ゆうちょ 口座 種類。 ゆうちょ銀行の総合口座・振替口座の違い、FPが公式サイトよりわかりやすく解説

ゆうちょ口座が2つほしい!複数つくれるか聞いてみました

ゆうちょ 口座 種類

口座番号8桁を7桁に変換する方法 ゆうちょの口座番号8桁を7桁に変換する方法は、口座番号の最後の1を取り除きます。 例えば、口座番号が「55543051」であれば、7桁の口座番号は「5554305」になります。 これだけです。 とても簡単ですね。 それにしても、なぜ最後が1と決まっているのに、8桁なのでしょうか。 最初から7桁にしていれば、迷う人はいなかったはずなので、本当に迷惑な話ですね。 ゆうちょは長い間、民営化されなかったため独自のルールが浸透し、その名残がいまだに残っているからです。 ちなみに、ゆうちょのページ(下記のURL)で、8桁の口座番号を入力すると、7桁の口座番号に変換してくれます。 時間のある方は、実際に変換して確かめてみてください。 スポンサーリンク 8桁の口座番号の最後が1の理由 ゆうちょでは、総合口座・通常貯金・通常貯蓄貯金の場合、番号の末尾は1と決まっています。 じゃあ8桁の最後の数字が1以外のものはあるか?というと今のところありません。 新しい種類の預金サービスができたときに1以外の数字を使うために、8桁にしていると予想されますが、実際いまのところ使っていないようですね。 7桁だと数字が足りないからでは?と考えた人もいると思います。 口座番号7桁で表現できる数字は、0~999万9999までの、1000万口座だからです。 日本の人口は1億2000万なので、一人一口座作ったとしても、1億2000万口座必要になるので、全く足りませんね。 しかし、これについては問題ありません。 すでに気づいている方もいると思いますが、ゆうちょには、5桁の記号番号というものがあって、同じ口座番号であっても記号番号でわけることができるからです。 これは他の銀行であっても同じですね。 他の銀行の場合は支店番号を使っています。 ゆうちょの記号番号は5桁ですが、そのうちの2桁が振込みで必要な店番号に使われています。 やはり、8桁にしているのは表現できる口座番号が足りないからではなくて、将来的な拡張のためというのが正しそうです。 スポンサーリンク 記号番号と店番号の変換 ゆうちょには店番号というものもあります。 店番号は、ゆうちょ以外の銀行から振込みしてもらうときに必要です。 これは、全銀システム(全国銀行データシステム)のためです。 全銀システムにより、各銀行間での振り込みを行うために、共通の形式が決まっています。 その形式というのが、4桁の金融機関コード・3桁の支店コード(店番号)・7桁の口座番号です。 ゆうちょ銀行も民営化後の2009年1月から全銀システムに接続可能となりました。 そのため、ゆうちょ銀行の5桁の記号と8桁の口座番号を、3桁の店番号と7桁の口座番号に変換する必要があるのです。 変換の際は、下図を参考に変換してください。 ゆうちょのHPに掲載されているものです。 相手に振り込みをしてもらうには、銀行名、店番号、口座番号を伝えればできます。 その際に、記号番号はわかるけど、店番号が分からないという場合があります。 その時は、図を参考に記号番号から、店番号に変換してください。 例えば、記号番号が「23140」とすれば、記号番号の2桁目、3桁目と、数字の8を並べたものが店番号となり、上の例でいえば「318」となります。 店番号の最後の数字は必ず8になります。 口座番号の最後が必ず1になるのと同じですね。

