進撃 の 巨人 エレン 死亡。 【進撃の巨人】エレン死亡?ガビが撃ったエレンは偽物か考察!!

【進撃の巨人】119話ネタバレ!エレンの頭が吹き飛び死亡!?

進撃 の 巨人 エレン 死亡

進撃の巨人105話のネタバレになります。 戦鎚の巨人を食ったエレンは、ミカサと共にオニャンコポンが操縦する飛行船へ向かいます。 マーレ軍による地上からの攻撃を警戒しながら、パラディ島勢力は皆がオニャンコポンが操縦する飛行船に乗り込もうとします。 ここまではパラディ島勢力の圧勝の雰囲気でしたが、105話でショッキングな出来事が起こります。 第104期訓練兵のサシャがなんと105話で死亡します。 これまで多くの名言を残し、奇怪な行動も多々あり、そして現在はすごく綺麗な女性になって登場していただけに悔やまれます。 さらに105話ではジークがエレンと繋がっていたことが判明します。 ただ、味方という感じではなさそうというか、パラディ島勢力がジークを信用していないといった印象です。 では早速、進撃の巨人105話のネタバレになります。 出典:進撃の巨人105話 飛び出そうとするミカサを止めるアルミン。 相変わらずお前は蹴りやすいとリヴァイ。 リヴァイがエレンを蹴るシーンは懐かしいですね。 久しぶりに見ましたが、「相変わらず蹴りやすい」って・・・そんなん言われたくないなw 話はエレンを拘束してからだとリヴァイは言います。 エレンは拘束されることを了承しますが、手紙に全て記した通りだと言います。 そしてリヴァイに「ご理解いただけたはずでは?」と尋ねますが、リヴァイはエレンの顔が地下街で腐るほど見てきたクソ野郎と同じだと言います。 リヴァイはエレンに「喜べ、全てお前らの思い通りだ」と話し、視線を横に向けます。 エレンもリヴァイと同じ方を見ますが、そこにはジークっぽい人影があります。 出典:進撃の巨人105話 同じ104期生、コニーは他の仲間には悪いがジャンとサシャは特別だと二人に伝えます。 それにしてもサシャが綺麗だ。 ジャン、コニー、サシャのリラックスした会話が広がります。 相変わらずご飯のことを気にするサシャ。 見た目は綺麗になりましたが、中身は変わってませんでしたw 海の外も壁の中も同じ 銃を手に持ち飛行船を走って追うガビをファルコが止めます。 敵は飛んでいるのに走って追いかけても無駄だとファルコ。 ガビはゾフィアとウドが死んだことをファルコに伝えます。 さらに門兵の二人のおじさんは、広場に行こうとしたエルディア人の自分を「危ない」と叱ってくれたことを回想します。 しかしその門兵のおじさんはサシャに撃たれて死亡しました。 この収容区で生まれたエルディア人だから、街を歩けばツバを吐かれたし、惨めな思いも散々してきたとガビは話します。 そんな自分が頑張ることで、エルディア人は良い人だと世間に証明したかったとガビ。 そう信じていたから頑張ってこれたのに、全て壊されたと言います。 そして、こんな収容区でも自分の大切な人達がいる、私の家だから、それを踏みにじられることは許せないとガビ。 出典:進撃の巨人105話 それなのに止まれと言うファルコが理解できないガビ。 目の前でジークが殺され、何でこんなことをされたのかわからないとガビはファルコに言います。 ファルコはエレンとライナーの会話を思い出し、敵もマーレの戦士から攻撃され、大勢殺されたから報復だろうと話しますが、ガビはファルコに「それを・・・見たの?」と聞きます。 見てないと答えるファルコに、自分も見てないと伝えるガビ。 敵は世界の平和を脅かす島の悪魔だとガビ。 奴らは今も昔も殺されて当然の残虐な悪魔であり、自分達とは違うとガビはファルコに言います。 ここでもファルコはエレンがライナーに伝えた言葉を思い出します。 エレン 「海の外も 壁の中も 同じなんだよ」 引用:進撃の巨人105話 再び走り出すガビ。 飛行船に乗り込むガビとファルコ 飛行船の真下まできたガビは、しんがりを務めていた元・駐屯兵のロボフ師団長を射殺します。 そしてロボフ師団長の立体機動を使って飛行船に乗り込もうとしますが、乗り込んでも殺されるだけだとファルコは止めます。 ガビはファルコに、自分は最後まで戦ったと両親やライナー、みんなに伝えてくれと頼みます。 今は勝てなくても皆が自分の思いを継いでくれるとガビは言います。 ファルコの兄、グライスがガビとファルコを見つけ駆け寄ってきます。 ガビはファルコに「あんたは良い奴だったよ」と言います。 ファルコはライナーから言われた「お前がガビを救い出すんだ、この真っ暗な俺たちの未来から・・・」との言葉を思い出し、ガビと一緒に立体機動で飛行船へ向かいます。 出典:進撃の巨人105話 その場に倒れるサシャ。 ジャンは腰の銃を抜き取りガビへ向け発砲しますが、間一髪ファルコがガビに飛びついたことでジャンの弾は当たりませんでした。 