ワクワク 類義語。 慣用句一覧

「ワクワクする」の類義語や言い換え

ワクワク 類義語

皮肉の読み方は「ひにく」です。 皮肉の意味は3つあります。 上辺だけの様子 2. 遠回しに相手を非難する、あるいは遠回しに相手の弱点を指摘する意地悪な様 3. 自分の思惑とは逆の結果になること(皮肉にも~) 皮肉には定義がいくつかあり、使い方によって意味が変わるのが特徴です。 皮肉の語源は仏教用語で、中国禅宗の大使の言葉の「皮肉骨髄」だと言われています。 皮肉の類義語には、以下のような言葉があります。 ・見せかけ(1の意味に対する類義語) ・風刺(2の意味に対する類義語) ・裏腹(3の意味に対する類義語) 皮肉の対義語には、以下のような言葉があります。 ・本質(1の意味に対する対義語) ・お世辞(2の意味に対する対義語) ・会心(3の意味に対する対義語) 皮肉の意味それぞれの類義語と対義語を見ると、更に意味がわかりやすくなります。 「皮肉」を使った例文をいくつか紹介します。 ・皮肉にも、自分が一番やりたくなかった役割を任されてしまった。 ・「君と僕はあまりにも違い過ぎる」と、彼は皮肉を込める言い方をした。 ・彼女にそのつもりはないのかもしれないが、私には全て皮肉に聞こえる。 ・いつもチクチクと皮肉を言うが、友人には皮肉屋の自覚はなさそうだ。 ・誘われたほうだけがオーディションに合格するなんて皮肉だな…。 ・雨が降ってきたからビニール傘を買ったのに、皮肉にも店を出てすぐに止んでしまった。 ・「それって皮肉ですよね?」と、彼女は私をにらんできた。 ・暇すぎて思わずあくびをしたら、仕事を抱え込む先輩に「お疲れだね」と皮肉を言われたので、「いつでも何でもお手伝いしますよ?」と皮肉で返してやった。 例文からもわかるように、皮肉は相手の悪意や、望まざる事態に対して使う言葉です。 嫌味は皮肉の類義語ですが、厳密には少々意味が違います。 皮肉は相手を非難したり弱点を指摘したりすることですが、ストレートではなく遠回しな表現になるのが特徴です。 例えば、褒めているようで実は貶している場合は、皮肉になります。 一方、嫌味の意味は、人を不快にさせる言動です。 嫌味は遠回しではなくストレート。 言われた人も聞いている周囲も、確実に相手にダメージを与えるのが目的だと認知できるわかりやすさがあります。 具体的なシチュエーションで説明すると、トラブルが大きくなってからやっと周囲に助けを求めた人の失敗を指摘する場合は、以下のような違いが生まれます。 皮肉:報告は必要だけど、ちょっと遅すぎたね。 嫌味:今さら報告されても、どうにもできないだろ。 どちらも、報告が遅れた相手を責めていますが、皮肉より嫌味な方がストレートな糾弾の仕方になります。 ちなみに、どちらが嫌らしいかは、受け取り手によって変わります。 皮肉を表した名言やことわざを紹介します。 ・ああ言えばこう言う(理屈をつけて言い返し、人の話を素直に聞き入れない様子) ・相手見てから喧嘩声(弱そうな相手にだけ強気の声を出す様子) ・垢で死んだ者はない(不潔な人への皮肉を表すことわざ) ・明るけりゃ月夜だと思う(考えが浅い人を皮肉ったことわざ) ・空き樽は音が高い(中身のない会話を皮肉ったことわざ) ・えせ者の空笑い(腹黒い人が相手のご機嫌を取るためにおもしろくなくても笑う様子) ・働いたら負け(怠け者の言い訳) ・「自由にして良い」と言われた人は、たいてい他人の真似をする(口先だけの人への皮肉) ・バカとはつき合うな(どうでもいい常識に囚われた人への皮肉) ・新聞を読むと間違った情報が得られる(新聞のかたよった思想への皮肉) ・事実は揺るがないが、統計は融通が利く(数字マジックへの皮肉) ・明日から本気出す?