婚活 アラフォー。 アラフォー婚活を成功させる方法7つ! 40代の婚活は厳しい?

婚活に疲れたアラフォー必見!婚活成功の秘訣|CoCoKARAnext(ココカラnext)

婚活 アラフォー

この連載の一覧は ここでの「普通」は、ちゃんと働いて自活している、心身ともに健康で清潔感がある、口下手でもいいので思いやりのあるコミュニケーションができる、などの要素で構成されている。 該当するアラフォー独身男性が皆無なわけではない。 しかし、この世代の男性が婚活をする場合、例えば10歳ぐらい年下の女性とお見合いして結婚することも十分に可能だ。 なぜアラフォー男性は婚活市場で希少なのか だからこそ、同世代との結婚を望む「普通のアラフォー男性」は希少価値で、婚活の場に出て数カ月以内にいなくなってしまうことも少なくない。 結婚相談所で言う成婚退会だ。 今回、そのうちの1人と接触することができた。 都内でシステムエンジニアをしている横山博明さん(仮名、39歳)だ。 博明さんは関東地方の国立大学を卒業し、28歳のときに同じ業種で転職をして、現在は大企業のシステム子会社で働いている。 年収は約500万円。 残業は多くない。 あるマイナースポーツで体を鍛えており、いわゆる細マッチョな体型でスーツがよく似合う。 とりわけハンサムというわけではないが優しそうな顔立ちだ。 実家も東京にあり、70代の両親は健在で、未婚の姉がいる。 インタビュー場所に使わせてもらったのは門前仲町にある燻製バル「KoO」。 2階席を予約しておいたところ、「いい雰囲気の店ですね。 ワインも楽しみです」と博明さんは口に出して喜んでくれた。 筆者が東京滞在中に愛用している店なので褒められるとうれしい。 博明さんがある結婚相談所に入会したのは2019年の6月だった。 約30人の女性からお見合いの申し込みを受け、土日を使って1日に2、3人ペースで計10人とお見合いをした。 そのうちの1人である看護師の加奈さん(仮名、39歳)との交際を決め、11月には婚姻届を提出したという。 明らかに成功事例だが、本人は婚活に苦労したと振り返る。 「自分からお見合いを申し込んだ3人の女性からは返事が来ませんでした。 ショックでしたね。 婚活は疲れるので仕事が忙しいときは無理です。 やるならば短期集中型でやるべきだと思いました」.

次の

アラフォーの婚活は厳しい?結婚できない独身女性の現実&特徴をプロが解説!

