ホンダ タクト。 ホンダの50㏄原付スクーター「タクト」は買って大満足の性能

ホンダ タクト

ホンダ タクト

シンプルだが、便利で満足度の高い ホンダの新たなスタンダード原付スクーター 1980年に初代モデルが登場するやいなや、瞬く間に大ヒットとなり、以来何度もモデルチェンジを繰り返しながらロングセラーとして、ホンダを代表する原付スクーターとなったのがタクトである。 そんな往年の名車の名前を受け継いで、新たに登場したのがこの新生タクトだ。 新型の開発に当たっては、幅広い層が手軽に扱え、高い機動性と経済性を兼ね備えた「ニュースタンダードスクーター」を目指したという。 早速、その装備や走りをチェックしていこう。 ホンダ タクトの特徴 飽きのこないデザインと 必要十分なユーティリティ 外観はシンプルで落ち着きのあるスタイルで、ややボリューミーで張りのある大きな曲面を基本としつつ、厚みのある立体的なデザインとなっている。 このスタイリングについて、ホンダでは「安心感」をテーマにして、親しみやすいイメージを持たせたのだという。 少し丸みを帯びたヘッドライトにビルトインされたウインカーというオーソドックスなフロントビューは、言われてみれば確かに、大胆な主張はないが、日常に溶け込みやすい、飽きのこないデザインといえる。 シートに座ってみると、見かけよりもポジションはゆったりしたもので、特に足元がフラットで広い印象だ。 シート高は720mmと、足着き性のいいものになっているが、バリエーションモデルとしてさらに15mmシートの低い「タクト・ベーシック」も用意され、小柄な女性などにも配慮している。 シート下のラゲッジボックスは20L(タクト・ベーシックは19L)を確保。 深い形状でヘルメットはもちろん、A4のファイルがそのまま入る大きさとなっている。 また、500mlのペットボトルが余裕で入るインナーラックや折り畳み式の大型フックを装備するなど、収納力も十分。 特にフックはリング状で安心感があり、持ち手の太いバッグなども掛けられる大きさなので便利だ。 標準装備のリアキャリアにはU字ロック 別売)を収納するスペースも設けてあるなど、細かい使い勝手もよく考えられている。

