ホロライブ にじさんじ 比較。 石油王はいいやつなんですよ

石油王はいいやつなんですよ

ホロライブ にじさんじ 比較

まるで恐慌後の国際情勢 1920年代の終わり。 「狂騒の20年代」と呼ばれる空前の好景気が株価の大暴落により終焉を迎え、後に世界恐慌と呼ばれることになる大不況に資本主義各国が見舞われることになる。 これらはNHKスペシャル「映像の世紀」などのグレートファミリーや狂騒の20年代を取り上げた内容によく登場する場面だが、皮肉にも昨今のVTuber業界もこれと似たような空気に包まれているように思える。 成長が急なだけ、奈落も底なしだった。 新・映像の世紀より 昨年2018年 平成30年 の年の瀬、キズナアイや. LIVE アイドル部が今のような事態に陥ると予想出来た人はどれほどいただろうか。 今年の夏にはまだ「ゲーム部プロジェクトと運営元Unlimitedの顛末」を余所事であると考えていた方も少なくなかったのではないだろうか。 特に度々不安要素が見え隠れしつつも殆ど問題とはならず、それに甘んじて様々な小さな問題を事実上放置状態として重ねてきた結果、とうとう首が回らなくなり破綻した. LIVE アイドル部と運営元アップランド。 ついこの夏までは真っ当であるという下馬評が優勢であったが、今や見る影もないのは既報の通りである。 Buy Now, Pay Later 今すぐ買おう!お支払いはあとで 新・映像の世紀より 恐慌前夜の景気絶頂期にあった米国の街角に踊った言葉。 好景気は続く。 手持ちの金が無ければ借金をすればよい。 後先のことは深く考えず、今すぐ買おう。 バスに乗り遅れるな。 その結果、地獄が待ち受けていた。 「面倒事は後で」の結果が、今のキズナアイや. LIVE アイドル部へと繋がっていったのではないだろうか。 隣の芝は青いが、いつまでも青いとは限らない 一方で当時羨望の眼差しを向けられることになった社会主義のソ連。 実際には恐怖政治や粛清といった暗部が包み隠されており、後に表面化していったのは多くの人々の知るところである。 キズナアイや. LIVE アイドル部と対比し、一見順調に成長を続けているように見える「ホロライブプロダクション」や「にじさんじ」。 だが過度にポジティブに評するのみでは見誤るおそれがあるだろう。 これもまた、不安要素が見えにくくなっているだけなのかもしれない。 何より ついこの夏まではそこに「. LIVE アイドル部」、昨年までは「キズナアイとActiv8」の名があったことを忘れてはならないだろう。 隣の芝は青いが、いつまでも青いとは限らない。 青く見えているだけか、もしくは青く見せているだけかもしれない…何があるか分からない。 好意的に見つつも一歩引いた目を備えておきたい。 ただ願わくばもうこれ以上、芝が枯れるのは見たくないものだ。 文・アポロ船長• 関連する記事• 2020. 14 初音ミクのコンサートツアー「MIKU EXPO」のロンドン公演「MIKU EXPO 2020 LONDON」が1月11日 現地時間 に開催され、6[…]• 2020. 24 Activ8は4月24日、バーチャルYouTuber VTuber キズナアイに関する事業を「キズナアイ Kizuna AI 株式会社」として[…]• 2020. 30 バーチャルYouTuber VTuber /バーチャルライバーグループ「にじさんじ」所属の夢追翔の演者/ボイスモデルが過去に出会い系サイトのサクラ行[…]• 2019. 28 バーチャルYouTuber VTuber の「おめがシスターズ おめシス 」は2月28日19時公開の動画にて、初となるオリジナル楽曲の制作および、[…]• 2020. 23 バーチャルYouTuber VTuber 事務所「. LIVE」および内部プロジェクト「アイドル部」を運営するアップランドが、主に中国の動画プラット[…] コメント (4件)•