次の

ゆうちょからゆうちょ銀行同士の振込方法【くわしく】手数料・反映は

ゆうちょ 口座 種類

ゆうちょ銀行法人口座の審査は厳しいの? 私自身、会社設立後すぐにゆうちょ銀行の法人口座を作りました。 他の銀行と比較しても 審査は厳しくなかったのですが、準備する書類がすごく多く、1つでも欠けていると審査を受け付てくれません。 そういった意味では厳しいですが、書類さえきちんと提出すれば、ゆうちょ銀行の法人口座はすぐに作れます。 法人とはいえ銀行口座ですので、創業して間もないから作れないということもありません。 ゆうちょ銀行の法人口座開設に必要な書類まとめ ゆうちょ銀行の法人口座開設に必要な書類をまとめます。 正直、提出する書類はかなり多いですが、1つ1つ確認しながら揃えていってください。 重要なポイントですので、じっくりと読み進めてください。 書類自体はすぐに準備できると思います。 履歴事項全部証明書(登記簿謄本) 発行日から6ヶ月以内の原本が必要です。 会社設立後すぐは原本の提出を求められることも多いので、法務局で数枚取っておくことをおすすめします。 代表者の本人確認書類 運転免許証や健康保険証、パスポートなどが本人確認書類に使えます。 ご来店者と法人の関係を証する書類 社員証などが該当します。 ゆうちょ銀行の公式サイトには「名刺は含まれません」と書かれているのですが、社員証を発行していない会社もあると思いますので、名刺を持っていけばよいでしょう。 私も名刺でOKをもらいました。 法人番号が確認できる書類 法人番号とは、法人の「マイナンバー」のようなものです。 会社設立後、郵送で法人番号が通知されます。 その他の書類に法人番号の記載があれば、そういった書類でも代替できると思います。 法人の印鑑証明書 発行日から6ヶ月以内の原本が必要です。 登記簿謄本と同じく法務局で取得できます。 (主要)株主名簿または出資者名簿 株主の一覧をエクセルで作成したものをプリントアウトして持っていけばOKです。 主要な株主名とその持ち株数がわかるものを提出します。 私の場合は一人会社だったので、私の氏名と持株数(100%)と一行記載したのみでした。 会社設立後6ヶ月以内の法人のみ 法人設立届出書(控)、青色申告承認申請書(控)、主たる事務所の建物登記簿謄本の原本(現在事項証明書)、主たる事務所の賃貸借契約書(原本)のうち、いずれか1点を持って行きます。 税務署に提出した法人設立届出書や事務所の賃貸契約書が用意しやすいと思います。 書類に不備があると受け取ってもらえませんが、正しい書類をきちんと揃えて提出するだけで、口座は作れます。 一度口座開設できれば、あとは通常の法人口座と同じように使えるので、書類をしっかり揃えて審査に挑んでください。 ゆうちょ銀行は振込手数料も安い ゆうちょ銀行はネット銀行ほどの安さはないものの、して低めです。 法人口座と個人口座の料金が同じなのでおすすめです。 法人口座の開設には約2週間ほどかかる 法人口座の開設を申込してから、 口座開設完了まで約2週間かかります。 銀行口座がなければビジネスが始められない方も多いと思うので、口座開設が完了するまでにできることはないか?を考えて、事業スタートの準備を着実に整えておくと良いと思います。 ゆうちょ銀行は民間の銀行のように融資業務をおこなっていないので、取引関係を強化しても資金調達には使えません。 しかし、ネットバンキングが無料で使えたり、ワンタイムパスワードの導入によるセキュリティも高いので、法人口座は持っておいて損はないと思います。 また、ネット銀行の法人口座も比較的スムーズに手続きが行えます。 であれば、開業すぐでもネットと郵送のみで2週間あれば口座が作れます。 ジャパンネット銀行ビジネス口座の詳しい記事はこちらです。