一斉に取り押さえられるガビとファルコ。 コニーとジャンはサシャに声をかけます。 サシャは「ご飯はまだですか?」と答えますが、血が止まらない状況で厳しそうです。 虚ろな瞳のサシャは「・・・肉」との言葉を発し意識を失います。 顎鬚のマーレ兵はイェレナ ピークの元にマガト隊長が現れます。 ピークは戦士隊を誘導し自分とガリアードを穴に落とした顎鬚のマーレ兵が、イェレナであることを思い出したとマガトに伝えます。 イェレナを見たのは三年前、ライナーら戦士隊撤退以降、パラディ島へ向かった最初の調査兵団のメンバーだったと話します。 そして何よりあの顎鬚は似合ってなかったとピーク。 場面は変わって飛行船。 リヴァイはそのイェレナに「いつまでつけてるつもりだ」と指摘し、イェレナは顎鬚を外します。 隣の部屋では捕まったガビが騒いでいます。 「ジーク戦士長が残した意志は同胞が引き継ぐ!!」 「お前を呪い殺すのは真のエルディア人だ!!」 「私を殺した後、首謀者に伝えろ!!」 騒ぐガビにジャンは「今から合わせてやるよ」と言います。 出典:進撃の巨人105話 マガトはピークに、なぜイェレナだとわかったのか尋ねます。 ピークは自分が個人的に興味のある人物だったと答え、そして「彼女」はジークの信望者だったからと言います。 ガビとファルコに「なぜここにいる?」と尋ねるジーク。 逆にジークがなぜここに?とファルコ。 ガビはジークが生きていたことに安堵の表情を見せますが、パラディ島勢力に捕まっていると思っている様子。 リヴァイはガビとファルコのことをジャンに聞きます。 ジャンは二人がロボフの立体機動で乗り込んできたことを伝え、サシャがガビに撃たれ助かりそうにないと説明します。 ジャンの報告に言葉を失う一同。 ミカサとアルミンはサシャの元へ向かいます。 飛行船の操縦をオニャンコポンに任せ、ハンジもこの場に現れます。 「全て計算通りというわけですか」とジークに尋ねますが、大筋は良かったが誤算は多々あったとジーク。 ガビとファルコの存在に気づいたハンジですが、二人がここにいるのも誤算だとジークは言います。 ジャンはピークとガリアードを拘束できなかったから仲間が余計に死んだとイェレナに詰め寄ります。 ピークとガリアードが穴から脱出したのは自分の失態だと謝るイェレナ。 その余波で「獣」が予定より多めに石つぶてを投げてきたわけかとリヴァイ。 自分を殺したくてしょうがなかったのに、大した役者だとリヴァイを賛嘆するジーク。 リヴァイはジークに近寄り、自分は一番食いたいものを最後まで取っておくタイプだと言います。 リヴァイとジークの様子を見ているとジークが味方といった感じではなさそうです。 一時的に手を組んでいる、または今回の計画のために手を組んだといった印象です。 サシャ死亡 マーレ軍幹部を殺し、主力艦隊と軍港を壊滅させたことで時間を稼げるはずとエレンは言いますが、ハンジはあまり良く思っていないよう様子です。 調査兵団はエレンが敵に捕まるたび、どれだけ仲間が死のうが命懸けでエレンを取り返してきた。 それをわかっておいて自らを人質にする強硬策をとられたら、こちらは選択の余地がないとハンジは言います。 そして、エレンは我々を信頼し、我々はエレンへの信頼を失ったと話します。 エレンに対し厳しい言葉を伝えるハンジですが、ジークはエレンの行動があったから「始祖の巨人」と「王家の血」を引く巨人が揃ったと言います。 全ての尊い犠牲がエルディアに自由をもたらし必ず報われると。 進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで進撃の巨人の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 まとめ サシャが105話で死亡となりました。 初期のメンバーだったので感慨深いものがあります。 最後のサシャのセリフはやばいですね。 懐かしくて泣きそうになりました。 さらにジークがエレンと繋がっていることが判明したわけですが、ちょっとエレンが変わったなとの印象です。 ジーク側の人間になったというか、調査兵団との関係に溝というか距離を感じます。 今後この溝が深まるのか、それともやはりジークと決別するのか。 今後の展開に期待ですね。 105話のジークはずっと煙を出しています。 おそらく傷を治療しているのだと思いますが、私には風呂上がりにしか見えませんw なんか緊張感がなくてジークが登場するたび笑いそうになりました。 サシャが死んで歯を食いしばるエレンの後ろにジークが写ってるのですが、やっぱり煙を出しててメガネがなんか曇ってます。 どう見てもこれは風呂上がりだろw 進撃の巨人106話のネタバレはこちらになります。

