ティック トック 歌詞 動画 作り方。 【切り替え編】歌詞動画の作り方紹介します!【ここね流】

【詳解】TikTokで画像動画の作り方~画像から動画を投稿する方法

ティック トック 歌詞 動画 作り方

2017年の夏頃から10代の中高生の間でブームになっている人気アプリTikTok。 その人気は大学生や20代・30代にまで広がり、今まさに最も注目されているアプリとなってます。 TikTokという名前も色々なネットメディアで取り上げられるようになってきており、テレビなどでも紹介されることが増えてきました。 若年層から少しずつ人気が広がり、その後は高年齢層にまで利用者が増えていくのはインスタグラムの広がり方と似ていますね。 そんなTikTokですが、一体どういうアプリなのか、どんな使い方や遊び方をするのかわからないという方もまだまだいる事でしょう。 そこでこのページではTikTokの使い方を詳しく解説していきます。 TikTokに興味があるけど使った事がない方や、使って見たけどいまいち使い方がわからない方は参考にして下さい。 TikTokとは?どんなアプリ? TikTok(ティックトック)とは具体的にどんなアプリなのかというと、音楽に合わせて動画を作って共有できる動画配信アプリです。 動画は音楽に合わせて口パクやダンスなどの動きのある動画が人気。 フィルターやスタンプなどで加工できるので『盛れる』『可愛くなれる』といった効果もあります。 また、動画の撮影や加工・編集などもスマホだけで完結するため、誰でも手軽に動画を公開する事ができます。 そして何より重要なのは、TikTokで編集した動画はそれだけでクオリティが高いというのも特徴の一つ。 簡単に編集できるのにプロモーションビデオのような完成度になるので、自分を表現して多くの人に見てもらいたいと思っている中高生に大人気なのです。 ・TikTok内で提供されている音楽に合わせて口パクで動画が作れる ・動画作成から編集や加工などがスマホだけで簡単にできる ・フィルターやスタンプで可愛くなれる、盛れる ・簡単に加工や編集できるのにクオリティの高い動画が作れる ・15秒(または60秒以内)の動画なので手軽に視聴できる ・トレンドや人気ハッシュタグがあるので投稿する動画のネタに困らない こういった理由からTikTokが人気アプリとして注目されているようです。 TikTokのダウンロード TikTokはiphoneアプリとandroidアプリで提供されています。 TikTokは以下のURLからダウンロードできます。 関連リンク• 自分が使用している端末でダウンロードしたら自動的にインストールされます。 アカウントの登録方法 スマホにTikTokがインストールされたら早速アプリを起動させてみましょう。 アプリを起動させるとタイムラインが表示されておすすめ動画が流れるようになってます。 アカウント登録はツイッターやインスタなどのSNSと連携するだけで登録できるのでとりあえず登録しておくのが良いでしょう。 次回からは自動的にログインできます。 上記の方法でアカウントの設定を行ってログインすれば動画の作成や投稿ができるようになります。 TikTokの使い方 TikTokアプリのアカウントを作ったらTikTokの動画を見たりいいねを付けたりして遊んでみましょう。 TikTokの使い方で重要なのは以下の7項目です。 ・動画を見る ・動画を検索する ・動画にいいねやコメントをする ・動画をシェアする ・動画を保存する ・自分で動画を投稿する ・プロフィールを変更する 基本的にはこれらの使い方がわかればTikTokは楽しめるかと思います。 以下でそれぞれの項目を簡単に解説します。 これらはTikTokを使っていると必ず試してみたくなる機能なので一応使い方を確認しておくと良いですよ。 動画を見る TikTokで公開されている動画はアカウント登録をしなくても自由に見る事ができます。 アプリをダウンロードしたらまずはいくつか動画を見てからアカウント登録をしてみても良いでしょう。 TikTokで動画を視聴するには2つの方法があります。 ・ホームに表示されるおすすめから視聴する ・ハッシュタグや曲などの検索から視聴する ホームに表示されるおすすめ動画は画面を下にスクロールしていけば別の動画が再生されるようになってます。 とりあえず他の人の投稿動画を見てみたい場合は、ホーム画面にピックアップで表示されるおすすめから動画を視聴するのが良いでしょう。 