次の

ゆうちょ銀行法人口座の開設に必要な書類と気にかけたい3つのポイント

ゆうちょ 口座 種類

総合口座と振替口座の違い 総合口座と振替口座の違いは、利用できるサービスにあります。 総合口座は、通帳やキャッシュカードを使い、 入出金や振込、預金などを利用できます。 対して振替口座は、 お金の受け取りと送金専用です。 通帳・キャッシュカードを発行しないため、ふだん使いには不向きです。 主に、送金や決済を多く行う法人や個人事業主、寄付金や会費を集める団体などが利用します。 総合口座は、口座番号の記号が「1」から始まります。 振替口座は「0」から始まります。 個人は総合口座のみでOK ふだん使い用や貯蓄用にゆうちょ銀行口座を持ちたいなら、総合口座のみで十分です。 貯金や振込、ATMでの入出金など、基本的な銀行取引はすべて利用できます。 通常貯金(普通預金)• 定期貯金・定額貯金(定期預金)• 担保定期貯金・担保定額貯金(自動貸付つき定期預金)• 振込・振替• 自動送金・自動振込• 国際送金• 定額料金の引き落とし(公共料金など)• ゆうちょPay• クレジットカード機能• デビット・プリペイド機能• Suica機能 他行への現金振込はできませんが、日常生活では不便しません。 ゆうちょ銀行口座から振込すればOKです。 振込などの送金は、ネットバンキングサービス「 ゆうちょダイレクト」を使うと便利です。 平日日中に窓口に行かなくても、スマホやパソコンで送金できます。 ゆうちょダイレクトからの振込は、窓口やATMより振込手数料が低めです。 口座開設したら、まず登録しておくのをおすすめします。 ゆうちょPayアプリやクレジットカードなど、キャッシュレス決済も総合口座で利用できます。 お店でゆうちょPay決済すると、総合口座から直接支払えます。 後払いのクレジットカードと違い、預金残高以上の決済ができず、使いすぎる心配がありません。 しかし、ゆうちょペイが使えるお店はまだ少なく、不便さが目立ちます。 クレジットカードを持ちたくない人は、Visaデビットカード「mijica(ミヂカ)」がおすすめです。 電信振替 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への送金。 他行宛の振込 多くの人に一斉送金する「総合振込」や、毎月同じ日時・金額で振り込む「自動振込」も利用可。 現金の送金 払い出し証書を使う「通常現金払」や、「小切手払」による送金。 現金の受け取り 相手が現金で送金をする際、「通常払込み」や「電信払込み」で受け取れる。 入出金 預金を引き出すときは、本人払い出し手続きを窓口で行う。 ネットバンキング 総合口座と同じく、ゆうちょダイレクト(法人はゆうちょダイレクトBiz)が使える。 総合口座への資金移動も可能。 利用サービスに制限がある振替口座の、最大のメリットは 預金全額保護です。 預け入れたお金はすべて「預金保険制度(ペイオフ)」の対象となり、保護されます。 万が一ゆうちょ銀行が破綻しても、振替口座のお金は全額、戻ってきます。 ゆうちょ銀行の総合口座だと、最大でも元金1,300万円と利子しか保護されません。 利子がつかなくても、安全性重視で貯蓄したい人は、振替口座にお金を預けるのもありです。 本人確認書類• 銀行印• 振替口座加入申込書• 振替口座用印鑑票• (屋号で開設する場合)開業届のコピーや会社案内など、屋号と所在地がわかる資料 加入申込書と印鑑票は、ゆうちょ銀行の支店で受け取れます。 その場で記入して手続きできますが、自宅で書類を書いてきてもOKです。 開業届の控え以外に、会社案内やWebサイトの会社概要ページを印刷したものなど、住所や屋号が入った資料を求められるケースもあります。 複数の資料を持っていけば、その日のうちに手続きしてもらえる可能性が高くなります。 窓口での手続きから約1週間で、振替口座開設の案内が郵送で届きます。 口座開設支店でしか払い出せない 振替口座に預け入れたお金は、ATMでは引き出せません。 振替口座はキャッシュカードを発行しないからです。 さらに、窓口払い出しができるのは、 振替口座を開設した1支店のみです。 自宅や職場の近くなど、立ち寄りやすい支店での口座開設をおすすめします。 私は、口座開設時は「近くにお住まいですか?」と尋ねられました。 着金の郵送通知は有料化 ゆうちょ銀行の振替口座を開設する際、申込書で「振替受払通知票Webサービスの有無」を選んでチェックします。 