おすすめvtuber。 誰でもVチューバーになれる!?Vtuberアプリおすすめ20選【無料】

話題のVtuberとは何者?バーチャルYouTuberおすすめ8選

おすすめvtuber

おすすめサイト2選• ココナラ:日本最大級のスキルマーケット、Vtuber専門イラストレーターさんが多数在籍• イラストレーターが多数在籍• 大手サービスで安心• 2D,3Dモデル共に対応可• 作品のクオリティが高い• イラスト特化型のサイト• 2D,3Dモデル共に対応可 1つずつ順に解説していきます。 ココナラってどんなサービス? ココナラはスキルや知識を売ったり買ったりできる国内最大級の総合マーケットサイトです。 注意したいのは、通常のイラストだけではVtuberのキャラクターは完成しないということ。 Vtuber用のイラストは、パーツ分けされたものが別途必要です。

次の

バーチャルユーチューバー(VTuber)おすすめ10人をまとめてみた!

おすすめvtuber

「起立、気を付け!こんにちは、月ノ美兎です。 」 高校2年生。 性格はツンデレだが根は真面目な学級委員。 本人は頑張っているが少し空回り気味で、よく発言した後で言いすぎたかもと落ち込んだりする。 株式会社いちからが運営する「にじさんじ」は2018年2月以降、100人近くのvtuberを輩出しており、いまやvtuberの大御所です。 当時はアイドル的な位置付けだったvtuber界では、可愛い見た目とテンプレ設定に視聴者の期待も高まりましたが、このとき委員長の正体を知るものはまだいませんでした… 初配信で「ムカデ人間を熱く語り、モツを「赤子の拳」と表現するなど、与えられた設定を完全に無視したキャラクターと、繰り出される数々の名言や独特のセンスから• 汚いほうの清楚• サブカルクソムカデ• にじさんじのやべーやつ• クソザコ委員長• 雑草マイスター などの二つ名を持つ、vtuber界の有名人となりました。 初期設定は初心者を混乱させるので、無くしても良くないですか? 月ノ美兎を語る上で外せない3要素 1. 異常なほどの行動力 例の「ムカデ人間」は公式とコラボするまでに どうしてこの世に生を受けたかっていうの私はあんまり深く考えてないんですよ。 ただ、やっぱり自分のやりたいことをやってから生を全うしたいじゃないですか(中略)まあなんか自分のね、死ぬまでにこれはやっておきたいなっていうことを、日頃ね、ちょっとメモで書き留めてるんですよ。 vtuberになる以前から「死ぬまでにやりたいことリスト」を作成し、には、普段の生活では絶対に出会わないことばかりです。 2019年最後の配信で公開されたやったことリストの内容を挙げておきます。 月ノ美兎としてvtuberになったのも、話のネタにするためだっただそうです。 ストリップ劇場• 丸呑みカフェ• 一億円トイレで便所飯 委員長のこの性格がイラストとしてだけではなく1人の人間として認識されたことが大きいのではないでしょうか。 雑談配信ではこれらの体験レポを自作のイラストと共に、視聴者に紹介してくれます。 フグを食べる• 執事喫茶に行く• サバゲーをする• ストリップ見に行く• アイソレーションタンクに入る• ロボットレストランに行く• エステに行く• 丸飲みカフェに行く• 競馬場に行く• 暗闇サイクリングやる• ギャルカフェに行く• 外国に行く• め〜ちゃくちゃ結麗な海で泳ぐ• JK組でハワイに行く これだけではなく、ダッチワイフのレンタル・遺伝子検査キット・バッタの缶詰を食べる・合法トリップをするなど、やりたいことを片っ端から試しています。 またVtuberとしては珍しく「」で授業中のノートと称した画像の公開もしています。 我が道を走るセンス 名言「わたくしで隠さなきゃ」が登場した伝説のゲーム回 かつて通っていた絵画教室で「吹き戻し」が課題となった際に受け狙いでふざけて描いた絵が先輩や教師から思わぬ好評を受けた。 そのことがきっかけで価値観が変わり、自分でも邪道だと思っていた「おもしろさ」を「正義なのかもしれない」「それでよい」と思うようになった。 他のvtuberが有名ゲームをプレイする中、初めてのゲーム配信は劇団の クソゲーとや、プレイしたvtuberがほとんどいない「GOROGOA」をプレイしています。 他にも「着衣風呂配信」「APAホテル配信」、検査キットでの高死亡率の病気を発表する「誕生日配信」後述する「模様替え配信」など、他のVtuberの追随を許しません。 また通称「偽ノ美兎」3D また他のライバーと過剰に絡みすぎないこと、リスナーに忖度しすぎることなく自分に正直でいるところも尊敬します。 vtuberとして活動する前から美術系の活動に関わってきたことからこの独自のセンスが生み出されたのではないでしょうか。 アングラへの知識量 vtuberなのに現実世界にも登場する「偽ノ美兎」 小学6年生の時にチャットで1人3役、男一人女二人の三角関係を演出し、いんかと君なる人物をまんまと騙したとのこと。 委員長は小学生の頃からパソコンでmixiやフラッシュゲームなどに触れていることからインターネット世界の住人です。 またギャルゲーが好きなようで、設定上3歳で「アマガミ」5歳で「ラブプラス」をしたことになっており、Twitterでトレンド入りしたアマガミは企画展を開催することになりました。 ファンが投げたコアなネタに対応しつつ分からない人に向けて簡潔に説明をしてくれるため、配信を見ているだけで勉強になります。 vtuberの視聴者• ムカデ人間• パンツマン• ヨーロッパ企画• ケセランパサラン• 月ノ美兎の配信でこのようなことが起こるのは「ムカデ人間」「アマガミ」などで、もはや恒例の行事となっています。 配信最後の話では、現在の「月ノ美兎」が誕生するきっかけになった出来事が明かされました。 キーワードは「タコ」と「吹き戻し」。 個人的に委員長は活動場所がVの世界でなくともキャラクター性から十分に活動していけると思います。 ただ彼女を拾い上げてくれる「いちから」がいなかったらここまで認知されることはなかったのかなということ。 ソニーからのメジャーデビューが決まったりとにじさんじの看板としての業務も増えて忙しくなると思いますが、これからも月ノ美兎として我が道を走り続けてほしいです。