ホーム画面に表示されるおすすめ動画は、TikTokアプリを起動すると自動的に再生されます。 もしくは、左下に表示される『ホームアイコン』をタップしてから『おすすめ』をタップすると表示されるので試してみましょう。 おすすめ動画はTikTokアプリで人気の高い動画がピックアップされています。 可愛い女の子やキュートな猫や犬、キレッキレのダンス動画やおもしろ動画などがどんどん再生されるので何も考えずにスクロールして見ているだけでも面白いです。 ちなみに、TikTokの動画を見ると相手にバレるのか気になる方は以下が参考になります。 関連リンク• 動画を検索する ホーム画面に表示される動画はTikTokでおすすめになった動画だけなので、自分で動画を探したい場合には検索を使って探す事ができます。 TikTokの検索には以下の5つがあります。 1:TikTokアプリを起動し『虫眼鏡アイコン』をタップ 2:検索ページが表示されるので『検索』をタップ 3:キーワードを入力して表示されたキーワードをタップ 4:動画一覧が表示されるので、検索対象(注目、ユーザー、動画、楽曲、ハッシュタグ)を選択して見たい動画を探す これでTikTok内の動画でハッシュタグ検索や曲の検索から動画を視聴する事ができます。 また、キーワードを使わずにカテゴリから動画を検索することもできるのでこちらも参考にどうぞ。 関連リンク• 動画にいいねやコメントを送る 投稿されている動画にはいいねやコメントを送る事ができます。 これはfacebookやインスタグラムなどの一般的なSNSと同じ仕組みですね。 いいねやコメントを送る事で相手(投稿者)とコミュニケーションを取る事もでき、気になる人と知り合いになれたり繋がりができる事もあります。 いいねもコメントも動画を再生中に簡単に送る事ができるのでお気に入りの動画を見つけたら是非送ってみましょう。 TikTokでいいねを送る TikTokでいいねを送るには以下の方法で行います。 1:TikTokアプリを起動し、いいねしたい動画を再生 2:動画の下側にある『すてきなコメントを書く』をタップ (コメント欄がない場合は動画の右側にある『コメントアイコン』をタップ) 3:コメントの入力欄が表示されるので、好きなコメントを入力して『紙飛行機アイコン』または『送信ボタン』をタップ これで動画にコメントを送る事ができます。 動画に送られたコメントは他人が付けたコメントも自由に読む事ができます。 他人のコメントを見たい時は動画画面の右側にある『コメントアイコン』をタップしましょう。 コメントアイコンをタップすると、その動画に対してこれまでに書かれたコメントを一覧で見る事ができます。 自分が書いたコメントも他の人が見れる状態となるので、迷惑コメントなどは送らないように注意しましょう。 投稿動画にコメントされたくない時にはコメント欄を非表示にすることもできます。 関連リンク• 動画をシェアする TikTokの動画は他のSNSへシェアすることができます。 ツイッターやインスタのストーリーなどにシェアするといった使い方が多いですね。 TikTokの動画をシェアするには以下の方法で行います。 動画のシェアについては以下で詳しくまとめてるのでもっと詳しく知りたい方は参考にどうぞ。 関連リンク• 動画を保存する TikTokの動画はアプリで見るだけでなくスマホ内に保存する方法もあります。 動画をスマホに保存すれば通信も不要でいつでも動画を見ることができるので便利です。 お気に入りの動画が見つかったら以下の方法で保存してみましょう。 1:TikTokアプリを起動し、シェアしたい動画を開く 2:『シェア』アイコンをタップ 3:シェア先の一覧が表示されるので、『ダウンロードする』をタップ これで動画をスマホに保存することができます。 ただし、動画によっては『ダウンロードする』がタップできないケースもあります。 ダウンロードできない動画を保存したい場合は以下を参考にしましょう。 関連リンク• 自分で動画を投稿する 動画を見たり動画にいいねやコメントを送ったりしてTikTokの動画を楽しんだら動画の投稿にもチャレンジしてみましょう。 やはり動画を投稿して色々な人に見てもらいいいねやコメントやシェアされるのが一番うれしいですよね。 TikTokの動画投稿方法はその場で撮影する方法とスマホに保存してある動画(または写真)をアップロードして投稿する方法があります。 