そ たり こ。 人をいじめたり、差別したりする大人の特徴 [ひかりの恋愛コラム] All About

「~たり~たりする」?

そ たり こ

まず、「たり」が単独で表れることはよくあります。 例えばこのような言い方です。 ご飯を食べ たりする時間もない。 ここで、「~たりする」となっているところに注目しておいてください。 この形なら、単独で使っても問題はないのです。 また、この文には、頭のほうに「~たり」を並べて「例示」を増やすことができます。 トイレに行っ たり、ご飯を食べ たりする時間もない。 テレビを見 たり、トイレに行っ たり、ご飯を食べ たりする時間もない。 ところが、最後の「~たりする」を省くと、少々ぎこちない言い方になります。 トイレに行っ たり、ご飯を食べる時間もない。 このようなことから、「~たり」は単独では使えない(ただし「~たりする」なら単独でもOK)というように言われることがあるのです。 では、次のような表現は「間違い」でしょうか。 「愛にはぐれ たり 淋しさが涙に負けそうな時は 思い出して みんな ひとりきりじゃないと」(菊池桃子「Say Yes! 」1986年) 「去年の暮、僕の旅行中、Tという人の使いというのが来て、(中略)十五分もねばって、部屋の中をのぞい たり、うろつき廻って、女中を困らせた人物があったそうだ。 」(坂口安吾「西荻随筆」1949年) 「心なしか、お母さんは少しやせて、お肌もここしばらくの真っ青だっ たり荒れている感じよりも若返っている気がした。 」(よしもとばなな「もしもし下北沢」2009年) 1番目の例は歌謡曲の歌詞、2番目と3番目は作家が書いたものです。 いずれも「…淋しさが涙に負けそうだっ たりする時は」「…うろつき廻っ たりして」「…荒れ たりしている」とはなっていません。 ですが、1番目の歌のメロディーをご存知の方ならわかるかと思いますが(ぼくと同世代ですね)、これでは曲になりません。 また文学作品でも、表現上の効果などから「~たりする」が使われていないものがたくさんあるのです。 「日本語では『~たり~たりする』という形になる傾向がある」というように覚えたりしておく程度が、無難なのではないでしょうか。 (メディア研究部・放送用語 塩田雄大).

次の

藤原鎌足

そ たり こ

「~したり」の使い方は3つある 「動詞+たり」の話し言葉 「~したり」は、他動詞「~する(為る)」と動詞の連用形に付く「~たり」で構成された話し言葉です。 語尾の「たり」は複数の言葉を対等の関係でつなぐ「並立助詞」で、「食べたり飲んだり」のように「~たり、~たり」と動作や状態を並べて使うのが基本です。 近年では「作曲家として活躍したり、歌手としても有名」のように、後の「たり」が省略されるケーも増えていますが、こうした用法は間違いとされています。 「~したり」は継続の暗示 日常の会話の中で「~したり」が多く使われるのは、ある一定の期間に起こったことを例として並べる場合です。 「近況を報告しあったり、昔話で盛り上がったりした」とえば、すでに説明した「近況報告」や「昔話」のほかにもいくつかのシーンがあったことを後の「~たり」が暗示しており、話題豊富で賑やかなひとときだったことが伺えます。 「~したり」には繰り返しの意味も 次に、「晴れたり曇ったり」「行ったり来たり」のように対照的な2つの言葉を並べる用法です。 比較的短かい期間に同じ動作を繰り返すという意味合いをもち、目まぐるしく変わる不安定な気候や、慌ただしい様子をあらわしています。 反対に「飛んだり跳ねたり」「殴ったり蹴ったり」のように似た言葉を並べることで印象が濃くなり、その動作を強調するといった効果もあります。 後の「~たり」を省略する用法 「些細なことで怒ったりする」のように、「たり」を単独で使う用法も認められています。 こちらは類似の事柄の中からひとつだけを例にあげる用法で、誤用との違いは後の「~したり」が動詞ごと省略されている点です。 また、「人を試したりするな」「負けても泣いたりするな」といえば、「たり」を付けることで身のためにならない行為や愚かな行いを強調し、戒める意味があります。 「~したり」を使った表現と言い換え 「したり、しなかったり」は無関心 「発生したり、しなかったり」のように、対照的な言葉を「~たり」でつなぐ用法についてはすでに述べましたが、「そんな気がしたり、しなかったり」といった場合は「することもあれば、しないことも」の意味ではなく、「するような、しないような」という曖昧な表現です。 一体どちらなのかといえば「実はどちらでもよい」という解釈がぴったりでしょう。 「そんな噂があったり、なかったり」のように使います。 「~たりして」は可能性 「実は気があったりして」「もう遅かったりして」の「たり」は、その事柄を可能性のひとつして他の案と並べてみる表現です。 確立としては高くないものの可能性としてはゼロではないとか、「ひょっとして~かもしれない」という控えめな解釈です。 さらに弱気になると「~たりする?」のような疑問形になります。 論文の書き言葉や敬語の言い換え 「~したり」は話し言葉なので、書き言葉が基本となる論文や履歴書には不適切です。 「~や、~など」のように表現を変えましょう。 また、「~したり」を敬語表現として使いたい場合は、「する」を「なさる・される」などの敬語に変えて「相撲を観戦なさったり、土産物屋をご覧になったりと楽しそうなご様子でした」となります。 「したり顔」とは無関係 「うまくいったぞ」と言わんばかりに得意そうな顔つきを「したり顔(したりがお)」といいます。 この場合の「し・たり」は、「する(為る)」の連用形+「たり(完了)」で、「やってしまった・しまった」「よっしゃ」などの意味をもつ感動詞で、「~したり」とは別物です。 「~したり」を使った例文 「~したり」用法別の例文• 早起きしたり適度な運動を心がけたりすることは、生活習慣病の予防にとても効果があります。 最近の不安定な気象の影響で、野菜の価格が上がったり下がったりすることが増えた。 もしも登山中に遭難したと感じたときは、決して沢を下ったりしてはいけない。 無理をせず早めに来た道を引き返したり、助けを求めたりするのが基本だ。 「~したり」の英語表現• On Sunday nights I watch baseball on TV and read books. (日曜日の夜はテレビで野球中継を観たり、本を読んだりしています。 Some of the pupils are men and some are women. (学生は男性だったり、女性だったりします。 The weather is sometimes hot and sometimes cold these days. (最近の天気は、寒かったり暑かったりです。 ) 「~したり」の韓国語表現• 쉬는 날에는 빨래를 하거나 청소를 합니다. (休みの日は、洗濯したり掃除したりです。 내일은 흐리거나 비가 오겠습니다. (明日は曇ったり、雨が降ったりするでしょう。 ) まとめ 日常会話でも気軽に使われることの多い「~たり、~たり」の言い回しですが、プロのアナウンサーであっても後の「~たり」を落として視聴者の指摘を受けることがあるようです。 誤用が生じる理由としては、「したりしました」のように語感が悪くなったり、文章が長くなるのを避けてしまうことが考えられますが、使う際には用法を守って文体を整えたいものです。