次の

【悲報】にじさんじの親玉・月ノ美兎、ホロライブの親玉・白上フブキに登録者で猛追され陥落目前

ホロライブ にじさんじ 比較

最近ARK配信が熱いですよね 挨拶 ちょっと仕事がクソすぎて、いろいろとやられてしまっているので、リハビリがてら家にいる時ひたすら見てる関連で最近面白いと思ってることを書いてみたいと思います。 前回秋口に舞スバの記事を書いた頃から比べると、ホロライブがを凌ぐ勢いで凄く伸びたなあと。 原動力となったのは、ライブと3D公開ラッシュ、・3期生・4期生の個性の爆発、そして何よりあさココという発明を持ち込んだ桐生ココ会長。 そして、そのココ会長が持ち込んだARKがマに次ぐ大型箱向けコンテンツとして爆発してるというのがあるかと思います。 そんなARKとVの相性の良さは、もう一つの大型箱であるでも先月に鯖が立ち上がり、ここ最近盛り上がってることからも伝わってくると思います。 特に少し遅れて参戦した加賀美ハヤト社長を中心とするアルファ ASK の打ち出す戦争 路線は、先駆者であるホロライブのARKとは違う雰囲気に繋がっていて、見ていて非常にワクワクします。 今どんな状況かについては、この記事で長々と語るよりも、戦国ARKまとめやの動画辺りを見てもらったほうがいいと思うのですが、小学生男子的な野蛮さのロマンというか。 毎日状況が変化する展開の速さにくわえて、他団体的な少しハイコンテクストなプロレス(小学校の学級会とも言う)なので、視聴者も自然とエキサイトして少し焦げ臭くもあるのですが、マ的なまったりした恐竜のテイムや建築に加えて(今個人的に、で一番推しているりつきんなんかはこっち)、兵器としての恐竜の開発や領地を巡るいざこざという争いの側面も持っているというのがちょっと新しくていいんです。 特に、パスお(ゆめお)、やっぱりお前がNo. ホロライブがと比べると比較的少数で、所属するライバー全員がまとまった形で物語を紡ぐことでここ半年大きく伸びたのに対して(あさココはそうしたホロライブの規模がハマった面もあると思う)、はその規模を再現なく拡大することで、多様性を高める路線を続けてきました。 2019年後半デビュー組、特にチューリップ組以降の活動を見ていると、多様性を高めつつどのように新人が目立ってのし上がっていくのかという戦いがあったように思います。 内部統合が終わった直後の2019年前半デビュー組については、1人1人の個性の強さが非常に重要になったに思いますが(例えば郡道先生とか、ギバラとか、るるちゃんとか)、2019年後半デビュー組は全て3人一組であり、前半組よりも横軸としてプチユニット感を出しつつ、縦軸として同期を超えたコラボを展開していくという傾向が強い気がします。 ただ、全体として見たときに、人数が増えすぎた事で、視聴者は全てを追いかけるのが(物理的に)難しくなり、ライバー間での繋がりもどうしても固定化しやすくなってしまいます。 やマリカの杯のようなデビューしたばかりの新人も比較的参加しやすい大型企画もありましたし、緑仙なんかは比較的面白いと思った新人を巻き込んだ企画をいくつかやっていましたが、そこから大きく展開するのはなかなか難しかった感じがしました。 そんな中、先日開催されたスプラの杯は一つの転機になるイベントだったと思います。 年明けくらいから内で異様にスプラが流行ってて何かあるのかなと思ってたら、案の定大会が発表されて、1週間で本番というスピード感で進んだイベントでした。 そして、このスピード感が凄く良くて、 ・初心者から熟練者まで全然レベルが違うプレーヤーを組み合わせてチームを組んだ結果、先輩後輩が入り乱れてこれまでにない組み合わせのチームばかりだったこと ・4人チームのゲームでチームワークが重要であるだけでなく、アメフト的に初心者も与えられたロールでしっかり役割を果たせるゲームであること ・準備期間が1週間だったことで逆に練習試合が大量に発生して試合前から伏線となるストーリーが展開したのに対して、本番では約半分のチームが一試合5分で終わる刹那性もあったことで非常に濃密なやりとりがチーム内・チーム間で発生したこと といった感じで、非常に高速かつ圧縮されたリアルタイムな物語が至る所に発生していました。 