顎ライン ニキビ。 ニキビができやすい原因とは|フェイスラインなどにできる原因、白ニキビ・しこりニキビの治し方、処方される薬など

こめかみやフェイスラインニキビの原因と対策!ニキビ跡にもなりやすい?

顎ライン ニキビ

肌は乾燥すると、肌のバリア機能を保つために、 皮脂を過剰に分泌されてしまうため、 ニキビの原因となってしまいます。 そのため、乾燥などの理由から、皮脂の分泌が増えてしまうと、すぐに毛穴が詰まってしまい、 ニキビの原因や悪化を引き起こしてしまいます。 また、顎は形状的に洗いにくい部位でもあるため、洗顔がおろそかになりやすく、 古い角質がたまりやすいといった特徴もあります。 また、ターンオーバー(肌の再生)がうまくできなくなったお肌は、ニキビが治りにくく、ニキビ跡も残りやすくなってしまいます。 過剰なストレスや睡眠不足生活習慣の乱れによって、 ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になり、 皮脂が過剰に分泌されるようになります。 皮脂が過剰に分泌されると、 皮脂が毛穴に詰まりやすくなるため、 ニキビができやすくなってしまいます。 そのため、 洗顔の際に皮脂や汚れがきちんと落としきれずに、 ニキビができてしまうことも少なくありません。 また、しっかり洗顔を行っていてる場合でも、 スキンケア(保湿)が行き届いていないと、乾燥から肌を守ろうと、 皮脂が過剰に分泌されてしまうため、 ニキビができやすくなってしまいます。 これは、髭剃りを行う際に、髭と一緒に 「角質層」まで削られてしまっているためです。 また、 肌のバリア機能が正常に働くなると、 肌のターンオーバーが乱れ、皮脂や汚れをうまく排出できなくなるため、 毛穴が詰まりやすく、 ニキビができやすいのです。 顎ニキビを治すためにはどうしたら良いの?• これまでいろんな方法を試したけど治らない• スキンケアを頑張ってるけど、変化がない• というのも、スキンケアだけでは、補えきれない・改善できない部分は 「食事」から取り入れる必要があるのです。 毎日、自炊できる方は、 栄養バランスのとれた食事を心掛けること。 自炊が難しい方は、ニキビに効果的な栄養素(たんぱく質・ビタミン類など)、 ホルモンバランスを整えてくれる食品(納豆やアボカドなど)などを意識的に摂るようにすることから始めてみましょう。 可能であれば、お肌のゴールデンタイムと言われている PM22:00~AM2:00の間に寝るのが理想的です。 早く眠りにつく方法については、下記記事でも紹介していますので、ぜひ参考してみてくださいね。 適度に身体を動かすことは、代謝アップに繋がり、 ターンオーバーを正常に戻すことに繋がります。 ターンオーバーが正常に戻れば、不必要な角質もきちんと取り除かれ、 老廃物の排出もスムーズになります。 また、適度に運動することは、 ストレス解消や 良質な睡眠にも繋がりますので、 ストレスや 睡眠不足がニキビの原因となっている方にもおすすめな方法です。 運動が苦手・嫌いな方は、ストレッチやエクササイズなどでもOKなので、ご自身が無理なく続けられるものからトライしてみてくださいね。 血液の循環が悪くなり、お肌に栄養が行き届かなくなる• ゆっくり湯船に浸かって体を温める• 体を温めてくれる食材を積極的に食べる• 運動やストレッチを行う などがあります。 特に、 女性は体質的に体が冷えやすいので、薄着は避ける、冷たい飲み物は飲み過ぎない、足元は冷やなさいなど、日頃から体を冷やさないように心がけるようにしましょう。 