しろ でも くろ でも。 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

しろ でも くろ でも

2012年刊行のデビュー作『しろねこくろねこ』(学研プラス)は、翌2013年、スロヴァキア共和国で開催されている世界最大規模の絵本原画コンクール「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(BIB)にて、「金のりんご賞」を受賞。 一躍、気鋭の絵本作家として注目されます。 デビュー後は、墨を用いた流麗な線描と余白を生かした作風から一転、勢いの増した筆の動きにあわせて、多様な色が画面を彩るようになりました。 父親となった喜びとともに、きくちは次第に、「金のりんご賞」の受賞日に誕生した愛息を主人公に投影させて絵本を作るようになります。 実体験に基づき、具体的なエピソードをもとにすることもありますが、息子の成長を動物や自然の摂理になぞらえる場合も多く、そのつど作風を変えながら、何冊もの美しい絵本を生み出しました。 講談社のご尽力を得て、素晴らしい2作の絵本が誕生したのです。 ふたつでひとつともいうべき、『しろとくろ』(講談社 2019年)と、本展の図録掲載のために描かれた『くろ』(武蔵野市立吉祥寺美術館 2019年)もまた、愛息の姿を投影して描かれています。 1冊の絵本を完成させるために、多いときはひとつの場面で100枚以上、納得するまで描き続けて推敲を重ねる、きくちの制作への真摯な姿勢が伝わってきます。 デビューから現在までわずか7年間で生み出された絵本は、20冊以上。 今、絵本を手に取ってくれている人、そして100年後の誰かの心にも寄り添えるように… 本展では、代表的な絵本原画や、デビュー前に自費出版していた手製本の原画のほか、今回のために制作された大型のバナー作品や立体作品を含め、約200点を展示いたします。 きくちちきのみずみずしい感性と、美しく力強い線描が息づく、絵本の世界をお楽しみください。 絵本作家。 道内の大学に進み、美術学部建築学科を卒業後、上京。 美術専門学校でデザインを学び、印刷会社に入社、デザインの仕事にたずさわる。 33歳のときに絵本作家を志す。 個展で発表していた手製本の絵本が評判となり、2012年に『しろねこくろねこ』(学研プラス)、『やまねこのおはなし』(作:どいかや イースト・プレス)でデビュー。 2013年、『しろねこくろねこ』が「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(BIB)で「金のりんご賞」を受賞。 主な絵本作品に、『ぼくだよ ぼくだよ』(理論社)、『ちきばんにゃー』(学研プラス)、『みんなうまれる』(アリス館)、『ぱーおーぽのうた』(佼成出版社)、『とらのこ とらこ』(小学館)、『もみじのてがみ』(小峰書店)など多数。 『わたしのひみつ』(作:石津ちひろ 童心社)など、絵のみを担当した作品への評価も高く、月刊予約絵本「こどものとも0.1.2. 」「こどものとも年中向き」でも活躍。 『とらこのおくりもの』(えほんやるすばんばんするかいしゃ)など、少部数出版の絵本に魅了されるファンも多い。 神奈川県在住。 上段左から、『ぼくだよ ぼくだよ』 理論社 2013年/『パパおふろ』 文溪堂 2017年/『みんな』 WAVE出版 2015年/月刊絵本「こどものとも0.1.2. 新作絵本『しろとくろ』の原画2点が可愛らしいデザインのTシャツになります。 「グラニフ」の全国の店舗およびオンラインストアでは9月25日(水)から発売、当館のミュージアムショップでは、本展初日から先行発売の予定です。 必ず保護者同伴でお願いします 参加費:500円 講師:良原リエ/加藤紗希 良原リエ(音楽家) アコーディオニスト、トイピアニスト、トイ楽器奏者として、映画「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」、NAOTのショートムービー「ナオトのリズム」をはじめ、TV、アニメ、CM、ミュージカルなどの演奏、制作に関わる。 トイ楽器を用いたライブやコンサート、子ども、親子向けの音楽会、ワークショップなども多数行っている。 著書に「まいにちの子そだてべんとう」「たのしい手づくり子そだて」(アノニマ・スタジオ)「トイ楽器の本」(DU BOOKS)など。 instagram ID : rieaccordion web : 加藤紗希(振付師・俳優) ダンスカンパニー[ビルヂング]代表。 5歳でジャズダンスを始め、中学2年生でミュージカル劇団に入る。 現在は、ダンサー、俳優として舞台や映画・映像作品への出演のほか、演劇やアイドルなどの楽曲への振付など、幅広く活動を行う。 また、創作ユニット[点と]において、映像作品の製作も行なっている。 応募者多数の場合は抽選とし、結果は全員に通知。 お申し込み、どうもありがとうございました。 出演:入手杏奈(ダンサー・振付家)/香取直登(ダンサー・振付家)/きくちちき(絵本作家) 入手杏奈(ダンサー・振付家) 幼少よりクラシックバレエを学ぶ。 コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。 ソロ活動を主軸に、ダンサーとして様々な振付家の作品に出演。 多数の音楽PVへの振付・出演、美術家や音楽家とのコラボレーション等も行う。 2014年「第1回ソロダンサフェスティバル 2014」最優秀賞受賞。 2018年「SICF19PLAY」住吉智恵賞受賞。 現在、桜美林大学にて非常勤講師を務める。 これまで自身の作品が韓国、ハンガリー、ルーマニア、マレーシア、シンガポールで招聘され、国外での滞在制作も行う。 俳優としても活動をし、長塚圭史演出「作者を探す六人の登場人物」や、小林顕作演出「パタリロ!」、中屋敷法仁演出「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」などに出演。 11月2日[土] 14:00~16:00 定員:80名(申し込み先着順。 お申し込み、どうもありがとうございました。 1回の申し込みにつき、2名様まで受付可.

