サカイ引越センター ベッド 処分。 サカイ引越センターでベッドだけの引越しは頼める?それとも…⁇

引越しなどで不要になったベッド、どうやって処分する?

サカイ引越センター ベッド 処分

引越しのサカイとアート引越しセンターどっちがいい? 引越しのサカイと、アート引越センターを競わせて良いほうを取りませんか? メールで相見積もりできるサイトをご紹介します。 見積もり画面の途中で、引越しのサカイとアート引越センターを指定すえば2社での相見積もりになります。 もちろん、他の業者を加えてもOK! 電話もかかってこないので気楽に使えて、最安値の業者を選ぶこともできますよ。 下記は、引越しのサカイの公式ページで公開されている情報です。 グラフは、サカイとA社の比較になっています。 A社というのがアート引越センターなのかは不明ですが、 サカイ引越センターが売上高で3年連続1位は間違いありません。 売上高が顧客の評価と考えると、引越しのサカイはアート引越しセンターよりも良いという事になりますね? でも、最終的には、見積もりを比較して納得できる方を選ぶのがいいですね。 このページはインラインフレームを使用していますが、お使いのブラウザは非対応のようです。 競わせて見積もりをとるという効果は、金額にはっきりあらわれます。 相場と、実際の見積もりの差額の一例です。 安く引っ越すなら、引越し見積もりの数はどれくらい必要? 引越しが決まったら最初にすることは、見積もりをとることですが、数社とることが必要となります。 ある企業がアンケートを取った結果をみてみると、標準的な引越し業者見積もり数は、 引越しのサカイやアート引越しセンターなど、 3社から5社ほどというのがよくある数字のようです。 自分の引っ越しの荷物の量がかなり多かったり、高価な家財道具がそろっているので万が一の場合に備えて補償をしっかりとしてもらいたい、などといった場合には、ある程度サービスが行き届いて適切に対応してもらえる大手の引っ越し業者に頼むとよいでしょう。 そうではなく、荷物も効果なわけでもなく量もそれほど多くはないといった場合は小規模な業者に安くお願いするといいかもしれません。 引越しのサカイやアート引越しセンターの料金見積もりの他にも、特典やサービスも総合的に比べてみるといいです。 SUUMOを使えばメールで見積もりできますから、多少見積もりの数を多くとっても負担になりません。 他で見積もりするよりもダンゼン使い勝手がいいのでみてみて下さいね。 引越しの忘れがちな手続きはどうする? 引越しは荷物の整理だけでも一苦労なのに、しなければならないことは山のようにあります。 でも、どれも本当に大切なものばかりだから、1つとして忘れることはできませんよね。 そんな時に利用したいのが、サカイ引越センターの「引越し手続お知らせメール」です。 引越手続お知らせメールは、引越の7日前、3日前、引越後と要所要所でしなければならないことを絶妙のタイミングでお知らせしてくれるとっても便利なアイテムです。 スマホのアドレスを登録しておけば、きっちりやるべきことをこなせますよ!例えば、引越の7日前なら、住民票の移動や国民健康保険・国民年金の手続き、不要品の処分などをしておきたいですし、3日前なら水道や電気などライフラインの精算を済ませなければなりません。 また、引越しした後に忘れがちなのが、自動車登録変更や運転免許証の住所変更、ペットに関する届け出などですし、つい後回しになりがちなのが転居挨拶です。 もちろん無料なので、忘れずに登録しておきましょう。

次の

サカイ引越センターの不用品回収の料金相場と家具・家電の賢い処分方法

サカイ引越センター ベッド 処分

引越しを機に、古くなっていた家電や家具を買い替える人もいるかと思います。 その際、不用品は引越し前に処分することになりますが、引越し業者に引き取ってもらうのが一番効率的です。 サカイ引越センターの場合、不用品を引き取ってもらえるでしょうか。 また、料金はどのくらいかかるでしょうか。 サカイ引越センターには「不用品回収サービス」があり、不用品1点につき3,000~10,000円程度で引き取ってもらえます。 また、サカイ引越センターはリサイクルショップも運営しているため、状態が良いものは買い取ってもらうことも可能です。 このページでは、サカイ引越センターの不用品回収サービスの料金相場と、不用品処分で損をしないためのポイントについて解説します。 この記事のもくじ• サカイ引越センターの不用品処分の料金相場はいくら? はじめに、不用品の回収費用について説明します。 サカイ引越センターに依頼する場合は、 不用品1点につき「3,000~5,000円程度」の処分費用がかかります。 ただし、不用品の種類や大きさで料金は上下する可能性があります。 不用品を引き取ってもらいたい場合は、見積もりの際にそのことを伝え、どれにいくらの処分費用がかかるのか確認しましょう。 さらに、処分費用の詳細が書かれた見積書も提示してもらうようにしてください。 エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機は別途リサイクル料金がかかる なお、 エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・衣類乾燥機は「家電リサイクル法」の対象品になるため、回収料金は他のものより高くなります。 家電リサイクル法とは エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機の部品や材料をリサイクルして資源を有効活用するとともに、ゴミの減量を推進するための法律 これらの家電の処分を依頼する場合、通常の回収費用に加え、「 リサイクル料金」がかかります。 まだ使える家具や家電、ブランド品などの不用品はサカイのリサイクルショップで買取可能 このように、不用品を処分するには意外とお金がかかります。 そこで、まず意識してほしいのが「 不用品の買取」です。 たとえ不用品でも、まだ使えるものがあるはずです。 その場合は、すぐに処分するのではなく、「売ること」を第一に考えましょう。 もし不用品をリサイクルショップで買い取ってもらえれば、処分費用を負担するどころか、現金を受け取ることになります。 したがって、不用品を処分したいときは、まず売ることを考えるのが得策です。 サカイ引越センターのリサイクルショップで不用品を買取してもらう場合の流れ 実は、サカイ引越センターはリサイクルショップも運営しています。 そのため、引越しのときに出る不用品を、そのままサカイに買い取ってもらうことが可能です。 とはいえ、実店舗を全国に展開しているわけではないので、不用品をリサイクルショップに直接持ち込むのが難しい場合もあります。 ただ、 サカイ引越センターのリサイクルショップでは「出張買取」や「宅配買取」を行っているため、不用品をわざわざショップに持ち込む必要はありません。 サカイのリサイクルショップを利用するときの流れは、以下のとおりです。 【宅配買取の流れ】• リサイクルショップに電話をして買取りが可能か確認する• 可能であれば、そのまま宅配買取を申し込む• 宅配用の梱包キットが届く• 不要品を梱包してリサイクルショップに発送する• 査定が行われ、買取金額が振り込まれる 出張買取と宅配買取はどっちが便利? 宅配買取の場合、宅配キットが送られてきますが、不用品の梱包は自分でやることになります。 とくに大物の家具や家電を梱包するのは、結構大変な作業になると思います。 一方、出張買取の場合は、査定スタッフが不用品をそのまま回収してくれます。 ですから、 楽で手っ取り早いのは「出張買取」です。 しかし、ブランド品や小物であれば、梱包する手間もそこまでかかりません。 とくに、 スタッフが自宅に訪問することに抵抗がある人は、宅配買取のほうが好都合ではないでしょうか。 「出張買取」または「宅配買取」のどちらを依頼するにしても、 手数料や送料などはかかりません。 ですから、「まだ捨てるのはもったいない」と思える物は、まずリサイクルショップで売ることを考えましょう。 買取不可の場合は、サカイ引越センターに不用品回収を依頼する とはいえ、リサイクルショップは再販して利益を得るのが目的です。 そのため、「 型の古い家電」や「 目立った傷や汚れのある家具」などは買い取ってもらえないケースもあります。 その場合は仕方ないので、処分費用を負担してサカイに引き取ってもらいましょう。 そうすれば、引越しのタイミングで不用品を引き取ってもらえるのでスムーズです。 不用品の回収をサカイにお願いする場合は、次のように流れになります。 不用品回収における注意点• 不用品があることを必ず事前に伝える• 不用品回収にかかる料金を含めた見積もりを必ず取る• 不用品と新居に持っていく荷物を仕分けしておく 不用品の引き取りを引越し当日にお願いしても、対応してもらえない可能性があります。 ですから、 見積もりのときに不用品があることを必ず伝えておくことが重要です。 その際、不用品の回収にいくらかかるのか、料金を提示してもらうのも忘れないようにしてください。 引越し当日に不用品は引き取ってもらえます。 ただ、その際に「新居に持っていく荷物」と「不用品」が混ざっていると、作業がスムーズに進みません。 ですから、不用品がどれが分かるように、はっきりと仕分けしておくことが大切です。 しかしながら、大物家電・家具などは動かすのが難しいので、「不用品」と書いた紙を貼っておくか、当日に処分してもらう物をあらためて伝えるようにしましょう。 そうすれば間違いも起きません。 ゴミは引き取ってもらえない ただし、サカイ引越センターにお願いをすれば、どんな物でも引き取ってもらえるわけではありません。 たとえば、以下のように扱いや処分に困るような物は、引き取りを拒否されます。 【回収してもらえない物リスト】 生ゴミ、コピー機、パソコン、金庫、危険物、薬品類、木材関係、仏壇、仏具、土砂類、注射器、コンクリートブロックなど サカイ引越センターでも、これらの処分はお願いできません。 ですから、引き取ってもらいたいものがある場合は、見積もりの際に引き取り可能かどうか必ず確認しておきましょう。 