やまと 尼寺 まっちゃん 何者。 「やまと尼寺 くいしんぼ日記 ふたたび」の再放送は?最終回を迎えた「やまと尼寺精進日記」総まとめスペシャル!

やまと尼寺の精進日記・如月冬ごもりの楽しみ(奈良・音羽山観音寺)NHK

やまと 尼寺 まっちゃん 何者

『やまと尼寺 精進日記』 豊かな季節の恵みを知恵を工夫で極上の精進料理にする、奈良・桜井の尼寺。 笑顔あふれる日々を美しい映像で! Eテレで放送されている『やまと尼寺 精進日記』の番組説明です。 音羽山観音寺の住職と副住職、お手伝いをしている方の3人の女性が毎回様々な精進料理を作っている様子を映像にした番組です。 料理を作ることがメインですけど、彼女たちの生活の様子が描かれていて、それがなかなかに新鮮に映ります。 3人が3人とも本当に楽しそうで、笑顔が耐えないお三方の様子を観ていると、こちらもつられて自然と笑顔になってしまう、そんなほのぼのとした番組です。 放送時間はエコ・ライフスタイル番組『猫のしっぽ カエルの手 京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし』と同じで、月の最終週のみベニシアさんではなくやまと尼寺を放送するということなのでしょうか? 私もまだ把握しきれていません。 やまと尼寺は奈良県「音羽山観音寺」 番組の舞台となっている「音羽山観音寺」は、奈良県の桜井市南音羽にあるそうです。 「音羽」の読みは「おとわ」ですか。 Webサイトのアクセスページによれば、音羽山観音寺さんの最寄り駅はJR桜井線の「桜井駅」、または近鉄大阪線の「桜井駅」になります。 駅の南口にあるバス1番乗り場からバス奈良交通の14系統(多武峰経由)「談山神社行」に乗って、「下居(おりい)」バス停で下車して、バス停からは徒歩50分ということで、50分はほぼ山登りでしょうからかなり大変そうですね。 バスは1時間に1本程度しか動いていません。 バスの乗車時間は約13分で運賃300円とのこと。 自動車やバイクなどは禁止のようです。 徒歩で行きましょう。 『やまと尼寺 精進料理』の出演者 出演者は前述したように3人の女性です。 音羽山観音寺のご住職である「後藤密榮(ごとう・みつえい)」さんと、副住職の「佐々木慈瞳(ささき・じとう)」さん、そして4年ほどお手伝いをしている「まっちゃん」の3人です。 私は番組の存在を最近知ったので、まっちゃんがどういう方なのかが理解できていないのですが、何か事情があってのことなのでしょう。 住職と慈瞳さんは剃髪していますが、まっちゃんは剃髪していないですから、まっちゃんは仏教の道には入っていないように見えます。 佐々木さんは町でカウンセラーの仕事もしていると2017年5月28日放送の「皐月(さつき) 見て食べて 新緑づくし」内で言っていました。 番組のナレーションは俳優の「柄本佑(えもと・たすく)」さんです。 3人は料理の名人 「奈良県桜井市、この山の上に愉快な尼さんたちが暮らすお寺がある。 尼さんたちは料理の名人、お寺の周りに育つ自然の恵みを活かして、季節ごとに美味しくて美しい献立を作り出す」というナレーションから番組がスタートします。 基本的にはお寺の周りの物、例えば木の実や山菜、キノコを採ってきて、それを調理して食べて暮らしているということのようです。 それだけではなく自分たちで育てている野菜もあったりします。 檀家さんもいらっしゃるはずですから、分けてもらうこともあるでしょう。 調味料なども必要ですし。 2017年5月28日「皐月(さつき) 見て食べて 新緑づくし」の放送では、「ヤマウドの酢味噌和え」や「ヤマウドの甘酢和え」、「豆腐の木の芽田楽」、「ウコギ(五加)の胡麻和え」などを作っていました。 田楽に乗せていた山椒を使った木の芽味噌も美味しそうです。 また、上新粉と白玉粉を水で練って伸ばして、餡を入れて包み、「サンキライ(山帰来)」の若葉で挟んで、蒸籠で蒸して作る「柏餅」ならぬ「サンキライ餅」も作っていました。 これもまた美味しそう。 サンキライの葉も餅と一緒に食べるのですね。 癖がないそうですよ。 「どくだみジュース」も飲んでいました。 美味しいのでしょうか。 おわりに ベニシアさんの番組も2017年5月27日午後に2017年春の放送をしていました。 しかし、毎週の更新はないみたいですから、基本的には日曜日18:00から再放送を流して、月末に尼寺の放送を、となるのでしょう。 この『やまと尼寺 精進日記』の再放送は放送週水曜日の12:25と土曜日17:30からの2回あるようです。 見逃した方はぜひ再放送をご覧になってください。 また、『やまと尼寺 献立帳』なる5分番組バージョンもあります。 こちらは毎日(?)12:50から放送されているようです。 2017年5月30日は「木の芽田楽」のレシピが紹介されていました。 単なる短縮バージョンではないので興味のある方は両方とも観た方が良いと思います。 いやぁ、それにして音羽山観音寺のお三方は本当に楽しそうに生活をしていらっしゃいます。 テレビの前だけかもしれないですけど。 いや、でもテレビの前だけではあの雰囲気は作れないと思いますので、カメラがない日でも笑いが絶えないお寺なのでしょう。 そう思わせるものが視聴者の私にも伝わってきます。 朝、ラジオ体操をして、掃除など作務を行い、法事や修行を行い、花を生け、山菜を採り、料理をし、食べて、そして寝る……と。 人間らしい生活をしていらっしゃいます。 羨ましいです。