婚活 アラフォー

もくじ• アラフォー女性はあえて厳しい婚活を選びがち!? わたしのアラサー当時は真剣さが欠如していたのは事実ですし、婚活と言いましても婚活サイトに登録したり婚活パーティーに参加したくらいでしょうか? しかもどれもこれも中途半端。 気が付けば30半ばで焦りを覚え、本格的に結婚相談所にて婚活を開始し6年間(休会やサービスの乗り換えを入れると実質3年間)もおこないなんとか成婚にいたりました。 成婚後はその結婚相談所の担当の口利きで婚活カウンセラーを職業としております。 ですのでアラフォーの婚活事情は、 自身の体験から得たものと カウンセラー従事で得たものとで皆様の思いや悩みを十分理解できると自負しております。 アラフォー女性のベストな婚活スタイルとは!? わたしもそうでしたが、アラフォーともなるとマッチングアプリや結婚相談所のお見合いなど、「初めまして!」から始まる1対1のやりとりが面倒となりませんか? そうなると人が多く集まるような婚活パーティーなどに行ってしまいがちなのですが、それがアラフォー女性はあえて厳しい婚活を選んでいるということになります。 理由は明確で、短い時間に多くのかたと接するも多くの男性が判断するのは女性の容姿であり、こちらも相手の性格を判断できずただの遊び相手探しの男性にふりまわされるだけのケースも。 わたしがもし今活動をおこなうとすればまず結婚相談所に入会し、それと同時に無料で使えるマッチングアプリを並行でいくつか利用するのがベストであると思います。 「面倒で大変そう!」と思われるかもしれませんが、短期集中で頑張られてみてはいかがでしょうか?3ヵ月集中したら1ヵ月お休みするといったペースで十分です。 私もアラフォーで婚活していたので、そこを悟りました。 面倒であれ一期一会を大切にしながら活動することが一番の近道であることを。 参考記事: 参考記事: アラフォー女がマストである現実的なターゲット設定と今すべきこととは!? あなたの年齢はいくつで、いくつの男性をターゲットとされますか? まずは年齢的なものをみていきましょう。 未婚者アンケート 対象:男性2155名 女性1461名 出典元:エキサイト婚活 上の図のとうり、• 37歳と38際の方でお相手の男性はギリギリ 42歳以上~• 39歳以上の方では 45歳以上~• 41歳の方で 48歳以上~ の方がターゲットとなっていきます。 たまに年下を希望されているアラフォー女の方がいらっしゃいます。 未婚で驚かれている芸能人の石田ゆり子さんや深津絵里さんなどであれば、たくさん希望者はいらっしゃるでしょうが、一般の方では余程の美貌をお持ちでないとまずお申込みされません。 現実は、 上の図よりもターゲットは上のかたになると自覚された方がよいでしょう。 アラフォー女性の婚活は見た目年齢で厳しさに大きな差が生じる! 30代後半の男性と40代後半の男性というと10歳も違いますが、この年代からの見た目で言いますと人によって見た目年齢はまったく異なり、30代後半の方よりも40代後半の男性の方が ずっと若々しく見えるケースは多分にありませんか? 大半の要素は、頭髪の問題を先頭に普段のお仕事柄や責任感からくるエネルギーにより、清潔感や身だしなみ等などで圧倒的な差が見受けられるのです。 男性でさえそうですので、 女性の場合は日常のスキンケアや体型維持、トレンドのアンテナなどを意識されているかたとそうでないかたとでは雲泥の差を生じさせるのですが、とくに女性は毎日お化粧をすることで鏡で自身の顔を見るので麻痺していく傾向が強いのが難点。 なかなか見た目年齢において老化には気づけません。 たまには自身のスマホで自撮りされると「ハッとなるはず」。 そこに映っている写真こそが相手が見えている姿。 これはオススメの確認方法です。 けっきょくアラフォー世代の年齢的な問題は男女問わず、見た目年齢が大切な要素となりますので、素敵な王子様がいつ現れてもよいようにアラフォー女は 自分磨きの準備を普段から忘れないことが肝心となります。 厳しいと感じる大きな要素は同年代に振り向いてもらえないからでは!? 男性の大半は若い女性を好む傾向にあるのが問題点。 その傾向は、生理的に男は子作りを求める本能が備わっているからです。 