クジラ の タレ。 鯨肉三昧

干物・鮮魚の通販−クジラコーナー 越紋商店(千葉県南房総)

クジラ の タレ

千葉県の名物と聞いたら多くの人が「落花生」と頭の中に思い描くのではないでしょうか?それは、、、あっています。 むしろ、それしかないと思われている節も在りますが、探せば千葉にしか無い名産物もあり見つけたときの快感は格別です。 千葉県の南房総市を中心とした南部ではクジラを使った珍しい名物があります、それが「くじらのたれ」 他の都道府県ではなかなかお目見えすることがない名産品ですので、千葉出張・観光の際には購入してみてください。 少し独特な味わいのこのクジラのタレはハマる人はハマると思います。 クジラのタレが購入できるのは千葉県の南部。 クジラのタレが購入できるエリアは千葉県の中でも少し限られています。 出典:マピオン 千葉県の南部には南房総市という市があるのですが、主にはここで購入できます。 保存の効く食べ物ですので、近隣の市町村でも見たことはありますが、せっかくであれば南房総市の名産品という事もあり、ここで購入したいところです。 全国津々浦々出張していますが、千葉県の南部はかなり行きにくいエリアに分類されます。 富津市まで高速道路が通ったことにより、車での移動が楽になりましたが、やはり行きにくい点には変わりがありません。 狙っていかなければいけない場所です。 そんな場所に仕事なり観光なりでせっかく訪れたのであれば、やはり名物的なものは食したいところ、そんな時はクジラのタレを購入して満足感を得ましょう。 クジラのタレは「つちクジラ」を使った名産品 クジラのタレに使われている鯨は「つち鯨」と呼ばれる種です。 あまり聞いたことがない種なので調べてみると、鯨のなかでは比較的小さい部類の種にあるようです。 出典:IWC下関会議推進協議会パンフレット このツチクジラも、年間の捕獲量は制限されており、割り当てられた分の鯨しか捕鯨出来ないことになっています。 出典: 直近のデータが見つからなかったのですが、古いデータでの平均値では年間60頭ほどの捕鯨がされていることがわかります。 このツチクジラを用いた加工食品が千葉県名物の一つ「くじらのたれ」となります。 独特すぎる味わいは癖になるかも?否、食べられないかも。 私は千葉出身で、そして父もいろいろなものを食べるのが好きな人なので、小さい時からこのクジラのタレは食べたことがあります。 初めて食べた感想は、、、独特。 血抜きしていない赤身部分の肉を調味料に漬け込んで作っているため、鯨の匂いの他にもある種の鉄分くささを内包しています。 これが好きな人にはたまりませんが、ダメな人には全くダメなにおい。 我が家では母は食べません。 くじらのたれが苦手な人に意見を求めてみると、やはり独特の風味が耐えられないという答えが返ってきます。 しかし、好物である私からするとこの独特の風味が美味しい訳であり、これはもう交わることの無い平行線としか言いようがありません。 一度食べてみないと好みがわからないわけですから、むしろ積極的に一度は食べてみてご自身の舌にあうのかをチェックしてみてください。 食べ方は簡単。 炙って調味料付けて食べるだけ。 近年は炙らないタイプも出ています。 鯨のタレの食べ方は簡単です。 火であぶってそのまま食します。 調味料に漬け込んでいるのでそのままでも味はありますが、醤油などを付加して食べることが一般的です。 我が家では• マヨネーズ• 七味 一味 を駆使して食べていました。 好みがわかれる部分ですので、オリジナルのご自身のベストチョイスを見つけてみてください。 鯨が名物の他の都道府県でも見ることは無かったので、千葉県だけの名物のはず。。 たぶん 全国には鯨の名産地として今でもクジラを食べる文化が残る都道府県はたくさんあります。 出張ついでに各地の名物を食べるのが好きなので、鯨文化圏に行けば好んで鯨を探してきましたが、このクジラのタレという名称、そしてこのような食べ物は千葉県以外では出会ったことがありません。 ということで、たぶん千葉県だけの名物のはず。 千葉出張・観光した際にはお土産として購入してみてください。 きっといままで体験したことが無い世界に連れて行ってくれるはずです。 salesconsultant JALに乗りマイルを貯める。 しかし、乗らないでポイントでマイルを貯めたほうがたまるかもしれない。 もっと言うとハイブリットが良いのかもしれない。 日本全国の肉屋でクレジットカードを使うのが趣味。 年間300日を超す出張をしているため、日本全国出没中。 ビジネスホテルが家なので、いつかはビジネスホテル情報をまとめようと画策中。 スーツケースはRIMOWA。 今まで、RIMOWAに50万円以上はつぎ込んできたが最近飽きてきてます。 メタル修行は是非成就させたい涙 貯めたマイルで海外に年4回ほど遊びに行きますが、行き先は全てカジノ。 一番好きなゲームはクラップス。 ホットロール!燃える! なんだか、高級なラウンジよりも国内空港のクレジットカードで入れるラウンジなんかに愛着を感じる今日この頃。 ダイヤモンド・プレミアラウンジに入れるのに、カードラウンジに置いてある雑誌を調べるほうが楽しい。 出来るだけですが、実際の体験記を書いていきたいなと思います。