次の

ホンダ(HONDA) タクト/ベーシック

ホンダ タクト

概要 [ ] 9月に発売されたステップスルーである。 からにさかけてはを搭載したモデルがロングセラーとなったが一旦生産終了。 になりを搭載したモデルで復刻した。 開発の経緯 [ ] 1月に発売された は輸出も含み1年間で25万台の売上を記録するヒット商品となり 、には年間113万台だった国内二輪車生産台数もには130万台、には160万台、には198万台とファミリーバイクを中心に順調な伸びを示した。 一方で業界第2位のは、1977年にステップスルースクーターのを発売。 1978年にはパッソーラを追加。 このため本田技研工業では、ファミリーバイクでも首位奪還を目標にに生産終了した 以来のかつスクーター初のステップスルータイプとして開発されたのが本シリーズであり、当初の1年間で38万台の販売実績を残した。 車両解説 [ ] 複数回のを実施しているが、いずれのモデルも低床バックボーンもしくはアンダーボーンに49㏄の2ストロークもしくは4ストロークのを搭載し、乾式多板シュー式を介したVベルト式による動力伝達を行うに分類されるステップスルースクーターである。 また長期にわたる生産過程では、多数のバリエーションモデルならびに後述するのほか、モデルによる通称やイメージも設定された。 0x39. 6(mm) の強制2ストロークエンジンは、最高出力3. 当初は日本国内販売目標月間15,000台で以下のモデルがラインナップされた。 タクトDX()• タクトDX() 標準販売価格はキック式が108,000円、セル付が118,000円とされた。 7月7日発表、同月8日発売で以下のマイナーチェンジを実施。 最高出力を3. タクトDXセル付をベースにサイドトランクを装着した フルマークを追加• 標準販売価格は128,000円• 日本国内販売目標を月間40,000台に設定 また同年9月24日発表、同月25日発売でフルマークをベースにキー付インナーボックス・ソフトレザーシート・フロアマットを標準装備する 特別カスタム仕様車が追加された。 AB07型フルマーク クレージュ仕様 9月21日発表、同月23日発売で型式はAB07のまま以下で解説する 2代目 へのフルモデルチェンジを実施。 外装を直線基調に全面刷新• 最高出力4. Vベルト式無段変速機にトルクセンサーを装備• 電装を12ボルト化• バリエーションは以下の4モデルとされた• タクトDX( キック式):109,000円• タクトDX( セル付):123,000円• タクト フルマーク:133,000円• タクト フルマーク カスタム:141,000円 各タイプに15,000円高でウインドシールをオプション設定したほか、北海道・地区は車体標準販売価格を3,000円高に設定。 日本国内販売目標は月間30,000台とされた。 3月15日発表、同月16日よりがデザインした クレージュ仕様をセル付・フルマーク合せて10,000台限定で発売した。 A-AF09 [ ] 5月15日発表、同月21日発売の 3代目モデル。 騒音規制適応モデルのため型式に A-が付いたほか、型式もABからAFに変更された。 4(mm)へ変更しており、スペックは最高出力5. フロントパネル内側のキー付インナーボックスを標準装備化• をメンテナンスフリー化• を化 年間販売計画180,000台で以下の2モデルが販売された。 タクト:125,000円• タクト フルマーク:135,000円 北海道・沖縄地区は車体標準販売価格を5,000円高に設定するとともにそれぞれのモデルに4,000円高でキャンディーカラー仕様をオプション設定した。 さらに同年9月5日発表、同月6日発売でタクトに10,000台限定ならびに10,000円高でクレージュ仕様を追加。 4月17日には、タクトは同月18日より、フルマークは同年5月20日より、最高出力5. さらに同年5月24日発表、同月25日発売で従来のクレージュ仕様を クレージュ タクトに車名変更し20,000台限定で追加された。 なおクレージュ タクトは同年12月12日発表でカラーリング変更をした上で同月13日に20,000台限定で発売された。 2月19日発表、フルマークをフルモデルチェンジならびに タクト フルマークSへ車名変更し同月20日発売。 同モデルはタイヤサイズを従来の2. また同年9月19日発表で、 生産累計130万台突破を記念した20,000台限定モデル タクト トラッド エディションが追加された。 A-AF16 [ ] 1月30日発表、同月31日発売の 4代目モデル。 1986年7月5日に施行された改正で原動機付自転車にも着用義務が課せられたことを受け、シート下にヘルメットを収納可能なスペースを設置したモデルで以下の変更を実施した。 バリエーションを廃止し車名を タクト フルマークに統一• AF05E型エンジンはキャリーオーバーとされたがを6ポート化し最高出力5. タイヤサイズを3. 00-10へワイド化 同年8月31日発表、同年9月1日発売でメタリック塗装を施した特別仕様車を追加した。 A-AF24 [ ] 3月23日発表、同月24日発売の 5代目モデル。 市販車として世界初となる駐車時にスタンド操作をキー操作だけで行える電動式オートスタンドを装備する タクト スタンドアップを追加し、以下の変更も併せて実施した。 4(mm) 5ポートシリンダーのAF24E型へ変更。 3から最高出力6. 車体標準販売価格は154,000円 に設定。 