それぞれのやり方について解説します。 その場で撮影して投稿する方法 TikTokアプリから撮影して動画を投稿するには以下の方法で行います。 動画に特殊効果やフィルターなどを付けてオシャレでクオリティの高い動画を作りたい場合にはTikTokアプリから動画作成をするのが良いでしょう。 TikTokアプリから動画を作成すれば簡単な操作でオシャレな動画を作る事ができます。 この手軽さが10代の中高生に人気がある理由ですね。 スマホに保存してある動画(または写真)をアップロードして投稿する方法 TikTokアプリではiphoneやandroidに保存してある動画や写真をアップロードして投稿する事もできます。 スマホに保存してある動画や写真をアップロードして投稿するには以下の方法で行います。 動画や写真をアップロードしてからフィルターや特殊効果を加える事で元々の動画とは違った雰囲気の動画にする事ができます。 色々な効果を試してみるだけでも楽しいので是非一度投稿してみましょう。 練習用に動画投稿する時は非公開がおすすめ ちなみに、練習用として投稿したい場合には動画の表示を非公開にするのがおすすめです。 投稿前に上記の設定で非公開にしておけば他の人に動画を見られることはありません。 自分だけが見れる状態で投稿できるので、お試しで投稿する時には非公開に設定しておくのが良いでしょう。 プロフィールを変更する TikTokで動画を投稿する前にプロフィールを変更しておきましょう。 SNSではプロフィールが非常に重要です。 フォロワーを増やしたい方や動画の視聴回数を増やしたい場合はプロフィールを充実させておくのは必須。 TikTokのプロフィールではインスタやYouTubeやツイッターのアカウントを連携させることができるので、TikTok以外のSNSアカウントを広めることもできます。 また、最近では上記SNS以外のウェブサイトも設定できるようになってます。 プロフィール変更はマイページから行えます。 具体的な変更方法は以下でまとめてるのでこちらを参考にしてください。 関連リンク• 自分の投稿動画を見てもらうには? TikTokで動画を投稿しても他の人に見てもらえないと意味がありませんよね。 せっかくなら色々な人に見てもらっていいねを押してもらいたい!そして有名になりたい!そんな方も多いかと思います。 TikTokでは『 広告で有名になりたい』といったハッシュタグもあるくらいです。 他のSNSでは見たことないようなハッシュタグで珍しいですが、TikTokを利用しているユーザーはそれくらい本気で動画投稿をやっているという事なのでしょう。 少しでも動画を見てもらいやすくするためにはどうすれば良いのか。 ここでは3つのポイントをまとめました。 TikTokで動画を投稿する際の参考にしていただければと思います。 人気のハッシュタグや楽曲を使って投稿する TikTokで動画を投稿する時にハッシュタグを付けますが、自分で好きなハッシュタグを付けるのはあまりおすすめできません。 動画に付けるハッシュタグは今人気のあるハッシュタグを付けるようにしましょう。 人気のハッシュタグは検索画面のトップページに表示されているので、そこから検索されて投稿動画を視聴してもらえる確率が上がります。 ハッシュタグは季節やイベントなどで人気のものも変わってくるので常に新しいハッシュタグが生まれています。 その時、そのタイミングで人気の出そうなハッシュタグを見つけてそれを使って動画を投稿すればおすすめに表示される可能性も高まりそうです。 新しいハッシュタグも検索画面のトップから確認できるので定期的にチェックしておくと良いですね。 誰も検索しないようなハッシュタグやあまり使われていない楽曲を使った動画は他の人に見つけてもらえない事の方が多いので注意が必要です。 動画を投稿する時にはこういった『他の人に見つけてもらえるような工夫』も意識すると良いでしょう。 おすすめに載りやすいように動画クオリティを上げる TikTokのおすすめに動画が掲載されるとそれだけで一気に人気が出るというケースも多いです。 数千~数万のいいねが付くこともあり、そこからファンが増えてフォロワーの増加にもつながるので、まずはおすすめに載る事を目指している方も多いですよね。 