40代の男性が平気で20代の女性に駆け寄り軽くあしらわれる光景を婚活を通じて何度も目にしました。 カウンセラーをおこなっていてもアラフォー男性の希望相手の年齢は同年代はほぼなく、30代前半から30代半ばであるのは事実です。 なかには 絶対20代と言い切る手に負えないアラフォー男性もいますが、プロフィールを見て アラフォーの美人に申し込んでいるという「けっきょく、顔?」とつっこみたいパターンの男性もいます。 男は単純な生き物だなと感じるいっぽう、やはり見た目年齢が大事だなと思われます。 同年代のアラフォー男が「絶対に20代女性を」とか滑稽でしょうが、 男はそういう本能が備わった生き物であり、何度も繰り返したあげくにやっとムリな行動であることを学習します。 同年代のアラフォー男性が30代前半狙いというのは、出産の件があがってくるとアラフォー女としてはツライですよね。 その話題になると厳しいというのは納得せざる負えません。 ただし昨今は医療技術もハイペースで飛躍的な進化をしておりますので、高齢出産の例も数多く出てきております。 とはいえアラフォー女はまさに ギリギリのライン であることは事実ですので、子供の件を抜きにしましても将来の人生設計を真剣に考え、後悔しないように行動に移すことが大切でしょう。 同じアラフォー女といえど30代後半と40代前半では婚活の厳しさはまったく違うのでしょうか!? 30代後半と40代前半の厳しさはまったく違ってきますし、さらに言いますと1歳違うだけで変化するのが現在の婚活です。 と言いますのも、マッチングアプリや婚活サイトに結婚相談所しかりすべての婚活サービスがデータベースの検索が活用されるからです。 たとえばある男性は出産のことを考慮に入れ、上が38歳までと検索するかたもいれば、30代までと上が39歳と検索されるかたもいらっしゃいます。 40代においても43歳まで42歳までと、入力はさまざまです。 ここが非常にポイントであり、たった 1つの歳の違いで検索画面にプロフィール 表示される されないとなり、つまり男性の目に映るかまったく映らないかの差は確率が1か0しかありません。 これはわたしも思いっきり感じてきました。 とくに37歳から38歳になった歳と、39歳から40歳になった際の申込み激減ぶりはすさまじかった。 ですのでわたしの担当会員さんには後悔させないようにいつも「 過去に戻れないあなたの人生で一番若いのは今!」を言い続けております。 アラフォー30代後半女の婚活の現実とおこなうべき行動とは!? そもそも 30代後半女に婚活需要はあるのか?という質問をされることがあります 実は 「 大アリ 」です。 30代後半女がいなくなると、アラフォー~アラフィフ男性の婚活はまったく機能しなくなるでしょう。 とはいえ30代後半女に関しては、「焦りはせずとも急げ!」が本音であり大きなポイントです。 決して大袈裟ではない30代後半の1歳の重み! ここ数年、少子高齢化という文字がメディアを通じてよく目にします。 あわせて関連付けされているのが晩婚化であり、これに関しては国や地方自治体においても注力しております。 女性の社会進出を推進することと、このことは相反して矛盾しているようにも感じはしますが、そのような背景のもとネットやSNSや婚活パーティーや結婚相談所等の婚活支援サービスが、増加とともに多種多様に変化しているのも実情です。 とくにスマホ普及による ネットサービスは莫大な情報データを利用し、便利で簡単に婚活支援をおこなえるツールとして取り上げられ、今や結婚相談所も同等なコンテンツをフル稼働させております。 ここで上にも記しましたが、30代後半女性に襲いかかる「データ漏れでプロフィールさえ表示されないという現実」 1歳年齢を重ねるだけで お相手からの年齢の 条件検索から漏れる ことになりかねないという事です。 ~37歳まで~38歳まで~39歳まで、男性それぞれ考えが相違し検索します。 急ぎましょう! 30代後半女でバツイチの影響は!? はっきり言いまして今の時代はバツイチなど まったく影響はないですよ。 婚活で成婚した私の旦那曰く、「プロフィールを見て子持ちでなければバツイチであることを気にしたことはない、今までに籍を入れたか?