大鑑巨砲主義。 大艦巨砲主義

大艦巨砲主義(たいかんきょほうしゅぎ)とは

大鑑巨砲主義

だってヤマトばかりだとすぐにネタ切れしかねないし、史実の中でもそれってどうなのよって話もなくはない。 それにこのブログはかなりの頻度で史実にあった、ヤマトの描写と類似する事例を孫引きしているわけです。 ここにも考察を加えないと、片手落ちになって話が完成しませんから。 とは、大きな艦体に大きな砲を載せるという極めて単純な火力至上な思考の元に進められた設計傾向である。 ざっくりまとめると、「あの艦級を潰すため」であるとか、「あの海軍に負けないように」というような理由で各国海軍は出来るだけ大型の艦砲を載せようとした。 つまり、 大型火砲の安定的な射撃プラットホームを求めた結果、艦体も大型化していったという事である。 ハッシュ・ハッシュ・クルーザーは 侵攻のために巨砲で上陸部隊を支援し、自身は敵に遭遇したら適当に巨砲をぶっ放してさっさと逃げるというコンセプトの。 とにかく巨砲を乗っけて高速を出すことが至上命題であり、艦体スペックは そのためだけの設計。 だからスゴイ箱に大きな砲を載せた、などという事はない。 だから結局使い物にならず、空母に改装される羽目になったのだ。 一方大和は他戦艦と共に戦列を成し、敵戦闘艦隊と正面切って戦うための戦闘艦である。 アウトレンジ戦法の為に巨砲を載せて、自らを安全圏に置いて戦う事が優先的課題。 また、装甲が紙てあってはお話にならない。 旧世代より船足が遅いのはお話にならないが、だからと言って空母やレベルの高速は特に必要ではない。 といったような要求の中で、艦体や艦橋までも無理なく切り詰めた結果があの艦影である。 より大型の戦艦の建造を予定しているため、大和はその第一世代というかプロトタイプという側面のある。 というとの権化の様になるのだが、忘れないでほしいのは、 大和は艦体も艦橋も出来るだけ小型になる様に設計された事。 つまり、大型化とは反対の傾向で設計された艦。 ハッシュ・ハッシュ・クルーザーと底流で、必要最低限な艦体で出来るだけ巨大な艦砲を載せようという点が共通しているのだ。 だって当時の日本じゃ、あんまり大きな艦だと整備できないもの。 まして前線で整備が出来るはずがない。 建造にも修繕にも回収にも資材を大量に投じなければならないし。 大きい事は必ずしもいい事ではない。 大和は巨砲主義ではあるが、出来るだけ小型の艦体にこだわったという点において大艦からは外れるのである。 も「を通行できるように」という至上命題があったため、意外と似たようなものである。 では、 真のとは何か。 の Z計画、H級戦艦であろう。 とにかく巨大な砲を、と実に頭の悪い方針を示したのおかげで設計されたあまりにアレで突っ込み様の無い戦艦だ。 H45に至っては一体何と戦うつもりなのか(何で魚雷発射管を装備しているんでしょうね)意味不明。 振り返って戦艦とは何か。 これは意外に難しい。 厳密には戦艦では無い装甲艦も、一種戦艦のようなイメージを仮託される。 主力艦という意味であれば、古来より一度も一定したことがない。 快速の単層ガレーであるとか、突破力の三段櫂船。 火砲の登場に伴いアス、ガレアス、。 の発達により装甲艦が現れ、いわゆる戦艦が登場。 次いで空母が現れ、が現れ、が現れ結局国の規模や戦略によって主力艦として目される艦種はまちまちである。 戦艦を大火力を有する戦闘艦として定義づけするのであれば、それこそハッシュ・ハッシュ・クルーザーや初代カイオ・ドゥイリオ級などは級以降のいわゆる戦艦からすれば総合力は恐ろしいほどに見劣りをする。 