ベランダ 掃除。 ベランダやバルコニーの掃除!水を使わずキレイにする方法がある?

ベランダ掃除には新聞紙と重曹水が大活躍!床や手すりがピカピカに!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

ベランダ 掃除

スポンサーリンク ベランダタイルは最低でも年に1度の掃除 ベランダは洗濯物を干したり部屋着のまま外の空気を吸いに出たりと1日に何回か出入りするスペースです。 リビングなどはこまめに掃除をしますが、ベランダとなると 半分は外だし・・・という微妙な位置から目立つ汚れでもない限り「そのうちに」で済ませてしまいますね。 この 半分外というのが汚れの放置をより厄介な状態にしてしまいます。 ベランダの汚れは雨風によって付着した 砂や 埃、場合によっては 泥なども運ばれてきますね。 車の通りが頻繁な道路側に面していれば排出されるガスの 油汚れも気になります。 あえて広いスペースにして半分外の空間を楽しんでいるお家もあるかもしれませんが、マンションともなるとある程度限られたスペースになるでしょう。 ベランダタイルは防水シートの上に敷き詰められています。 1枚1枚が単独で配置されているのではなく、数マスが一体化した シート状のものが主流です。 それをジョイント部分から剥がすとなると防水部分を傷つけてしまう可能性がありますから、 自分で行う掃除は表面の汚れの除去だけにしておきましょう。 掃除をしていくうちに隙間を見つけて、この下のゴミが気になる!と追いかけたくなる時もありますが、タイルの下に入り込むような小さなゴミはやがて排水口から排出されますから無理はしない方が良いですね。 ベランのタイルの掃除は 最低でも 年に1回は行いましょう。 できれば気候が穏やかな時期を狙って 年2回にするのがベストです。 スポンサーリンク ベランダタイルの掃除に必要な物 ベランダ掃除は今 住んでいる状況によってやり方が多少変わります。 住宅密集地やマンションの場合は 両隣や階下の住人への配慮が必要になりますね。 床面は防水処理をしているとはいえ、水を使った掃除をする場合はどうしても 水はねしてしまいます。 ベランダでの水まきを禁止しているところもあるようです。 一戸建てでも両隣との距離が近かったり歩道が近い場合は思いっきり水を撒くわけにはいきませんね。 ベランダのタイルはブラシで擦っただけでは表面の埃などは落とせても、こびりついてしまった汚れまでは落としきれません。 タイルの表面に自然な凹凸がデザインされているものは尚更まだらに黒くなって見えるんですよね。 タイル掃除にはブラシも便利ですが メラミンスポンジが活躍してくれます。 掃除の手順• ほうきとちりとりでベランダのゴミを取り除く• 汚れている場所をペットボトルに入れた水で湿らせる• 湿らせたメラミンスポンジで擦る• きれいな水をかけて流すか雑巾で拭き取る 水を思い切り撒けない場合でも 少量の水だけで十分きれいにできます。 近所を気にすることなく水が使える場合は 高圧洗浄機でのお掃除もおすすめです。 水しぶきだけでなく操作音もしますから、 掃除する時間帯は選んだほうが良いですね。 普段から出来るベランダタイルの簡単掃除 メラミンスポンジで擦ると汚れは気持ちよく取れますが、広いベランダだとタイル1枚1枚を擦るのに結構な労力がいりますね。 1日で全部終わらせようとせずに、 数日かけて疲れない程度に進めた方が良いかもしれません。 一度ピカピカになったら出来るだけ長くその状態をキープしたいですね。 ここからは普段出来るベランダタイルの掃除方法をご紹介します。 汚れは雨水と一緒になり凹凸の凹み部分を中心に蓄積していきます。 出来るだけ表面の 埃や ゴミなどはこまめにほうきで掃いておくと良いですね。 雨が降った後もそのままにせず雨水と一緒にほうきで汚れごと排水口に流すようにしましょう。 少し黒ずみが気になるようになってきたら スクイージーを使ったお掃除もおすすめです。 ベランダに湿らせる程度の水を撒き、窓掃除の水切りなどに使う スクイージーでタイルの上を撫でるだけ。 透明だった水が汚れと混ざり真っ黒になっていきますよ。 水で洗い流すかボロ布などで吸い取ると良いですね。 見た目はおしゃれなタイルでも汚れが目立ってくると色も黒ずみ、部屋の中から見る景色もうす暗い雰囲気に感じますね。 明るい外の陽射しを反射してくれるのはやっぱりきれいに磨かれたベランダです。 いつでもきれいな状態にしておきたいですよね。 ブラシだけで磨くとどうしてもかき出せない汚れがあり、余計な力を使って体力も奪われてしまいます。 メラミンスポンジで擦ればまるで消しゴムを掛けているかのようにきれいになっていきますから、掃除のし甲斐がありますね。 ピカピカになるとベランダで過ごすのも気持ち良くなります。