かだけで、 過去の彼氏の一人という感覚で見ていた」と申しております。 私は初婚でしたが、逆にこの年齢で初婚というのを気持ち悪がられているのでは?という発想さえ浮かんだものです。 時代の流れだと思います。 アラフォー世代の考え方であり、無責任な発言かもしれませんが、籍といものの出し入れがあっただけで、長いお付き合いをした元カレがいたんだ!って感覚の方が多いのではないでしょうか? あとは、上記の「30代後半女で未婚の婚活」と意識する点は変わらないと思います。 30代後半女性でバツイチ子持ちの婚活 ご自身が思ってらっしゃるとうり、お子様がいらっしゃるという事実は正直婚活に大変 不利ではあると思います。 正直に記して気持を悪くさせたらごめんなさい。 これも男性である旦那の意見の方が役立つと思いますので、旦那曰く「お申し込みがあって、お子様がいらっしゃった場合は、お断りさせて頂いておりました」との事。 しかし普段出会いが無く再婚を希望されているならば婚活を行うしかありません。 ここ最近ではバツイチ前提の婚活パーティーなども行われておりますし、そういった企画の体験談を見てみると子持ちの件は普通に多いようです。 しかしアラフォーという年代も考えますと、専属のアドバイザーが付いてくれる結婚相談所を利用するのが妥当であると私は思います。 ちなみに私がカウンセラーをおこなっている結婚相談所の会員様の中にも同じ境遇の方はたくさんいらっしゃいますし、私が担当している会員さんで先日成婚されたかたもいらっしゃいます。 苦労されてらっしゃったので、自分のことのようにともに喜びを分かち合えました。 とはいえ無責任な発言はできませんので、まずは無料で入会前に相談所のアドバイザーにヒアリングしてみられてみてはいかがでしょうか? 参考記事: アラフォー40代前半女の婚活の現実とおこなうべき行動とは!? 39歳と 40歳は検索条件において 大きな違いが出ることは上で説明させて頂きました。 とはいえ過去を振り返って後悔してもタイムマシンもありませんので、 過去に戻れるわけはなく悔やんでいるだけでは前にはまったく進めません。 40代前半女で未婚の婚活 この恐ろしく晩婚化した日本では40代前半女性であっても 需要はあると言い切れます。 なぜならばこんな私でさえ現実に41歳で初婚成婚できましたから。 ただしこれから婚活をされようと考えられているならば選択肢は限られますので絶対に遠廻りをされないでください。 まずお見合いパーティー(結婚相談所などが主催するパーティーは除く)や婚活サイトなどは正直言って厳しいと思われますし、40代前半世代には効率が良くありません。 対策としましてコストはかかりましても、結婚相談所で活動された方が宜しいかと思います。 また多くの結婚相談所があり悩まれるかもしれませんが、サポートセンターなどではなく 専任のアドバイザーがしっかり付くようなところを選ばれたほうが絶対に宜しいかと思います。 立ちはだかる出産問題 あなたが余程の美貌をお持ちなら話は別ですが、男性は40代であろうが身の程も知らず平気で30代前半をターゲットにしがちです。 また相談所も相手の希望欄に年齢を記します。 今では40歳超えての出産も出来ると思いますが、男性側が 出産の事も念頭にあるのが事実です。 厳しいことばかりと感じられるでしょうが、あくまでもデータ上の話であり、婚活サイトのようなデータがすべてのようなものでなく専任のアドバイザーが付くような相談所では、データを抜きにしたお世話も親身になっておこなってくれるところはたくさんあります。 また条件希望欄には当てはまらないが、その条件希望近辺の方をアドバイザーさんに勧められて直接会ってみたら意気投合というケースも多いです。 これって 条件検索の欠陥ですよね? あと追記しますと、ターゲットはアラフィフにされるのが賢明です。 同年代の男性の大半は完全に30代をターゲットとされていることだけは間違いないと思われます。 アラフィフなどムリ!と言われる方は難しいでしょうが、アラフィフでも見た目年齢が若い方もいらっしゃるでしょうし、仕事に生きてしまってご縁のなかった素敵な方もいらっしゃいますよ。 