(やると言ってやらない人への皮肉) 皮肉を言う人は、人よりも敏感なセンサーを持っています。 人一倍気を遣って頑張っているのです。 だから、鈍感で空気を読まない人を見ると、「なぜあんな行動ができるのか!」と理解できません。 自分の物差しで物事を考えるので、相手に悪気があろうがなかろうが、自分の気持ちを読まずに好き勝手されると、非常にイライラするのです。 皮肉は相手への注意ですが、ストレートに言えないのは、「全部言わなくても、普通はわかるよね?」という念押しでもあります。 ストレートに注意されなきゃ気付かない人がいるなんて、皮肉を言う人には理解できないのです。 そのため、空気を読まないマイペースな人は、皮肉を言う人を何度もイライラさせ、犬猿の仲になってしまいます。 皮肉を言っても全く通じず、言葉の良い部分だけをピックアップして、むしろ「褒められた」と喜んでしまうタイプがいます。 皮肉が伝わらない人には、次のような特徴があります。 ・我が道を行く ・言葉の裏を読まない ・空気も読まない ・超ポジティブシンキング ・ある意味素直 皮肉は日本語ならではの繊細な表現方法で、「一見褒めているようで実は貶す」という高等な言葉の使い方です。 そのため、相手の気持ちを日頃から察しようと努力する人には有効ですが、その逆を行く人には通用しません。 この手のタイプは、マイペースな上に空気を読むのが大の苦手。 その上、都合良く前向きで、周囲をしばしば混乱させます。 細やかな気遣いをする人にとっては天敵です。 しかし、言われた言葉をそのまま飲み込む素直さがあり、皮肉を言う人よりもずっとわかりやすい性格をしています。 皮肉は通じなくても、言葉は通じますから、コツを掴めば付き合いやすいタイプです。 皮肉を言われるとカチンときますが、冷静になることが大切です。 言われた皮肉の裏に隠された相手の要求を、冷静に見極めましょう。 例えば、次のような要求をあなたに求めていると考えられます。 ・あなたに皮肉を言ってストレス発散したいだけ ・日頃からあなたに不満があり直してほしい ・あなたへの競争心があり自分が勝ちたい ・あなたばかり注目されて嫉妬している 皮肉屋は自分の気持ちや要求をストレートに表現しません。 自分から「こうしてほしい」と言えないのは、実は内向的で臆病な一面があるからです。 非常にわかりづらいですが、皮肉を言われたら、本当は何をしたいのかを読み取り、相手の要求に適切に応えるようにしましょう。 皮肉が好きな人はひねくれものですから、あなたが正しい対処をしても、しばらく相手から関わってくるかもしれません。 「何となく気に食わない」という理由で、皮肉をぶつけてくるケースも考えられます。 あなたとしては、激怒したくなるレベルのストレスでしょう。 しかし、反応すれば相手の思うツボ。 皮肉が好きな人は自分の皮肉を適当に受け流す相手に対して、「気取りやがって。 化けの皮をはがしてやる」と思い、あえて怒らせようと仕掛けてきます。 あなたが同じように皮肉で言い返してくるのを待っているのです。 このような粘着質な皮肉屋へは、根気で対処するしかありません。 何を言われても同じレベルに自分を落とさず、相手が諦めるまで毅然とした態度を貫きましょう。