次の

野良猫「くろ」「しろ」ぬくぬく作戦 とーさんのひそかな決意(sippo) 月刊誌『天然生活』『ESSE』で編…|dメニューニュース(NTTドコモ)

しろ でも くろ でも

この作品の関連記事• 関連するスペシャルコンテンツ あかちゃん絵本の名手、新井洋行さんが白と黒だけで展開する絵本。 形の変化のおもしろさを満喫できる、ふしぎなあかちゃん絵本です! ページをひらくと、 左ページにしろ、右にくろ。 それぞれにっこり笑ってこっちをみています。 ページをめくると ぐにゃーと左右がまざって…… ぐるぐる、ぐるぐると巻き込んで…… しろとくろはひとつになったみたいにぎゅーっとちぢこまって ぼんっとはじけます! あれっ、くろはどこにいっちゃったかな? まっしろ。 だいじょうぶ。 どろどどろと、くろが上からおりてきましたよ。 しろとくろ。 このふたつの色が、のびたりちぢんだり。 おおきくなったり、小さくなったり。 生きもののようにうごきまわります。 かわいい色々な表情をみせてくれる、しろとくろ。 幼い子の反応がたのしみですね。 0〜2歳から、読みきかせにどうぞ。 (大和田佳世 絵本ナビライター) しろとくろがぐにゃーとのびたり、ちぢんだり。 いっしょにあそんでいるみたい!赤ちゃんの目線で作られたおどろきの絵本です。 生まれてはじめての読みきかせにもぴったり! <中央大学文学部心理学研究室赤ちゃん学の専門家山口真美教授より> 「赤ちゃんの世界の謎解きをしてみませんか?」 これは赤ちゃんの目線で作られた絵本です。 そして大人にとっては、赤ちゃん世界を知る、謎解き 絵本でもあります。 この絵本には、赤ちゃんの好きなものがいっぱいあります。 大人の目には、こ の本は地味に映るかもしれません。 赤ちゃんの好きなものは、大人とは違うのです。 赤ちゃんは、 コントラストのはっきりしたものが大好きです。 しろとくろは大好き。 顔も大好きです。 どうぞこ の絵本から、赤ちゃんの好きなものを探し出してみてください。 まるでオバケみたいな白と黒の二つの生き物? そのシンプルだけどかわいい表紙に魅かれました。 ストーリーは無く、小さい子向けの絵本ですが、白と黒がぐにゃーとなったり、ぐるぐるしたり弾けたり。 見ていて驚きもあり、楽しい絵本でした。 白と黒のはっきりした色の対比も美しい。 アートでオシャレな絵本です。 (MYHOUSEさん 40代・ママ ).