サカイから処分費用込みの見積もりを取るのが重要! 不用品がある場合は、サカイ引越センターなど、引越し業者に引き取ってもらうのが一番楽です。 しかし、処分にかかる費用は決して安くはありません。 また、中には引き取ってもらえない物もあります。 したがって、見積もりの際に「 回収可能か」「 処分費用はいくらか」という点を良く確認することが重要です。 さらに、処分費用などの詳細がきちんと書かれた見積書を必ず提示してもらうようにしてください。 どこの業者を利用するか検討する際に、見積書は非常に役立ちます。 不用品処分を依頼するならサカイ以外の引越し業者からも見積もりを取って比較するのが損をしない秘訣! ここまでは、サカイ引越センターに不用品の買取りや引き取りを依頼するときのポイントについて解説してきました。 ただ、他の大手引越し業者でも不用品回収サービスはあります。 それぞれの料金やサービス内容は異なるので、できれば条件を比較したうえで依頼先を決めるべきです。 できるだけ幅広い選択肢のなかから検討することは、「お得に引っ越すための秘訣」です。 そこで重要になるのが「 見積もりの比較」です。 各社の条件を比較したい場合は、それぞれから見積もりを取るのが一番確実ですし、この方法以外はありません。 とはいえ、自分で1社1社に問い合わせて見積もりを依頼するのは、正直なところ面倒です。 一括見積もりサービスを利用するべき理由 複数の引越し業者の条件を比べるときに、ぜひ使ってほしいのが「 一括見積もりサービス」です。 一括見積もりサービスは、 各社の料金やサービス内容をウェブ上ですぐに比較できるので、依頼先の目星をつけるのに便利です。 また、気になる複数社へまとめて見積もりを依頼できるので、引越し業者を選ぶ際には欠かせないサービスです。 さらに、一括見積もりを使うことで業者同士がライバルになり、 自然と値下げ競争が起こります。 したがって、引越し費用を安くするうえでも、一括見積もりサービスは非常に有効です。 なお、一括見積もりは 無料のサービスです。 「料金重視だけど、サービス内容も比較したい!」という人は、ぜひ活用することをおすすめします。 あらためて重要なポイントをまとめます。 引越しに伴う不用品処分のポイント• まだ使えそうな物は「買取」を検討しよう• 買取不可の場合は、不用品を引き取りしてもらえる引越し業者を探す• 不用品の回収費用も含めて見積もりを取る• できるだけ多くの業者から見積もりを取って比較する(もちろんサカイも有力な選択肢になります)• お得な引越し業者を見つけるなら一括見積もりサービスが便利 まずはリサイクルショップで買い取ってもらうことを考えましょう。 買値がつけば、費用を負担して引き取ってもらうどころか、不用品を現金化できます。 ただ、もちろん買い取ってもらえない物もあります。 その場合は、不用品回収を行っている引越し業者にすべて任せるのが効率的です。 しかし、業者によって処分費用などの条件は大きく異なります。 したがって、「少しでもお得に引っ越したい!」という場合は、各社の見積もりを比較することが欠かせません。 その際、一括見積もりサービスを使えば、各社の見積もりを簡単に集めることができます。 引越し業者を選ぶときは、できるだけ手間はかけずに効率よく進めてほしいと思います。 引越し料金をできるだけ安く抑えたくても、どの業者を選べばいいか迷いますよね。 そこでオススメなのが 『 一括見積もりサービス』です。 一括見積もりとは、複数社にまとめて見積もりの依頼ができるサービスのこと。 カンタンな情報を入力するだけで、 各社の概算料金をWeb上ですぐにチェックできます。 ですので、「少しでも安い業者を選びたい!」という方にはとても便利なサービスです。 実際に私もサービスを利用したことがありますが、一人暮らしの引っ越しでも、一番高い業者と一番安い業者の差は 5万3,000円にもなりました! 依頼内容はいっしょなのに、引越し業者によって料金がこんなに違うなんて・・・。 もちろん、サービス内容にも納得した上で、一番安い業者を選びました。 一括見積もりは無料のサービスです。 引越し業者を選ぶ際は、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。 一番安い業者がすぐに見つかる! サカイやアート、アークなど、有名会社からまとめて見積もりを取れるのが 『 引越し達人』です。 〈引越し達人の特徴〉• 大手から地域密着まで全国210社以上と提携• 最短30秒のカンタン入力で、各社の料金をWeb上で比較• 引越し料金が最大55%OFF• サービス内容や口コミもその場でチェック• お得な限定特典が豊富• 見積もりだけでもOK• 完全無料 『引越し達人』は各社の料金をウェブ上ですぐにチェックできるので、1番安い引越し業者が一発で見つかります。 引っ越し費用をできるだけ抑えたい方は、最大55%オフになる『引越し達人』で料金を比較してみてくださいね。 一番安い引越し業者が見つかる! SUUMO(スーモ) 電話登録ナシで一括見積もりできる! こちらは、リクルートが運営する 『 スーモ』の一括見積もりサービスです。 『スーモ』の特徴は、電話番号の登録が【任意】になっていること。 引越し業者とのやりとりをメールで済ませることができます。 「引越し業者からの営業電話に対応したくない!」という方には、スーモの一括見積もりサービスをおすすめします。 電話登録ナシで一括見積もりをゲットする.

