スイッチ 連射 コントローラー。 スイッチプロコンの代替コントローラーおすすめ10選!価格帯や選び方とは?

スイッチプロコンの代替コントローラーおすすめ10選!価格帯や選び方とは?

スイッチ 連射 コントローラー

公式の『プロコン』のホリパッド版です。 有線のホリパッドについていたターボボタンの連射機能、もちろんホリパッドなので『連射機能』ついているかと思いきや 連射機能ついてません!! ですが、初代ホリパッドよりかなり純正のプロコンに似ておりグリップ感も良い。 価格も純正より安いのでプロコンからこのワイヤレス ホリパッドに乗り換える方は多いです。 大きな違いとしてはやはりプロコンより壊れやすい印象です。 あとはかなり軽いです。 プロコンの重さになれていると軽すぎる気もしちゃいますね。 機能はプロコンとほぼ同じです。 ジャイロ機能も無線機能も問題なし!あとはカラー展開もあるのでその点は良いですね。 でも最近では純正プロコンも安くなってきていますので、お金に余裕があるなら純正をおすすめします。 スマブラにおすすめのクラコン(クラシックコントローラー) 言わずと知れたこれが『ホリパッド』です。 スイッチ専用に作られた公式認定のコントローラーでジャイロ機能はありません。 当時はスプラトゥーン2で利用している人も多かったのですが、やはりジャイロ機能があった方がスプラ2の場合は有利ということになりあまり使われなくなりました。 ですが、スイッチもゲームが豊富になり、有線でしかも連射機能(ターボボタン)付きなので僕もまた使い始めています。 プロコンと比較すると大きさや持った感覚にも違いがあり、重さも断然こっちの方が軽いです。 詳しくは下でレビューしていますので見てみてください。 シンクロボタンをプレイヤーランプが点滅し始めるまで押します。 プレイヤーランプが点灯に切り替わったらペアリングが完了します。 接続できない場合(ペアリングできない場合) 対策1 コントローラーをフル充電してみる 充電することで改善する場合があります。 対策2 シンクロボタンを短く押す。 他のコントローラーも含め、各コントローラーの「シンクロボタン」を何度か短く押しと改善する場合がある。 本体付属のJoy-Con以外のコントローラーの必要性について 任天堂SWITCHの本体付属のJoy-Con以外にコントローラーの購入が必要となってくるケースとしては、格闘ゲームなどのような精密なコマンド入力が求められるような場合だったり、その他特殊な操作をするようなタイトルのものをプレーする場合などがあります。 例えばニンテンドースイッチの代表的な人気ソフトである 「スプラトゥーン2」ではデフォルトのJoy-Conで操作するよりも、Proコントローラー(通称:プロコン)の方が操作しやすく、ゲーム上の対戦上でも有利にプレー出来たりします。 また別のソフトである 「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」であれば、キャラクターの技を出す際にかなり特殊なコマンドの入力をしなければなりません。 この場合はそうした技を出しやすくする為に「アーケードスティック」を別コントローラとして購入することで、よりゲームを楽しむことが出来るようになったりします。 あとはプレー人数を増やしたいような場合には、付属のJoy-Con以外にもコントローラをー別途購入する必要性があります。 有名なのがスイッチ対応 ホリパッドです Nintendo Switchが発売されて数か月、そしてスプラ2が発売されてさらに人気が出ているSwitchですが、少し話題になっていたので、 あのスイッチ ホリパッドを買ってみました。 知っている人は知っている国産有名メーカー「株式会社ホリ」のスイッチ対応 ホリパッドです。 この「株式会社ホリ」は国産のゲームサプライ製品のメーカーですが、有名なのがホリパッドと呼ばれるコンシューマーゲーム機やPCのゲームパッドです。 特にホリパッドならではの 「連射機能」という特徴があってその機能目当てで買われてる方もいいのではないでしょうか。 プレステにもありますがやはり太鼓の達人はこのタタコンが無いと盛り上がりませんよね。 またマイバチ作ったらすぐに試したい時にも向いています。 家庭用ゲーム機のタタコン(太鼓)は壊れやすいので1年に1台という感覚でいた方が良いです。 純正でもホリパッドのホリでも壊れるのは壊れます。 でもホリは安くて質の良い商品です。 【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッドを使ってみた それで今回もNintendo Switchが発売されてそしてスプラトゥーン2も発売された直後に発売されたホリパッドが 「【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッド」です。 