40代前半女でバツイチの婚活 30代後半女でバツイチの婚活でも記しましたが、今の時代はバツイチなど 関係ないと思います。 婚活で成婚した私の旦那曰く、「プロフィールを見てバツイチであることを気にしたことはない、今までに籍を入れたか?かだけで、過去の彼氏の一人という感覚で見ていた」と申しております。 私は初婚でしたが、逆にこの年齢で初婚というのを気持ち悪がられているのでは?という発想さえ浮かんだものです。 時代の流れだと思います。 アラフォー世代の考え方であり、無責任な発言かもしれませんが、籍といものの出し入れがあっただけで、長いお付き合いをした 元カレがいたんだ!って 感覚の方が多いのではないでしょうか? あとは、上記の「40代前半女で未婚の婚活」と意識する点は変わらないと思います。 40代前半女性でバツイチ子持ちの婚活 ご自身が思ってらっしゃるとうり、40歳を超えてらっしゃってお子様がいらっしゃるという事実は正直婚活に 相当不利ではあると思います。 正直に記して気持を悪くさせてしまって申し訳ありません。 とはいえ再婚願望があり、普段の生活でそのような出会いがないのであれば、専任のアドバイザーがしっかり付く結婚相談所にて活動されてみては如何でしょうか?中にはあなたの魅力を受け入れてくれると同時に、お子様を喜んで受け入れてくれる方がいる確率がないわけではありません。 お子さんが欲しくても出来なかった バツイチのアラフィフの素敵な方と巡り合えるチャンスもあるわけです。 そのようなセッティングはプロのアドバイザーさんに任せるのが一番であると思います。 アラフォー女の婚活の条件について 昔の女性は男性に対し3高: 高身長・ 高学歴・ 高収入というものを結婚相手に求めたものです。 今でも3高を条件にという方も一部いらっしゃるとは思いますが、高収入に関しては日本人男性の平均年収は年を追うごとに下降傾向にあり、全体平均でも500万円を切っております。 そのような中で、高収入というものをいくらからと設定するかにもよりますが、もし高収入かつ、独身である、かつ出会いの機会があった、かつその人が自分を気に入ってくれるということを考えると・・・。 その確率は?って感じです。 そのような背景から求める条件も、• 性格の相性• 思い遣り• 収入の安定• 食事の好み というように、緩和されてきております。 たとえば結婚相談所の自身のプロフィールには、出身地、現住所、年齢、続柄、身長、体重、血液型、婚歴、結婚後の同居家族、学歴、資格、職業、年収、勤務地、資産、養子縁組、宗教活動、お酒、たばこ、趣味、家族構成などなど、たくさんのことを記します。 では緩和された条件をプロフィール上で判断するには、 職業および年収くらいでないでしょうか。 その他の条件は、結局 お会いしてお話をしてみないことには何も始まらないということです。 会う前から条件へこだわりが強い(そもそも条件にこだわれる年齢ではない自覚が大切)と出会いの幅を狭めてしまいかねないのと、たとえ条件が素晴らしくともお会いしてガッカリするケースは多いです。 条件の幅を広げるということは、決して妥協をするということではありません。 ご自身に意気投合できる相手が見つかる選択肢が広がるということです。 まとめ いかかでしたか?• アラフォー女の婚活が厳しいかどうかは本人次第• 男性の大半は若い女性を好む傾向にある• アラフォー女の婚活は1歳年齢を重ねるだけで命取りである• アラフォー女においてのバツイチは婚活になんの影響もない• 条件の幅を広げることが成婚への近道である 最後に・・・ 冒頭で30代後半女は、焦りはせずとも急げ!と記しました。 急いで何をすれば!? まず、当記事に記しましたとうり、アラサーのような時間の余裕はありません。 本文の繰り返しにはなりますが、とくにお伝えしたいのが自身の経験上30代後半からの婚活サイトや婚活パーティーは時間とお金のムダで 遠回りになるケースが多いので、結婚相談所しかありえないとわたしは思っております。 私は手探りで寄り道(色々なサービスを試す)や休憩(疲れて)ばかりして、遠回りをしてしまいました。 長く婚活を経験してきた今現在の知識があれば、1年くらいで成婚できると思います。 コンレク管理人:美喜.