振替受払通知票Webサービスとは、振替口座宛に入金があった際に、ゆうちょダイレクト上で通知するサービスです。 このサービスに申し込まない場合は、郵送で通知が届きます。 しかし、2020年4月からは、郵送通知が有料化します。 通知を受け取るたびに110円(税込)かかるので、なるべくWeb通知にしておくのがおすすめです。 振替口座を持つメリットがある人 個人でも振替口座を利用するメリットがあるのは、このような人です。 1,300万円以上のお金をゆうちょ銀行に預けたい人• イベントやサークルの代表で、集金する人• 仕入先への支払いなど、よく振込する人• 仕事用に屋号名義の口座を持ちたい個人事業主や副業中の人 1,300万円以上のお金を、ゆうちょ銀行のみで管理したい人は、振替口座に預けると安心です。 ゆうちょ銀行の預金金利は、総合預金でもほぼゼロです。 普通貯金も定期貯金も、長年超低金利のままで、利息には期待できません。 割り切って振替口座に預けるのも手です。 少しでも預金で利息を得たい人は、 預金金利の高い銀行に分散して預けるのをおすすめします。 預金保険制度では、ゆうちょ銀行以外の銀行は「1行につき1,000万円」までを保護します。 2,000万円を預金したいなら、2つの銀行に1,000万円ずつ預ければ、利子も含めて全額保護となります。 特にネット銀行は、ゆうちょ銀行の何倍、何十倍もの預金金利です。 大きな金額を預けると、利息差も大きくなります。 なかでも オリックス銀行は、定期預金が高金利なネット銀行として有名です。 100万円以上の大口定期預金に特化した、珍しい銀行です。 オリックス銀行の詳細・口座開設: お金の受け取り・送金を多く行う人や団体にも、振替口座は向いています。 銀行口座宛の振込は、総合口座と同じくゆうちょダイレクトから行えます。 お金を受け取る際は、「 通常払込み」で集金できるメリットがあります。 通常払込みで振り込めるのは、振替口座のみです。 通常払込みとは、ゆうちょ銀行の振替口座に、低い手数料で「現金」を送金できるサービスです。 銀行口座を持たない人も、ゆうちょ銀行のATMや窓口から現金を送れます。 総合口座への現金振込より、手数料を抑えられます。 相手に手数料を負担してもらう際は親切な印象に、こちらが手数料を負担する際は経費削減になります。 参考記事: 事務所名や店舗名など、屋号名義で口座を持ちたい個人事業主も、ゆうちょ銀行の振替口座がおすすめです。 個人事業主が、大手銀行で屋号の口座を開設できるのは、ゆうちょ銀行の振替口座のみです。 ゆうちょ銀行の総合口座は、個人名義でしか開設できません。 安心できるイメージが強いゆうちょ銀行で、屋号の口座があると、ビジネスで信頼感を持ってもらえます。 総合口座も開設する際の注意点 ゆうちょ銀行の振替口座を開設するなら、総合口座も持っておくのをおすすめします。 振替口座の入出金がスムーズになります。 振替口座の残高を入出金する際、本来はゆうちょ銀行の窓口に行く必要があります。 多忙な人にとって、平日日中に支店へ行くのは手間です。 総合口座も持っていれば、ネットバンキング「ゆうちょダイレクト」を使い、 スマホから振替口座と総合口座への資金移動が可能です。 振替口座からお金を引き出したいときは、ゆうちょダイレクトを利用し、総合口座にお金を移します。 そうすれば、ATMからキャッシュカードで出金できます。 2つの口座を管理する際は、 総合口座を「無通帳口座」にせず、紙通帳を発行するのをおすすめします。 ゆうちょ銀行の総合口座には、無通帳口座もあります。 紙通帳を発行せず、ネットバンキングメインで利用する口座です。 しかし、無通帳口座に切り替えると、 ゆうちょダイレクトで振替口座と総合口座を、一括管理できなくなります。 無通帳口座を持つと、ゆうちょダイレクトから「ゆうちょダイレクトプラス」というネットバンキングに切り替わります。 「ゆうちょダイレクトプラス」では、振替口座を利用できません。 無通帳口座は、来店不要で口座開設できるなど、メリットも多くあります。 しかし、総合口座と振替口座を2つ持ちする際は、おすすめできません。 振替口座の開設時に、総合口座の開設もすれば、一度の来店で両方の手続きを完了できます。 総合口座のキャッシュカードは、即日受け取れます。 もし、無通帳口座を開設しても、ゆうちょ銀行の窓口で、紙通帳口座への変更手続きが可能です。

次の