ニキビができてしまった・悪化してしまった場合には、使用を控えるか、 オイルフリーや ノンコメドジェニックタイプを選ぶようにしましょう。 また、女性の場合はフェイスラインに髪が触れやすいので、 ヘアケア用品(特にヘアオイル)にも注意が必要です。 ですから、ニキビを早く治すためにも、 過剰な洗顔は避けるようにしましょう。 スキンケアを選ぶ際には、しっかりうるおいを与えることのできる 「高保湿タイプ」のもの。 また、肌摩擦が少なく 負担が少ない「オールインワンタイプ」のもので、 シンプルなケアを行ってあげるのがベストです。 特に、顎やフェイスラインにできるニキビは、 乾燥しがちな大人の肌にできるニキビです。 そのため、 スキンケア(外側からのケア)を怠ってしまうと、ニキビが増えてしまったり、治りにくくなってしまいます。 しっかり治していくためにも、 適切なスキンケアをはじめてみましょう。 顎ニキビを卒業したい!最強ニキビケアならパルクレールジェル! パルクレールジェルは、 日本でもっとも売れているニキビ用スキンケアです。 お顔とボディに使えるニキビジェルで、お顔全体はもちろん、背中やお尻、デコルテなど、季節によって変化する あらゆる肌悩みを徹底的にケアすることできます。 化粧水・乳液・美容液・クリーム・パック・マッサージジェル・化粧下地をひとつでこなす、 オールインワンジェルタイプなので、毎日のお手入もとっても簡単! 余計なケアは一切せず、これ1つでトータルケアができるので、繰り返すニキビに長年悩まれている方には特にオススメしたいスキンケアです。 パルクレールジェルの特徴 2大有効成分を高濃度W配合 美容成分として欠かせない「プラセンタ」、肌のコンディションを正常に保つ働きのある「アラントイン」がぎゅっと凝縮されているので、ニキビのケアだけではなく、 肌環境までしっかりケアすることができます。 なんと98. 800種類の中から厳選した天然植物エキスたっぷりの美肌保湿成分で、キメのある、白く輝くお肌を目指します。 こだわりの無添加主義! 肌ストレス成分を一切いれない 無添加にこだわっているので、 お肌がデリケートな方でも使うことができます。 日本人の肌に合わせてつくられた 日本製なので、安心してお使いいただけます。 使用後、何日経っていても 返金対応してくれるので、今使っているニキビケア商品との比較も気軽にチャレンジできます。 コンシーラーやファンデーションでは、なかなか隠しきれないニキビやニキビ跡を優しくカバーしながら、しっかりケアできるのも魅力です。 また自分に合わないんじゃないかと不安でしたが、返金保障があったからこそ気軽に申し込むことができました。 メルラインの特徴 10種類もの保湿成分でしっかり保湿! 乾燥しがちな顎やフェイスラインも 徹底保湿。 刺激成分はゼロ!敏感肌の方も安心 デリケートな部位だからこそ、 無添加で低刺激に! 乾燥肌・敏感肌・混合肌でも使える安心感。 メルラインの口コミ このお値段で神の領域です!! 続けます!! メルライン3個目に突入!! ふと見かけたネットで、口コミを見てみたら良いことばかり書いてあるので、「どーせ、・・・」と思いながら、半信半疑で購入を決めました。! このお値段で神の領域です!! 続けます!! 色々な化粧品も使いましたが、メルラインは、何よりオールインワンなので、忙しい朝にもピッタリでした!! ベタベタしないし、スッと馴染んで気持ちの良い使用感です。 38歳の男性です。 ネットで調べてメルラインを見つけました。 最初は男性でも使える商品なのか、ちょっと疑問だったのですが、 今ではもう3ヶ月使っています。 ありがとう! メルライン。

次の

耳下から顎ラインにニキビができた!元に戻すには?