次の

【Vチューバーとは?】やり方や仕組み、おすすめVtuberまとめ

おすすめvtuber

Vtuberデビューに必要なスペックとは? Vtuberとしてデビューするためには、それなりに高いスペックを持ったパソコンが必要になります。 結論から言えば、ゲーミングPC程度のスペックがあれば、十分にVtuberの動画を制作できるでしょう。 まずはVtuberの動画を作るために、必要はパソコンのスペックについて紹介。 どれだけの性能があれば十分なのかをチェックしてみてください。 CPU CPUに関しては特に重視するべきポイントではありませんが、可能であれば最新のものがいいでしょう。 具体的には第8世代以上のIntel社製CPUが理想で、Intel Core i5以上であれば、十分にVtuberの動画を作ることができます。 Intel Core i9までは必要がありませんが、Intel Core i7であれば余裕をもってVtuberの動画制作ができます。 その分、ゲーミングPCの価格が高くなってしまいますが、他のパーツ性能のバランスを見ながら選んでいくことをおすすめします。 グラフィックボード Vtuber動画制作にあたって重要なのが、グラフィックボードです。 グラフィックボードは動画制作において、書き出し時間や安定した編集に影響してきますので、高性能であればあるほど快適に作業ができます。 また、ライブ配信などを視野に入れるなら、グラフィックボードの性能が高いほど、安定した綺麗な映像での配信が可能に。 特にゲームの実況プレイを配信するのであれば、高性能なグラフィックボードは欠かせません。 最低でもGeforce GTX1060が必要になります。 しかしGeforce GTX1060は、最低限の画質を保ちながらの配信になりますので、より綺麗な映像を求めるのであれば、 Geforce GTX1660以上が理想となるでしょう。 なお、グラフィックボードを選ぶ際は「VR Ready」に対応している製品を選ばなければなりません。 ほとんどの製品に対応しているものですが、なければVRを使った配信ができませんので注意が必要です。 メモリ メモリは容量が大きければ大きいほど、パソコンの動作が安定します。 ゲーミングPCであれば最低でも8GBが搭載されていますが、これではVtuberの動画を作る、もしくは配信するとなれば厳しいかもしれません。 そのためVtuberとしてデビューを考えているならば、最低でも16GBはほしいところ。 16GBなら複数のソフトを起動しながらでも安定します。 メモリが足りないと、配信中にソフトが落ちてしまう可能性があります。 途中でライブ配信が終了する、動画編集中のデータが壊れてしまうなど様々な問題が起きてしまいますので、なるべく大きい容量を選択しましょう。 Vtuberになるために必要な機材 Vtuberはスマホ1つでなれる時代になりましたが、パソコンを使って動画を作っていくのであれば、様々な機材が必要になります。 ここからはVtuberにあたって、必要な機材を紹介。 どんな機材が必要になってくるのか、これから準備を進めていく人はチェックしましょう。 マイク 動画を作るためには映像が必要であり、何よりも音声が欠かせません。 声を収録するためのマイク機材は当然、必要不可欠な道具の1つ。 これがなければ動画に音声を乗せることができず、Vtuberとしてデビューすることができません。 マイクにも種類がありますが、ゲームの実況配信も視野に入れるならば、コンデンサーマイクがいいでしょう。 また、マイクを自立させるためのスタンドも合わせて必要に。 高価な製品はたしかに綺麗な音で収録ができますが、安い製品でも性能が高いものがあります。 どんなマイクがいいのか、じっくりと吟味してもらって、最適の1台を見つけてみてください。 WEBカメラ Vtuberのモデルは、主にWEBカメラで動きを撮影して動かしている場合が一般的です。 他にもVRキットを使って動かす方法もありますが、かなりの費用が必要になりますので、あまりおすすめできません。 WEBカメラは安くて3,000円から購入できます。 できるだけ解像度が高く、30fpsで撮影可能なものを選べば、問題なくVtuberの動画を撮影できるでしょう。 専用ソフト 動画を作るためには、まず動画編集ソフトが必要不可欠。 