TikTokのおすすめに表示されるための条件というのは公開されていないのですが、基本的には動画を公開してからどれだけのいいねやコメントが付いたのかが判断基準の一つになっていそうです。 いいねやコメントなど、他の人からのリアクションはエンゲージメントと呼ばれ、その投稿の人気度や注目度を測定するのに使われたりします。 例えば、インスタグラムなどでも人気の投稿としておすすめに載るにはいいねやコメントなどのエンゲージメントが重要とされています。 他にも投稿が見られてからどれくらいの時間見られたかなども関係するかもしれません。 数秒で画面を移動された場合と最後まで見られた場合とでは注目度も変わるという感じです。 TikTokでもおすすめに載るためにはこういった要素が影響している可能性が高いです。 だからこそ、見た目のインパクトや動画の質は重要になってくるのです。 動画のクオリティを上げる方法として簡単なのがエフェクト加工をすることです。 TikTokで動画編集する時にエフェクト加工ができるので、動画投稿をする時に一度試してみると良いでしょう。 関連リンク• 人気のTikTokerの投稿を真似してみるのもおすすめ 動画のクオリティを上げるというのは慣れるまでなかなか難しかったりしますよね。 そこでもう少し別の方法として人気のTikTokerをフォローしておき、その人たちが投稿した動画を参考にして自分も動画を投稿するという方法もおすすめです。 人気のTikTokerは多くの人が見ていて皆が真似したいと思う事が多いです。 そういう投稿は『人気上昇中のハッシュタグ』として検索画面に表示されることがあります。 人気上昇中のハッシュタグをいち早く取り入れた動画を投稿していれば他の人よりもおすすめに載る確率もあがります。 最近のSNSではインフルエンサーと呼ばれる人たちがブームの火付け役になる事も多いです。 人気上昇中のハッシュタグを狙って動画を投稿するには、インフルエンサーをチェックしておいてそこから参考にした動画を投稿するというやり方です。 少しでもおすすめに表示されるようこのような工夫をしつつ動画を色々と投稿してみるのが良いでしょう。 他のSNSと連携して投稿する TikTokをやっている10代や20代の方であればほとんどが他のSNSを利用しているでしょう。 主に多いのはツイッターやインスタグラムといったところですね。 逆にfacebookはやってないという方も多いようです。 ツイッターやインスタグラムはTikTokとは違ったSNSなのでそれぞれでゆるく利用しているというケースが多いです。 TikTokは他のSNSとアカウントを連携させる事ができるので、TikTokに投稿した動画を他のSNSにシェアする事で動画の露出を広げる事ができます。 TikTokアプリだけでいいねやコメントが増えれば良いのですが、人気のTikTokerであればあるほどうまく他のSNSを活用しつつ人気の幅を広げていたりします。 それでも最後は動画投稿を継続する事が大切 このように、TikTokアプリだけでなく他のアプリも活用して地道にファンを増やしていくのが大切ですね。 後は継続して動画を投稿できるかどうか。 という事だけでしょう。 これはTikTokに限らずツイッターやインスタグラムでも同じことが言えますね。 全てのSNSでファンを増やす方法は継続する事。 これに尽きるかと思います。 最初は大変かもしれませんが少しずつファンが増えていくのはやはり楽しいです。 小手先のテクニックも大事ですがそれだけではやはりだめで、何よりも継続する事がフォロワーを増やす確実な方法なのかもしれません。 まとめ TikTokのアカウント登録から使い方と遊び方、そして投稿した動画をより多くの人に見てもらうための工夫などまとめて解説しました。 基本的には動画を見て、検索して、作って、投稿して、いいねやコメントでコミュニケーションをとる。 そんな感じですね。 他の動画アプリと違うのは、シンプルで簡単、それなのにクオリティの高い動画を投稿できる。 音楽をベースにしてお題も豊富なので投稿ネタが尽きないという感じです。 中高生には大人気のTikTokですが、まだまだ使った事がない方も多いでしょう。 このページを見て少しでも興味を持って遊んでみる方が増えればいいなぁと思います。 インスタグラムに変わる次世代の人気アプリはTikTokかも!?引き続き注目したいと思います。

次の

TikTok動画の撮り方!トランジションなど使えるテクニック集!!