見た目はプロコンとほぼ同じ感じはしますが、ワイヤレスではないようです。 そして、ジャイロ機能も搭載していない。 ということなのでプロコンの簡易版というような感じですかね。 ただ、スイッチ ホリパッドの ターボ機能(連射機能)は健在のようですね。 【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッドにも!ターボボタンがついています。 【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッドのサイズについて サイズですがこんな感じです。 上から見た感じもほとんど大差ない感じですかね、スイッチ ホリパッドは少し形が丸っこい分大きい感じもします。 横から見てみると、少し厚みがありますね。 スイッチ ホリパッドはボリュームがある感じでアナログスティック部分も少し高い気がします。 ホリパッド 【Nintendo Switch対応】重さについて スイッチ ホリパッドは重さはプロコンにくべるとかなり軽い!! まあジャイロ機能もないので軽くていいのですが、とにかくスイッチ ホリパッドはプロコンとは比べ物になりません。 【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッドの操作について スイッチ ホリパッドの操作性ですが、正直プロコンと同じ気がします・・・ これは使う方によって感覚は違うかもしれませんが、少し大きいのでサイズ間の違いで使いやすい、使いやすくないとあるかもしれません。 自分の場合はボタンも押しやすく、アナログスティックも大きな違いを感じることはできませんでした。 正確には全然違うのかもしれませんが、スイッチ ホリパッドのスティックのバネが少しきつい感じがするくらいで、 はじくと逆方向に戻る時に誤入力があることぐらいですかね。 でも 任天堂のプロコンでも同じ現象は起きていたので大差ないと思いました。 そして連射機能ですが、完璧にこなしてくれてます。 スプラトゥーン2ならバケツ(ヒッセン)やパブロ(ホクセン)などは半端なく早く降ることができます(笑 【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッド 動画 金額が安い Nintendo Switch Proコントローラーはかなり高価です。 ソフトより高いんですから・・・ でもジャイロ機能を利用しないユーザーであれば「ホリパッド for Nintendo Switch」は 半額以下の値段で購入できます。 やはり連射機能 やはりホリパッドならではの連射機能(ターボボタン)ですね。 これはほんとに便利。 それもNintendoライセンス商品ということなので公式な連射機能だと思って良いのではないですかね。 国産有名メーカー「株式会社ホリ」の商品 あとは【Nintendo Switch対応】スイッチ ホリパッドは 信頼のある有名メーカー「株式会社ホリ」の商品ということですかね。 電気屋に行けば必ずゲームサプライコーナーにホリパッドがあります。 ホリブランドは良いですね。 スイッチ ホリパッドのデメリット 有線である スイッチ ホリパッドはProコントローラーとは違い無線接続ではなく、 有線なので線が邪魔です。 とくにNintendo Switchはポータブル機能も特徴なので線があるのは邪魔だと感じてしまいますね。 でも自宅でどっぷりスプラ2やゼルダなどやりこむだけなら気にならないかもしれません。 線は非常に長くゲーム機から距離があっても可能なUSB接続です。 ジャイロ機能がない スイッチ ホリパッドは ジャイロ機能が使えないと困ることは多いです。 ジャイロ機能が必要なゲームには向かないし、ジャイロ機能を利用したい友達が来ても使えない。 これは仕方がないことですけどね。 これらの機能を 使用するゲームでは快適にプレイすることができません。 ジャイロセンサー ・モーションIRカメラ• 加速度センサー ・プレイヤーランプ• HD振動 ・おしらせランプ• NFC(近距離無線通信) NFCがないということなのでアミーボも読み込めないですね~ ご注意ください。 値段は2200円程度とこの上なく安いですが、ジャイロセンサーを始めホリパッドのように連射機能もなく、純粋に操作をするためのコントローラーになります。 ただ形状的にはプロコンなどと似たような作りになっており、材質から手触りが良く半透明な素材で見た目が良いです。 スイッチはもちろんパソコンにも対応していますね。 ジョイコン以外のコントローラーが欲しいけれども、これといった特別な機能の必要性は感じておらず、とにかく安くて持ちやすく操作しやすいものが欲しい場合におすすめです。 