次の

華やぐ 類義語

ワクワク 類義語

回りと周りと廻りの違い 回りと周りと周りの違いを分かりやすく言うと、 回りとは回転運動のことを意味していて、周りとは物を取り巻く環境を意味していて、廻りとは定められたルートを巡り続けることを意味しているという違いです。 回りと周りは常用漢字ですが、廻りは常用漢字ではありません。 廻りは現代ではまず使われることのない言葉で、仏教の「輪廻転生」(読み方:りんね)や江戸時代の歴史用語「西廻り航路」(読み方:にしまわりこうろ)などに用いられるくらいです。 一つ目の「回り」は「回転運動」を意味しています。 その場でじっと回り続けることも、弧を描くように回転することも指し示すことが出来ます。 また「回り」は比喩的に「物の働きぐあい」を表現する言葉として用いられます。 例えば「頭の回転が速い」は物事を考えるのが速いことを意味します。 また「金の回りが良い」はお金を持っていて羽振りがいいという意味です。 また「買った服が体より一回り大きかった」や「もう一回り成長したい」のように、物の大きさや規模を漠然と比較する時に用いられます。 二つ目の「周り」は「周囲の物事」を意味しています。 この言葉は運動ではなく状況を指し示しています。 例えば「会社の周りの飲食店」というような空間的な意味で使われることもあれば、「彼の周りの人間関係」のように抽象的な意味で使われることもあります。 三つ目の「廻り」は回ると同じく回転運動を意味していますが、同じところで回り続けるというよりは「同じルートを回る」という意味合いの強い言葉です。 例えば仏教の「輪廻」はごく簡単にいうと、人間は死後、死後の世界で生まれ変わり、そこで死ぬとまた・・・というように無限に死と再生を繰り返す、という内容の仏教思想です。 また江戸時代の「西廻り航路」は日本海側の現在の山形県酒田市を出発して、下関を経由して大阪に渡し、さらにそこから江戸に向かうという、本州をほぼぐるりと一周する海路のことです。 定められたルートやレールがあり、それをぐるぐる回るのが「廻り」という言葉が指し示す状況です。 ルートであっても直線的なルートの場合には、廻りとは言われません。 ただし廻りは常用漢字ではないので、「ぐるぐる回る」ことは「回り」で表現されるのが普通です。 回りの意味 回りとは、 回転すること、サイズを比較する漠然とした尺度を意味しています。 「回り」は「回転運動」です。 その場でじっと回転をすることを表現することもあれば、大きく円を描くように回ることを表現することもあります。 例えば「見回り」は町をパトロールするために、回るように歩くことです。 また「回り」は比喩的に「物事の働きぐあい」を意味します。 「舌の回りが悪い」と言えば、滑舌が悪かったり、舌足らずだったりすることが指し示されています。 こうした回転の意味とは違う「回り」が、例えば「一回り上の年齢」や「二回りは大きい手のサイズ」のように使われる、「比較の尺度」としての用法です。 尺度といっても、メートルやヤードのような厳密なものではなく、漠然としたものです。 「一回り」は「少し」、「二回り」は「それなり」、「三回り」は「相当」ぐらいの意味合いで使われます。 また「回りくどい」という言葉もあります。 話が直接的でなくまどろっこしいことを意味する言葉ですが、ここでは遠回りをすることを意味する「迂回」(読み方:うかい)や「迂遠」(読み方:うえん)のような意味で「回り」という言葉が使われています。 回りの類語・類義語としては、ボールなどが回りながら進むことや、つまづいて倒れることを意味する「転がる」、回ったり転がったりする様子を表現する「ごろごろ」「くるくる」などがあります。 回りの対義語・反対語としては、その場に止まって動かないことを意味する「静止」「停止」などがあります。 回りの回の字を使った別の言葉としては、あることが何回あるかの数を意味する「回数」、一度配ったものを集めて戻すことを意味する「回収」、過去の出来事に思いを致すことを意味する「回顧」などがあります。 周りの意味 周りとは、 ある物を取り巻いている物々や状況を意味しています。 回りは運動を意味していますが、周りは運動ではなく状況を意味しています。 回りには色々な用法がありますが、「周り」は「ある物を取り巻いているその他の様々なもの、状況や環境」という一つの意味が定まっています。 例えば「駅の周り」は駅を取り囲んでいる近い範囲を指し示しています。 また「彼女の周りの人間関係」のように、物理空間を指し示さない「周り」の用法もあります。 ただし周りの「周」という漢字は「大きく円を描いて回る」という意味を持つときがあります。 例えば「校庭を外周」と言えば、校庭の縁の部分を走ってランニングをするという意味です。 ある一定の時間ごとに同じことが繰り返される際に、その時間のことを「周期」と表現します。 これは回りや廻りに近い意味の周の用法です。 周りの類語・類義語としては、大まかな範囲を意味する「辺り」、ある場所から近い範囲を意味する「近辺」、ある物を取り巻いている物事や環境のことを意味する「周囲」などがあります。 廻りの意味 廻りとは、 同じルートを回ることを意味しています。 廻りは常用漢字ではないので、現代ではほぼ間違いなく「回り」の字で代用されます。 ですが古い時代の言葉、例えば仏教の「輪廻」や江戸時代に作られた海路の「西廻り航路」「東廻り航路」などを表記する際には、現代であっても「回」の字を使って代用されません。 回りには位置を変えずにその場で回転するという意味もありますが、「廻り」にはそのような意味合いはなく、「定められたルートを回る」という意味で使われます。 例えば仏教の「輪廻」は、死と再生という定められたルートを無限に繰り返すことですし、「西廻り航路」と「東廻り航路」は、日本の本州をぐるりと回るような海路のことです。 なお、「廻り」という字は「めぐり」と読むこともあり、その場合には順々に回ることを意味する「巡り」に意味が近くなりますが、こちらの読み方でも廻は常用外の漢字なので、ほとんど使われることはありません。 回りの例文.