ティック トック 歌詞 動画 作り方

スポンサーリンク TikTokのシーンを切り替えるトランジション「回し方」やその他のテクニック 例えば、一緒に映っている人が替わる時に、画面が高速で回転して切り替わる動画をみたことがあると思います。 この「回し方」にはいろいろありますが、例をあげてひとつずつ説明していきます。 「ツイストトランジション」で切り替える回し方 ツイストトランジションは通称「回し」と言われるくらいよく使われるトランジションです。 「長押し」「2x」のモードで、前半はスマホのカメラを手前に向けたまま下まで回します。 後半は残り4分の1程度を回しながらスマホを元に戻します。 後半はできるだけ多く回せた方がスムーズです。 前半と後半の手の動きを見ていただきましょう。 全体を通した説明と動画の完成イメージはこちらでご覧いただけます。 参考にしてみてください。 「スピントランジション」で切り替える回し方 スピントランジションは縦にスマートフォンを回してシーンを切り替える方法です。 前半は、「長押し」モードで「2x」のスピードを使い、ボタンを押しながら回します。 後半も「長押し」モードで「2x」のスピード、ボタンを押しながら回して戻ってきます。 全体を通して説明した動画を作成しました。 出来上がりがどのような動画になるのかも説明していますのでご覧ください。 決まるとカッコいい「ハンドスピントランジション」 内カメラでの自撮りの状態から外カメラへシーンを切り替えるトランジションとして「ハンドスピントランジションがあります。 決まるとキレイなトランジションです。 全体を通して0. 5xのスローで撮ります。 まず前半は、内側カメラで手のひらを撮るように回しながら撮影します。 後半は外側カメラで手を映したところから撮影を再開します。 前半と後半で左右が逆になるので注意してください。 詳しくは動画でみていただきましょう。 手軽に使える「フィンガートランジション」 フィンガートランジションは、内側カメラでも外側カメラでもどちらでも使えて、とても簡単なトランジションです。 カメラの前を指が通り過ぎるだけで、シーンの切り替えができます。 手軽に使えるので覚えておいて損はないと思います。 動画でご覧ください。 スポンサーリンク TikTokで画面をぐるぐる何回転も回転させる「回し方」の撮影方法 動画の最初に画面がぐるぐる高速回転してから、動画が始まるのをTikTokでみたことがあると思います。 その撮り方です。 練習が必要ですので、まずは速度を「3x」にして練習してみましょう。 撮影の前後に「余韻」があることでスムーズに回ります。 全体を通して説明した動画を作成しましたのでご覧ください。 TikTok動画で使うために「画面収録」をする方法 スライドショーを撮影したり、楽曲のリミックスをするために画面収録をすることがあります。 ここではiPhoneとAndroidで画面収録をする方法をお伝えします。 iPhoneはコントロールセンターから画面収録する方法、Androidではアプリを使った方法を紹介していますので、動画でご覧ください。 TikTokでマジックのようにメガネをかける 顔の前を手が横切ると、知らないうちにメガネがかかっていたという、マジックのような動画があります。 これは横から目の前へ手を動かしたところで撮影を止め、メガネをかけたら何事もなかったように手を通り過ぎるように動かすことによって撮ることができます。 コツは手が自然に顔の前を通り過ぎること。 そのためメガネをかけるまでの前半は、「2x」「長押し」のモードを使い顔の中心で長押しボタンを離します。 手はそのまま通り過ぎるようにします。 メガネをかけた後半は顔の中心から撮影を再開してみます。 そして再生してみて、手が止まって見えるなどのズレがあった場合は、手の位置を変えて調整します。 この方法を説明した動画を作成しましたのでご覧ください。 「波」のやり方。 TikTokの画面をゆらす方法 動画のエンディングとして、画面がスローになりゆらゆらと「波」のようにゆれる効果をみたことがあるかもしれません。 最近では、曲の途中で「波」を入れる動画も流行しています。 この「波」を撮るには撮影速度をスローにして、スマートフォンを振りながら撮ります。 