ちなみにこれと同じタイプで一応無線のものもありますが、値段が高くジャイロセンサーやその他機能もついていなかったりします。 振動機能付きでジャイロセンサーも搭載されておりスプラトゥーンでも使えますが、プロコンよりも微妙に性能が劣ると言われています。 十字キーは精密なので格闘ゲームで使用しても技が暴発しにくいです。 形状はXBOX ONEのコントローラに大変似ており、XBOX ONEのコントローラに使い慣れているような場合にも良いでしょう。 プロコンよりも安いもので、ジャイロセンサーが付いているものが欲しいという場合におススメです。 8m 任天堂ニンテンドースイッチ(ブラック) こちらは非純正品(ELTD)で2600円程度と安く、口コミでも非常に評価が高い有線コントローラーです。 任天堂スイッチに対応していることはもちろん、WindowsXP、7、8.1、10にも対応しています。 ジャイロセンサーは付いていませんが、turbo機能、ダブルモーター振動、連射機能、PC連続可能、スクリーンショット、シールド、磁気リングというように多機能です。 ジャイロセンサーは必要なくホリパッドよりも更に安いもので多機能なものを求めるような場合に良いでしょう。 有線のものよりも値段が1000円程度高くものの、ジャイロセンサー付きでスプラトゥーンでも使えます。 ただしWindowsのパソコンが無いと本体のアップデートができないようです。 アップデートできないと接続でき無い場合があるようです。 Macパソコンではダメなので注意が必要です。 これもSH-NINのワイヤレスコントローラーと同様に、プロコンよりも安くてジャイロセンサー付きのコントローラーが欲しい場合に向いています。 1 PC対応(有線,ブラック) こちらもELTDの有線コントローラーと同様に、任天堂スイッチ以外にもWindowsXP、7、8.1、10にも対応しておりとにかく安いです。 (ジャイロセンサーはありません) 材質は高品質のPCカバー材質が採用されていて耐久性が強く、コントローラーの持つところが指の形に合わせて凹んでおり握りやすくなっています。 ELTDの有線の多機能コントローラよりも、更に安いもので機能も上記のもので十分だという場合に良いのではないでしょうか。 ジョイコンなどとは違いスティックが付いていない分使いやすくなっています。 同じ任天堂SWITCHの格闘ゲームである「ウルトラストリートファイターII」でも扱いやすく、アーケードコントローラーには及ばないもののプロコンよりは操作しやすいという声もあります。 高価なアーケードコントローラーには中々手を出せないけれども、「ポッ拳 DX」や「ウルトラストリートファイターII」など格闘ゲームでコマンド入力しやすいお手頃価格のコントローラーが欲しい場合におススメです。 ニンテンドースイッチ対応のアーケードスティック 【Nintendo Switch対応】リアルアーケードPro. V HAYABUSA for Nintendo Switch 【Nintendo Switch対応】リアルアーケードPro. V HAYABUSA for Nintendo Switch これは「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ用」など格闘ゲーム向けの、Nintendo Switch対応アーケードスティックです。 Xinputにも対応しておりPCでの使用も可能で、連射機能も搭載されています。 価格は16178円 税込 と高めになりますが、格闘ゲームをジョイコンなど普通のコントローラーでやる場合は、消耗も激しくすぐに壊れてしまったりするので、格ゲーをやるなら耐久性にも優れているアーケードスティックでプレーするのが理想ですね。 おススメJoy-Conハンドル こちらはマリオカート8などレーシングゲームをプレーするときにより楽しめるような、ジョイコン周辺機器であるJoy-Conハンドルになります。 Joy-Conハンドルは、コントローラーと同じく純正品以外にもサードパーティー製のものが存在しており、それぞれで価格や特徴などが違ってきたりします。 Joy-Conハンドル 【Nintendo Switch対応】マリオカート8 デラックス Joy-Conハンドル for Nintendo Switch マリオ パッケージにマリオが描かれているので純正品と思われますが、これはサードパーティ製品(ホリ)のJoy-Conハンドルです。 色はマリオとルイージカラー(赤と緑)があり、ハンドルの握りこむ部分にラバー材質が使われていて見た目の作りがマリオカートの雰囲気とマッチしています。 ただし1つで1300円程度なので、純正Joy-Conハンドルに比べると多少値が張ります。 スイッチ ホリパッド 【Nintendo Switch対応】まとめ VICIVIYA Joy-Conハンドル 任天堂 ジョイコン.