日本国内販売目標は年間14,000台とされた。 同年9月1日発表、同月2日発売で電動式オートスタンドを省略した ベーシック仕様を12,000円安で追加。 5月 ならびに7月17日発表、同月20日発売 でカラーリング変更のマイナーチェンジを実施した。 A-AF24型からは以下の変更を実施。 スタンドアップを除き燃料タンクをフロアステップ下部搭載とした上で容量を4. 0Lへ増量• AF24E型エンジンはキャリーオーバーとされたが圧縮比を7. 1とした上で最高出力6. タクト・タクト スタンドアップは従来からの継続で型式をA-AF30へ変更• 新たに前輪油圧式シングルを装備する タクト S(A-AF31型)を追加 BB-AF51 [ ] 3月20日発表、同年4月17日発売の 7代目モデル。 平成10年ならびに騒音規制に適応させたため識別記号BB-が付く。 バリエーションをタクト・タクト スタンドアップに集約• 全モデル前輪油圧式シングルディスクブレーキとし前後輪連動のコンビブレーキに変更• 燃料タンク容量を6. 0Lへ増量• 搭載エンジンは引き続きAF24E型とされたがにを内蔵させた上で本モデル用にシリンダーポートタイミングならびに点火時期調整により出力特性を変更• 圧縮比6. 8・最高出力5. JBH-AF75 [ ] JBH-AF75型タクト 1月16日発表、同月23日発売の 8代目モデル。 原付スクーター市場の再活性化を目指すにあたり原点に立ち返りネーミングを復活させたモデルで 、JBH-AF74型と基本コンポーネンツを共用する。 このためダンク同様に製造はの現地法人 ホンダベトナム( Honda Vietnam Co. , Ltd. )が行い、本田技研工業が輸入事業者となり販売された。 搭載されるAF74E型4ストローク単気筒エンジンは、徹底的な低フリクション化を実施し、さらに省燃費性能を向上させた eSP を採用。 2(mm)・圧縮比12. 0・最高出力4. 5ps〔3. 42kgf・m〔4. 4(クラス1)のスペックを発揮する。 また燃料供給も従来のからPGM-FI電子式へ変更された。 スタンドアップを廃止。 機構を装備するシート高720mmとした タクト、アイドリングストップ機構を省略したシート高705mmの タクト ベーシックがラインナップされた。 生産拠点をの熊本製作所へ移管による型式変更で併せてカラーリング変更を実施した。 10月16日発表、同月17日発売。 2016年7月1日に施行された欧州Euro4とWMTCを参考とした規制値および区分 の平成28年自動車排出ガス規制 に適応させたマイナーチェンジで、型式を2BH-AF79へ変更した上でカラーリング変更を併せて実施した。 派生車種 [ ] 以下のモデルが販売された。 スカイ [ ] 型式AB14。 1982年4月14日発表、同月15日発売。 AB07型をベースに当時最軽量となる乾燥重量39kg とした廉価モデル。 キックスターターモデルのみの設定とされたが、同年11月22日発表、同月23日発売 でベースモデルの出力向上に併せたマイナーチェンジを実施し、新たにセル搭載モデルを追加した。 1984年に生産終了。 タクティ [ ] 型式AB19。 1983年2月17日発表、同月18日発売。 AB07型ベースの女性向け廉価モデル。 1984年に生産終了。 ボーカル [ ] AB07型と一部コンポーネンツを共有する4ストロークエンジン搭載車。 詳細はを参照。 タクト アイビー [ ] A-AF09型と一部コンポーネンツを共有する4ストロークエンジン搭載車。 詳細はを参照。 ジョルノ [ ] 型式も5代目と同じA-AF24。 詳細はを参照。 ジュリオ [ ] BB-AF51型をベースとしたモデル。 詳細はを参照。 詳細はを参照。 ヤマハ・ジョグ [ ] 3月15日発表、同年4月25日発売。 2016年10月に発表された本田技研工業とヤマハ発動機の原付一種領域における業務提携による2BH-AF79型のヤマハ発動機向け車。 型式名は2BH-AY01。 熊本製作所が製造を担当。 詳細はも参照。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• テレビのみ出演。 芸名は当時のもので2000年に デーモン小暮閣下、に デーモン閣下へ改名。 本数値はロードパルに搭載されたものと同じで 、同社の排気量49㏄ファミリーバイク向け2ストロークエンジンとしてはに発表されたから踏襲されていたものである。 は3,000円高。 北海道は3,000円高ならびに一部離島は除く。 本田技研工業でも正式な扱いである。 導入当初はBが小型スクーター、Fが本格的スクーターに分類されたが、1983年以降はサイズに関係なくスクーターはFに集約。 以後Bは・などレジャーモデル用とされた。 型式AF05は本モデルの海外向け輸出専用モデルとしたSpreeである。 北海道・沖縄は5,000円高ならびに一部離島は除く。 enhanced Smart Powerの略で、日本語訳は「強化洗練された動力」となる。 出典 [ ]• - 小排気量車の数値と区分が日本と欧州で異なる。 国土交通省自動車局環境政策課 2015年7月1日. 2017年3月24日閲覧。 関連項目 [ ]• - 主人公・前田太尊の愛車として登場。 外部リンク [ ] 本田技研工業公式HP• BBB The History• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

