即位 礼 正殿 の 儀 イラスト。 即位礼正殿の儀はいつ行われるの?場所や参列者のまとめも

即位礼正殿の儀|平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

1.御即位を祝う今年限りの祝日とは? 5月1日の「天皇の即位の日」、10月22日の「即位礼正殿の儀の行われる日」 皇位継承などの皇室に関する事柄は、昭和22年(1947年)に制定された「皇室典範」に定められています。 しかし、皇室典範には天皇の「退位」については定められていません。 そこで、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位を実現するための「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が平成29年6月に制定され、天皇陛下が今年4月30日限りで御退位され、皇太子殿下が直ちに御即位されることとなりました。 御退位の日には、国事行為である国の儀式として「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」が行われ、御即位の日には「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」などが行われます。 そして、今年10月22日には、天皇陛下の御即位を公に宣明される「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」などが行われます。 今回のように、天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは約200年ぶりのことであり、憲政史上初めてのことです。 国民こぞって御即位に祝意を示すため、「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」が制定され、今年5月1日の「天皇の即位の日」、同年10月22日の「即位礼正殿の儀の行われる日」が、今年限定の「国民の祝日」に定められました。 皇太子殿下が御即位され、新たな元号になる今年は、私たち日本国民にとっても特別な年といえるでしょう。 <皇太子殿下の御即位に伴う式典> ・剣璽等承継の儀 (けんじとうしょうけいのぎ) 御即位に伴い、皇位とともに伝わるべき由緒ある物である剣璽、天皇の国事行為に使用される物である国璽(こくじ)及び御璽(ぎょじ)を承継される儀式です。 皇太子殿下の御即位の日(今年5月1日)に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ) 御即位後初めて国民の代表に会われる儀式です。 剣璽等承継の儀が行われた後、同日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ) 御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀式です。 今年10月22日に、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ・祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ) 即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるための御列(パレード)です。 即位礼正殿の儀が行われた後、同日に、国事行為である国の儀式として、宮殿から天皇陛下の御在所までの間において行われます。 ・饗宴の儀(きょうえんのぎ) 御即位を披露され、祝福を受けられるための饗宴です。 今年10月22日、25日、29日、31日に計4回、国事行為である国の儀式として、宮中において行われます。 ここで紹介した国事行為である国の儀式のほかにも、皇位継承に際して様々な皇室の儀式が行われます。 もっと詳しく知りたい場合は、宮内庁のウェブサイトをご覧ください。 休日当番医はお住まいの地域の自治体へ。 かかりつけ医がいる場合は、各自ご相談を。 (参考)関連リンク• ただし、金融機関の支店・営業店の営業が10連休となるため、連休前後に支店窓口が混雑する、休日日程が変更されるため資金決済予定日が変更となる等の影響が考えられます。 このため、混雑を避けるため可能な手続きについては早めに済ませておく、決済予定日が変更されることに伴う資金計画の変更等が生じないかを事前に確認する等の準備が必要でないか、ご確認ください。 証券取引所については、10日連続の休業日となりますが、証券取引所、証券会社において、連休前後で混乱をきたさないよう顧客等に広く周知するとともに、システムリスクの点検等を徹底いたします。 具体的な対応については政府系を含む金融機関や証券取引所、証券会社等にご確認ください。 (参考)関連リンク• 10連休に係る資金繰り対策特別相談窓口の設置について• 日本取引所グループ• 10連休中も、自治体や保育園の実情に応じて、同様の対応がされる予定です。 詳しくは、お住まいの市区町村窓口でご確認ください。 配達について、速達、書留、ゆうパック等は、連休中も毎日配達を行います。 普通郵便物、特定記録郵便物、一般のゆうメール等は、原則日曜、祝日等の配達はありませんが、通常どおり4月27日 土 に配達するほか、特例として、5月2日 木・休 に配達を行います。 また、土曜、日曜、祝日及び休日に営業しているATMで通常貯金の預入・払戻し等がご利用いただけます。 (参考)関連リンク• 詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。 10連休中もお住まいの市区町村の消費生活センターなど身近な相談窓口におつなぎします。 連休中に都道府県や市区町村の相談窓口が開所していない場合には、基本的に国民生活センターの相談窓口(土日祝10時~16時)におつなぎします。 また、「たびレジ」に登録し、在外公館から届く渡航先の最新の安全情報(日本語のメール)を、ぜひご活用ください。 (参考)関連リンク• 詳しくは以下をご覧下さい。 (参考)関連リンク• <取材協力:内閣府 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