「波」の撮り方を説明した動画を作成しました。 ひとつは簡単に波を作る方法これは0. 1xのスロー撮影でスマホを横に振りながら撮影します。 もうひとつは今TikTokで流行している波の撮り方で、0. 5xのスロー撮影でスマホを前後に振りながら撮影します。 実際にみていただきましょう。 TikTok動画でフラッシュライトを「光の線」にする方法と方向を変える撮り方 トランジションのひとつとして「ライトトランジション」があります。 それもいろいろな種類があるのですが、その中で「フラッシュライトの方向を変える」トランジションを紹介します。 TikTokでスマホのフラッシュライトを使う方法 まずフラッシュライトの使い方です。 「フリップ」ボタンをタップして、カメラを「外カメラ」に切り替えます。 右上のメニューをスクロールすると「その他」というボタンがあるので、これをタップします。 すると「フラッシュ」ボタンが表示されるのでそれをタップし、画面のどこでもいいのでタップします。 するとフラッシュが点いた状態で撮影することができます。 フラッシュライトの光を「光の線」にする方法 フラッシュライトをそのままカガミに映すと、ただの丸になっています。 これは「カメラのレンズ」を指でこすることで「光の線」になります。 縦にこすると「横の線」に、横にこすると「縦の線」に斜めにこすると「斜めの線」になります。 実際に動画でみていただきましょう。 TikTok動画でピクチャートランジションをする撮り方 トランジションに「ピクチャートランジション」というものがあります。 これは2台のスマートフォンを使い、画像(ピクチャー)を使ったトランジションです。 その内のひとつを紹介します。 ピクチャートランジションで使う画像を用意する まずトランジションをする場面の画像を製作します。 Instagramのストーリーズなど「全画面」の写真が撮れるアプリで自撮りをします。 これで全画面の自撮り写真が撮れましたが、これに加工が必要です。 ピクチャートランジションするためには「左右を反転」する必要があります。 これはどのような写真加工アプリを使ってもかまいません。 例として「Photoshop Fix」の画面を紹介します。 左からふたつ目の「左右に反転」ボタンで左右を反転することができます。 そして保存しておきます。 自撮りの写真をもう一台のスマホにコピーする 写真をコピーするには「自分自身に」メールを送り、そのメールに添付する方法が一番簡単だと思われます。 Androidの場合は「Googleドライブ」があるので、それを使う方が早いかもしれません。 まずメールを新規作成し、写真を添付します。 写真を添付したら、自分のメールアドレスへ送信します。 そして「もう一台のスマホで」自分のメールを受信し、写真を保存します。 これでもう一台のスマホに写真をコピー(送る)ことができました。 実際にピクチャートランジションの動画を撮影する 画像を用意し、もう1台のスマホにコピーしたら、ピクチャートランジションを撮影する準備は完了です。 では実際の撮り方は動画でみていただきましょう。 先ほど説明した自撮り写真の作成についても説明していますが、動画でみていただくとわかりやすいかもしれません。 スマホが次々と出てくるようなトランジション動画の撮り方 スマホの中にスマホが表示され、またそのスマホの中にスマホが表示されていく。 このような動画をみたことがあると思います。 これはスマートフォンを2台使って、スマホをスマホで撮ることによって出来上がります。 全体の作業を説明した動画を作成しました。 素材の作成から実際の撮影まで説明していますのでご覧ください。 手の中をのぞいたようなスコープトランジションの撮り方 手の中をのぞいてみたらシーンが切り替わっていた。 そんな手品のような印象を与える「スコープトランジション」はよく使われるテクニックです。 その撮影方法を紹介した動画を作成しましたのでご覧ください。 カガミを使ったミラートランジションの撮り方 カガミを使って横へ移動したり、下へ移動したりすることで、おもしろい効果を生み出せるミラートランジション。 これの基本的な撮り方をご紹介します。 自分が映った状態でカガミから外へ出て行きます。 