次の

ベランダの掃除の基本 ― 掃除の手順と近隣トラブルの予防法

ベランダ 掃除

1.ベランダが汚れる原因は? 最初に、ベランダが汚れる主な原因について見ていきましょう。 1-1.土ぼこり マンションのベランダで最も多い汚れが、土ぼこりです。 特に、低層階の部屋や公園・学校などのグラウンドに近い部屋は、土ぼこりが多く舞い込みます。 また、ベランダでガーデニングを行っている場合も、土がこぼれて汚れやすいので注意しましょう。 1-2.鳥のフン・虫の死がい マンションのベランダには、鳥のフンや虫の死がいも多く見られます。 鳥のフンには、雑菌が多く含まれるため、放置してはいけません。 また、虫の死がいもアリやゴキブリが繁殖する原因になるので、早めに掃除する必要があります。 1-3.排気ガス 道路に面している部屋では、ベランダに排気ガスが入り込むものです。 排気ガスは、黒っぽい汚れとなってベランダに付着します。 排気ガスは油性の汚れで、放置するとこびりついて取りづらくなるので、早めに対応しましょう。 関連記事 2.ベランダ掃除のタイミングや頻度は? ベランダ掃除におすすめのタイミングや掃除の頻度について解説します。 2-1.午前中 午前中は、夏場でも気温がピークに達していないため、ベランダの掃除におすすめです。 また、午前中ならまだ疲れが少ないため、掃除もスムーズに進むことでしょう。 午前中に掃除してしまえば、午後には洗濯ものを干すことも可能です。 2-2.大雨や台風の後 大雨や台風の後は、ベランダに汚れが大量にたまっています。 普段は落ちていない大きなゴミや紙くず・落ち葉などのゴミも混ざっていることでしょう。 大雨や台風が落ち着いてから、しっかり掃除してください。 2-3.ベランダを掃除する頻度は週1回が目安 ベランダは、週1回程度を目安に掃除するといいでしょう。 毎日掃除するのが理想ですが、普段から汚れがたまらないように気をつけていれば、大雨や台風などがなければ週1回でも十分です。 ただし、汚れが目立つときは随時掃除してください。 3.マンションのベランダ掃除に役立つ道具 マンションのベランダ掃除に必要な道具や役立つものをご紹介します。 3-1.ベランダの掃除に必要なものをそろえよう マンションのベランダ掃除に必要なものは、以下のとおりです。 バケツ• ほうき(ベランダ用の細めタイプ)• ちり取り• ブラシ• 古新聞紙• 古歯ブラシ• プラスチック製のカード(古い会員証など)• 消毒用エタノール• ゴム手袋• マスク• 帽子 3-2.デッキブラシも便利 デッキブラシがあるとベランダの掃除に重宝します。 ベランダが雨などでぬれた状態でこすると、鳥のフンなどのこびりつき汚れも簡単に落とすことが可能です。 なるべく柄が長いものを用意すると、掃除するときの姿勢が楽で、腰を痛めにくいでしょう。 関連記事 4.マンションのベランダを掃除する方法 マンションのベランダを掃除する方法を、場所ごとに詳しく見ていきましょう。 4-1.ベランダの床 ベランダの床は、新聞紙を湿らせたものをちぎって一面にまき、ホウキではくことをおすすめします。 新聞紙に細かなゴミやホコリ・汚れが吸着され、音も静かです。 はき取った新聞紙は、そのまま可燃ゴミとして処分してください。 鳥のフンや虫の死がいなど、部分的にこびりついた汚れは、プラスチックカードなどを利用してこすり取るとうまくいきます。 仕上げに消毒用エタノールをスプレーして乾かすと安心です。 4-2.溝・排水口 ベランダの溝や排水口には、土ぼこりや虫の死がいなどさまざまなゴミがたまっています。 細いほうきとちり取りを使ってゴミを除去し、雨水がスムーズに流れるようにしましょう。 ゴミを放置すると、雨が降ったときにベランダの水が排水管に流れず、階下や隣にあふれてしまうこともあるので注意してください。 4-3.手すり 手すりにも、土ぼこりなどの汚れが付着しているものです。 手すりの汚れには、市販の拭き掃除用シートを使うと効率よくキレイにできます。 