カラメル ソース の 作り方。 プリンのカラメルソース。作り方と色や固さの目安は?

プリンのカラメルレシピ!固まらない柔らかカラメルの作り方│賢者日和

カラメル ソース の 作り方

キャラメルソースと名前の似ているカラメルソースだが、じつは全く違うものなのだ。 キャラメルソースは水や砂糖に加えて牛乳や生クリームなどの乳製品が使われているのに対し、カラメルソースは水と砂糖のみで作られていることがほとんど。 プリンなどの下に敷かれているのはカラメルソースで、比較的苦みが強いのが特徴だ。 簡単にいえば、カラメルソースに乳製品を加えて作られたものがキャラメルソースで、やや苦みが弱くてまろやかな味わいと口あたりが特徴。 この2つはよく間違えられるが、実際は味も口あたりも異なるものなので注意しよう。 ちなみに、キャラメルもキャラメルソースと同じような材料で作られている。 キャラメルは煮詰めることで濃度を高くし、冷やし固めることで濃厚な食感と味わいに仕上げている。 キャラメルソースに使う基本の材料は水と砂糖、生クリームと非常にシンプル。 鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、濃い茶色になるまで煮詰める。 一度火を消して沸騰が落ち着いたら生クリームを少しずつ加えながら混ぜ、滑らかになったら少し加熱すれば完成だ。 水と砂糖が沸騰している状態で冷たい生クリームを加えると、一気に吹きこぼれてしまうので注意しよう。 すぐに生クリームを加えたいときは、鍋に少量の水を加えて温度を下げるとよい。 砂糖の焦がし具合でキャラメルソースの苦さが決まるため、苦みを抑えたいときは黄金色程度で火からおろすのがおすすめ。 手軽にキャラメルソースを作るなら、市販のキャラメルに牛乳を加えてレンジで加熱するとよいだろう。 キャラメルが溶けるまで少しずつ加熱すれば、簡単にキャラメルソースが作れる。 アイスコーヒーの上にホイップクリームをのせ、その上にキャラメルソースをかければカフェ風の飲み物が自宅で楽しめる。 ホットコーヒーの場合は、カプチーノなど泡のあるタイプがおすすめ。 泡の上に格子状にキャラメルソースをかけると、おもてなしにもピッタリのオシャレなコーヒーが作れる。 また、バニラアイスや好みの味のアイスにキャラメルソースをかけるだけで、一気に豪華なスイーツに変身する。 チョコチップや刻んだキャラメル、マシュマロなどを一緒にトッピングするのもおすすめ。 皿に盛りつけたパウンドケーキにキャラメルソースをかけてもオシャレ。 一緒にフルーツやミントを飾れば、店で出てくるようなデザートプレートも作れるだろう。

次の

カラメルの作り方は簡単!プリンだけじゃないカラメルレシピ

カラメル ソース の 作り方

お菓子に欠かせないのが、お砂糖。 さらさらしたグラニュー糖、塊になりがちな上白糖、ふわふわした粉砂糖に茶色いきび砂糖・・・お砂糖には様々な種類があります。 しかし、お菓子のレシピには「砂糖」と書かれていたり、「グラニュー糖」と種類が指定されて書かれていたりします。 レシピをみてお菓子作りをするとき、「砂糖」と書かれているけれどどんなお砂糖でもいいのかな?「グラニュー糖」って指定されているけれど別のお砂糖では本当にダメなのかな?どうしてダメなのかな?と気になりませんか? そこで、実際に様々なお砂糖を使って仕上がりの違いを比べてみようという企画です! 今回は、「カラメル」を作り比べてみました。 カラメルをつくって違いを比べてみよう! 材料 今回は5種類のお砂糖を使ってカラメルを作り比べてみました。 左から順に細目グラニュー糖、上白糖、オリゴ糖入り粉糖、きび砂糖、ブラウンシュガーです。 カラメルの作り方 1. 中火にかけて全体が濃い茶色になるまで加熱する。 結果を比べてみよう! 左上:細目グラニュー糖、左下:上白糖、中央上:オリゴ糖入り粉糖、中央下:きび砂糖、右上:ブラウンシュガー 右下:ブラウンシュガー(2回目) 細目グラニュー糖、上白糖、オリゴ糖入り粉糖は、見た目はほぼ同じ。 さて、お味はどうでしょうか? 細目グラニュー糖 これぞカラメルソースという印象。 ほろ苦さとパンッと鼻へ抜ける香りと風味がまさしく王道です。 上白糖 細目グラニュー糖よりも柔らかい印象。 ほろ苦さと香りがオブラートに包まれた味です。 カラメル特有の風味よりも甘さが強かったです。 オリゴ糖入り粉糖 他の白い砂糖で作ったときと見た目は変わりないですが、ほろ苦さや香りが少し薄い印象。 さらっとしています。 茶色いお砂糖であるきび砂糖、ブラウンシュガーもカラメルにしました。 さて、どのように仕上がるのでしょうか? きび砂糖 白いお砂糖に比べて見た目から大きな差があります。 焦げ茶色よりも黒茶色。 問題はお味です。 第一印象としてべっこう飴や黒糖飴に近いお味。 カラメルのほろ苦さも僅かながら感じるけれど、きび砂糖特有の風味の方が強かったです。 ブラウンシュガー 見た目は色が群を抜いて濃いです。 ブラウンシュガーには作るときから大きな違いがありました。 粘り気が強い。 砂糖を焦がすとき、粘り気が強い。 煙はもくもく、鍋底も焦げてしまいました。 一応味見しましたが、苦いを通り越して少し酸っぱい。 これは失敗です。 こちらも味見してみました。 印象として、「カラメル」と「黒みつ」の間のようなお味。 口に入れたときは、茶色いお砂糖特有の風味で黒みつのような印象を受けますが、そのあとにカラメルっぽいほろ苦さがやってきます。 これは「複雑な風味をもつカラメル」ともいえるし、「味に奥行きのある黒みつ」ともいえる不思議なお味でした。 王道のカラメルではないけれど、美味しいソースでした。 抹茶などの和風のフレーバーと合わせると美味しいかもしれません。 まとめ 今回のまとめとして、 1. カラメルらしさを求めるならば白いお砂糖がgood!カラメルらしさを求めるならグラニュー糖がオススメ! 2. ブラウンシュガーはカラメルらしさは薄いけれどおいしい! 今回の比較、いかがでしたでしょうか? まだまだ寒い季節、カラメル風味の効いた濃密なお菓子を作る際の参考になればと思います。