が、口径だけ言えば圧倒している。 後者は装甲だって(質の違いがあれど)そう見劣りするものではない。 定義によっては、後者は第一級の戦艦という評価に丸め込むこともできる。 前と以降の戦艦もまた、性質が違う。 前者は発展途上であるものの、砲戦相手や距離は大して想定に違いはないものの、各国の事情により様々な海域を想定した艦形の違いによってそれぞれの性格を異にする。 しかも、各国の事情に寄らず流行というものがあったりするから難しい。 もし定義として「中程度の速力と装甲を有し多数の火砲を以て戦列を組み、敵と対峙する」とした場合、多くの単に巨砲を積んだだけのモニター艦や特殊な戦闘艦を除外できる。 当然、や一部機能をリダクションした条約型戦艦なんかも除外できよう。 さて……そう考えると、戦艦は実はである必要が有るとは思えなくなる。 つーか、直接敵艦と砲火を交える事を目的とするならば、別に巨砲である必要はない。 敵の砲火に耐えつつ、想定した砲戦距離において想定以上の速射性を見せる事こそが必要とされる。 もっと言えば、は先ほど名前を出した条約型戦艦(新戦艦)の登場により、いったん区切りがついている。 区切りを付けなかったのは日本とカであり、しかも双方ともに艦体の大きさというものにはかなり気を配っている。 とは結局なんであったのか。 に起点を見出せるだろう。 以降、装甲艦が艦砲によって撃沈せしめることが可能であることが判明した。 反対に言えば、装甲が艦砲に耐えられない可能性が高いという事である。 これらはおのずと、艦砲の巨大化に向かう要因となった。 大口径火砲は当然、遠くまで届く、近い距離でもその運動エネルギーや重量によって貫通が見込める。 巨大火砲を積み込むには、安定のために当然艦体が大きくなければならない。 一隻で大戦力になるが、一隻が沈めばそれだけで大損失になる為、装甲は許される限り張り付けたい。 そうなると、余計大型化する。 艦砲を巨大化しても、相手も巨大化してはアドバンテージを失ってしまい無意味になる。 自国の戦艦の主砲が相手の戦艦の主砲より小さいとなれば、むしろマイナスである。 相手が大型化するならば自国の戦艦も大型化せねばならない。 というようなスパイラルによっては助長され、確立されていったのである。 残念ながら、この設計思想にはあまり頭を使った運用の前提がなされていない。 相手と同等以上の火力が必要というのは当然であるが、配置であるとか速力であるとか装甲帯の配置であるとか、戦術であるとか色々考えるべきことはたくさんあったのだが……忘れられていたに近い。 バランスをとるという意味では、砲を小さくして余裕を持たせるという案が提示された艦級はいくつもある。 しかし、隣国の新造戦艦に引きずられる形で砲が決定されていった。 この呼び方であれば大和もももあらかた大艦巨砲なイメージの戦艦を内包可能である。 通常には入らない古い方のカイオ・ドゥイリオもこのカテゴライズに入るだろう。 否定的なニュアンスで語れば、技術のあだ花、直情的方針としてのイメージも同時に論に持たせられる。 肯定的なニュアンスであれば非的側面を強調すればそれで先進性や同時代の様相を語れる。 結局のところ、条約という枷の抜け穴であるカレーター条項を組み込んだ新戦艦こそ、本来その国の海軍が求めていた戦艦ではないだろうか。 つまるところ、 厳密な意味でのは技術の進歩によるあだ花、偏った方針によるバグという奴ではないのだろうか。 dart925.