次の

Switchコントローラーの人気おすすめランキング15選【操作感抜群】

スイッチ 連射 コントローラー

巣穴までの移動• 巣穴選択後の「ひとりで挑戦」の選択• (ポケモンを捕まえるかの選択) になります。 (3)についてですが、ポケモンを倒した後も連打していると 勝手にボールを使って捕まえてしまいます。 ボールを使ってほしくない!って人はポケモンを倒したら連射機能をOFFにしましょう。 「つかまえない」を選択するのがめんどくさい人は 「モンスターボール」を購入して、道具の並び順を「種類順」にすることをオススメします。 そうすると使うボールがモンスターボールになるので、レアボールが勝手に使われなくなり便利です。 トーナメント 「かえんだま」集めでトーナメントを周回する人も多いと思いますが、こちらも自動化できます。 技の連打は自動なんですが、トーナメントは• はい、こちらのコントローラーです。 形も純正のProコンに近いので、違和感なく操作できると思います。 左が純正のProコンで右が連射機能付きのコントローラーですね。 純正じゃないので接続方法がちょっとだけ特殊なんですが、そこはご愛嬌って感じ。 本体の箱の中に説明書が入っているので、その通りに接続すれば普通に使えるようになります。 上のコントローラー以外を購入する場合は、レビューや商品説明を見て 「連射ホールド機能」があるかどうかを確認してください。 この機能がないと放置することが出来ず、連射は出来るけど自分でボタンを押す羽目になるのでご注意を。 ポケモンに飽きた後でも普通に使える ポケモンのために買うのもなぁ〜って思う方もいるかもしれませんが、このコントローラーは 普通に別のゲームでも使えます。 例えば、友達とマリオパーティーなんかやる時とかにも普通に使えるので、もう1つのコントローラーを買うって考えれば痛い出費ではないのかなと。 Proコンが壊れた時の予備としても使えるので、とりあえず買っちゃていいのかなと思います。 ちなみに商品にもよりますが、 純正のコントローラーよりも圧倒的に安いです。 そういった面でも手が出しやすいですね。 まとめ:マジで便利すぎワロタ 連射付きのコントローラーを買うだけでポケモンの作業が結構捗ります。 特にAボタン連打系の作業はマジで便利になるので、そういった作業がめんどくさいな〜って感じてた方には特にオススメですね! そんな感じの連射機能付きコントローラーの紹介でした! そりでは。

次の

スイッチのコントローラーのおすすめ6選!ジョイコンはやめよう

スイッチ 連射 コントローラー

巣穴までの移動• 巣穴選択後の「ひとりで挑戦」の選択• (ポケモンを捕まえるかの選択) になります。 (3)についてですが、ポケモンを倒した後も連打していると 勝手にボールを使って捕まえてしまいます。 ボールを使ってほしくない!って人はポケモンを倒したら連射機能をOFFにしましょう。 「つかまえない」を選択するのがめんどくさい人は 「モンスターボール」を購入して、道具の並び順を「種類順」にすることをオススメします。 そうすると使うボールがモンスターボールになるので、レアボールが勝手に使われなくなり便利です。 トーナメント 「かえんだま」集めでトーナメントを周回する人も多いと思いますが、こちらも自動化できます。 技の連打は自動なんですが、トーナメントは• はい、こちらのコントローラーです。 形も純正のProコンに近いので、違和感なく操作できると思います。 左が純正のProコンで右が連射機能付きのコントローラーですね。 純正じゃないので接続方法がちょっとだけ特殊なんですが、そこはご愛嬌って感じ。 本体の箱の中に説明書が入っているので、その通りに接続すれば普通に使えるようになります。 上のコントローラー以外を購入する場合は、レビューや商品説明を見て 「連射ホールド機能」があるかどうかを確認してください。 この機能がないと放置することが出来ず、連射は出来るけど自分でボタンを押す羽目になるのでご注意を。 ポケモンに飽きた後でも普通に使える ポケモンのために買うのもなぁ〜って思う方もいるかもしれませんが、このコントローラーは 普通に別のゲームでも使えます。 例えば、友達とマリオパーティーなんかやる時とかにも普通に使えるので、もう1つのコントローラーを買うって考えれば痛い出費ではないのかなと。 Proコンが壊れた時の予備としても使えるので、とりあえず買っちゃていいのかなと思います。 ちなみに商品にもよりますが、 純正のコントローラーよりも圧倒的に安いです。 そういった面でも手が出しやすいですね。 まとめ:マジで便利すぎワロタ 連射付きのコントローラーを買うだけでポケモンの作業が結構捗ります。 特にAボタン連打系の作業はマジで便利になるので、そういった作業がめんどくさいな〜って感じてた方には特にオススメですね! そんな感じの連射機能付きコントローラーの紹介でした! そりでは。

次の