必ずしも見やすいゲームではなかったですし、大会運営も比較的不慣れなメンバーが担ったこともあって、やマリカほど同接は伸びませんでしたが、極限まで多様性のある100人近くのライバーを抱える現在のに非常にフィットしたイベントでした。 本当に熱かったんですよ。 そんなスプラ大会と並行して、多くのライバーが同時にプレーしていたのがARKで、社長なんかはスプラ以上にARKでガチを楽しんでたわけですが、そのガチの相手が今回取り上げるド新人のイブラヒムです。 イブラヒムは「元石油王(現温泉王)」という、なかなか濃い 色物キャラでデビューした男性ライバーですが、を思わせる言葉使いでリスナーとコミュニケーションを取りつつ、視聴者・ライバー参加型ゲームをやったり(マリカなど)、ライバーキャラメイクした三国無双プレーをしたりと、ちょっとポンな所も含めて憎めない系のライバーです。 2019年後半デビュー組だとホスト系ライバーふわっちこと不破湊くんが一番近い感じかなと思いますが、系(狂人系)と系(ナード系)でいいバランスだなと。 そんなイブラヒムも社長たちASK(社長、ゆめお、社、チャ)と大体同じくらいにARKを始めて、同期メイフ3人(フレン、メリッサ)でトライブ(コーヴァス帝国)を組んでほのぼのプレーしていました。 ただ、戦争(ロール)プレーを指向するASKの隣に拠点を作って水源確保の障害になってしまったばっかりに、(な)先輩達に目を付けられいきなり難しい立場におかれてしまいました。 ここ最近のARKは、この戦争狂トライブASKとイブラヒムたちコーヴァス帝国の領土問題(水源問題)と、四皇こと大手トライブの間のパワーバランス問題が絡み合うことで焦げ臭くなってきて、注目度が高まっていました。 そんな中で先週末(3月6日)、のトレンドにも入った四皇会議(四皇によるルール決め)が開催され、その裏でASKが四皇最大勢力の夜見トライブ(後にヨルミナティと)Top2のン誘拐事件を起こすなど一気に開戦が現実味を帯びてきたのですが、そこで巻き込まれてしまったのがイブラヒムです。 本日行われた夜見陣営とアルファによる会談をまとめました! それを受けて、相関図にも変動がありましたので合わせて載せておきます。 あとで勢力概要と分析の更新版も載せます! 興味がある方は見ていただければと思います。 そして迎えたASKとコーヴァス帝国(参加者はイブラヒムのみ)の「交渉」の夜。 ASKはイブラヒムとの交渉の前にヨルミナティと会談に望むも、全てのライバーを自らのトライブに回収して一つにすると宣言する四皇「夜見=ビックマム=れな」との間で開戦(戦争自体は翌週)することになり、またその後に呼び出された別の四皇「渋谷==」との間に武器ビジネス契約を提携するなど、サーバー大戦に向けた流れを着々と作っていっていました。 この直前の流れをみていると、弱小かつ後輩、そして4対1という圧倒的不利(しかもいつ暴走するか分からないパスおとチャイちゃんを含む)な状況で交渉に臨むイブラヒムは蹂躙されてしまうんだろうな... と誰もが思うわけです。 実際に交渉自体では引けを取らずに自分たちの主張をしっかりとしたイブラヒムも、最終的には社長とのタイマンバトルに敗北してしまいます。 そして勝利したASKの社長はイブラヒムに対して同盟の再締結を要求、共に世界に覇を唱えようと呼びかけます。 それに対してイブラヒムは最初の同盟の時にそのビジョンに共感したんだと思い出し、要求を呑むのですが、その際に出た 「みんなと一緒に遊びたい」という一言。 ほぼワンオペでコーヴァス帝国のみんなと楽しく過ごすための建築をずっとしていたことと併せて、視聴者もパスおも、みんな一気にイブラヒムへの好感度はうなぎ登り。 ASKの配信が終わった後にイブラヒム枠に流れ込む視聴者とスパチャの嵐。 あまりにも激しすぎた最近のARKの中の一服の清涼剤イブラヒムの物語にみんな飲み込まれたのでした。 (1時間10分あたりから) デビューから約一ヶ月強しかたってない状況でこの圧倒的な物語の中で輝いたイブラヒム。 規模が拡大し、多様性が極限まで高まる中でどうしても島化せざるを得ない状況において、このアドリブ的に高速かつ圧縮されたリアルタイムの物語の主人公の1人となった新人ライバーイブラヒムの姿は、今のの面白さを象徴しているといえるのではないでしょうか。