次の

【進撃の巨人】エレンとライナーが同じというのはどういう意味か 考察

進撃 の 巨人 エレン 死亡

エレンとライナーが同じってどういう意味か エレンとライナーは何が同じなのでしょうか。 結論から言うと、 自分の信念のためなら相手を殺すことができるということです。 エレンもライナーもそれぞれ倫理的に見れば大きな過ちを犯しています。 ライナーはパラディ島の壁を破壊し、多くの人を殺すキッカケを作りましたね。 エレンはマーレ大陸レベリオ収容区で巨人として暴れまわり、多くの人を殺しました。 2人とも大量殺戮をしたという意味では同じです。 しかし、これだけだったらエレンは、ベルトルトやアニにも同じ感情を抱いているはずです。 でもエレンが自分と同じだと思っているのはライナーだけです。 その理由は、 2人とも自分の信念を持っていて、それを貫いたからです。 このあたりについて深掘りしていきましょう。 エレンとライナーの共通点 エレンの信念は、自由を求めるということです。 「 自由を奪われるくらいなら、相手の自由を奪う」と言っているように、エレンは自由の奴隷君として、自由のためなら大量殺戮だってできてしまいます。 覚悟を決めたエレンは悪びれもせずにレベリオ収容区に集まっている人々を殺しました。 子どもも含めて何の罪もない人たちをです。 ライナーの信念は、母親に認められることです。 エルディアとマーレのハーフということで母親が苦労したことを知っているライナーは、母親のために戦士になりました。 母親を安心させたい、良い暮らしをさせたい、認めてほしい…という思いから、マルセルがユミルに食われた後もアニとベルトルトを強引に説得して始祖奪還作戦を継続しました。 始祖を奪還して英雄となるためです。 そのために壁を破壊し、間接的ではありますが多くの人を殺したわけです。 このように、 エレンもライナーも、自分の中で絶対に曲げられない信念を持っていて、それを守るためなら大量殺戮だってできるということです。 ライナーは自分の犯してしまった罪の大きさにやられてすっかり病んでしまいましたが、結果的にはエレンと同じだったわけです。 これこそが、エレンが「 やっぱりオレはお前と同じだ」と言った理由ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 エレンがライナーに「 やっぱりオレはお前と同じだ」と言った理由は、ライナーも自分勝手な理由で多くの人を殺したからです。 世界を救うためなんていうのは建前で、本当は、始祖を奪還した英雄になって母親に良い暮らしをさせたかったから。 そんなライナーの告白を受けて、エレンはライナーと同じだと思ったわけですね。 ちなみに、「 やっぱりオレは…お前と同じだ」というセリフは100話で言ったセリフですが、この時、タイバー家の当主であるヴィリーが世界各国に向けて演説していました。 ヴィリーは演説の中で、「 私はエルディア人であるこの血を恨んだ。 誰よりもエルディア人の根絶を願っていた。 しかし、死にたくない。 それは、私がこの世界に生まれてきてしまったから」と言っています。 わざわざ敵のエサになるようなマネなんてしたくないけど、タイバー家の当主になったからにはやるしかない。 死にたくない。 この世に生まれたから。 聴き入っている大衆には決して届かない想いを胸に秘めたヴィリーの切ない演説に、エレンは心を揺らされ、自分の信念を貫きました。 進撃の巨人はこういうキャラクター同士の見えないコミュニケーションがあって面白いですよね。 キャラクター1人1人の行動指針のようなものがハッキリしていて、崩れないので作者に操られている感がないし、むしろ作者がキャラクターの行動に困らされている感があって、物語としてとても魅力的です。 また考察ネタが思いついたら記事にしようと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。 ではまた。

