がそれ以上広まらないよう防御する免疫機能が働いていることになります。 リンパ組織を切除することは免疫機能の一部を失うことになりまるので、体の抵抗力を弱める可能性もあります。 子供の成長に安心で快適な睡眠を与えることは親の義務 しかし、毎日いびきや無呼吸で苦しい子供を見ていることは親としてとてもつらいと思います。 何より、一番苦しんでいるのは子供本人です。 確かに、 手術で切除するリスクとしないリスク、難しい判断でもあります。 もちろん、手術をしないで経過観察やシーパップ CPAP で治療する選択もあります。 ただ、 子供の場合は特に、治療をしなければならない理由を理解させ、モチベーションを維持することが重要とのこと。 シーパップ治療は、大人の私でも継続できなかったのですから! ネットなどで調べても 「切除してよかった」「切除しなくても大丈夫」の両方の意見があるもの事実です。 子供の成長に安心で快適な睡眠を与えることは、親の義務だと思います。 子供の将来のために、ベストな選択をしたいですよね。

次の

子供のいびきや無呼吸の原因!アデノイドや扁桃腺の肥大

子供 無 呼吸 症候群

子どもの睡眠時無呼吸症候群で扁桃腺、アデノイドの切除手術をされたお子様をお持ちの方、またはその事について詳しい方に、子どもの手術後の改善内容の質問です。 [説明] うちの娘(年長 )が扁桃腺、アデノイド肥大による睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。 今月末に検査入院をし、結果次第で切除手術をします。 普段からよく眠い眠いと言い、集中力もなく、食が細いため身体も同じ歳の子達に比べて小さく(見た目は年少〜年中くらい、両親は標準の高さです)、出来る事や言葉もやや遅れているように思います。 (言葉はよく話すのですが、うまく説明できない。 また、聞く側になった時に言われた事が理解できていない事があります) また、睡眠時には胸がペコペコとへこむような呼吸の仕方をしています。 昨年は上記の原因(集中力欠如や遅れ)が分からず、通っている幼稚園の園長先生に相談をし、先生からは「卒園するまでにはどうにかなりそうですが、お母さんが気になるのであれば通わせてください」と言われ、昨年の9月あたりから週に1回、幼児指導教室(通級)に通っています。 来年は小学生になるので、言葉などの遅れの事などが気になり、特別支援学級等の就学相談にも参加します。 長くなって申し訳ありません。 ここからが質問内容です。 [質問] ・発達障害や知的な遅れが手術後には改善されるのでしょうか? ・食が細かったが、手術後はたくさん食べられるようになるか? ・集中力の欠如の改善はされるのでしょうか? その他、手術をしてから退院をして、その後の生活の様子や改善された点などを教えてくだされば幸いです。 長文乱文で失礼しました。 経験がある方、詳しい方、どうぞよろしくお願い致します。 補足抜けていた部分がありましたので、補足させて頂きます。 昨年(年中)の夏休み前に幼稚園の園長先生に相談した時には、上記のように「卒園する頃にはどうにかなりそう」と言われましたが、先生が情緒の面が少し気になると言われました。 今思えばその頃には幼稚園で落ち込む事や、辛かった事があってもうまく伝えられずに我慢をして、家に帰って大泣きをする事がありました。 また、指導教室の面談の際に通級の先生に言われたのが、「本人は言葉はよく話すのですが、こちらが思っている以上に聞く側になると言葉の理解ができていないのでは?」と面談の終わりに言われました。 ご質問の内容と手術の結果に因果関係があるようなら改善されるだろうし、無関係であれば変化ないでしょう。 そもそもお子様に発達障害や知能の遅れは指摘されていません。 お母様が気にしてらっしゃるだけです。 食の細い太いと手術の結果は関係なさそうです。 集中力の欠如が改善される可能性は高いです。 普段から眠たがって集中力に欠ける原因が、睡眠時無呼吸症候群による夜間の睡眠不足だった場合、呼吸が止まらず熟睡できるようになれば、集中力が改善される可能性が高いです。 胸が凹む呼吸も、扁桃腺肥大の典型症状ですので、切除すれば治ります。 できることが遅れているように見える原因が、集中力の欠如によるものであれば、徐々に本来の集中力が発揮されるようになり、周りの子に追いつくでしょう。 言われたことが理解できないように見えるのは、知恵が足りないからではなく、眠くて朦朧として頭に入っていないからでは? できてないことを見つけて気に病むのではなく、さらに一歩踏み込んで、なぜ?何が原因で?とお子様をよく観察して、お子様の立場になって推理してあげてください。 それで発達障害の疑いが強いと判断したら、相応の検査を受けてみれば良いです。 と冷静に分析していけば、見えてくることもあるはずです。 扁桃腺手術の結果、喉の痛みから、しばらくの間はよけい食が細くなるかもしれませんが、いずれ元の調子に戻ります。 そもそもお子様はなぜ食が細いのでしょう?すぐお腹がいっぱいになってしまうのか、食事が喉を通りにくいから食べたがらないのか。 後者であれば、原因の扁桃腺を取り除けば段々本来の食欲が出てくるでしょう。 前者であれば個人差です、無理に標準の量を食べさせようとすると、逆に子供にとって良くありません。 子供の体格は、誕生日の近い子と比べましょう。 幼いうちは同い年でも月齢で成長差が大きいです。 また、体格は個人差ですからあまり気にしないように。 子供のいびきに気づき、肥大扁桃腺の切除する例は少なくないので、いずれ経験者の回答もつくでしょう。 ご丁寧に回答してくださり、ありがとうございます!お礼を申し上げるのが遅くなりまして申し訳ありません。 回答頂いた1. についてですが、補足をしましたので、お手数ですが読んでください。 ですが、これから先にぐんと伸びるかもしれませんよね。 気にせずに見守りたいと思います。 長文になりましたが、ありがとうございました!!.

次の