次の

処分品・不用品について

サカイ引越センター ベッド 処分

もくじ• ベッドの荷造り・運び方を理解する まず、どのようにしてベッドを運べばいいのでしょうか。 そのままの状態で運ぶにしても、一人暮らしのベッドであっても大きいので運搬が大変です。 通常、 ベッドの引越しでは解体します。 普通のベッドであっても、ロフトベッドであってもいったんは解体して引越し先へ運び、新居の部屋で再び組み立てるのです。 ベッドをそのままの状態で運ぶとなると非常に大きなスペースを取りますし、そもそも部屋に入りません。 ドアから入れることができなかったり、階段・エレベーターの中に収まらなかったりするのです。 そのままの状態では「ベッドが入らない」という状況があるため、ベッドは解体した状態で持ち運びをします。 ベッドを解体した後、自ら組立をするとなると非常にハードルが高いです。 そのため、ベッドの引越しがある場合はほとんどの人が引越し業者にお願いします。 引越し業者であれば、ベッドの解体から運版、組立までをしてくれます。 ただ、引越し業者によって対応は異なります。 引越し業者の中でも、赤帽など個人事業主として活動している場合であると、ベッドの解体まではしてくれないことがほとんどです。 これについては事前に確認しなければいけませんが、赤帽であると高確率で断られます。 一方で大手の引越し業者であればベッドの解体までしてくれます。 例えば、以下のような引越し業者があります。 アート引越センター• サカイ引越センター• アリさんマークの引越車• ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)• アーク引越センター これらの引越し業者であれば、見積もりのときにベッドがあることを伝えましょう。 ベッドの大きさから見積もりを出してくれます。 ベッドの解体や梱包では費用が必要になるのか そのまま運べばいい家具とは異なり、ベッドでは解体して梱包し、新居での組立が必要になります。 このとき、解体や組立では別料金が発生するのでしょうか。 一般的には、単身パックを利用したときなどを含めて 解体・梱包・組立の費用は別料金になります。 引越しの荷物をもっていくだけでないため、プラス料金が必要になると考えてください。 一般的な料金相場としては、ベッドの種類によって以下のようになります。 ベッドの種類 料金相場 シングル 5,000円 セミダブル 5,500円 ダブル 6,000円 クイーン、キング 7,000~8,000円 ロフトベッド 16,000円 このように、クイーンサイズベッドやキングサイズベッド、ロフトベッドとベッドが大きくなって複雑になるほど、解体・組立の費用が高くなると考えてください。 この費用が無駄だと考える場合、引越し日までにベッドを解体しておき、当日に引越し業者に梱包してもらって運んでもらい、自ら新居で組み立てをするという方法もあります。 ただ、これは非常に大変ですし元通りに直せない可能性が高いため、多くの人は引越し業者に頼むのが普通です。 また、自分一人だけでの運搬では壁にぶつけて傷や穴をあけることもあります。 賃貸マンション・アパートで壁に傷をつけると、それだけで修理代が1万円以上になるので自分でのベッド引越しは適切ではありません。 実際の解体作業はどうする? 解体をしなければいけないことはわかりましたが、解体作業はどのような手順で行われるのでしょうか。 私が実際に引越し業者をお願いしたときの様子を以下に記します。 このときは単身者用のシングルベッドを解体してもらいました。 ネットショップから注文した商品であるため、解体することは問題なく行えます。 ただ、既に説明書などは捨てていますし部品をなくす恐れも高いため、専門家を頼ったわけです。 ベッドの様子は次下のような感じです。 ここから、解体していきます。 畳の部分はそのまま取り外し、ベッド下の収納スペースも取っていきます。 すると、底が見えるようになります。 ここから、ネジを回して分解していきます。 当然、部品については業者側が小さい袋にまとめて入れ、保管することになります。 解体後、部品は次々と梱包されて運び出されます。 ベッドフレームや土台を含め、すべて分解されてコンパクトになりました。 ニトリやIKEA(イケア)などの組み立て式ベッドであれば、必ず解体することができます。 コンパクトになった後であれば、搬入のとき階段やエレベーターで確実に上の階へ昇ることができます。 ただ、ニトリやIKEAなどの製品の中には、分解を前提としていないことがあります。 その場合、 解体した後はメーカー補償がなくなり、引越し業者側としても分解の補償をしてくれないことがあります。 