次の

ノート:大艦巨砲主義

大鑑巨砲主義

その節目とあってか、いくつかのメディアで大和を題材にした記事を見かけましたが、その一つにこんなのがありました。 世界最大の46センチ主砲が敵戦艦に火を噴くことはなく、この最後の艦隊出撃で、撃墜したとされる敵機はわずか3機だった。 出典: 毎日新聞の記事では、宗教家の言葉を引く形で「大艦巨砲主義の誇大妄想」とそれが生んだ「浮沈戦艦への信仰」と、批判的・否定的なトーンで伝えています。 NHKでも過去に歴史ドキュメンタリー番組「その時歴史が動いた」で『戦艦大和沈没 大艦巨砲主義の悲劇』を放映していましたし、ざっと例を挙げられるだけでも、戦艦大和を大艦巨砲主義の象徴として批判的に扱うメディアは多いようです。 このように、「第二次大戦では強力な戦艦を主力とする大艦巨砲主義を空母機動部隊を中心とする航空主兵思想が真珠湾攻撃、マレー沖海戦で打ち破ったが、初戦の勝利に囚われた日本は大艦巨砲主義に固執し、逆に初戦の失敗から学んだアメリカは航空戦力で盛り返した」のような説明をする本や人はよく見られますね。 真珠湾攻撃で日本海軍機の攻撃を受ける米戦艦() ところで、この大艦巨砲主義という言葉。 大雑把に言えば、敵を撃破するために大きな戦艦に巨砲を積むという思想ですが、現在でも時代遅れの考えを批判する際に使われています。 近年、メディアでどういう風に使われたのか、ちょっと見てみましょう。 「安倍政権の原発政策は、時代遅れの大艦巨砲主義」(マスコミ市民,2013年8月)• 「生産部門におもねる豊田家--復活する「大艦巨砲主義」 」(選択,2011年4月)• 「時代錯誤の「大艦巨砲主義」か「日の丸」製造業の大再編」 月刊ベルダ,1999年10月) 製造業に関わる批判例が多いですね。 重厚長大な製造業イメージが、大きいフネに巨砲を載せる大艦巨砲主義と重ねて見えるので、このような批判的意味合いを持った比喩表現として使われているのだと思います。 いずれにしても、現代において「大艦巨砲主義」とは、敗北のイメージを持った、ネガティブな言葉と言えるでしょう。 大艦巨砲主義ニッポン。 戦艦何隻建造した? では、第二次大戦中の日本はどのくらい大艦巨砲主義に毒されていたのでしょうか? 第一次大戦後、列強各国は重い財政負担となっていた建艦競争を抑えるため、海軍軍縮条約を結び各国の戦艦建造・保有に制限をかけ、軍拡競争に歯止めをかけました。 この軍縮条約以前の時代こそ、大艦巨砲主義と言える思想が世界に蔓延っていたと言っても良いかもしれません。 この海軍軍縮条約は1936年末に失効を迎えたため、以降は自国の好きなだけ戦艦を建造出来ます。 大艦巨砲主義の日本は、きっとどこよりも大量に建造している事でしょう。 軍縮条約失効以降に建造された戦艦を、日米英の3カ国で比較しました。 海軍軍縮条約失効以降の日米英戦艦建造一覧 ……あれ? 建造数・進水数共に日本がブッちぎりで少ないですね。 アメリカは12隻起工して10隻進水、イギリスは6隻起工して全て進水させているのに対し、日本は大和型を4隻起工して大和と武蔵の2隻進水、信濃1隻は空母に転用、もう1隻は建造中止で解体されています。 戦艦として進水した数で見ると、日米英で2:10:6です。 アメリカの5分の1、イギリスの3分の1の数です。 さらに言えばイタリアが建造した戦艦(3隻)より日本の建造数は少なく、列強国の中で最低の数です。 こうして各国の戦艦建造実績を比較すると、日本が戦艦に偏重していた訳ではない事が分かります。 もっとも、これは多国間の比較であり、工業力の差が現れただけ、という見方もあるかもしれません。 しかしながら、開戦に先立つ1941年11月には大和型戦艦3番艦、4番艦の建造は中止され、後に3番艦は空母に変更されている事からも、開戦準備の段階で戦艦以外の艦艇が優先されているのが分かります。 よく見られる言説に「真珠湾攻撃やマレー沖海戦で航空機が戦艦を撃沈し、大艦巨砲主義の時代が終わった」というものがありますが、それらの戦闘が行われる1ヶ月前に日本はこれ以上戦艦を建造しない方針が取られているのです。 太平洋戦争開戦時、日本は戦艦を10隻保有していましたが(大和型2隻は戦中に就役)、いずれも軍縮条約以前に建造された戦艦で、最も新しい戦艦陸奥でも就役から20年が経過していました。 中でも低速で威力の劣る35. 6センチ(14インチ)砲搭載の扶桑型・伊勢型の4隻は、戦艦戦力として期待されておらず、伊勢型2隻は航空機を搭載する航空戦艦に改装され、扶桑型2隻は航空戦艦あるいは空母への改装が計画されるほどでした。 航空戦艦改装後の伊勢。 後部の主砲が撤去されてる() このように戦力価値の低い戦艦は航空戦艦・空母に転用が計画されていた訳ですが、このような方針を大艦巨砲主義を掲げる組織が行うでしょうか? 空母4隻を失ったミッドウェー海戦後も空母や補助艦艇の建造はされますが、戦艦建造は一顧だにされません。 対して、イギリスは戦争が終わっても戦艦を作り続けましたし、アメリカに至っては1991年の湾岸戦争でも戦艦を出撃させてますが、別に大艦巨砲主義と呼ばれる事はありません。 何かヘンですよね? 湾岸戦争でイラク軍を砲撃する戦艦ミズーリ().

次の

「大艦巨砲主義」ということば

大鑑巨砲主義

海戦はによって決せられるとし,,破壊力ともに大きい巨砲を積んだ高速で防御力の強い巨艦が勝利をもたらすという戦略。 近代的なのとともに起り,太平洋戦争中の,マレー沖などの戦いで航空母艦中心主義が正しかったことが立証されるまで旧日本をはじめ世界の海軍でこの思想が続いた。 大艦巨砲主義に基づいて主要国間でのが起り,アメリカ,イギリスは第2次世界大戦終了まで多数の戦艦をした。 日本は『』『』『』『』をはじめとする戦艦を建造したが,大戦中に建造を中止した。 大戦後,戦艦はほとんど姿を消した。 アメリカは 1980年代に戦艦を復帰させたが,92年3月末日までにそのすべてが退役した。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 …こうした快速の装甲軍艦の威力は,リッサ海戦 1866 ,黄海海戦 1894 を経て, 1905 で決定的に証明された。 日本海海戦でロシアのバルチック艦隊38隻中19隻を撃沈し5隻を捕獲した日本海軍の圧勝から,各国海軍はいよいよ大艦巨砲主義に傾斜,とくに,イギリスのドレッドノートの進水 1906 は砲数,口径,スピードで建艦上の革命をもたらした。 なかでも戦艦は帝国主義時代における国家の威信と力の象徴となり,一国の工業力と技術水準を反映して巨費を投じての激烈な建艦競争が展開された。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の