エクセル フィルタ ショートカット。 ショートカットキーでフィルターを設定する

Excel でよく使うようになったショートカット一覧

エクセル フィルタ ショートカット

マウスでリストを選択する場合• 例えば、こんな表があります。 「難度」の項目には「データの入力規則」によって「リスト」が設定されています。 (エクセルで「リスト」を使う方法についてはをどうぞ)• 表示された項目をクリックすれば……• リストからの入力は完了です。 リストの選択をする時は多くの人がこの方法を使うと思います。 これはこれで大きな問題はないのですが キーボードからマウスに手を移動するのが少し面倒。 少しの手間も、データ入力数が多いと段々とストレスになります。 キーボードでリストを選択する• 「矢印」キーで項目を選んで、「Enter」キーを押せば……• リストからの入力ができます。 テーブルのフィルターもキーボードでOK 操作方法はリストのときと同じです。 フィルターが表示されるので、「矢印」キーで選択します。 チェックボックスのオン/オフは「スペース」キーでできます。 「Enter」キーを押すとフィルターが適用されます。 【関連記事】.

次の

EXCEL 小技・テクニック集/上級テクニックで作業効率化を目指そう!

エクセル フィルタ ショートカット

ショートカットでオートフィルタを使いこなしましょう。 Wordの代りに議事録や会議資料を Excelで作成する。 私は、以前、このような 使い方が中心でした。 ただ最近になって Excelの使いみちが増えました。 それはデータを溜める データベースとしての使い方です。 Excelの1つのシートに 単純な表を用意して ただデータを入力します。 あとはそのシートから 必要なデータを検索したり、 もう1つのシートにピボットテーブル という機能で条件に応じた 集計表を作ったりします。 あくまでデータを溜める だけのシートと それとは別に集計する シートを用意します。 こうすれば 同じデータで別の表を 作りたいとなっても 簡単ですよね。 元データは同じものを 使うことができますしね。 ピボットテーブルについては こちらの記事で。 こういった使い方ができると Excelの幅が広がりますね。 売上データなら 得意先A社のデータだけ、 商品Bだけ、 といった絞り込みしますよね。 で、このオートフィルタ どうやって使っていますか? メニューからクリック してもいいですが、 やはりショートカットで行いましょう。 範囲の選択 まず、 オートフィルタを設定したい 範囲を選択します。 オートフィルタが設定されました。 簡単ですよね。 まとめ オートフィルタを活用して Excelの使いみちも 広げたいですね。 売上や顧客データをExcelで 管理している場合、 オートフィルタで データを検索することで 新たな発見があるかもしれません。 【編集後記】 Excelのショートカットキーも 一気に覚えのは大変です。 少しずつ覚えていきましょう。

次の

時短テクニック エクセルショートカット!

エクセル フィルタ ショートカット

ショートカットを設定する• エクセル全般• ブック• シート• セルの選択• 行と列• 入力・編集・削除• 書式設定• 表示形式• グラフ• マクロ ショートカットを設定する 繰り返し セル結合や塗りつぶしのショートカットはありません。 これらは前回の操作を繰り返すショートカットです。 これで一時的にそれらのショートカットとして使用できます。 ショートカット キーを設定 セル結合や塗りつぶしのショートカットを設定する方法を紹介します。 [クイック アクセス ツールバーのユーザー設定] をクリックして [その他のコマンド] をクリックします。 ショートカットを設定したい [操作] をクリックし、[追加] をクリックして [OK] をクリックします。 セル結合なら「セルを結合して中央揃え」、塗りつぶしなら「塗りつぶしの色」という名前であります。 [セルを結合して中央揃え] と [塗りつぶしの色] が追加されました。 Alt キーを入力すると番号が表示されます。 テンキーを使用するときは Altキーを放してから入力します。 セル結合するには [セル] を範囲選択します。 スポンサーリンク 特殊 ショートカット キー 説明 Alt F10 リボン用のショートカット キーを表示または非表示にします。 F6 ワークシート、リボン、作業ウィンドウ、およびズーム コントロール間を切り替えます。 F12 [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示します。 F1 [Excel ヘルプ] 作業ウィンドウを表示します。 F9 すべてのワークシートを再計算します。 PageUp ワークシート内で 1 画面分上にスクロールします。 PageDown ワークシート内で 1 画面分下にスクロールします。 もう一度入力するとワークシート全体を選択します。 追加する範囲の先頭セルに方向キーで移動し、F8 キーを押し、方向キーで範囲を拡張します。 F8 拡張選択モードを切り替えます。 拡張選択モードでは、ステータス行に [拡張選択] と表示され、方向キーで選択が拡張されます。 入力・編集・削除 ショートカット キー 説明 F2 セルを編集モードにします。 F3 [名前の貼り付け] ダイアログ ボックスを表示します。 F7 [スペルチェック] ダイアログ ボックスを表示して、作業中のワークシートまたは選択した範囲内のスペルをチェックします。 アクティブ セルの 1 つ上のセルの数式を、アクティブ セルまたは数式バーにコピーする。 小数点以下の桁数が 2 で、桁区切りを使用し、負数には負符号 - を使用する数値の表示形式を設定します。 F11 現在の範囲からグラフを作成して、別のグラフ シートに表示します。 このダイアログ ボックスで、マクロの作成、実行、編集、削除を行うことができます。 VBA を使用してマクロを作成できます。 スポンサーリンク.

次の