タクト タクトベーシックの違いを比較

ホンダ タクト

【タクト:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから】 足元の給油口でスムーズな給油が可能 給油口はフットボードの中に設置されています。 シートを開けないと給油できない車両が多い中で、嬉しい作りになっています。 ガソリンスタンドに到着して、降りてすぐに給油ができるので全ての動作がスムーズで本当に気軽です。 インナーパネルに給油口があるスクーターのように、流石に降りずの給油は難しいと思いますが、シートを開ける必要がないだけでも十分時間の短縮にはなりますね。 ワンタッチ操作キーシャッター キー操作だけでキーシャッターとシートオープンを操作することができます。 画像の通り、SEATにキーを合わせた状態で右にあるスイッチを押すとシートを開けることができます。 当然ながらONやOFFの部分に合わせてあるとシートは開きませんし、SEATに合わせたままキーを抜くことはできません。 また、OFFから鍵を押し込んだ状態で左に回すとシャッターを閉じることができます。 これだけで防犯対策は完璧!というわけではありませんが、鍵穴へのいたずら防止はなるべくやっておきたいですよね。 パーキングブレーキレバーで駐車時のうっかりを防ぐ! 左レバーにパーキングブレーキレバーが付いています。 ブレーキを握り込んだ状態でレバーを掛けると、ブレーキを掛けた状態で固定することができます。 ちょっと傾斜のあるような場所などにバイクを停める際は利用をオススメします。 左手だけでレバーかけようとするとちょっと指が苦しいので、左手で握りつつ右手でレバーをかけると上手くいきます。 小さな車体に大きな収納力! タクトは「さすが日常に寄り添うマシン!」と思えるような収納スペースを持ち合わせています。 「フロントポケット・コンビニフック・シート下・キャリア」を利用すればかなりの量を積載できます。 それぞれ見ていきましょう。 【フロントポケット】 あると嬉しいフロントポケットはもちろん装備されています。 広さはそこそこですが、深さがありますので500mlペットボトル程度であればスッポリ奥まで収納できます。 貴重品を入れるのは少々危ないので、ウェスなど簡単にいつでも取り出せる小物系を入れると良いかもしれません。 【コンビニフック】 スクーター定番のコンビニフックはもちろん付属しています! その名の通りコンビニで買うくらいの荷物を提げるにはちょうど良い場所とサイズになっています。 ちょっと買い物に行く時にわざわざ時計を持っていかなくても時間を確認できますし、時計を着けても走行時に上着を着て見えなくなった時でもメーターを見るだけですぐに時間を確認できます。 これも日常に寄り添った1台だからこその思いやりなのだと(勝手に)思いました。 アイドリングストップ搭載でエコな走り 実際に走行してみると、意外と発進から加速までが速くて驚きました。 アクセルを開けていくとあっという間に制限速度に達します。 30kmでの走行には恐怖しか無かったのですが、まったり走るのが意外と楽しく感じられました。 それもタクトの「背伸びしなくていい」マシンの見た目や乗り心地が影響しているのかもしれません。 交通量の多い大通りを走り続けると、交通の流れに乗れないために多少の恐怖がありましたが、一本脇道に入ってしまえばまったりのんびりな走行を堪能できます。 また、アイドリングストップ搭載なので信号待ちなどでは自動でエンジンが停止します。 環境にも周囲にも優しいバイクだということに改めて感心させられます。 「普段の足に気軽に乗れて派手すぎないスクーターが欲しい!」 そんなアナタの要望に応えてくれるのがタクトです。 撮影協力:.

次の