出産祝い 書き方。 出産祝いの封筒(ご祝儀袋)の書き方・郵送の宛名書きも解説

出産祝いのお返し のしの選び方と書き方について

出産祝い 書き方

出産祝いの書き方 熨斗紙・のし袋 見本 水引きは紅白の蝶結びのものを選びます。 [表書き] 「御祝」「御出産御祝」 「祝御出産」「御出産祝」など [下段] 姓または氏名(フルネーム)を書きます。 [夫婦連名の場合] 夫婦の場合の書き方は中心に夫の氏名を書き、妻の名を左に書きます。 出資したメンバーの氏名を書いた紙を袋の中に入れます。 [封筒タイプの袋やカジュアルな祝儀袋] のし袋ではちょっと堅苦しいと思う方用に、かわいいデザインの出産祝いの祝儀袋も販売されています。 中にはキャラクター付きのものや、赤ちゃんのイラスト付きのものもあります。 また、メッセージを書き込めるカードがついているものもあります。 出産祝いの中袋の書き方1 中袋の表側の書き方 見本 中袋がついているタイプののし袋があります。 金額を記入する欄が枠線などで印刷されているタイプでは枠線の中に金額を書きます。 横書きであればアラビア数字(1,2,3…)で構いません。 それ以外は中袋の表面に見本画像のように金額を書きます。 縦型の封筒の場合には金額も漢数字を使って縦書きにします。 右の見本画像では「一」を旧字体の「壱」にしましたが無理に難しい字を書く必要はありません。 ちなみに「金五千円也」などのように円のあとに「也(読み方=なり)」をつける必要はないとされます。 (はみだし知識…也は帳簿や証書などにおいて、それ以下の端数がないことを表すために使います。 「金五千円也」は、百、十、一の単位の端数がないことを示す形です。 ) 正式には外側の袋と同じ筆記具を使って書くのがマナーですが、書くエリアが小さい場合には黒インクのペンやボールペンを使いましょう。

次の

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝い 書き方

連名で出産祝いを贈る場合、連名ならではの気をつけたいルールがあります。 特に気をつけたいのが友人・知人同士で贈る場合です。 出産祝いのお返し(内祝い)を贈るのは出産後約1ヶ月後の頃。 ママの体調や赤ちゃんもまだ外出するには慎重な頃なので、内祝いを直接届けるのも難しいです。 なので、個別に宅配を使って内祝いを贈る場合が出てきます。 あらかじめ出産祝いに何がいいか聞いていて、ある程度高額な物をリクエストされた場合は別ですが、友人同士で贈る場合はなるべく負担をかけない人数でまとめて贈る配慮が必要になってきます。 次に人数によって変わる、のし袋やのし紙への記名のしかたなど、贈った相手に失礼がないよう心掛けるポイントをご紹介します。 会社の同僚に贈る場合、ほとんどが連名になるかと思います。 1人あたりの相場は1,000~2,000円くらい。 合計で1~2万円くらいです。 友人のときと同様、あまり高額にならないようにし、かつ、トータル金額はキリにいい金額になるようにします。 例えば8人で1人1,000円の場合、合計8,000円になります。 「8」という数字は縁起的にも悪くはありませんが、特に商品券やギフトカードなど金額が分かるもので贈る場合は1万円になるよう調整すると良いでしょう。 または金額があいまいになるよう品物で贈る方法が良いかもしれません。 そして大事なのが金額は全員一律にするということです。 出産祝いをいただく側は「誰がいくらだした」なんてことは分かりませんし、仮に金額が違っても常識として別紙に記入するなんてことはしません。 後々のトラブル回避のためにも一律にするのが望ましいです。 ただ、先にあった金額の調整が必要な場合、割り切るのが難しいときは、例えば上司は2,000円にしてもらうなど、同僚になって日が浅い人は少なくするなどして調整するのは可能です。 また内祝いですが、同じ職場なので簡単にシェアできるもの、例えばお菓子の詰め合わせなどを贈るようにすると良いでしょう。

次の

出産祝いを渡す理想のタイミングはいつ?直接や配送の渡し方のマナーや選び方とは

出産祝い 書き方

連名で贈る時、表書きの真下に目上(年上)の人の名前を書き、以下左側に並べるのが正式な書き方です。 また、同等の友人の連名ならば、中央にバランス良く並べて書いても良いでしょう。 4人以上の場合は、代表者の氏名を中央に書き、その左に「他一同」とし、残りの人の氏名は別紙に書いて祝儀袋の中にいれます。 夫婦の場合は、中央にご主人の名前を書きます。 ご出産祝い ご祝儀袋・のし袋の中包み(中袋) 表書き・裏書きの書き方 ご出産祝い ご祝儀袋・のし袋の中包み(中袋) 「表書き」 見本 ご出産祝いの ご祝儀袋・のし袋の中包み(中袋)の表書き 中包みの表の中央に、「 金額」を縦に書きます。 中包み(表書き) 金三万円、金参萬円、金参萬圓など、普通 の漢数字で書いても良いです。 金額の後に「也(なり)」は、つけてもつけなくても構いません。 中に入れる金額に決まりはありません。 ご出産祝い のし袋・祝儀袋の中包み(中袋) 「裏書き」 見本 ご出産祝いの ご祝儀袋・のし袋の中包み(中袋)の裏書き 中包み(裏書き) 裏側には、 「住所」を左に寄せて書きます。 正式には筆ですが、ペンで書いても良いでしょう。 中包み(中袋)の表や裏側に書き込む場所が印刷してある場合は、それに従って下さい。 その反対の折り方は仏事などの弔事になります。

次の