サビ予防のためにも、最後にから拭きで仕上げ、水分を残さないようにしましょう。 5.マンションのベランダ掃除の注意点 マンションでは、ベランダ掃除の際に階下や両隣の部屋に迷惑がかからないように注意しましょう。 5-1.大量に水をまかない マンションのベランダでは、大量に水をまかないようにしましょう。 一度に大量の水を使うと排水しきれず、階下に水もれを起こす可能性があります。 水を使うときは、ごく少量を使用するようにしてください。 5-2.大きな音や振動にも配慮する マンションは、一戸建て住宅と比較すると騒音や振動が伝わりやすい構造になっています。 したがって、掃除の際に大きな音や振動が出ないように配慮することが大切です。 時間に追われて焦ったり雑な作業をしたりすると、大きな音や振動が出やすいので気をつけましょう。 5-3.夏場は熱中症に気をつける 夏場のベランダは、とても高温になっています。 数分程度の掃除でも、熱中症にかかることがあるので十分に気をつけましょう。 熱中症を予防するには、日陰ができてから掃除する・帽子をかぶる・適度に水分補給しながら作業することが大切です。 また、長時間の作業を避け、無理をしないことも心がけましょう。 関連記事 6.マンションのベランダをキレイに保つポイント マンションのベランダをキレイに保つためのポイントをいくつかご紹介しましょう。 6-1.簡単な掃除道具を置いておく ベランダのゴミやホコリをみつけたらすぐに掃除できるよう、簡単な掃除道具を置いておくといいでしょう。 たとえば、小さなちり取りとほうきがあれば、思いついたときにすぐ掃除できて便利です。 こまめに掃除することができれば、ひどく汚れずに済みます。 6-2.鳥・虫対策をする 鳥のフンや虫の死がいは、ベランダを汚す原因になります。 特に、ベランダで家庭菜園を行っている人は、きちんと対策してください。 ネットなどを使い、鳥や虫を寄せつけないようにしましょう。 ペパーミントなど、鳥や虫が嫌う香りをスプレーしておくのもいい方法です。 6-3.なるべくものを置かない ベランダには、なるべくものを置かないようにしましょう。 不用品が多くあると、ゴミがたまりやすく掃除しにくいため、すぐに汚れてしまいます。 不用品を処分すれば、風通しや日当たりもよくなり、明るい窓際になるのもメリットです。 ゴミや不用品を一時的に置くつもりでそのままになっているケースもあるでしょう。 まずは、不用品を片付け、スッキリとした状態にしてください。 7.マンションのベランダ掃除に関するよくある質問 最後に、マンションのベランダ掃除に関する質問に回答します。 それぞれ確認してください。 Q.ベランダを掃除する主なメリットは? A.主に、以下のようなメリットがあります。 窓の汚れを防ぎ、部屋に入る風がクリーンになる• 雑菌やカビの繁殖を防いで清潔に維持できる• 雨水がきちんと排水口に流れるようになる• 外観が美しくなる• 害虫が繁殖しにくくなる Q.マンションのベランダ掃除に向かない日は? A.雨や風が強い日です。 雨は、大気中の汚れを含んでいるため、雨降りのときに掃除をしてもまた汚れてしまいます。 また、風が強い日に掃除をしてもまた汚れが舞ってきてしまうので無駄になりがちです。 Q.ベランダで掃除機を使ってもいい? A.掃除機は、大きな音や振動を出しやすいため、おすすめしません。 使うとしても最低限にとどめてください。 Q.汚水をうっかりベランダに流してしまったらどうする? A.まずは、階下に影響がないかチェックしましょう。 階下の住民に事情を説明し、洗濯ものなどを汚していないか確認してください。 苦情が届く前に、電話などでなるべく早く一報を入れることが大切です。 Q.マンションの1階なら水があふれても問題ない? A.階下がないという点では、水があふれた場合でも安心です。 ただし、下に水が行かない反面、隣にあふれる可能性が高くなるので気をつけましょう。