これについては、理解しておくといいです。 ニトリやIKEAに限らず、無印良品や大塚家具などベッドを購入できる店は数多く存在します。 こうした店舗であれば、購入後は店の人が運送してくれてすべての段取りをしてくれます。 ただ、引越しのときは業者による解体作業があることを理解しなければいけません。 なお、新居へ運送してもらったあと、組立のときは逆の工程で行うようにします。 分解時にあらかじめ番号を振っておき、部品ごとにまとめて梱包しておくと組み立てやすくなります。 ただ、引越し業者にお願いしている場合はこれらの作業をすべて代行してくれるため、かなり楽になります。 解体できず、ベッドが入らないときはクレーンを使う ただ、場合によっては解体・組立できないタイプのベッドがあります。 シングルサイズやセミダブル、ダブルベッドでは少ないものの、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドなど、大きなベッドになると「最初から完成されており、解体できない」ことがあるのです。 特に店頭で購入した商品については、既に組み立てられている可能性が高いです。 こうした商品を引越しするとき、どうするかというとクレーンで吊り上げて行います。 分解できたり、1階からベッドを搬入したりする場合は問題ありません。 ただ、2階へベッドを配置したり、マンション・アパートで部屋が2階以上にあったりするとき、 クレーンを使って窓から運ばなければ入らないのです。 これは、部屋から出せないときも同様です。 解体できないと部屋から出せないことは多く、その場合もクレーンが必要になります。 クレーンによる吊り上げであると、クレーンによる吊り上げ費用が発生します。 このときの料金相場は2~3万円ほどです。 人力で吊り上げることもありますが、大きいサイズのベッドは重くなるのでクレーンを使った方が無難だといえます。 ベッドマット(マットレス)を折りたためない場合も吊り上げとなる ベッドを解体できない場合は当然として、ベッドマット(マットレス)についても吊り上げなければいけないことがあります。 ベッドマットには折りたためるものと折りたためないものがあります。 特にクイーンサイズベッドやキングサイズベッドであったり、値段が高いベッドマットだったりする場合、ベッドマットが分厚く折りたためないことが多いです。 以下のようなマットレスがこれに該当します。 ベッドが大きいと必然的にベッドマットも大きくなります。 これが玄関ドアや階段、エレベーターなどに入ればいいですが、入らないことも多いです。 その場合、クレーンを含め吊り上げ作業になります。 ただ、 マットレスの吊り上げ作業については、人力で済ませることがあります。 なお、ベッドマット(マットレス)を運搬するときはシーツを外し、マットカバーをかけてトラックや地面に触れて汚れないようにします。 マットカバーは当日に引越し業者が用意してくれるため、心配する必要はありません。 雨の日であっても汚れないようになっています。 ちなみに、上記のベッドは高級ベッドで知られるシモンズです。 シモンズのベッドについては解体することが可能です。 ただ、ベッドマットは折りたためないのでエレベーターなどに入らない場合は吊り上げるしかありません。 ・タワーマンションの高層階は諦めも肝心 なお、中にはタワーマンションの高層階へ引越しをするなど、非常に高い場所へ引越しする人がいます。 そのため、ベッドを解体できないときはクレーンでの吊り上げが難しくなりますし、それでも吊り上げをしたいとなると値段は非常に高額になります。 そのためベッドの引越しは諦めて処分し、ニトリやIKEAなどで新たにベッドを買うものが適切です。 タワーマンション(高層マンション)の場合、引越しでは制約が出てきます。 ベッドを処分し、買い替えるという選択も可能 荷造りをするとき、ベッドについては引越し業者に任せればいいことがわかりました。 当日に分解して運搬してくれるため、自力での運び方を研究したり、梱包の方法を調べたりする必要はありません。 ただ、ベッドの解体・組立を業者がするとなるとそれだけ費用が発生してしまいます。 また、分解できないタイプのベッドであると、クレーンによる吊り上げ作業が発生するなどして引越し料金が高くなってしまいます。 特にロフトベッドなど2階のあるベッドであると、 解体・組立だけで新品のロフトベッドを購入できてしまいます。 そうしたとき、「いま使っているベッドを廃棄処分して引越し先で新たに購入する」という選択を考える人がいます。 ベッドの買い替えをするわけですが、もちろん古いベッドは捨ててしまっても問題ありません。 また、結婚のときなどであると昔のベッドを捨てて、購入するのが普通です。 ベッドは粗大ごみになります。 燃えるゴミとして捨てることはできないため、適切な方法で処分しなければいけません。 不用品の回収業者へ依頼する ベッドの処分方法としては、自分で解体して梱包し、粗大ごみとして出すという方法を選ぶのが最もわかりやすいです。 