そして戻ってくると、また自分の姿が映ります。 これに変わったことはありません。 しかし一度右に出て、スマホの上下を逆にして、左からカガミに映るように移動すると、上下が逆になって戻ってきたようなトリックの動画になります。 赤矢印で示したように進行方向が逆になっているからです。 実際にこの撮り方と動画のみえかたを説明していますので動画をご覧ください。 スマホ1台でピクチャートランジションする撮り方 スマホを2台使ってピクチャートランジションする方法はすでに紹介しましたが、スマホを2台持っていないという方も多いと思います。 そんな場合には、パソコンを使ってもできます。 まず、自分の写真を撮ってパソコンに保存して、写真を表示できるパソコンアプリで表示します。 内カメラで自分の姿を撮り、外カメラでパソコンの画面を撮ることになります。 これを切り替えながら、写り方が同じになるように調整します。 このような感じです。 ズームトランジションを連写して「音ハメ」する撮り方 ズームトランジションはカメラを近づけたり遠ざけたりするタイミングでシーンを切り替えるトランジションですが、日本のTikTokでは連写して撮影するテクニックがよく使われます。 この連写を「音ハメ」つまり音源のテンポに合わせて撮影する方法をご紹介します。 動画でご覧ください。 手を使わずにコマ撮りするタイマー撮影の方法 通常、トランジションなどのテクニックを使いたい場合「長押し」の撮影モードで、片手を使い、コマ撮りすると思います。 しかし、タイマー機能を使えば、両手をスマートフォンから離した状態でもコマ撮りができます。 まず、タイマーボタンをタップします。 下に音楽がグラフで表現され、撮影終了のマークとして「黄色のバー」が表示されます。 これをスライドすることによって、撮影終了のタイミングを決めることができます。 例えば、最初の一瞬だけ撮影して、すぐに撮影終了するコマ撮りをこのように撮ることができます。

次の

【詳解】TikTokで画像動画の作り方~画像から動画を投稿する方法

ティック トック 歌詞 動画 作り方

10代20代を中心にブームを起こしている動画SNSアプリが、TikTok ティックトック です。 そんなTikTok ティックトック で、すでに動画を見て楽しんでいるという人も多いのではないでしょうか。 そしてその中でも「自分もTikTok ティックトック で動画を作ってみたい」と考えている人もいるはずですよね。 そこで今回は、TikTok ティックトック の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説していきます。 TikTok ティックトック は、アプリをダウンロードしてアカウント登録を行えば、基本的に誰でも動画を投稿できるようになっています。 また、他のSNSよりもフォロワー数が増えやすいのもTikTok ティックトック の大きな特徴です。 今は動画を見るだけという人も、是非動画を作ってフォロワー数を増やしてみてくださいね。 TikTok ティックトック では、以下の動画の保存が可能です。 他ユーザーの動画を保存する• 自分の撮影した動画を保存する 他ユーザーの動画を保存する 他ユーザーのお気に入り動画を自分のスマホに保存する方法です。 まずはTikTok ティックトック を開いた状態で自分のお気に入り動画を開きます。 画面右側に縦に表示されるメニューの中から「シェア」をタップします。 シェアメニューが表示されるので「動画を保存」をタップします。 動画が自分のスマホに保存されますので、スマホ内のアルバムを確認してください。 自分の撮影した動画を保存する 次に自分の撮影した動画をスマホ内に保存する方法です。 TikTok ティックトック アイコンをタップし、メイン画面を開いた状態で右下に表示される人型アイコンをタップします。 自分のアカウントデータが表示され、その中で投稿、下書きした動画の一覧が表示されます。 その中で保存したい動画を選択しタップします。 動画が表示されたら、右に表示される縦メニューの中から共有アイコンをタップします 「動画を保存」をタップすれば、スマホ内に動画が保存されます。 アルバムの中に保存されているかどうかを確認してください。 