顎ライン ニキビ

[目次]• 顎(あご)ニキビの原因 顎は皮膚が厚く、 皮脂のつまりやすい部分とされています。 また、顎は皮脂腺の働きを活発にする働きのある男性ホルモンの影響を受けやすいともいわれており、顎はニキビができやすい場所と言えます。 顎ニキビができる原因として、以下のことが考えられます。 ホルモンバランスの乱れ• 摩擦、雑菌などの直接的な刺激• 間違ったスキンケア• 食生活の乱れ まずは、上記がそれぞれどのように顎ニキビの原因となるのか解説します。 ホルモンのバランスの乱れ 顎にできるニキビの原因としてもっとも大きいとされるのが、 ホルモンバランスの影響です。 女性はもともと、生理の周期によってホルモンバランスが変化します。 生理がはじまってから排卵が起きるまでの間は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が多く分泌されますが、 排卵が起きてから次の生理がはじまるまでの間は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量が多くなります。 この中でも「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は皮脂の分泌を活発にすることがわかっています。 また、女性であっても微量ながら男性ホルモンが分泌されていますが、 顎はこの男性ホルモンの影響を受けやすい部分といわれています。 ホルモンバランスの乱れは、主に• ストレス• 睡眠不足などの生活習慣の乱れ• 環境の変化 などによって招かれます。 特に、ストレスを感じると前述した男性ホルモンのアンドロゲンに加え、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)の分泌も促進されます。 いずれも 皮脂の分泌を活発にさせる働きがあるため、ニキビのできやすい状態を招くのです。 また、 生理前にはホルモンバランスの変化から顎ニキビができやすくなります。 摩擦や雑菌の刺激 あごやフェイスラインは、• 髪の毛先が触れる• 手で触れる• 衣服がこすれる 直接的な刺激を受けやすい部分です。 また、雑菌も付着しやすいといえます。 直接的な刺激によって肌が傷つき、そこに雑菌が侵入することで炎症を引き起こしてニキビが発生することがあるのです。 なお、 雑菌が付着しやすいことからできた顎ニキビは治りにくく、 くりかえすことも多いという特徴もあります。 過剰な洗顔 ニキビの原因として過剰になった皮脂の酸化があげられます。 しかし、皮脂を気にして 1日に何度も洗顔したり、洗顔後の保湿が不足していたりすることで乾燥肌になりニキビを招きます。 不規則な食生活・食べ物の乱れ 毎日の食事は、ホルモンの分泌に深く関わっています。 極端なダイエットなどによって食事でとる 栄養に偏りが出てくると、肌にも影響が出てくるのです。 特に、• 脂質や糖分の過剰摂取• 野菜やタンパク質の不足 などは体内の環境悪化を招き、顎ニキビなどの原因になります。 顎ニキビを改善する4つの対策 ホルモンバランスの乱れやスキンケア方法など、顎ニキビの原因にはさまざまなことが考えられます。 セルフケアで顎ニキビを改善したり、防いだりする方法として考えられることをご紹介します。 4つの対策(1)睡眠をしっかりとりホルモンバランスを整える ホルモンバランスの乱れを招く要因のひとつに、生活リズムの乱れがあります。 睡眠時間が十分ではないことが続くと、ホルモンバランスが乱れやすくなるのです。 そのため、 質のよい睡眠を毎日とることがホルモンバランスを整えるうえで重要になります。 また、肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルを整えるうえでも、十分な睡眠をとることは大切です。 肌のターンオーバーには睡眠中に特に多く分泌される成長ホルモンが重要な役割を担っています。 しかし、深く十分な睡眠をとれないと成長ホルモンの分泌が乱れ、肌のターンオーバーが滞るのです。 それによって、通常であれば自然と はがれ落ちる古い角質がいつまでも肌に残り、皮膚の一番外側の層である角質層が厚くなります。 その周辺に 皮脂がつまり、ニキビのもととなってしまうのです。 