組み立て式の簡単なシングルベッドやロフトベッドの場合、粗大ごみにすることを考えましょう。 ただ、ベッドは非常に大きいので少しでも複雑な場合、自ら分解して粗大ごみとして出すのは慣れている人でない限り難しいです。 ベッドフレームや土台を含め、すべてを分解した後に梱包し、ゴミ捨て場までもっていく必要があるからです。 専用器具が必要になりますし、労力もかかります。 そうしたとき、不用品の回収業者へ依頼するようにしましょう。 家まで取りに来て解体してくれて、家の外へ運び出してくれます。 ベッドの大きさによって処分費用は異なりますが、シングルベッドで4,000円ほどの値段になります。 引越し業者に処分してもらう ただ、不用品の回収業者へ処理をお願いするとなると、わざわざ電話をして日程調節しなければいけません。 そこで、引越し業者へ不用品の廃棄処分をお願いすると効率的です。 引越し業者であれば、 回収業者よりも安い値段でベッドを捨ててくれます。 また、引越し業者によっては無料で処分してくれることもあります。 その逆に、粗大ごみを代わりに捨てるのを断る引越し業者もあります。 特に赤帽などの個人事業主ではほぼ確実に断られます。 業者によって対応が異なるため、複数社から見積もりを取って確認してみてください。 リサイクルによるベッドの買取・売却は難しい なお、中にはリサイクル業者にお願いして回収してもらうことを考える人がいます。 ただ、寝具は本人が寝る場所であるため、基本的にはリサイクル業者であっても買取してくれないことが多いです。 買取するにしても解体作業が必要です。 ベッドのリサイクル品が買取されたとしても、新しいお客様への輸送・組立も必要になります。 ベッドはリサイクルに適していないため、買取業者というよりも廃棄処分してくれる業者へお願いするのが適切です。 ベッドの売却は厳しいと考えてください。 もちろん、中には無料で引き取りをしてくれる買取業者は存在するため、そうした業者を頑張って探しても問題ありません。 買い替えるときは解体可能な安いベッドを選ぶ 家を購入して一生その場所に住む場合であれば、高級ベッドや解体できない寝具を買っても問題ありません。 ただ、賃貸マンションに住んでいる場合は引越しする確率が非常に高いです。 その場合、必ず解体可能で値段の安いベッドを選ぶ必要があります。 ベッドにこだわりがあるにしても、高すぎるベッドはお勧めしません。 ベッドは必ず引越しのときに解体または吊り上げ作業が必要になります。 特殊なベッドだとこれらの費用が高くなりますし、買い替えるにしても値段が安ければ「捨ててしまおう!」という選択もできます。 こうしたことを考えると、持ち家でない限り高級ベッドを購入するのは適さないのです。 当日までにしておく荷造りの注意点 なお、基本的にベッドは当日に解体してもっていくものの、何もせずに引越し日を迎えるわけではありません。 それまでに行うべき荷造りが存在します。 ベッド周りの荷造りをしなければいけませんが、このときは 布団とベッド下の荷造りを忘れないようにしましょう。 ベッドを運ぶとなると、解体・組立(または処分)の作業が発生するので、よほどのことがない限りは引越し業者へ依頼します。 引越し業者は布団カバーをもっており、無料で配布してくれるので事前に布団の荷造りを済ませておくようにしましょう。 また、ベッドの下には多くのケースで服を収納できるスペースがあります。 こうしたスペースにある服の荷造りを忘れることが多いため、事前に梱包を済ませておくようにしましょう。 例えば、以下は解体前の先ほどのベッドです。 収納スペースに服があったわけですが、これについては既に荷造りを済ませています。 ベッドフレームの部分に荷物を忘れていることがありますし、ベッドの周囲に実は大切な荷物が落ちてほこりをかぶっていることもあります。 ベッド周りについては、前日までによく確認して荷造りを済ませておくといいです。 複数の業者で見積もりをもらうと良い 引越しの荷物にベッドが含まれる場合、引越し業者に頼む必要があるものの、複数の業者に見積もりを依頼するとあなたが望む引越しを実現しやすいです。 これは、業者によって対応や値段が大きく異なるからです。 例えば、以下のような違いがあります。 ・解体や組立の費用が異なる(中にはベッドの分解に対応していない業者もある) ・クレーンの吊り上げ作業が必要な場合、料金が業者ごとに違う ・ベッドを捨てる場合、廃棄処分費用が異なる(中には粗大ごみの引き取り不可の業者もある) ・何人の作業スタッフが派遣されるのか(組立作業で完成時間が大きく異なる) 単に荷物を運んでもらうだけの場合、料金の安い業者を自分で探して依頼すればいいです。 ただ、 ベッドのような分解が必要で複雑な作業が必要な荷物がある場合、単純に引越し料金だけでは比較できなくなります。 ベースとなる引越し料金は少し高かったとしても、解体・組立の料金や廃棄処分費用などのオプションまで考慮すると、総額では安くなることがあります。 そのため、何社もの見積もり比較が必要になります。 