TikTok ティックトック の動画の編集・作り方を分かりやすく解説 ここでは、TikTok ティックトック の基本的な動画の作り方の大まかな流れについて解説していきます。 TikTok ティックトック アイコンをタップしてメイン画面を開いたら、画面下に表示される「+」アイコンをタップして新規作成手続きを行います。 TikTok ティックトック がスマホカメラへのアクセスを求めてくる場合があるので、その場合には「許可する」をタップして次へ進んでください。 撮影が終了したら、画面右下に表示されているチェックボタンをタップします 特殊効果や楽曲選択などの編集画面が表示されるので、お好みの編集を行います。 完了したら右下に表示される「次へ」をタップします。 最後にハッシュタグを付けたり、位置情報、公開範囲やコメントの設定を行い、内容に問題がなければ「投稿」をクリックして完了です。 TikTok ティックトック の動画の編集方法 次に具体的なTikTok ティックトック の動画の具体的な編集方法について解説していきます。 TikTok ティックトック 撮影でインカメラとアウトカメラを切り替える スマホカメラのインカメラとアウトカメラを切り替える方法です。 動画撮影画面の状態で、右縦に表示されるメニューバーの中から、1番上にある「フリップ」というアイコンをタップします。 タップすることで、インカメラとアウトカメラが切り替わります TikTok ティックトック 撮影で動画速度を調整する 動画の速度を調整する方法です。 動画撮影画面の状態で、右縦に表示されるメニューバーの中から、上から2番目の「速度」アイコンをタップします。 速度の倍数が下に表示されるので、ここで倍速・スロー再生の速度を調整します TikTok ティックトック 撮影で美肌モードを使用する 肌の色を白く見せたいとか、毛穴を隠して肌を綺麗に見せたいという時に使える機能です。 動画撮影画面の状態で、右縦に表示されるメニューバーの中から、上から3番目の「美肌」アイコンをタップします。 肌の色などの色彩調整ができます 右下の「美容」ボタンをタップすると、顎をシャープにしたり目を大きくする可能も可能です。 TikTok ティックトック 撮影でタイマーを使用する 手動で撮影をスタートさせずに、タイマーを使用して自動で撮影を行う方法です。 動画撮影画面の状態で、右縦に表示されるメニューバーの中から、上から4番目の「タイマー」アイコンをタップします。 録画停止位置を選択しカウントダウンを開始すると、カウントダウン後に撮影がスタートし、指定のタイミングでストップします。 TikTok ティックトック 撮影で楽曲を選ぶ 手動で撮影をスタートさせずに、タイマーを使用して自動で撮影を行う方法です。 動画撮影画面の状態で、上部に表示されている「楽曲を選ぶ」をタップします。 楽曲のプレイリストが表示されるので、好きなものを選択します。 検索項目で曲名を入力し、楽曲を検索することも可能です。 TikTok ティックトック 動画のスロー再生や逆再生などの特殊効果を使う 撮影した動画をスロー再生したり逆再生したりなどの特殊効果の使い方です。 まずは撮影を完了させて、右下にあるチェックボタンをタップします。 左下に表示される特殊効果のアイコンをタップします。 フィルター効果やタイム効果を利用して、撮影した動画に特殊効果を施すことができます。 TikTok ティックトック の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説まとめ 今回はTikTok ティックトック の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説してきました。 TikTok ティックトック では、自分の撮影した動画を音楽に合わせたり特殊効果を使って作成したりすることが可能です。 また、自分の動画でも他ユーザーの動画でも、自分のスマホに動画を保存することもできるようになっています。 視聴専用でTikTok ティックトック を利用している人も、公開範囲を制限することもできますので、TikTok ティックトック で動画作りを楽しんでみてくださいね。 webwebweblog.

次の