次の

鯨のたれ

クジラ の タレ

鯨のたれ 鯨のたれ 「鯨のたれ」は房総半島南部の特産で、ツチクジラという体長12メートル程度の歯クジラの肉をたれに漬けて干したものである。 この体長は雌のマッコウクジラと同程度だが、体型は少し細めで頭部が小さく、おでこが丸くて口がとがっている。 餌は深海のイカ類や底生魚類が主でマッコウクジラに近い(もっともマッコウクジラと違って口は小さいから巨大なダイオウイカなどは食べられないだろうが)。 ツチクジラは大型鯨類と違い、国際捕鯨委員会が管理の対象とすべきかどうか、長年の論争に決着がついていないため、日本政府が独自に資源調査をして捕獲量を設定している。 平成になってからは年間54頭が太平洋沿岸で捕獲されてきたが、平成11年から北海道南部の日本海側で8頭の捕獲が追加された。 ツチクジラ : 日本鯨類研究所 「日本近海にいる鯨類」 (1996)より 房総半島南部では17世紀初めから東京湾側の勝山に本拠をおいて捕獲されてきたが、館山、白浜、千倉などに移った後、現在では和田から出漁している。 「鯨はヒゲクジラの方が歯クジラよりも美味しい」と本で読み、また両者の大和煮の缶詰の味の比較からもその点に納得していた私だったが、横須賀から東京湾フェリーに乗って房総半島南部を訪れた際にフェリーの発着場で買った、この鯨のたれで印象がガラッと変わった。 実は以前に料理屋で二切れほど食べた際には「歯鯨らしさを濃縮した味だな」と思った程度だったのだが、自分で買って適当な大きさにちぎって、網に載せて火であぶり、ごくわずかに焦げ目をつけたのを温かいうちに食べると、後を引く味だった。 少し鯨らしいクセがあるが、豚などのレバーに比べればはるかにおだやかである。 さらに、マヨネーズをつけて食べると味がガラッと変わり(この味に出会った事を感謝した、と言ったら大げさだろうか)、鯨が特に好きでもない人でも楽しめるであろう。 もっと知名度が上がっても良い味だと思う。 マッコウクジラも同様の加工をすれば、こういう味になるのであろうか? 鯨のたれは、柔らかい半生のもの、乾燥させた固いもの、焼いたものなどが売られている。 干してある上に厚みがないので、冷凍庫で保存しても、出して間もなく切れる程度になる。 従って、気が向いたらすぐに食べられるため、買いだめして冷凍庫に保存している。 最近、ネット上で販売しているところを見つけたので、もう遠出しなくても手に入るのは大助かりである。

次の

クジラ

クジラ の タレ

鯨のたれ 鯨のたれ 「鯨のたれ」は房総半島南部の特産で、ツチクジラという体長12メートル程度の歯クジラの肉をたれに漬けて干したものである。 この体長は雌のマッコウクジラと同程度だが、体型は少し細めで頭部が小さく、おでこが丸くて口がとがっている。 餌は深海のイカ類や底生魚類が主でマッコウクジラに近い(もっともマッコウクジラと違って口は小さいから巨大なダイオウイカなどは食べられないだろうが)。 ツチクジラは大型鯨類と違い、国際捕鯨委員会が管理の対象とすべきかどうか、長年の論争に決着がついていないため、日本政府が独自に資源調査をして捕獲量を設定している。 平成になってからは年間54頭が太平洋沿岸で捕獲されてきたが、平成11年から北海道南部の日本海側で8頭の捕獲が追加された。 ツチクジラ : 日本鯨類研究所 「日本近海にいる鯨類」 (1996)より 房総半島南部では17世紀初めから東京湾側の勝山に本拠をおいて捕獲されてきたが、館山、白浜、千倉などに移った後、現在では和田から出漁している。 「鯨はヒゲクジラの方が歯クジラよりも美味しい」と本で読み、また両者の大和煮の缶詰の味の比較からもその点に納得していた私だったが、横須賀から東京湾フェリーに乗って房総半島南部を訪れた際にフェリーの発着場で買った、この鯨のたれで印象がガラッと変わった。 実は以前に料理屋で二切れほど食べた際には「歯鯨らしさを濃縮した味だな」と思った程度だったのだが、自分で買って適当な大きさにちぎって、網に載せて火であぶり、ごくわずかに焦げ目をつけたのを温かいうちに食べると、後を引く味だった。 少し鯨らしいクセがあるが、豚などのレバーに比べればはるかにおだやかである。 さらに、マヨネーズをつけて食べると味がガラッと変わり(この味に出会った事を感謝した、と言ったら大げさだろうか)、鯨が特に好きでもない人でも楽しめるであろう。 もっと知名度が上がっても良い味だと思う。 マッコウクジラも同様の加工をすれば、こういう味になるのであろうか? 鯨のたれは、柔らかい半生のもの、乾燥させた固いもの、焼いたものなどが売られている。 干してある上に厚みがないので、冷凍庫で保存しても、出して間もなく切れる程度になる。 従って、気が向いたらすぐに食べられるため、買いだめして冷凍庫に保存している。 最近、ネット上で販売しているところを見つけたので、もう遠出しなくても手に入るのは大助かりである。

次の