成長ホルモンが分泌される質の高い睡眠をとる 成長ホルモンは、以前は夜の10時から夜中の2時の間に分泌されるといわれていました。 しかし、最近では 「眠り始めてから3時間のもっとも深い眠りに入れる時間」に多く分泌されることがわかってきました。 人間の睡眠は、眠りの浅い「レム睡眠」と深い睡眠である「ノンレム睡眠」が約90分のサイクルでくりかえされます。 しかし、眠りが一番深いのは、 眠り始めてから3時間とされています。 そのため、眠りに入ってから3時間は熟睡できるようにすることが大切です。 良質な睡眠のために気をつけること 熟睡するためには、眠る前の行動や環境を整えるとよいでしょう。 寝る直前は 飲食や頭を使うことをやめる• 街灯などで外が明るい場合は 遮光カーテンを使用する• 寝る前の スマホやパソコンなどを控え、間接照明で部屋を暗くする 睡眠の質は、成長ホルモンの分泌だけではなく、日中の仕事や勉強のパフォーマンスにも影響を及ぼします。 できるところから熟睡しやすい環境を整えることからはじめましょう。 4つの対策(2)正しい洗顔・保湿でスキンケア 洗いすぎや保湿不足など、間違ったスキンケアはニキビなどの 肌トラブルを招くもととなります。 反対に、肌に合ったスキンケアを行うことで、肌バリアの正常化や健全なターンオーバーを維持しやすくなるとされています。 洗顔と保湿の2点について、行う際の正しいポイントを見てみましょう。 洗顔は朝・夜の2回に 皮脂が気になると、つい1日に何度も洗顔したくなるかもしれません。 しかし、 洗顔のし過ぎは必要以上に皮脂を取り去ってしまい、肌をより乾燥させることになります。 洗顔は朝と夜、1日に2回までにしましょう。 洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡を転がすように洗うことで、皮膚の表面に傷がつくのを防ぐことができます。 また、 すすぎ残しがないようしっかりと洗い流し、 吸湿性のよいタオルを使って水を吸わせるようにタオルドライしましょう。 ゴシゴシこするように拭いてしまうと、皮膚に不要な刺激を与えることになります。 化粧水や美容液・クリームでしっかり保湿を 保湿のポイントは、• 化粧水• 美容液• クリーム を適切に使用することです。 肌の状態や性質によって適したアイテムが異なるため、 自分の肌質に合ったものを使うとよいでしょう。 大まかな目安として、乾燥肌や肌の敏感な方の場合、 セラミドなどの保湿成分が配合された化粧水や美容液がおすすめといわれています。 一方、テカリの気になる脂性肌の場合は、 化粧水と合わせてゲルタイプや乳液といった 油分の比較的少ない保湿アイテムを使用するとよいとされています。 4つの対策(3)栄養バランスのとれた食生活 ニキビのできにくい肌を目指すうえで理想的なのは、 1日3回、バランスのよい食事を適切な量だけとることです。 食事を抑えるダイエットなどで食べる量が少なくなると、便秘や冷え性につながります。 すると、体内の老廃物がスムーズに排出されにくくなり、体内環境が悪化します。 顎まわりは特に体内環境の影響を受けやすいため、体内に老廃物がたまることでニキビが増えやすくなることが考えられます。 普段あまり野菜を食べていないと感じている場合は、食事にサラダをプラスするなどひと工夫してみましょう。 また、このほかに以下の栄養素をしっかりとることを意識してみることをおすすめします。 ビタミン ビタミンは、人間の体内でさまざまな役割を果たしますが、現代の食生活では意識してとらないと不足しやすいものです。 そのため、 ビタミンやミネラルは意識的にとることを心がけましょう。 特に、ニキビケアに役立つと考えられているのが、肌の炎症をおさえて コラーゲンを生み出す働きをサポートするビタミンC、脂質の代謝や 肌の健康を保つのに役立つビタミンB群です。 ビタミンCは、• オレンジ• レモン• イチゴ• 野菜 などに多く含まれています。 一方、ビタミンB群は食材によって多く含まれるビタミンBの種類が異なりますが、• レバー• かつお• まぐろ などに多く含まれています。 良質なタンパク質 肌を健全に保つためにはタンパク質も重要です。 