準備は少ないが、事前の確認が必要になる ベッドを引越しするとき、「現在の部屋から出せないし、運搬先の場所が2階以上のマンションなので持ち運びはどうするのか」など多くの疑問が生まれます。 ただ、基本は引越し業者に運搬を丸投げすることになります。 自力では壁に傷をつけたり、解体後に組み立てられなくなったりするからです。 そのため事前に運び方を知る必要はありませんし、引越し準備にしてもベッド周りの荷造り・梱包をするだけで問題ありません。 しかし、引越し業者によって解体費用や処分費用が異なりますし、対応もさまざまです。 そこで、見積もりを依頼するときは何社かにお願いするとスムーズです。 見積もりが完了してオプションまで含めて総額料金に納得した後、当日までには布団の梱包やベッド周辺の荷造りを完了しておきましょう。 そこまで済ませれば、後は引越し業者にベッドの運び出しをお願いするだけです。 引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。 引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。 そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。 例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。 このとき、最高額は438,264円でした。 一方、 最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。 複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。 ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。 そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。 一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。 こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。 SUUMO引越し見積もりでは 「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。 電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。 引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は 30秒で終わります。 無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。 さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。 最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。 おすすめの人気記事 ・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術 引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。 見積もりを比較するのは当然として、 例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。 また、同じ日であっても 午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。 こうした価格交渉術について解説しています。 ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。 引越しには定価が存在しないからです。 この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。 格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。 追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。 ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。 またどう接すればいいのでしょうか。 引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。 そこで、 ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。 ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。 利用方法に違いはあるのでしょうか。 これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

次の