即位礼正殿の儀に参加していた神々や天照大御神の服装、天候などにについて│赤い空

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

古代の日本において、天皇の即位や新年の祝賀行事では大極殿に多数の「宝幢(ほうどう)」が飾られた。 「銅烏幢」は、広場に面した天皇の正面に建てられた。 その両脇に置かれた「日像幢」と「月像幢」は、太陽と月を象ったものであり、太陽を示す金の円盤には八咫烏、月を象徴する銀の円盤には蛙と兎が描かれていた。 7個の輪は相輪とよばれ、仏教の象徴でもある。 その外側に「四神旗」が掲げられた。 四神は東西南北を守護する霊獣であり、それぞれ青龍、白虎、朱雀、玄武である。 これらの意匠は、中国の皇帝が使用したシンボルの影響を強く受けていた。 明治42年、皇室令第1号として「登極令」が制定され、皇室の儀式が法制化された。 「登極令」附式により、即位礼を装飾する旗の旗の細目が定められた。 この法令による最初の儀式となったのは、大正天皇の即位(大正4年)である。 天皇の正面には日像纛旛(にっしょうとうばん)、月像纛旛(げっしょうとうばん)が掲げられ、その後方には三足の烏を描いた頭八咫烏大錦旛(やたがらすだいきんばん)と金の鵄を描いた金鵄大錦旛(きんしだいきんばん)が飾られた。 烏と鵄は日本神話において初代天皇を導いたとされる重要な鳥である。 万歳旛(ばんざいばん)も古式に則り復元され、大礼の総裁をつとめた伏見宮貞愛(さだなる)親王が筆耕した。 さらにその後方には、5色の菊花章中錦旛・小錦旛が掲げられた。 これらの旛は戊辰戦争でかかげられた錦旗を模して考案されたと伝えられる。 これらの旗は若干の修正を加えられ、昭和天皇の即位礼(1928年)でも使用された。 戦後、皇室令は全廃され、天皇の儀式の細目を定めた法令は無い。 しかし憲法の認める範囲で従来の様式が踏襲されており、上皇の即位に関する儀式は登極令に則り実施された。 平成の即位礼(1990年)では政教分離の原則に従って、国家主催の儀式から神道に由来する意匠を除去することが求められた。 先帝の時代にあった神道に由来する二羽の鳥は金の菊花紋章に取り替えられ、万歳旛にあった鮎と甕は姿を消した。 今年の今上天皇即位儀式でもこれらの旛が使われる。 主な参考文献 西本昌弘「日出処・日本の元日朝賀と銅烏幢」『日本的時空観の形成』(2017)所載 猪熊兼樹「有職文様」日本の美術 509 至文堂(2008)pp. 22-28 条里制・古代都市研究会『条里制・古代都市研究』 34 (2019) K. 20-23.

次の

即位礼正殿の儀|平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

いよいよ明日、 即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)が行われる。 即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式であり、 即位の一連の儀式の中心をなすものだ。 平成の時は、テレビのない生活をしていたし、 忙しい思いをしていたころなので、全く見ていない。 私にとっては、正に一生に一度。 ゆっくり拝見させていただこうと思う。 予備知識として、情報を仕入れてみた。 会場 : 皇居宮殿正殿・松の間 参加者 : 天皇 皇族 内閣総理大臣ら 174か国の国家元首ら 来場者数 : 約2500人 式次第 : 三権の長、皇族、天皇、皇后の順 に 正殿松の間に参入する。 天皇 、皇后が高御座、御帳台に昇る。 参列者が鉦の合図により起立する。 高御座、御帳台の帳が開けられる。 参列者が鼓の合図により敬礼する。 内閣総理大臣が高御座前に参進する。 天皇の「おことば」がある。 内閣総理大臣が寿詞を述べる。 内閣総理大臣が即位を祝して万歳 を三唱する。 参列者が唱和する。 万 歳三唱後、北の丸公園で自衛隊による 21発の皇礼砲が撃たれる。 内閣総理大臣が所定の位置に戻る。 参列者が鉦の合図により着席する。 高御座、御帳台の帳が閉められる。 天皇、皇后が高御座、御帳台から降りる。 天皇、皇后、皇族、三権の長の順に退出する。 式中における立ち位置や動きも明確に定められている。 例えば、成年男性皇族が高御座左側、 成年女性皇族が御帳台右側に、侍立する。 三権の長は、男性皇族のさらに後方に侍立する。 参列者の座席については今回から、 荒天の場合を考慮して豊明殿、春秋の間、石橋の間 及び中庭を取り囲む廊下に全座席を設営することになった。 明日は、生憎の雨模様。 タイムリーな決断だった。 装束についても、こと細かに定められている。 天皇(徳仁):御束帯(黄櫨染御袍) 皇后(雅子):御五衣・御唐衣・御裳 皇嗣:束帯(黄丹袍、帯剣) 皇嗣妃:五衣・唐衣・裳 親王:束帯(帯剣)(これにより難い場合には、燕尾服(勲章着用)とする。 ) 親王妃、内親王、及び女王 : 五衣・唐衣・裳(これにより難い場合には、ロングドレス(勲章着用)とする。 ) 宮内庁長官、宮内庁次長、侍従長、侍従次長、侍従、皇嗣職大夫、皇嗣職宮務官長、式部官長及び式部副長:束帯 女官長及び女官:五衣・唐衣・裳 威儀の者及び衛門:束帯(帯剣、弓) 威儀物捧持者、司鉦司鼓及び鉦鼓の係員:束帯 参列者 男子:燕尾服、モーニングコート、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの 女子:ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの・勲章着用 礼砲を行う自衛官:甲武装 明日は、雨の予報だ。 参列者は屋内に席が用意されるのだが、 この人たちはそうもいかないのではないか。

次の