良質なタンパク質とは、一般的に 人間の身体に必要かつ体内で作ることのできない「必須アミノ酸」をバランスよく含んでいるものといわれています。 魚 が良質なタンパク質と言えます。 4つの対策(4)ストレスを発散する ストレスが溜まっているとホルモンバランスが崩れ、女性でも男性ホルモンが優位になる場合があります。 そのため、 顎ニキビをくりかえしやすくなる場合があります。 そのため、ストレスをためすぎず定期的に発散することが重要となります。 なぜストレスが溜まるの? ストレスとは、 身体的・精神的に負荷がかかった状態をいいます。 ストレスがたまりすぎることで心が不安定な状態になったり、体の疲労が蓄積されるといった悪影響があり、そのままだと病気の原因にもなりかねません。 ストレスの原因は人それぞれです。 特に多いのは、人間関係から生じるストレスだといわれていますが、仕事の忙しさや睡眠不足、ストレスの生じやすい性格などがあげられます。 ストレスが溜まっているときのサインとして、以下のような状態などが続くことがあげられます。 何をしても楽しめない• イライラしやすい• 眠りが浅かったり寝付けなかったりする• 疲れやすい ストレスは早めに解消するようにしましょう。 ストレス解消法 ストレスの原因がわかっていれば、それを取り除くことが一番のストレス解消法といえるでしょう。 しかし、ストレスをゼロにすることは難しい場合が多く、 定期的に別の方法でストレスを発散したり、うまくストレスと付き合うことが大切になると考えられます。 ストレスを発散できる方法は人それぞれですが、一般的には以下のような方法があげられます。 休養をとる• 有酸素運動をする• メンタルトレーニングで日々起こることの受け止め方を変える• 人と交流する• 娯楽を楽しむ• 集中して創作に取り組む• 旅行や部屋の掃除で気分を切り替える 適したストレス解消法は、体調やそのときの気分によっても異なります。 いろいろな方法を使い分けるとよいでしょう。 症状がひどい顎ニキビは皮膚科で治療を 顎ニキビの対策を続けても顎ニキビが改善しない場合や、症状がひどくなる場合は、 皮膚科で治療を受けることも検討してもよいでしょう。 ニキビには段階がありますが、• 赤く炎症を起こして痛い状態• ニキビの中に黄色い膿がつまっている状態 まで発展すると ニキビ跡が残る可能性が高くなります。 ここまで進行している場合は、皮膚科で相談することがニキビ跡をできるだけ残さないためのポイントになります。 皮膚科では、主に以下のような治療を行います。 塗り薬の処方薬を使った治療 炎症を抑える作用のある 塗り薬を使った治療です。 ニキビの原因菌となるアクネ菌を殺菌する 抗生物質や、毛穴のつまりを改善する効果がある アダパレン、 過酸化ベンゾイル製剤などが使用されます。 飲み薬の処方薬を使った治療 重症のニキビの場合、塗り薬とあわせて飲み薬を処方される場合もあります。 アクネ菌を殺菌する 抗生物質、漢方薬などが用いられます。 レーザー治療 レーザー治療にもいくつかの種類があります。 たとえば、 炭酸ガスレーザーはニキビの表面に穴をあけ、中にたまった皮脂などを出すために使います。 また、 ピーリング効果や赤みを消す効果があるといわれるYAGレーザーを使用する場合もあります。 しかし、根本的な対処法ではないため再発もしやすい傾向にあります。 このほかにもさまざまな種類の医療用レーザーがあります。 まとめ 顎ニキビの原因として考えられるのは、 ホルモンバランスの乱れや 間違ったスキンケア、 食生活の乱れなどです。 できるだけ皮膚を清潔に保つとともに、以下のようなことを日常生活の中で意識するとよいでしょう。 熟睡できる環境を整えて良質な睡眠をとる• 正しい方法で洗顔する• 自分の肌に合った保湿アイテムを使用する• ビタミンやタンパク質を積極的にとるようにしながら栄養バランスを意識する• 自分に合った方法でストレス発散を試みる また、上記のようなことを意識しても顎ニキビが改善しない場合や、赤く腫れたり黄色い膿が溜まってきて痛いような場合は、 ニキビ跡を残さないためにも皮膚科で治療を受けることも検討するとよいでしょう。 顎ニキビを改善する対策を日常生活にとり入れ、健康的な肌を目指しましょう。

次の

フェイスライン(Uゾーン)ニキビの原因と治し方10選!