次の

「うれしい」の意味を持つ英単語の使い分け

ワクワク 類義語

ときめきは、期待や喜びで胸躍る状態のこと。 「ときめく」の。 以下はこれに由来する。 ときめき 地域・鉄道• 新潟県西蒲原郡(現・)が黒埼北部土地区画整理事業によって造成した宅地「ときめきタウン黒埼」の町域、ときめき東・ときめき西を指す地名。 - かつて上記区画内に存在したの駅。 - の並行在来線の一部を承継・運営する新潟県の企業。 - の市制50周年イベント。 フィクション• ときめき 映画 - 1973年に松竹系で公開された日本映画。 - 1982年に出版されたの小説、およびそれを原作とした1984年の日本映画。 - 『』を第1作とする、(現在の発売は)のゲーム作品の総称。 なお一般的な通称は『ときメモ』であるが、コナミ側の公式通称は『ときめき』となっている。 ただし、コナミデジタルエンタテインメントに発売移行する前後からは『ときメモ』の使用頻度が高くなっている。 ヒロイン・役のによる上記作品の主題歌。 詳細は1995年に発売されたロングバージョンである「」を参照。 - 1996年に発売された金月真美のファーストアルバム。 ときめき 漫画 - の原作漫画。 - の原作漫画。 テレビドラマ• ときめき テレビドラマ - 1986年に『』枠で放送された。 - 1988年に系にて放送されたテレビドラマ。 その他• - に発売されたのシングル。 - に発売されたのシングル。 ときめき 音無響子の曲 - に『』のヒロイン・音無響子名義で発売されたのシングル「」のカップリング曲。 前半にが生産・発売していた、家具調・の商品名。 トキメキ• - 1978年に発売されたのアルバム。 このページは 曖昧さ回避のためのページです。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。 ト・キ・メ・キ この項目では、矢野顕子のアルバムについて説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 『 ト・キ・メ・キ』 の リリース 時間 35分49秒 年表 () ト・キ・メ・キ () 『 ト・キ・メ・キ』は、の3枚目の、通算4枚目のアルバム。 発売元は。 CDは1988年にから、および2011年にから発売。 概要 矢野顕子の初のセルフ・プロデュース作品。 ニューヨークで録音が行われ、(ベース)をはじめとして現地のミュージシャンがバックを務めている。 『』に続き、シンセサイザープログラマにが参加し、発表当時としてはエレクトロニック色の濃い作品であった。 1978年には松武の参加によりのアルバム『』 10月25日発売 、 YMO のアルバム『』 11月25日発売 が発売されており、松武から見ればほぼ同時並行的に制作されていたことになるが、この時点では矢野と坂本やYMOとの、クレジットに名が残る形での接点はなく、『いろはにこんぺいとう』に続き、矢野は独自に電子楽器の応用を目指していたということができる。 もっとも、その後行われた「ト・キ・メ・キ ツアー」(その模様は『』に収録されている)にはYMOメンバーの参加があり、その後YMOとの協働関係が急速に展開することになる。 収録曲• こどもたち 作詞:矢野顕子・PAMELA HAYWARD 作曲:矢野顕子• カタルン カララン 作詞:菊池まみ・矢野風太・矢野顕子 作曲:矢野顕子• に提供された「カララン カラタケ 知っている」 『』収録 を改作したもの。 ウオーサオー 作詞・作曲:矢野顕子• TWO ON THE STAGE 作詞・作曲:矢野顕子• 大きな石 作詞・作曲:矢野顕子• アンダンテ・カンタービレ 作詞: 作曲:ロシア民謡• やめるわけにゃいかないわ 作詞:矢野顕子 作曲:• NHKの番組「」のテーマ曲に歌詞をつけたもの。 ヨ・ロ・コ・ビ 作詞: 作曲:• ベートーヴェンの、第4楽章をもとにしている。 ト・キ・メ・キ 作詞・作曲:矢野顕子 外部リンク• いろはにこんぺいとう - 2. 行け柳田 - 3. ごはんができたよ - 4. - 5. ただいま - 6. あしたこそ、あなた - 7. ごめんなさい Oh Yeah - 8. - 9. ラーメンたべたい - 10. 愛がたりない - 11. 花のように - 12. David - 13. BAKABON - 14. SUPER FOLK SONG - 15. CHILDREN IN THE SUMMER - 16. - 17. 夢のヒヨコ - 18. 想い出の散歩道 - 19. クリームシチュー - 21. Home Sweet Home - 22. - 23. GIRLFRIENDS FOREVER - 24. - 25. Dreaming Girl - 26. あたしンち - 27. - 28.

次の