次の

アラフォー婚活の心構え~無駄に出会い、無駄に傷つく~

婚活 アラフォー

包容力はアラフォー婚活女性にとって、最大の武器。 年下も同年代も年上も、男性は「女性の包容力」にイチコロ!(C)krzysztof. szmytkiewicz ガイドが経営している結婚相談所マリーミーは、日々結婚を真剣に考えている女性と男性で賑わっています。 その中でも、昨今、群を抜いて増え続けているのが「アラフォー婚活女性」です。 時間は残酷で、20代、30代の頃よりも、アラフォーの婚活は困難を極めます。 その上、社会に出て間もない世代とは違い、様々な人生経験を重ね、男性を見る目も厳しくなってきます。 「この年齢で結婚するなら……」とあれこれ条件を加えて、出会える男性の幅を狭めてしまうアラフォー女性はとても多いのです。 婚活はひとりひとりとの出会いが重要ですから、出会った相手をしっかり理解し、包み込む力が非常に大切になってきます。 それを鍛えることで、若い世代にはない素晴らしい武器になります。 視野を広く持ち、許容範囲を広げる 視野を広げれば、見えてこなかった部分だって見え始めるもの。 (C)StephaniePetra ある日、ひとりの婚活アラフォー女性が1名の男性とお見合いをして、そのままサロンへカウンセリングにやってきました。 サロンに入って席に着いて、開口一番、彼女のセリフはこうでした。 「今日の男性とのお見合い、お見送りさせてください!」 どうして? と理由を尋ねると彼女はこう語りだしました。 「会った瞬間、すごくお酒臭かったんです……」 「彼は遠方に住んでいるので、お見合いの前日に上京されると聞いていたのですが、このせっかくの機会に、大学時代の友人と飲んでいたようで……。 私とのお見合い前日にそんなことしているなんて……私に対して失礼だと、先生もそう思いませんか?」と言うではありませんか。 正直、私はまったく失礼だなんて思いませんでした。 逆に、その男性はこのお見合いをきっかけに大学の旧友と楽しく過ごせたのならよかったと思いました。 しかも、昨晩の出来事を彼女に話したということは、彼にとってすごく楽しい時間だったからでしょうし、その楽しさを彼女と共有したいと思ったのかもしれません。 しかし彼女は、 「お酒臭い状態で人と会うなんて、そんなのマナー違反とかしか思えません!」とバッサリ! ここでマナー違反と言うフレーズが出る……あぁ、なんて視野が狭いのかしら……!! それはあなたのマナーであって、人類共通のマナーではないでしょう? 例えば、デートの前日、彼が仕事関係者とお酒を飲んでいたとします。 デート当日会った瞬間に、彼がお酒臭かったらどうするの? あなたは私のマナーに反したから、「はい!ここで終了!」ってことなのかしら? それは勝手極まりないマナーであり、彼女が作り出した単なる理想像と比べてダメ出しをした結果に過ぎません。 「私のお見合い相手は、しっかりしていてやさしくて……うん、うん、きっとこんな感じの人!」……と身勝手に決めつけて、いざお会いしたら「私の理想像からズレていた!」ってパターンです。 それを彼女は、彼はマナー違反だ、と定義付けたんですね。 それは視野が狭い上に、許容範囲までも狭すぎます。 「マナー違反」なんて言ってないで、お酒臭さすら抱きしめてあげないと! 物の捉え方、考え方、許せる範囲の幅を広げなければ、相手を理解することはおろか、認めることなんてできません! 結婚生活だって相手を理解して、許容範囲を広げることが必要です。 そもそも男性ひとりのことも許容できないとなると、子どもができたらどうするのかしら? 怪獣のように暴れる小さな子どもに対して、「あなたはマナー違反よ!」と叱りつけて終わりでしょうか? いいえ、そんな事はできません。 包容力をアップさせるために、まずは凝り固まった固定概念を捨て、視野を広く持つことが大切です。 視野を広げれば、見えてこなかった部分だって見えはじめるもの。 あなたがしてきたたくさんの経験が視野を広げるお手伝いをしてくれているのですから、どんどん意識を向けていきましょう。 相手のバックグラウンドを想像して思いやりを持つ 相手を許容し、思いやりの言葉をかけることで、男性は愛されていると感じるものなのです。 包容力をアップさせる次のステップは相手の立場に立って物事を考えること。 これは婚活において、非常に重要です。 彼のバックグランドを想像して、どんな状況でこうなったのか? そしてどんな気持ちで目の前で話してくれているのか? それらをたくさん想像することが大切です。 そしたらほら、言葉がたくさん出てくるでしょう? 先ほどのお見合い前日の場合ならどうでしょうか。 旧友と久々に再会できたと話す彼には、「わぁ! そうだったんですね。 楽しい時間を過ごせましたか?」 はたまた、デートの前日に仕事関係の飲み会が入ったと話す彼には、「それは深夜までお疲れ様でした!」 このような思いやりのある会話につながりませんか? もしかしたら彼は、少し二日酔い気味だったかもしれません。 でも、どうしてもあなたに会いたくて、いま目の前に来てくれていると想像できませんか? このように相手のバックグラウンドを想像することで、話を広げ、相手を思いやった言葉をかけることができるようになるのです。 そもそも、男性はいくつになっても、心を許した女性へは甘えん坊でいたいもの。 小さいころから、お母さんに思いっきり甘えて、自分を受容してもらい、たくさんの愛をもらって育ってきたんです。 男性にとっていちばん大きな存在の女性は、いつまでたってもお母さんです。 愛とは、そうやってもらえるものだと男性たちは思っています。 だからこそ、男性は女性のやさしさにはめっぽう弱いんです。 「愛されてるな」と感じる瞬間だからです。 アラフォー婚活女性は、相手に甘えることだけを考えるのではなく、「男性を甘えさせられるだけの包容力」を持ち合わせることが大切なんです。 包容力とは、相手を包み込む愛情です!.

次の