メチル エルゴ メトリ ン 副作用。 医療用医薬品 : メチルエルゴメトリンマレイン酸塩

医療用医薬品 : メチルエルゴメトリン

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

メチルエルゴメトリン注0. 2mg「あすか」の主な効果と作用• 子宮の筋肉を収縮させて、出血をおさえる働きがあります。 出産などの後、子宮を元の大きさに戻すのを助け、出血を予防したりおさえたりするお薬です。 メチルエルゴメトリン注0. 2mg「あすか」の用途• の子宮収縮促進• の子宮出血治療• の子宮出血予防• の子宮収縮促進• の子宮出血治療• の子宮出血予防• 人工妊娠中絶の子宮収縮促進• 人工妊娠中絶の子宮出血治療• 人工妊娠中絶の子宮出血予防• 胎盤娩出前後の子宮収縮促進• 胎盤娩出前後の子宮出血治療• 胎盤娩出前後の子宮出血予防• 帝王切開術の子宮収縮促進• 帝王切開術の子宮出血治療• 帝王切開術の子宮出血予防• の子宮収縮促進• の子宮出血治療• の子宮出血予防 メチルエルゴメトリン注0. 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、発疹、動悸、頻脈、徐脈、胸痛、胸部圧迫感、血圧上昇、静脈血栓、末梢循環障害、血管痙攣 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、血圧低下、悪心、嘔吐、チアノーゼ、呼吸困難、心筋梗塞、狭心症、冠動脈攣縮、房室ブロック 上記以外の副作用 痙攣、頭痛、眩暈、眠気、耳鳴、幻覚、興奮、口渇、錯感覚、下痢、腹痛、筋痙攣、疼痛、硬結、胎盤嵌頓、多汗 メチルエルゴメトリン注0. 2mg「あすか」の用法・用量• メチルエルゴメトリンマレイン酸塩として、1回0. 1~0. 2mgを静脈内注射するか、又は0. 2mgを皮下、筋肉内注射する• なお、症状により適宜増減する メチルエルゴメトリン注0. 2mg「あすか」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 重篤な虚血性心疾患• 児頭娩出前• 敗血症• HIVプロテアーゼ阻害剤投与中• エファビレンツ投与中• エルゴタミン投与中• アゾール系抗真菌薬投与中• コビシスタット投与中• レテルモビル投与中• 肝疾患• 高血圧症• 心疾患• 腎疾患• 閉塞性血管障害• 妊娠高血圧症候群 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦 メチルエルゴメトリン注0. グレープフルーツジュース.

次の

【麦角アルカロイド薬】メチルエルゴメトリンとカベルゴリンについて【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

エルゴノビン負荷試験とは、 異型狭心症を診断するために行う検査の事だ。 エルゴノビンという薬剤は 病変部を攣縮(スパズム)させる効果がある。 この効果を利用して 異型狭心症の診断を行うのがエルゴノビン負荷試験だ。 同様の検査にアセチルコリン負荷試験があるが、 アセチルコリン負荷試験との違いは 検査のときにアセチルコリンを使うか、 エルゴノビンを使うかの違いしかない。 一般に、アセチルコリンの方がエルゴノビンと比べ 攣縮効果の持続時間が短いため安全とされているが、 このあたりの考え方は担当医や施設によって異なるから 状況に応じて柔軟に対応しよう! 【心カテ隊のご案内】 カテ室に配属されたばかりの新人スタッフさんへ! 私たちと一緒に心カテを勉強しませんか? 心カテの勉強って一人でやろうとするとすごく大変! そこで当サイトが運営する心カテ隊では、 新人スタッフさん向けの無料学習プログラムを提供しています。 そこでは、入隊者全員に メルマガエクササイズというものを配信。 1回のエクササイズは5分程度で終わるように心がけているので、 空いた隙間時間を有効活用して、コツコツ勉強を進めていきましょう。 さらに、隊員専用ページにて エクササイズシートというものを配布。 これは難しいカテ知識を、わかりやすくクイズ形式で覚えるためのツールです。 目標はエース級のカテ室スタッフ。 具体的には、周囲の状況から次の展開を先読みしコメディカルでありながら手技をリードできるレベルを目指しています。 現在、心カテ隊では 全国3000人以上の新人スタッフさんが勉強しています。

次の

【麦角アルカロイド薬】メチルエルゴメトリンとカベルゴリンについて【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

メチル エルゴ メトリ ン 副作用

副作用 主な副作用は、悪心・嘔吐、腹痛、下痢、胸痛、胸部圧迫感、血圧上昇、血圧低下、頻脈、徐脈、動悸、静脈血栓、末梢循環障害、血管痙攣、頭痛、眠気、めまい、口渇、耳鳴、興奮、幻覚、痙攣、錯感覚、発疹、筋痙攣、胎盤嵌頓、多汗等です。 下記の副作用はめったに起こりませんが、念のためご注意ください。 お薬を使用していて下記のような初期症状が出た場合は、すぐに医療機関に行き飲んでいるお薬を医師に伝えて指示を仰いでください。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人 2. 児頭娩出前[子宮収縮作用により子宮破裂、胎児死亡が起こるおそれがある。 ] 3. 本剤又は麦角アルカロイドに対し過敏症の既往歴のある患者 4. 重篤な虚血性心疾患又はその既往歴のある患者[冠動脈の攣縮により狭心症、心筋梗塞が誘発されることがある。 ] 5. 敗血症の患者[血管収縮に対する感受性が増大する可能性がある。 ] 6. 症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。 高血圧症、妊娠高血圧症候群又は子癇の患者、心疾患又は閉塞性血管障害のある患者[血管収縮作用により、これらの疾患が増悪するおそれがある。 ] 2. 肝疾患、腎疾患のある患者[代謝、排泄能の低下により、本剤の作用が増強することがある。 ] その他 妊娠中・授乳中・子供の使用 妊娠中はできるだけ控えることとなっています。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 授乳中も同様で、止むを得ず使用する場合は、授乳を避けてください。 飲み合わせ・食べ合わせの注意 下記のようなお薬を飲まれている方は使用できません。 HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル(ノービア等)、インジナビル(クリキシバン)、ネルフィナビル(ビラセプト)、サキナビル(インビラーゼ)、アタザナビル(レイアタッツ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ダルナビル(プリジスタ・プリジスタナイーブ)) エファビレンツ(ストックリン): 本剤の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール(イトリゾール等)、ボリコナゾール(ブイフェンド)) テラプレビル(テラビック)、コビシスタット含有製剤(スタリビルド): 本剤の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 下記のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。 ブロモクリプチン: 血圧上昇、頭痛、痙攣等があらわれるおそれがある。 マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、クラリスロマイシン)、シメチジン、キヌプリスチン・ダルホプリスチン、スチリペントール: 本剤の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 ネビラピン、リファンピシン: 本剤の血中濃度が低下し、効果が減弱するおそれがある。 下記のような食品等の併用には注意が必要です。 グレープフルーツジュース: 本剤の血中濃度が上昇し、血管攣縮等の重篤な副作用を起こすおそれがある。 薬効・薬理 子宮平滑筋に選択的に作用して子宮を持続的に収縮させ、子宮血管を圧迫して止血効果を発現します。

次の