次の

マンションのベランダをキレイにする掃除8つのコツ

ベランダ 掃除

ベランダは、砂埃や枯れ葉、排気ガスなどで汚れています。 年に数回はベランダを掃除しないと頑固な汚れとなって落ちにくくなってしまいます。 布団や洗濯物を干すときに、ベランダが汚れていてはせっかくの洗濯物が汚れてしまうことだってありますよね。 そこで今回は、ベランダ掃除の方法や、水が使えないマンションやアパートにお住まいの方のための掃除方法をご紹介! 水を使わずともベランダは綺麗になるので、ぜひお試しくださいね! ベランダを掃除する前に気を付けたいこと マンションなど集合住宅にお住まいの方は、ベランダに水を流せるか確認しましょう。 防水加工がされていないベランダだと、水を流して掃除してしまうことで階下に水が漏れてしまう可能性があります。 また、隣のベランダと排水溝が通じていることがほとんどなので、ベランダ掃除に使用した水が隣人の排水溝に流れてしまうと迷惑になるため注意しなければなりません。 ゴミを吸うために掃除機を使う方もいますが、騒音にはくれぐれも注意しなければなりません。 掃除機を使う場合は、念のため使用する時間帯などを伝えたり隣人にひと言伝えたりしておくと良いですね。 ベランダ掃除に必要な道具 まずはベランダ掃除に必要な道具を揃えましょう。 ほうきとちりとり• デッキブラシ• バケツ• 重曹(セスキ炭酸ソーダでも可)• 新聞紙• ゴミ袋• ゴム手袋• マスク• クエン酸• カビキラーなど塩素系漂白剤• ゴミ袋• 捨てても良い布やペーパー マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方は、近隣の方に迷惑にならないようベランダを掃除しなければなりません。 水なしでできるベランダの掃除方法 ベランダ掃除に関する注意点を踏まえながら、早速掃除の手順をみていきましょう。 手すり・壁・室外機などを水拭きする ベランダの手すりや壁、室外機は、砂埃や排気ガスなどで汚れています。 水拭きで簡単に落ちる汚れですが、長い間ベランダを掃除していないと落ちにくくなっているかもしれません。 水拭きで落ちない汚れは重曹水を使って落としていきましょう。 水200mlに対し小さじ2杯の重曹を入れて重曹水を作り、雑巾などに浸して絞り拭いていきます。 重曹は金属に触れると傷めることがあるので、最後は必ず水拭きして重曹水が残らないようにしましょう。 もっと室外機をキレイに掃除したい方は『』にて詳しく解説しているので、ベランダ掃除のついでにキレイに掃除してしまいましょう。 枯れ葉など大きなゴミを取り除く ほうきやちりとりを使って、大まかなゴミを取り除いていきましょう。 枯れ葉や木の枝、洗濯物のカスなどを掃除します。 マンションやアパートなどにお住まいの方は、隣の人のベランダにゴミが舞わないよう掃く向きを考えて掃除してくださいね。 【水が流せる場合】デッキブラシで擦る 水が流せるベランダの場合、水を流してデッキブラシなどで擦ればキレイに汚れが落ちることが多いですよ。 水で流しても落ちない汚れの場合は、重曹水を使ってデッキブラシで落としていき、最後に水を流しデッキブラシなどで水が残らないよう排水口へ流して完了です。 重曹水は、バケツを用意し、水2Lに対し小さじ6~7杯の重曹を入れて作ってくださいね。 【水が流せない場合】濡れた新聞紙を使う 水が使えないベランダの場合は、水で濡らした新聞紙を使いましょう。 新聞紙を水で濡らして細かくちぎり、ベランダに撒きます。 ほうきで掃く際に、濡れた新聞紙が細かい汚れを拭き取ってくれるというもの。 この方法なら水を流すことができないベランダでもキレイにすることができます。 