そして実況配信をするならば、配信ソフトも必要になってきます。 ソフトやアプリだけでも複数が必要になりますが、いずれも無料で用意することができます。 もちろん、優良ソフトになれば性能が高く、編集の自由度も上がりますが、まずは無料ソフトから始めるといいでしょう。 動画編集ソフトは、有料であればAdobe Premiere Proが一番おすすめに。 しかし価格が年間6万以上しますから、最初から優良ソフトに手を出すにしても、安い買い切りの編集ソフトがいいかもしれません。 3Dモデル Vtuberデビューをするならば、自分の分身となる3Dモデルが必要になります。 自分で一から制作するの良いですが、簡単のは誰かに作ってもらうことでしょう。 しかしその場合、かなりの費用が発生しますので、やはりおすすめできません。 また、ネット上で3Dモデルを作るサービスもあります。 ただこちらは、オリジナル性に欠けてしまいます。 自分で作るとなっても、ある程度の知識が必要になってくることも。 専用ソフトを使って作る場合、それなり勉強が必要になってきますから、モデルを用意するだけでも時間がかかってしまいます。 ゲーミングPCならすぐにVtuberデビューできる? Vtuberデビューをするためにはパソコンが必要です。 そのパソコンは、できるだけスペックの高いものが理想と言えるでしょう。 具体的にはゲーミングPC程度の性能があれば問題ありません。 ただし、ゲーミングPCの中でも入門モデルよりは、ミドルクラス程度があれば安定して作業ができます。 ミドルクラスのゲーミングPCは、搭載されているグラフィックボードの性能が高く、メモリやストレージ容量も不安になることがありません。 CPU性能も最新の上位製品が搭載されていますから、数年先まで長く使い続けられるのが嬉しいところ。 20万円前後のゲーミングPCであれば、十分にVtuberの動画を作ることができるはずです。 もしもVtuberとして、主にゲーム実況で活動していくのであれば、重視すべきはグラフィックボードになります。 ゲームのグラフィックだけでなく、生配信の画質にも影響してきますから、予算があれば高性能な製品を選びましょう。 また、動画編集でも快適な作業や書き出し時間の短縮にもつながります。 効率が上がりますので、やはりグラフィックはVtuber活動において重要なパーツと言えまるでしょう。 有名Vtuberが使っているPCのスペックは? ゲーミングPCといっても、低スペックからハイエンドまで多種多様です。 そこで実際にVtuberとして活動している方のPCを調べてみたところ、多くはミドルクラスからハイエンドのゲーミングPCを使用していることが分かりました。 ミドルクラスのゲーミングPCは、CPU=Intel Core i7・メモリ=16GB・グラフィックボード=Geforce GTX1660Tiといったような構成になります。 20万円前後で購入できる場合があります。 対してハイエンドになると、CPU=Intel Core i9・メモリ=16~32GB・グラフィックボード=Geforce RTX2080Tiといったような構成に。 こちらは30万円以上することが珍しくありません。 最初から高性能なゲーミングPCを買ってVtuberデビューをしたのかと言えば、決してそうではないでしょう。 まずは低スペックから始めていき、有名になるにつれて、機材に投資をしていったと考えられます。 そのため、どんなゲーミングPCを使っていたとしても、まずは動画のクオリティを上げることを優先しましょう。 ファンを獲得していき、実績を積み重ねていった後に高スペックのゲーミングPCを手に入れることをおすすめします。 まとめ Vtuberデビューをするためには、ゲーミングPCがあれば十分です。 高性能になればなるほど、動画や生放送など、できることの幅が広がっていきます。 マイクなどの機材も重要ですが、動画編集などの作業を考えると、まずはパソコンのスペックが最重要に。 特にグラフィックボードには意識してもらって、高性能な製品を搭載するといいかもしれません。 有名Vtuberにもなれば、すぐにゲーミングPCのスペックアップも可能になるでしょう。 そうなれば、よりクオリティの高い動画も作れるようになりますので、まずは頑張ってファンを獲得していってください。

次の