ピース・アロマ・インフィニティ。 ピースファミリー

コンビニのタバコで安いのはこれ!銘柄紹介!

ピース・アロマ・インフィニティ

喫煙に関する内容を含みます 概要:紙巻「ピース・インフィニティ」の喫煙感想 やや他のバリエーションとは毛色の異なる雰囲気なピース。 紙巻「ピース・インフィニティ」を吸ってみた。 この「ピース・インフィニティ」という煙草は、同時期に発売された「キャビン・プレステージ」や「さくら」などと同じく少し高めな価格設定の「高級志向」な煙草の一つなのです。 しかしながら、今となっては唯一の生き残りとなってしまいました。 このピース・インフィニティは、その三兄弟の中でも当時のJTが持っていた技術やノウハウを総動員した「プレミアム・シガレット」であるようです。 徹底して香りの良さを追求した結果として、バージニアリーフを贅沢に使用しているとのことです。 まぁ、バージニアリーフの件は、ピースそのものの売りであるようにも思えますけれど。 そして、イレギュラーな雰囲気のパッケージなどからも察するように、感じる趣も他のピース銘柄とは少し異なる印象となっています。 これは中々にピースのラインナップでは異彩が特徴的な感じですね。 内容の方も「LSS」という旧称「D-spec」の改めであるJTの低臭気技術が用いられていますし、フィルターも「AFTフィルター」という歯車形状の特殊フィルターが用いられています。 このように、他のピースとは一線を画する様は、技術総動員に嘘偽りなくといったような煙草なのです。 しかも、両切りかプレーンフィルターであることが多いピース銘柄にしては珍しく、このインフィニティのフィルターはチャコールフィルター仕様となっています。 これは多くと比べれば何てこともないことですが、ピースとしては中々に特殊仕様と言えるでしょう。 ちなみに、AFTフィルターのAFTというのは「Advanced Filter Technology」の略記だそうで、当初はCVDフィルターと銘打たれていたそうな。 そのCVDフィルターのCVDは「Channel Ventilation Dam」の略記だとか。 何だか、煙草の話をしているのに、まるでDTMの話をしているみたいです。 渦巻くような模様をメインに配したデザインは、ピースにしては異色の雰囲気を醸し出すパッケージデザインですね。 メーカーの言うところでは「ベルベットのような深い紺色の布が上質な香りを包み込み、ロゴをあしらった黒いリボンで大切に封印されているかのような、上品で落ちついた雰囲気をもったデザイン」とのこと。 ベルベットで青色と言えば、私からしてみれば完全にベルベットルームの印象です。 オリーブを咥えた鳥ではなく、商魂たくましい妖精や鼻の爺さんしか頭に浮かびません。 フリップサイドにはJTの低臭気銘柄に冠される「LSS LESS SMOKE SMELL」の表示があります。 これは詰まるところ、以前までの「D-spec」なのです。 これは他のピース銘柄には採用されていない仕様で、ピースではインフィニティならではの特徴と言えるでしょう。 恐らくは特殊な巻紙で嫌な臭いの発生を抑えているのかと思いますが、ピースの香りって元より嫌な要素も無い香りだと思うに、正に鬼に金棒といったところでしょうか。 意外にも中包装紙は極普通の銀紙でした。 フィルターチップは質感と口触りの向上のためにキャビンのプレステージと同じくエンボス加工が施されていて、適度な弾力を持つ「硬さ」もウリとなっているそうです。 確かに、ふにゃふにゃ感は無く、適度に硬めのフィルターなのです。 そんな「くわえ心地」を追求したフィルターパートは、小さめの空気穴が1列で配され、ピースでは珍しいチャコールを使用した特殊フィルター仕様となっています。 そして、AFTフィルターですね。 フィルターチップとの接点に細かい溝が設けられているのです。 効果のほどは・・・、体感するしかありません。 味・香りについて感想 この煙草は、確かにピースらしさを踏襲しながらも、これまでのピースらしいリッチ感とは異なる志向性でリッチ感を体現したような煙草に仕上がっています。 まず、やはりピースということで気になるのはシガレットの香りですが、この香りはピースらしい香りとなっています。 瑞々しく品の良い甘さが非常に心地の良い香りなのです。 ただし、ややストレートさというか、華々しさに欠く感じもありますね。 他のピース銘柄と比べると量感も比べて控えめに思えるあたりに「マイルド感」を覚えなくもない香りとなっている気もします。 これは他のピースと比べて生々しさが抑えられている感じでしょうか。 大差も無いピースらしい香りではあると思うのですが、恐らくはピース・インフィニティの放つイレギュラー感が感覚にもイレギュラー感を覚えさせるような作用をしているのかも知れません。 キャラクターも、どこか加工されたような香りに思えますしね。 それでも、思いのほかピースのキャラクターから外れているという印象はありませんでした。 もっとピースとは異なるキャラクターの香りかと思っていましたから。 意外と、しっかりとピースの香は感じられます。 しかしながら、喫味の方は確かに違いを感じることが出来るものとなっていて、かなり柔らかな印象の味わいがピース銘柄にしては特徴的な味わいとなっているのです。 中々にカッチリとした質感の煙草である印象が強いピースのキャラクターとは少し異なる感じでしょうか。 ピース銘柄らしく香ばしさに豊かさを覚える味わいではあるのですが、その香ばしさの内容が他のピース銘柄と比べて特徴的な香りの華々しさや生々しさが抑えられている印象です。 これにより、かなりマイルドに感じる味わいが印象的となっていますね。 他のピース銘柄と比べると少しマスキングされているような印象も覚えますけれど、それが結果として柔らかな喫味という印象となっているような感じなのです。 チャコールによる作用なのかピース銘柄にしては異様な輪郭の丸さを感じる質感なので、吸い心地も柔和さを帯び、ピースというカテゴリーでは独特な感じとなっています。 ピースの味わいをコーヒーに置き換えるなら、正にミルクを足したコーヒーと言ったような喫味であり、クリーミーな濃厚さに磨きが掛かったような感じでしょうか。 甘い香りも、どこか他のピース銘柄とは毛色の異なる感じですし。 ざっくりと例えれば、ピース銘柄の本来の味わいをベースに、上手くアレンジを効かせた煙草なのです。 私的には、従来のピースらしい味わいも好きですが、だからこそ、このインフィニティの味わいにも非常に好印象を抱くあたり、やはりインフィニティもピースなのだなと言ったところなのでしょう。 何より、他のピースと比べて格段に親しみやすい吸い心地が良い感じなのです。 総じて、ピースの突出したキャラクターを角取りし、ピースの本来の華々しいリッチさとは異なる、まろやかシルキーな路線でリッチテイストを成しているような印象の煙草となっています。 ピースの香り高いキャラクターなどは好きだけれど、もう少しマイルドな口当たりでピースの個性を楽しみたいという場合に向いているのではないでしょうか。 古株として「ピースが好きだ!」という一途な方にとっては、偏見も相まって受け入れ難い要素も多い煙草かと思います。 しかしながら、現代志向のもとにピースのキャラクターを昇華したような煙草として非常に優秀な仕上がりなので、中々に好印象な煙草なのでした。 もしかしたら、今の御時世でイレギュラーなのは、実は旧来のピース銘柄の方かも知れませんね。 Nutrition Facts Serving Size: 1 Cigarette Tar8mg Nicotine0. 7mg Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.