次の

キズナアイ・.LIVE アイドル部の失墜 ホロライブ・にじさんじとの対比 歴史は繰り返すのか

ホロライブ にじさんじ 比較

まるで恐慌後の国際情勢 1920年代の終わり。 「狂騒の20年代」と呼ばれる空前の好景気が株価の大暴落により終焉を迎え、後に世界恐慌と呼ばれることになる大不況に資本主義各国が見舞われることになる。 これらはNHKスペシャル「映像の世紀」などのグレートファミリーや狂騒の20年代を取り上げた内容によく登場する場面だが、皮肉にも昨今のVTuber業界もこれと似たような空気に包まれているように思える。 成長が急なだけ、奈落も底なしだった。 新・映像の世紀より 昨年2018年 平成30年 の年の瀬、キズナアイや. LIVE アイドル部が今のような事態に陥ると予想出来た人はどれほどいただろうか。 今年の夏にはまだ「ゲーム部プロジェクトと運営元Unlimitedの顛末」を余所事であると考えていた方も少なくなかったのではないだろうか。 特に度々不安要素が見え隠れしつつも殆ど問題とはならず、それに甘んじて様々な小さな問題を事実上放置状態として重ねてきた結果、とうとう首が回らなくなり破綻した. LIVE アイドル部と運営元アップランド。 ついこの夏までは真っ当であるという下馬評が優勢であったが、今や見る影もないのは既報の通りである。 Buy Now, Pay Later 今すぐ買おう!お支払いはあとで 新・映像の世紀より 恐慌前夜の景気絶頂期にあった米国の街角に踊った言葉。 好景気は続く。 手持ちの金が無ければ借金をすればよい。 後先のことは深く考えず、今すぐ買おう。 バスに乗り遅れるな。 その結果、地獄が待ち受けていた。 「面倒事は後で」の結果が、今のキズナアイや. LIVE アイドル部へと繋がっていったのではないだろうか。 隣の芝は青いが、いつまでも青いとは限らない 一方で当時羨望の眼差しを向けられることになった社会主義のソ連。 実際には恐怖政治や粛清といった暗部が包み隠されており、後に表面化していったのは多くの人々の知るところである。 キズナアイや. LIVE アイドル部と対比し、一見順調に成長を続けているように見える「ホロライブプロダクション」や「にじさんじ」。 だが過度にポジティブに評するのみでは見誤るおそれがあるだろう。 これもまた、不安要素が見えにくくなっているだけなのかもしれない。 何より ついこの夏まではそこに「. LIVE アイドル部」、昨年までは「キズナアイとActiv8」の名があったことを忘れてはならないだろう。 隣の芝は青いが、いつまでも青いとは限らない。 青く見えているだけか、もしくは青く見せているだけかもしれない…何があるか分からない。 好意的に見つつも一歩引いた目を備えておきたい。 ただ願わくばもうこれ以上、芝が枯れるのは見たくないものだ。 文・アポロ船長• 関連する記事• 2020. 14 初音ミクのコンサートツアー「MIKU EXPO」のロンドン公演「MIKU EXPO 2020 LONDON」が1月11日 現地時間 に開催され、6[…]• 2020. 24 Activ8は4月24日、バーチャルYouTuber VTuber キズナアイに関する事業を「キズナアイ Kizuna AI 株式会社」として[…]• 2020. 30 バーチャルYouTuber VTuber /バーチャルライバーグループ「にじさんじ」所属の夢追翔の演者/ボイスモデルが過去に出会い系サイトのサクラ行[…]• 2019. 28 バーチャルYouTuber VTuber の「おめがシスターズ おめシス 」は2月28日19時公開の動画にて、初となるオリジナル楽曲の制作および、[…]• 2020. 23 バーチャルYouTuber VTuber 事務所「. LIVE」および内部プロジェクト「アイドル部」を運営するアップランドが、主に中国の動画プラット[…] コメント (4件)•

次の