次の

やまと尼寺 精進日記|カホ|note

やまと 尼寺 まっちゃん 何者

ナス・かぼちゃ:2分くらい• ゴーヤ・インゲン・オクラ:1分くらい• トマト・万願寺とうがらし:さっと 野菜が熱いうちに濃いめのめんつゆに浸して、 冷蔵庫で数時間冷やせば完成です。 油で揚げて鮮やかになった夏野菜とめんつゆ油の相性のなんといいこと・・・ 夏に一度は必ず作りたいレシピです。 ズッキーニのグラタン 今月一番好きなレシピ〜! 見栄えも良くて美味しくて簡単なんて作る側には最高よ。 作り方はとっても簡単。 まず大きめのズッキーニの下手を切り落とし縦半分に切ります。 ここでポイント!そこの部分に丸みがあってコロコロしてしまうので皮の部分が平らになるように少しだけ切り落とします。 慈恵さんは切りすぎちゃってもったいない〜!とご住職たちに怒られてました。 そうしたら底の部分に穴が開かないようにズッキーニの中身をスプーンでくり抜きます。 ズッキーニ2本• 万願寺とうがらし2本• かぼちゃ・人参・とうもろこし 各50g• しめじ 2分の1株• マヨネーズ30g• クリームチーズ50g ジェノベーゼ冷や麦 若い人が買ってきてご住職が丹精込めてそだてたバジルを使ってジェノベーゼ! ご住職ったら突然洋風でこなれた料理を見せてくれるので毎月の楽しみが尽きません。 (番組人気が出てなんか介入が強くなってきた感じがしなくもないけど・・・) 一見ジェノベーゼだけど実はシソと冷や麦を使った創作料理、きのみでコクを加えてまずはジェノシソソースを作ります。 バジル・大葉 各50g• 松の実 30g• くるみ 20g• オリーブオイル200cc• 塩 小さじ2• ひやむぎ100g(ふた束) まとめ ご住職がお寺に来てから一番暑かったというこの夏の猛暑。 お寺は少しお休みをして書家の先生をまねきちょっぴりオシャレな女子会を催していました。 いつも先頭に立ってお仕事をこなしなんでもご存知のご住職が書家の先生の前では教えをこう子供みたいに無邪気でなんても楽しい夏休みを拝見させてもらった気分。 毎月月末の楽しみとしてずっと見ていきたいなあと思います。 今月作って見たいなと思ったレシピを• とうもろこしご飯• とうもろこしのかき揚げ• 夏野菜の揚げ浸し• ズッキーニのグラタン• ジェノベーゼ冷や麦 と覚書がてらまとめましたが他にもきゅうりの佃煮や夏野菜のお料理をつくっていました。 では来月も楽しみに〜!.

次の

Eテレ『やまと尼寺 精進日記』が面白い!奈良・音羽山観音寺の密榮さんと慈瞳さんとまっちゃんの笑いが絶えないです

やまと 尼寺 まっちゃん 何者

ので月に一回放映されている「やまと尼寺精進日記」。 奈良の桜井にある観音寺に住む、住職、副住職、お手伝いさんの、女性三人の暮らしを描いたものです。 正直、特に盛り上がりがあるわけでもないのですが、毎回見てしまいます。 「尼寺」の魅力は何なのか、考えてみました。 料理のすばらしさ 季節のものを使って作られる料理が、毎回紹介されます。 料理がそれほど好きでもない私でも、三人の女性が作業しているようすを見るのは楽しいです。 お料理好きの人なら、自分でも作ってみようと思うかもしれません。 昔の暮らしを垣間見る 山や庭へ行って山菜を採ったり、ふもとの人から分けてもらった野菜を干して保存したりと、基本自給自足の生活のようです。 現代に暮らす私たちから見ると不便に思える、そんな暮らしを楽しげに送っている姿が物珍しく、また羨ましく感じます。 自然が身近 山の中で暮らしているので当然ですが、自然の移り変わりを肌で感じることができそうです。 おそらく画面を見ているだけではわからない不便さ(寒さとか虫とか)はあるのでしょうが、憧れます。 実際にこうした環境に身を置くことはできないだろうと思うからこその憧れだとは思いますが。 女三人が仲良さそう ケンカしたりしないのかなと思います。 カメラが回っていない所ではいがみ合ってる、なんてことはないでしょうが、人間ですものね。 ちょっと苛ついたり、むかっときたり、そんなこともあるのでは。 私は三人が画面に映ると、つい、不仲の気配はないかとじいーっと見てしまいます。 そんな観察の甲斐なく、三人は仲良くやっているようですが。 女三人でうまくいっている理由を、個々の性格や大人だからという点は置いて考えてみました。 ・年齢と立場 三人の年齢が違うこと、住職・副住職・お手伝いという立場の違いがあること、があげられると思います。 友達三人のような対等の関係でないことがいいのではないでしょうか。 いい意味での遠慮や配慮がありそう。 お手伝いのまっちゃんの住職や副住職への話し方は、くだけてはいるけれどやはり丁寧なので、その辺りはわきまえているのでしょう。 私の勝手な想像では、しっかりものの長女(住職)、マイペースの次女(副住職)、甘え上手の末っ子(まっちゃん)というところです。 ・住んでいる環境 お寺なので、普通の家よりはるかに広いはずです。 それに庭もあり山もあります。 ふもとへ行く用事だってあります。 逃げ場はいくらでもあるのです。 朝から晩まで顔を突き合わせているとロクなことはありませんが、これだけ広ければ、好きな時に1人になれるのでは。 それに、文句言う暇もないくらい、やることいっぱいありそうですしね。 魅力はあるが自分からは飛び込めそうもない生活を見せてくれるのが「尼寺」なのかもしれません。

次の