次の

【たばこレビュー】 ピース・インフィニティ を吸ってみた

ピース・アロマ・インフィニティ

4mg 1946年の発売から70年以上にわたる歴史を持つ「ピース」。 芳醇で深みのある香りと、凝縮されたなめらかな味わいをゆったりと楽しめる逸品。 パッケージは平型缶を採用しており、開封した瞬間から厳選バージニア葉の香りを最大限に堪能できる。 正面にはピースブランドの象徴である金鳩を配置。 ワインレッドの色彩で、5年以上熟成させたバージニア葉の深みのある香りを表現した。 また、現在販売している「ピース・アロマ・ロイヤル・100's・ボックス」 540円 、「ピース・アロマ・クラウン・100's・ボックス」 540円 、「ピース・インフィニティ」 530円 についても、5月中旬よりパッケージデザインのリニューアルを順次行うとのこと。 0mg• 6mg• 「ピース・インフィニティ」については、パッケージリニューアルに併せて名称を「ピース・アロマ・インフィニティ」へ変更する。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

[簡易レビュー]ピースアロマヴィンテージ吸ってみた

ピース・アロマ・インフィニティ

タバコの値上げ期間はいつからいつまで? タバコの値上げは、 段階的に行われることが決定しています。 2018年10月を1段階目として、 2021年まで毎年値上がりは続きます。 「電子タバコ」は、そもそもニコチンやタールが含まれていないリキッドを吸うため増税対象外です。 なぜ加熱式タバコも値上がりするのか? 加熱式タバコが値上がりするという発表は結構な話題になりました。 先ほど、2018年~2021年にかけて紙巻きたばこが増税するというのはお伝えしましたが、加熱式タバコの場合は 2022年まで増税が続きます。 出典: 更に紙巻きタバコが3段階なのに対して、加熱式タバコは5段階です。 増税が嫌で紙巻きたばこから加熱式タバコにかえた方にとっては 頭を抱える問題ですね。 【最新】タバコ値上がり銘柄一覧表(2019年10月1日~) 2019年10月1日の「消費税の引き上げ」の影響で値上がりするタバコの一覧表です。 紙巻きたばこ~加熱式タバコまで記載していますので、是非ご覧ください。 参考: 20円以上値上がりする銘柄は 赤字にしています。 値上げ幅が40円以上の銘柄に関しては赤字で書いています。 JTの銘柄(メビウス・セブンスター・アメスピなど) 銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅 メビウス 440円 480円 40円 セブンスター 460円 500円 40円 アメスピ 480円 520円 40円 キャスター 420円 450円 30円 キャビン 420円 450円 30円 ピアニッシモ 450円 480円 30円 ハイライト 420円 450円 30円 プルームテック(加熱式) 460円 490円 30円 キャメル 380円 400円 20円 ピース(10本入) 230円 250円 20円 ホープ(10本入) 230円 250円 20円 フィリップモリスの銘柄(マルボロ・ラーク・パーラメントなど) 銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅 マルボロ 470円 510円 40円 パーラメント 450円 490円 40円 ラーク 420円 450円 30円 バージニア・エス 450円 480円 30円 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の銘柄(ラッキーストライク・ケント・クールなど) 銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅 ラッキーストライク 460円 500円 40円 ポールモール 400円 440円 40円 ダンヒル 460円 500円 40円 JPS 420円 460円 40円 グロー(加熱式) 450円 490円 40円 クール 450円 480円 30円 ケント 420円 450円 30円 ヴォーグ 420円 450円 30円 紙巻きタバコから電子タバコへ切り替えるのも有り 2018年9月時点のタバコ1箱当たりにかかる税金は 277. 47円(1箱440円の場合)です。 実に、 約63%が税金なんですね。 紙巻きたばこは、今後も増税が続いていくと思います。 過去にはタバコ1箱を1,000円にするという話もありました。

次の