もし水で湿らせた新聞紙で落ちない汚れがある場合は、重曹水に浸して新聞紙を雑巾代わりに使って拭き掃除しましょう。 鳥のフンがあるとき ベランダに鳥のフンがこびりついていませんか? 鳥のフンは菌がたくさん! アレルギーを発症したり、免疫力の低い妊婦さんや高齢者、乳幼児などは特に注意しなければなりません。 鳥のフンは酸性なので、ベランダの手すりなど金属に触れたままでいると傷んでしまう可能性もあるのです。 鳥のフンを安全に掃除す方法は、必ずマスクとゴム手袋を着用し、カビキラーなど塩素系漂白剤を使用し除菌しながらフンをふやかして落とします。 使い捨ての古い布やペーパーなどで拭き取り、ゴミ袋に入れて口をしっかり絞って捨てましょう。 擦り落とすためにデッキブラシなどを使用した場合は、デッキブラシも消毒してから収納してくださいね。 排水口(水が流せる場合) キッチンなどの排水口掃除にも使用される方法ですが、ベランダ掃除にも応用することができます。 まず、を排水口に粉のまま振りかけましょう。 次にを同様に粉のまま振りかけます。 水を少量ずつ流すと重曹とクエン酸が反応して泡が出てきます。 発泡パワーを利用して排水口や排水管の中の汚れが落ちるという仕組みです。 しばらく置いて発泡しなくなったら水をたくさん流して完了です。 ベランダをキレイに保つ方法 ベランダはちょっとした工夫でキレイを保つことができます。 ベランダが物置き化している、ベランダ菜園やガーデニングをしているという方は以下のポイントをおさえてベランダを汚れにくくしましょう。 ものを極力置かない ベランダにものをたくさん置いていませんか? ものがたくさんあると、ホコリつきやすくなったりゴミが溜まりやすくなったりしてしまいます。 できるだけベランダにはものを置かず、どうしてもというものはベランダ用のボックスに収納してスッキリと収納するのがポイントです。 掃除する際は、ボックスを水拭きしてホコリを取るだけなので簡単ですよ。 ちなみに、マンションなど集合住宅の場合、ベランダにものを置く場所が限られていることがあります。 避難通路にものを置くと消防法に引っかかる可能性があり災害のときに大変危険なので、置き場所にはくれぐれも注意してくださいね! プランターの下から流れる水に注意 ベランダで家庭菜園や花を育てている方は心当たりがあると思いますが、植木鉢を移動したときに土の汚れがベランダにこびり付いていないでしょうか? 水やりの際にはどうしても土が流出してしまうので、ベランダが黒ずんだり、排水溝が泥で汚れたりしてしまいます。 ガーデニングによる泥汚れを防ぐには、プランター専用のプレートを下に敷いて水や泥水がベランダに流れ出ないようにしましょう。 定期的にベランダを掃除する ベランダは定期的に掃除して汚れの蓄積やこびり付きを防ぎましょう。 手すりは布団を干すことがあると思いますので、干す前に簡単に水拭きするだけで構いません。 月に1度は枯れ葉など大きなゴミを掃除するようにし、半年に1度はベランダをデッキブラシで磨いたり水が使えない場合は濡れた新聞紙でキレイに掃除しましょう。 まとめ ベランダの掃除は、定期的に行い、ものの置き方やプランターの排水に注意するだけでキレイを保つことができます。 汚れが蓄積するとなかなか落ちなくなってしまったり、枯れ葉を溜めたままでいると虫が大量に発生したりするため、月に1度は枯れ葉など大きなゴミを取り除き、砂埃をほうきで掃くようにしましょう。 なかなか落ちない汚れには重曹が効果的です。 鳥のフンは雑菌だらけなので、できるだけ早く安全に取り除きましょう。 本記事でご紹介した掃除のポイントを参考にして、家のベランダをピカピカにしてみてくださいね!.

次の