顎ライン ニキビ

そうね。 乾燥しやい顎は、保湿ケアもニキビ跡を早く治すポイント。 皮膚が厚くなりやすい顎には、ピーリングが効果的なんですよ。 ピーリングには、肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあり、皮膚が厚くなりやすい顎のニキビ跡ケアには効果的とのこと。 とくに ニキビ跡がなかなか治らない、赤みが紫色にみえる場合は、週に1~2回、ピーリングを使ったケアをプラスするとよいそうです。 私も毎日のビタミンC誘導体化粧水を使ったケアにプラスで、ピーリング化粧水を使ってみて、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と使っているうちにニキビ跡が少しずつ薄くなっていくのが実感できました。 ただ、やっぱり一番大切なことは「 自分の肌に合った化粧品を使う」こと。 だから今使っている化粧品が効果がないと思うのであれば、効果があるといわれている化粧品をお試しキャンペーン中に試すのが鉄則だそうです。 そのときに美容部員の方に教えていただいた化粧品を3つ紹介しますね。 まずは、お試すセットで1週間使ってみて、肌との相性をチェックすることが化粧品選びで大切なポイントとのことです。 ニキビ跡ケアにおすすめの化粧品ベスト3• ビーグレン ニキビ跡ケアトライアルセット 「もっと早く試しておけばよかったぁ・・・」というのがはじめてビーグレンを使った感想。 鈍感な夫からも「化粧品変えた?」と変化に驚かれたぐらいです。 美容部員の方いわく、ビーグレンは、ニキビ跡ケアに特化して洗顔料、化粧水、美容液、クリームを開発しているからライン使いもオススメだそうです。 しかもCセラム美容液には、 弱いピーリング作用があるビタミンC高濃度で配合されており、顎のニキビ跡ケアには効果的だそうです。 今ならトライアルセットが1,800円で試せるので、キャンペーン中に申し込んだほうがいいですよ。 (365日返金保証がついていたので、安心して試すことができました。 ) ビーグレンのお試しセットは、下のページ(公式通販サイト)からしか購入できませんので、チェックしてみてください。 アクポレスニキビケアスターターキット VCスターターセットは、ビタミンC誘導体の中でもとくに注目されているVC200が配合されている珍しい化粧品とのこと。 美容部員曰く、保湿力も高く、敏感肌の方でも安心して使えるのが最大の特徴だとおしゃっていました。 私も使ってみて、朝起きたとき肌がとてもしっとりして肌色も明るくなりました。 今なら30日間返金保証がついたトライアルセット(VCスターターセット)を1,800円で試せますよ。 VCスターターセットは、下のページ(公式通販サイト)からしか購入できませんので、チェックしてみてください。 また、美容部員の方が顎にできるニキビ跡の症状と対処法について詳しく教えてくれました。 症状と対処について詳しく知りたいという方はチェックしてみてください(せっかく教えていただいたのでメモとして残しています)。 顎(あご)にできるニキビ跡の特徴的な症状 顎やフェイスラインにできるニキビ跡は、「 赤みや色素沈着(シミ)が消えにくい」、「 しこりができやすい」という2つの特徴があります。 しこりのニキビ跡は、顎下や首に近い部分にできることが多いです。 2つの特徴について詳しく紹介していきますね。 症状の特徴1:赤みや色素沈着のニキビ跡が消えにくい 顔の部位の中でも顎は、ホルモンバランスの影響、体の不調の影響を受けやすく、肌のターンオーバーのサイクルが乱れやすい特徴があります。 下の図は、肌のターンオーバーのサイクルが乱れている肌の様子です。 正常な肌のターンオーバーは、新しい皮膚が生まれると、古い皮膚が自然にはがれ落ちていきます。 しかし、肌のターンオーバーのサイクルが乱れていると、図のように古い皮膚がはがれ落ちずに層になり、皮膚が厚くなります。 そうすると、赤みや黒、茶色に色素沈着したニキビ跡が消えにくくなってしまいます。 さらに、 皮膚が厚く(角質肥厚)なると、化粧水や美容液の肌への浸透が悪くなります。 ビタミンC誘導体を含んでいる化粧水を使ってもニキビ跡が治らないのは、この角質肥厚が原因になっていることが考えられます。 とくに、角質肥厚しているニキビ跡は、赤みの色が紫や赤紫色にみえる可能性があります。 症状の特徴2:しこりのニキビ跡が残りやすい 肌が膨らむしこりは、体質的にできやすかったり、ニキビが繰り返し同じ場所にできたりすることが原因でなるといわれています。 とくにケロイド状のしこりは、セルフケアで治すのが困難になるため、皮膚科での治療が必要になります。 