次の

エレン死亡?首飛んだけど死んだら進撃の巨人がおわるからやっぱり生きてる?

進撃 の 巨人 エレン 死亡

エレンイェーガーは死亡したのか!? 120話で気になるのは、何と言っても エレンの生死ですよね! 119話の最後、ガビが撃った対巨人砲により、見事にエレンの首が吹き飛びました・・・。 また、ジークも死亡一歩手前まで行った時に、謎の巨人が出現してお腹の中で再生されました。 これらを考えると、エレンは生きている可能性が高い気がしています。 >> (2019年7月9日追記) もしかしたら、首を吹き飛ばされたエレンはダミーだったのではないか!?という意見が出ています。 「エレンのダミー説」に関して、別記事で詳細に考察しました。 >> エレンはさすがに死亡した?首が飛んでいる! 120話で気になるのは、何と言っても エレンの生死ですよね! 119話の最後、ガビが撃った対巨人砲により、見事にエレンの首が吹き飛びました・・・。 エレンは今までかなりの死地を乗り越えてきたのに、まさかガビの対巨人砲一発にやられてしまうとは・・・。 エレンは全速力で走っているはずなので、ガビの対巨人砲の取り扱いめちゃめちゃ上手。。 さすが、マーレの戦士候補です。 ガビにやられてしまった・・・というやるせない気持ちは置いておいて、首が吹き飛んでしまったことは取り返せません。 なので、ここからは 「エレンは首が吹き飛んでも生きているのか!?」ということに焦点を当てて考察していきます。 普通なら生きていけるほどの状態ではないですが、ライナーが過去に上顎から上を吹っ飛ばされても生きていた例があります。 また、ジークも死亡一歩手前まで行った時に、謎の巨人が出現してお腹の中で再生されました。 これらを考えると、エレンは生きている可能性が高い気がしています。 エレンは生きている?ライナーが生き残っていた神経網に関する例を考えてみる 私が覚えている限り、首が吹き飛んでも生き残っていた例は、ライナーしかいません。 ライナーは第76話(進撃の巨人19巻)で、巨人化した際にうなじを雷槍にやられて、上顎から上を全て吹き飛ばされています。 その姿を見た周りの人たちは当然、ライナーが死んでしまったものと思い込みました。 しかし、 ライナーは上顎から上を吹き飛ばされても、生きていたのです!! エレンが生きている理由:ライナーが頭を吹き飛ばされても生きていたことを復習 では、なぜライナーが頭を吹き飛ばされてもその後、なんの障害もなく生きていたのか。 その理由は2つあります。 全身の神経網に意識を移した• 神経網を通じて巨人の脳を利用し、記憶を失わずに済んだ これは第77話(進撃の巨人19巻)でベルトルトとライナーのやり取りでわかったことです。 上記の2つを逆に考えると、これらのことが言えます。 普段、意識を保つことは脳が担っていること• 記憶は脳にしか留めておくことはできないこと ライナーの例を見ると、意識は脳から体の神経網に移動させることができます。 しかし、記憶は本体でも巨人でもいいのですが、脳にしか留めることができないみたいです。 意識さえ脳から体の全身網に移しておけば、生きておくことは可能であることは、ライナーの前例もあります。 ポルコが兄マルセルの記憶を見たのはエレンの影響か?ポルコはライナーを庇って兄マルセルと同じ道を辿ってしまったけど本当にカッコ良い最期だった😭でもファルコが生き返ったしライナーも助かったから本当に良かった。 それとコルトが丸焦げになったのがマジで悲しい… — KazIV. FK00615 これらを総合して考えると、巨人化の能力を持った人物は、 頭を損傷しても生きることは可能、ということです。 