次の

野良猫「くろ」「しろ」ぬくぬく作戦 とーさんのひそかな決意

しろ でも くろ でも

(末尾に写真特集があります) もんもんと悩むとーさん 「野良猫にごはんを与えるからには中途半端な気持ちではだめだよ」 犬と猫を長年飼っている友達からの忠告を受けて、とーさんはしばらくもんもんと悩み続けました。 このまま2匹の野良を受け入れるのか?あるいは地域猫として育てていくのか? 前者を選択する場合、いちばん問題になるのは保護犬福が果たしてにゃんたちとうまくやれるのか。 そして後者の場合は、わが家の近隣から理解を得ることができるのか、そしてこの小さな野良たちの生命の安全を確保できるのか、ということでした。 もうこれは「縁」だよ ネットを中心にいろいろ調べると、去勢や避妊を施したあとの猫たちは地域に住む他の強い猫たちにいじめられたり、コミュニティーから追い出されたりすることもあるということも知りました。 もちろん交通事故も心配です。 じゃあ、飼うしかないのか?というと、これまた連載で何度も書いてきたように、閉ざされた心をようやく開いて、やっとのびのびと暮らせるようになった福にストレスを与えてしまうことがとても心苦しかったのです。 そして、ある日ひそかにとーさんは決意しました。 「受け入れよう。 受け入れるしかない!」と。 何の因果かわが家のベランダにひょっこり現れたのが妻が亡くなって1年、一周忌行った秋の日でした。 もうこれは「縁」だよ。 そう思い込むことにしました。 はちわれ子猫の「くろ」と「しろ」 その日から、ひそかな決意を家族に隠したまま、徐々に家の中に猫たちを引き込む作戦がはじまりました。 いつの間にか2匹に増えたはちわれの子猫たちは、耳が黒い「くろ」と耳が白い「しろ」と呼ぶことにしました。 まずは手始めにベランダの窓を開けた状態で手からちゅーるを与えることに。 すると、くろは躊躇なくちかづいてきてぺろぺろとちゅーるをなめました。 その様子をひっそりと下がって眺めているしろ。 じつはこの2匹とっても賢くて、どんなにおなかが空いていても、しろとくろが一緒に食べることはないのです。 片方がたべているときは、背後に下がってもう1匹が不審なことがないか?あたりをうかがっているのです。 なんと用心深い! でも、こうして手から餌をたべるくらいなら、案外人馴れが早いかも??そう思ってちょっとだけ触ろうと、ちゅーるをもった手をさっと動かすと、蜘蛛の子を散らすように、しろとくろは逃げていきました。 ちょっと焦りすぎかな…今度はもっとじっくりやろう。 家でくつろぐ子猫「くろ」 11月下旬。 もうずいぶんと夜は寒いです。 そこで、リビングの窓を開けっぱなしにして、かりかりを入れた器を家の中に置くことにしました。 するとこれまたなんの躊躇もなく、とことこと家の中に入ってくるではないですか。 とことこと。 きょろきょろ。 とことこ。 しろよりひとまわり小さくてまだ子猫のあどけなさが残るくろは興味津々。 家の中に福がいてもおかまいなし!そのうち、ごろごろ寝転んだり、居眠りしたり。 ときには猫じゃらしにも反応して、まるで自分の家のようにくつろぎ放題です。 でも、このときも、しろは家の出入りぐち付近でじっと様子をうかがっています。 なかなか一緒にくつろいではくれません。 手ごわいな。 初めて子猫を見る福は、困惑の表情です。 ただでさえ普段から「困り顔」の福が、いっそうの困り顔。 額にはまるで小林の「小」の字のようなしわがよっています。 「とーさん、この子たちなんとかしてよ」 そんな声が聞こえてきそうでした。 とっておきの家を用意 それから、毎日のように、くろとしろは夜になるとやってきては、交互にご飯を食べて、遊んで、またどこかへ帰っていく。 そんな日々をすごしました。 ここまでの第一段階は成功です。 つぎに計画は第2段階に進みます。 つぎなるプランはケージを設置してその中にかりかりを置いて、ケージの中は安全な場所だよ!と認識させる計画です。 くろしろ同時に家に招き入れてくつろがせるのが目的です。 そこで大型の2段ケージと、すこしでも快適な場所になるようにペット用のホットカーペットを購入。 さらにトイレも用意。 おいしくてぬくぬくのとっておきの家を用意しました。 やっと2匹で入った! しかし、さすがに見慣れぬ大きなケージに違和感を感じたのか、なかなか最初は中にはいってくれませんでした。 そこで、大きなリネンをケージにかぶせて安心感を与えることにしました。 でもそうすると、仮に2匹が中にはいったとしても、中の様子が見れない…それは悔しすぎる!!!見たい!! ということで布をかけて、留守番ドッグカメラを設置。 ケージの内部をスマホで遠隔監視できるようにしました。 入ってくれるでしょうか… ゴクリ… やはり、1匹が中をうかがって、もう1匹は逃げ道を確保したまま様子をうかがっています。 そして、今度は選手交代。 2匹が入れ替わってケージの中をチェック!!なんて賢いんでしょうね。 そしてついに!!!やっと2匹でケージの中に入った!!!! おいしくてぬくぬくの環境の勝利です。 やったーーー。 ということで続きは次回へ。

次の