ノー プロブレム 意味。 ノープロブレム。

Kenny Chesney

ノー プロブレム 意味

No problem. 【日本語訳】どういたしまして 【使い方とニュアンスの解説】 今回は相手から「Thank you. ありがとう。 」のように感謝の言葉をもらったとき、ネイティブスピーカーはどのように返答をするのかについての説明をしていきたいです。 私たち日本人の中で定番になっているのは、 You're welcome. どういたしまして。 ですが、これ以外にも色々な返しの表現があります。 その1つに「No problem. 」という言い方があります。 「No problem. 」を日本語にそのまま訳すと「問題ない」となりますが、感謝の言葉に対する返答では「いいえ、とんでもない。 」という意味として使われます。 また、「Don't worry about it. 」という言い方もあり、このニュアンスは「No problem. 」と似ていますが、日本語に訳すと「気にしないで。 」という意味になります。 この2つの言い方はちょっと格好をつけて言いたい時に使うと良いです。 下に例を挙げています 日本語訳からもその意味が分かるとおり、「それくらいお安いご用なので、任せてください」という頼もしさを含んだニュアンスがあるからです。 これらの表現は目上の人に使っても構いませんが、「You're welcome. 」の方がニュアンスとしては丁寧になります。 もし目上の人に使う場合は自分と距離が近い仲が良い人だけに限定した方が無難でしょう。 仲の良い上司 Thanks for staying late last night and helping me. 昨日の夜、遅くまで残って手伝ってくれてありがとう。 自分 No problem. Whatever I can do to help. いいえ、私にできることであればいつでもどうぞ。 または、 Don't worry about it. I'm glad I could help. 気にしないで下さい。 お役に立ててよかったです。 このように答えると格好良く聞こえます。 ポイントは「No problem. 」や「Don't worry about it. 」の後にもう一言付け加えることです。 そうすると、そっけなさもなくなり、できる部下、頼もしい部下に思ってもらえることでしょう。

次の

「No problem. /Don't worry about it.」の使い方

ノー プロブレム 意味

【スラング英語の教科書】「No Problem ノープロブレム 」の正しい意味と使い方 スポンサードリンク 「No Problem」の正しい意味と使い方 問題ない、大丈夫だよ 「No Problem」は、文字通り問題がないよ!、大丈夫だよ!という意味になります。 「No Problem」は日常会話やビジネスシーンにおいても使えるフレーズになります。 ただ、日本語と同じようにポジティブなイメージではないので、ポジティブにいいたいときは、「Sure! 」や「With my pleasure」を使いましょう。 」が適しています。 No problem. 少しの間待っててくれませんか? 問題ないよ! スポンサードリンク どういたしまして 「No Problem」は「どういたしまして」という意味もあります。 この表現も上記と同様に、「You are welcome」のほうがポジティブな意味の「どういたしまして」になります。 友人同士でしたら、「No Problem」でも構いませんが、クライアント向けのビジネスシーンでは「You are welcome」の方が無難です。 【例文】 Thanks for the lift. No problem. 送ってくれてありがとう! どういたしまして 省略形「NP」「No prob」の意味 「NP」「No prob」 「NP」「No prob」は、両方とも「No Problem」の省略形で、SNSなどですぐに送りたいときなどに使います。 今日は手伝ってくれてありがとう どういたしまして! スポンサードリンク.

次の

「ノープロブレム」に関連した中国語例文の一覧

ノー プロブレム 意味

タイ人の気質を表すとされることの多いタイ語「マイペンライ」。 ただ、タイ人の識者に言わせると、その本当の意味を理解している外国人は少ないそうです。 タイをテーマとするコラムや書籍で時々お目にかかるのが 「マイペンライ」というタイ語の説明です。 英語でノープロブレム(NO PROBLEM)と訳されるためか、日本語でも「気にしない」「問題ない」と訳されることが多いようです。 このため、責任の所在をいい加減にしているタイ人の性格を表しているとか、失敗の原因をきちんと分析しようとしないタイ人のいい加減さを表しているなどの解説がつくことが少なくありません。 海外を長期で旅をしたことのある人でしたら、マイペンライに似た言葉で苦しめられた経験があることと思います。 まず、アラブ世界の 「インシャラー」。 すべては神の思し召しのまま、と訳すのでしょうか。 約束をした時、お願いごとをした時など、最後につくのがこの言葉。 私は数十年前、トルコに滞在中、「本当に約束守ってくれるの?」と終始不安感を抱えていました。 そして、インドの 「ノープロブレム」。 「インド人がノープロブレムという時に問題のなかったためしがない」というのはインドで長期旅行をした人であれば分っていただけると思います。 ただ、タイのマイペンライをインシャラーやノープロブレムと同じ土俵でとらえるのはどうかと思います。 そう気付かせてくれたのが、タイ国内で開催されたビジネスセミナーでした。 タイ人講師いわく、「日本人はマイペンライの本当の意味を理解していないようです。 マイペンライはマイペンライ・チャイマイ・クラップ(カ)の意味で使われることが多いのです」。 チャイマイ・クラップ(カ)というのは「~ではないですか」「~ですよね」という意味ですので、タイ人がマイペンライ(問題ない)という場合は 「問題はないですよね」と確認しているというのです。 そしてこの背景には相手の寛容さを試すという意味合いもあるようです。 タイでは寛容であることが尊敬されるひとつの要素となっています。 他人の過ちを許せること。 これが人間としての器の大きさを示すことにもなるようです。 そのため、少なくとも、マイペンライというタイ人に対して、 「何がマイペンライだ」と怒ることはだけはしない方がよさそうです。

次の