エレンが生きているならば始祖の力を発動できるか? では、首がとんでもエレンは死亡せずまだ生きていると仮定して。 次に疑問になるのは、 エレンは始祖の力を発動できるか!?ということです。 エレンが危険を冒してジークと接触しようとしているのも、始祖の力を発動して、エルディア人の安楽死計画を進めようとしているためです。 しかしここは議論が割れていて、エレンはジークの安楽死計画に表面上乗っているだけで、他に目的があるのでは!?という意見もあります。 エルディア人の安楽死計画に乗っている場合には、 エレンがジークとなぜ接触しようとしているのか、という部分の記憶が残っているのか?ということが鍵になりますよね。 というのも、先ほどお伝えした通り、ライナーが頭を吹っ飛ばされた時に、記憶は巨人の脳を一時的に利用してストックしていました。 しかし、119話でエレンが吹っ飛ばされた際には、巨人化がされていない状態です。 なので、 記憶をストックしておく巨人の脳がない状況だった、ということ。 そうなると、エレンは首を吹っ飛ばされたことで記憶がない・・・? もしエレンが「生きているけど記憶がない状態である」のであれば、始祖の力を引き出すのは、難しいのかもしれません。 というのも、始祖の力は始祖の巨人を宿しているエレンの意思が引き金となるからです。 いくらジークが始祖の力を利用したいとしても、エレンが乗り気でなければ、決して始祖の巨人の力は発動しないのです。 エレンが生きているのか!?に対する結論 これまでの進撃の巨人の伏線から考えると、 「エレンは生きているが記憶がない状況にある」というのが理論的な結論かな、と思います。 ですが、そこは漫画です。 まぁそのおかげで、みんなが大好きなんですが。。 なので、もしかしたらエレンは 「記憶まで神経網に移していて、時間はかかるが元どおりに回復する」という線も捨て切れません。 これは、120話以降の流れを確認するしかありませんね! (2019年7月9日追記) もしかしたら、首を吹き飛ばされたエレンはダミーだったのではないか!?という意見が出ています。 「エレンのダミー説」に関して、別記事で詳細に考察しました。 >> エレンが死んでいた場合は!? そしてもう一つ可能性があるのは、エレンが死んでしまった場合は!? ということです。 これも可能性としてはあり得るので、考察しておかなければなりません。 エレンが死んでしまった場合に気になることは、エレンが死んだ後に巨人の力はどうなるのか!?ということ。 その場合に考えるべきは、知性巨人の2つの定めです。 知性巨人の持ち主は13年で死ぬ• 13年がたつまでに他の巨人に喰われる(継承される)ことがなければ、知性巨人はランダムな形で赤子継承される もしエレンが、今回のガビの一発で死んでいたとするならば、2つ目の 「継承されなければ、知性巨人はランダムな形で赤子継承される」に該当するでしょう。 そうすると、気になる伏線があります。 それは、 クリスタの妊娠。 進撃の巨人久しぶりに読んでたら、クリスタが妊娠してて衝撃なんだけど😂 お父さん誰やねん! — かずきち mohu0518 もしかしたら、クリスタが今宿している赤ちゃんに継承される可能性があるかもしれません。 すると、クリスタは王家の血筋なので、その赤子だけで始祖の力を使えるという・・・。 もうそうなったら、その先の展開は読めません! むしろ主人公のエレンがいなくなるわけだし、進撃の巨人が終わるかも!ww.

次の