次の

プリンのカラメルソース。作り方と色や固さの目安は?

カラメル ソース の 作り方

4.火を止めたままの鍋のソースを混ぜます。 熱湯とソースがよく混ざってトロリとしたら、カラメルソースの出来上がりです。 作り方(写真付き) グラニュー糖+水 小鍋にグラニュー糖(30グラム)と水(20グラム)を入れて、中火にかけます。 小鍋をかたむけながら沸騰させます。 かき混ぜないで沸騰させます 沸騰させているとき、 木べらでかき混ぜないようにします。 小鍋をかたむけて、 数回ゆする程度にしましょう。 火が強すぎるようでしたら、弱めてくださいね。 カラメル色になったら火を止めて 3~5分ほどで、「カラメル色」に焦げてブクブクした泡になってきましたら、 一度火を止めます。 濃い色になるまで焦がしてしまいますと苦味が増して、固まりやすくなってしまうので気を付けて。 ザルをのせて熱湯をたらします 火を止めましたら、小鍋の上にザルまたは濾し器(こしき)をのせます。 熱湯(15グラム=大さじ1杯)を、 ポタポタと少しずつ垂らして、沸騰する音(ジュージューする音)がなくなるまで待ちます。 火を止めたままカラメルソースを混ぜます 火を止めたまま鍋のソースを混ぜます。 熱湯とソースがよく混ざってトロリとしたら、カラメルソースの出来上がりです ソースがちょっとゆるいかな?と思われる場合は、とろ火にして少し煮詰めます。 カラメルソースがやわらかいうちにプリンにかけます カラメルソースがやわらかいうちに、プリンにかければ出来上がりです。 これで失敗しない!カラメルソースを上手に作るコツ 固まらないようにするコツ 1.飴のように固まってしまう原因は木べら(スプーン)です 飴のように固まってしまう原因は木べら(スプーン)にあります。 小鍋に材料を入れて火にかけたときに、木べらなどがカラメルに触れてしまうと、溶けたグラニュー糖がその衝撃で結晶化しやすくなってしまいます。 したがいまして、火にかけた時は 道具でかき混 ぜずに、傾けて小鍋をゆするようにしましょう。 2.熱湯を入れたら手早くかき混ぜましょう ソースに熱湯を入れて沸騰する音がなくなったら、 火を止めた状態で、手早くソースと熱湯をからめましょう。 この間、ソースの水分がどんどん蒸発して固まりやすい状態になっていますので、 あらかじめ熱湯を用意しておきます。 ちょっとゆるいかな?と思われても、ソースが冷えると固くなりますので大丈夫です。 気になるようでしたら、とろ火で少しだけ煮詰めてくださいね。 飛び跳ねないようにするコツ ソースに熱湯を一気に入れてしまいますと、激しく飛び散ってヤケドの原因になり大変に危険です。 小鍋に 熱湯を入れるときは、 必ず火を止めて、ポタポタと少しずつ入れましょう。 前の章でもご紹介しましたが、「ザル、濾し器(こしき)」を小鍋にのせて熱湯を入れますと、飛び跳ねを防御してくれます。 色が付き始めるとじきにカラメル色になります ソースの加熱時間は色を見ながら調整してくださいね。 色付き始めるとじきにカラメル色になります。 グラニュー糖と砂糖のちがいについて この章では、グラニュー糖と、白い砂糖(上白糖)のちがいについて、ご説明いたします。 グラニュー糖 純度が高く、淡白な甘みがある性質をもっています。 グラニュー糖はお菓子作りに向いていると言われているのは、「ほかの食材の味を邪魔せずに」甘みを付けることができるからです。

次の