顎にできているニキビ跡の対処法 お待ちかねの顎にできたニキビ跡の対処法についてチェックしていきましょう。 ニキビ跡は、顔の部位に関係なく、「」、「」、「」といった症状別にケアしていくのが治し方の基本になります。 顎やフェイスラインにできるニキビ跡には、「 ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う」、「 定期的にピーリングをする」、「 肌の保水力を高める保湿ケアをする」の3つが効果的です。 ビタミンC誘導体を配合した化粧水をこれまでに使ってことがないという方は、まずは対処法1のケアから進めてください。 これまでにビタミンC誘導体化粧水を使ったケアをしたことがあるという方は、対処法1にプラスして、対処法2の定期的なピーリングケアを取り入れてください。 一つずつ詳しく紹介していきますね。 対処法1:ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う ビタミンC誘導体には、「 肌の修復をたすける」、「 美白作用」、「 皮脂の分泌をおさえる」3つの働きがあります。 そのため、赤みや色素沈着のニキビ跡が消えにくい顎やフェイスラインのニキビ跡には、効果的です。 さらに、ビタミンC誘導体には、メラニン色素に直接働きかけて薄くする還元作用があります。 なかなか消えない黒や茶色のシミの改善にもおすすめです。 ビタミンC誘導体を配合しているニキビ跡におすすめの化粧水をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください(私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 対処法2:定期的にピーリングをする ピーリングには、肌のターンオーバーを正常なサイクルにもどす効果があります。 とくに皮膚が厚くなりやすい顎は、 肌のターンオーバーを正常にもどす目的で、定期的にピーリングをすることがおすすめです。 ピーリング化粧品を使って自宅でケアするためには、グリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といった成分が含まれているピーリング石鹸、ジェル、化粧水を使う必要があります。 ピーリングは、毎日おこなう必要はありません。 1週間に1〜2回の頻度でおこなうようにしましょう。 自宅でのセルフピーリングに不安がある方は、エステや美容皮膚科でケミカルピーリンを受けることができます。 グリコール酸とサリチル酸を配合しているおすすめのピーリング化粧品をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 対処法3:肌の保水力を高める保湿ケアをする 顎は、顔の部位の中でもとくに肌が乾燥しやすく、肌のターンオーバーが乱れやすい場所です。 そのため、肌の保水力を高める成分を配合している化粧品を使って保湿ケアをしましょう。 とくに肌内部の水分保持率を高める効果があるセラミドを配合している化粧品がおすすめです。 下に代表的な保湿成分をまとていますので、保湿化粧品を選ぶさいの参考にしてください。 保水力(水分をはさみこむ) セラミド、レシチン、スフィンゴ脂質 保水力(かかえこむ) ヒアルロン酸、コラーゲン 吸湿性(吸収する性質) アミノ酸、NMF(天然保湿因子)、グリセリン しこりのニキビ跡ができている方は皮膚科の治療が必要 しこりのニキビ跡は、自宅でのセルフケアで治すことができないので、皮膚科で治療することが必要になります。 とくに、ケロイド状のしこりは、病院で治療せずに放置すると症状がひどくなってしまう可能性があります。 皮膚科では、トラニスト(リザベンR)の内服、ステロイド外用、外科的切除や保険が適用されないレーザーや光治療も考えられます。 顎やフェイスラインのニキビ跡を早く治すポイント 顎やフェイスライン(Uゾーン)にできたニキビ跡は、肌のターンオーバーが乱れやすく、赤みや色素沈着(シミ)が消えにくい特徴があります。 そのため、定期的にピーリングをおこない、乱れている肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻してあげることが必要になります。 また、ピーリングには、荒くなった肌のキメを改善して、肌の乾燥を防ぐ効果があり、大人ニキビを予防してくれます。 まずは、 ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアにプラスして、週に1〜2回のピーリングをおこなっていきましょう。

次の