次の

藤原鎌足

そ たり こ

毎週月~金曜日の夕方にCBCテレビで放送している情報番組【チャント!】。 毎週水曜日の人気コーナー『全力!お助けちゃん』では毎回、何事にも全力で取り組むBOYS AND MENの平松賢人が視聴者の方から寄せられたお悩みをサポートしています。 今回は5歳の娘さんを持つママ、Uさんからのご依頼。 「もう年長さんなのに、公園のアスレチックでは自分より小さな子から気を使われるほどビビりな娘。 いつも途中で諦めたり半泣きしたりしてしまうんです」。 そんなお悩みを解決するため、名古屋こども専門学校の坂上真衣先生のアドバイスを基に、平松くんが全力でお助けしてきました。 この公園へはよく遊びに来るそうですが、苦手な遊具がいっぱいで満足に遊べていないそうなのです。 るーちゃんが特に怖いのは、スケスケのネットを使ったジャングルジム。 足元がグラグラしたり、隙間に足がハマったりして苦手なのだとか。 まずは、初級の「幼児コーナー」の遊具で遊んでみることに。 普段はママに手を繋いでもらって遊んでいるそうですが…。 恐る恐るではありますが、階段や丸太橋、ラダーなど一人で遊ぶことができました! 「最後まで一人でできたことがなかったのでビックリです!」とママ。 平松くんも「もしかしてカメラの力かな? 笑 」と驚いていました。 次は中級の「冒険広場」。 低めの坂を少し駆け上がってみたるーちゃんですが、滑って上手く上れません。 平松くんと一緒にハイハイをして上ることにしましたが、「ハイハイ怖い…」と言います。 そうすることで上る楽しさを覚えてもらい、これが自信につながります。 それから何度も坂を上り下りし、あまり怖がることなく遊べるようになってきたるーちゃん。 まずは安心してできるよう、平松くんと手を繋いでの挑戦です。 1回目、2人で急な坂を上ります。 …が、勢いがないため途中で2人ともズルズルと滑り落ちてしましました。 そこで、平松くんが上で待つ作戦に。 「怖い」と言いながらも平松くんのところに走っていくるーちゃんですが、残念ながら途中で滑ってしまい、上ることができませんでした。 でも、るーちゃんは諦めません。 足元が揺れ、下が見えてしまうのが怖いため、普段は自ら進んで遊ぶことはないそうです。 まずハシゴを使って登っていきます。 ハシゴは固定されておらずグラグラと揺れますが、るーちゃんは「よいしょ、よいしょ」と言いながら登ることができました。 どんどん上へ登るるーちゃん。 「のれた~!」と嬉しそう。 すっかりネットにも慣れてきたようです。 今までできなかったことが嘘のように、ターザンロープもクリアです! ビビり克服のために挑戦する最後の難関は、丸太の一本橋。 足場が狭く、手をつかめる場所もないため、5歳のるーちゃんにはかなり難しい遊具です。 まずは平松くんがお手本を見せます。 そして一人で渡ってみることに。 平松くんがそばでサポートしていますが、怖くて進めません。 そこで平松くんからサプライズ! 実はるーちゃん、BOYS AND MENの弟分「祭りnine. 」の神田陸人くんの大ファン。 平松くんは陸人くんからの応援メッセージ動画を用意してくれていたのです。 大好きな陸人くんから応援してもらったるーちゃん。 さて丸太の一本橋は渡れるのでしょうか?! るーちゃんを応援する合言葉「ガンバレるー!ガンバレるー!」と言いながら、少しずつ進んでいきます。 そして遂にゴールで待つママの手を握ることができました。 「今まで怖いと言いだすと全くできなかったので、まさか渡り切れるとは思いませんでした」とママ。 今回初めてのことにたくさん挑戦して克服することができたるーちゃん。 ママから届いた後日談によると、「もう、怖くないよ」と、今では公園に行くのが楽しみになっているそうです。 お友達と一緒に元気いっぱい遊具で遊んでね!今回のお助けも大成功!!.

次の