キム秘書はいったいなぜ 5話 ネタバレ。 キム秘書はいったい、なぜ? ドラマ公式サイト

キム秘書はいったいなぜ第5話あらすじネタバレを紹介! | 韓国ドラマ情報局

キム秘書はいったいなぜ 5話 ネタバレ

イ・ヨンジュン … パク・ソジュン キム・ミソ … パク・ミニョン イ・ソンヨン … イ・テファン 5urprise コ・グィナム … チャンソン 2PM , パク・ユシク … カン・ギヨン ここからネタバレになりますので注意してください!! キム秘書はいったい、なぜ?5話のネタバレとあらすじ 驚くミソを見つめ、気まずくなったヨンジュンは、 「…と、あの幼稚な本に書いてあったんだ。 」と、先程の告白をはぐらかしてしまいます。 これまた気まずい様子のミソは、ラーメンを作りに台所へ向かいます。 ミソが作ってくれたラーメンを食べて、新しい味に目を見開くヨンジュン。 「今日は、本当にありがとう。 」 そう言って車に乗り込むヨンジュンを見送るミソ。 ヨンジュンはその足でユシクを訪ね、 ラーメンを食べたことを話します。 そこで、ラーメンをすすめるのはただの意味じゃない、恋愛しようという意味だということを知るヨンジュン。 ヨンジュンとミソの話じゃないのか、と怪しむユシクに、ヨンジュンはいとこの大学同期の話だと告げます。 次の日、ミソを迎えに行くヨンジュン。 歩道の段差のおかげで思いがけずハグすることに成功。 運転席に向かおうとするミソを制して、助手席に座らせます。 後部座席から紙袋を取り出すと、そこにはシェフ特製の朝食とコーヒーが。 コーヒーを一口飲むミソを見て満足気なヨンジュン。 副会長室に入り、ミソはヨンジュンが兄に殴られてできた傷に薬を塗ってあげます。 そんな中、書類で指を切ってしまうミソ。 昨日のお礼だと言ってヨンジュンもまた、ミソの傷をみてあげます。 ロビーにミソを呼び出すソンヨン。 アートセンターのオープン記念ブックコンサートを引き受けるといいます。 そこで初めて、ミソは先日すれ違った男性がモルペウスだと気付きます。 本当の番号を交換する二人。 一方、ヨンジュンはミソに プロポーズをするため、自らレストランを予約し、ミソを誘います。 そんな中、ソンヨンからイベントの件で少し会えないかと言われるミソ。 しかし、二人が一緒にいるところをヨンジュンが目撃してしまい、怒りに震えるヨンジュンはミソにどういうつもりかと尋ねます。 彼がモルペウス作家で、ブックコンサートを引き受け、その件で会っていたと話すミソ。 その有名作家というのがソンヨンだと知っていたら、絶対に許可しなかったと怒鳴りつけるヨンジュン。 ミソはヨンジュンのその様子に傷つきます。 ヨンジュンの力になりたいと自ら企画したイベントでしたが、こんなことになってしまうなんて…。 大した話ではないなら今日は失礼しますと、レストランをあとにするミソ。 ソンヨンは、自分がミソを奪うかと心配なのか?とヨンジュンを煽り、結局ブックコンサートは予定通り行われることに。 あれだけダメだと言ったブックコンサートを、今度は何故予定通り行うことにしたのか。 ヨンジュンの度々変化する行動に、不信感を抱いたミソは、 「二度と私の心を揺さぶらないでください。 」と言います。 その後まもなく、 モルペウス作家がヨンジュンの兄であることを知るミソ。 幼い頃兄と仲が悪かったというヨンジュンの言葉を思い出し、全てを理解します。 ヨンジュンの謝罪によって誤解がとけた二人。 その夜、副会長室で業務を続けるミソとヨンジュン。 急に立ち上がったヨンジュンは、ミソを見つめながら言いました。 「俺は…キム秘書の心を揺さぶりたいんだ。 」 そう言ってヨンジュンはミソにキスをします。 しかしその瞬間、昔の記憶が蘇りミソを壁に突き飛ばしてしまうヨンジュン。 ヨンジュンを縛り付ける悪夢の正体は一体…? Sponsored Link キム秘書はいったい、なぜ?5話の感想 ソンヨンの登場によりだんだん 三角関係が本格的になってきました。 というよりは、ライバルの登場でより二人の絆が深まっている、という表現の方が正しいでしょうか。 結果的に良い役割をしてくれています、ヨンジュン兄。 ミソもはっきり自分の気持ち伝えたので、二人が本当の恋人になる日もそう遠くはなさそうです。 いや、もう付き合っているのかな? もはや退職話なんてあったのか、という状態のミソ。 何がそんなに彼を追い詰めるのか…? ソンヨンも同じような夢をみていたことで、より問題が複雑になりました。 早く過去が解き明かされることを願います。 そして、ユシクのアシストでラーメンの意味を知ったヨンジュン。 まんざらでもない表情がツボでした、笑 同じ頃ミソも姉によってラーメンの意味を知らされます。 ユシクはとっくに二人の関係に気づいてそうですけど、必死に否定するヨンジュン。 いとこの大学同期って誰だ?笑 二人が恋人になっても、影でひっそり見守ってうまいことアシストして欲しいです、パク社長! 私はユシクの幸せも祈っていますよ。 ラストはキスしてそのまま終わるのかと思いきや…やはり期待を裏切らない展開。 キャスター付きの椅子ごと突き飛ばされたミソ。 次回はそんなミソを、果たしてヨンジュンはどうやってフォローするのか、またまた楽しみです^^.

次の

韓国ドラマ キム秘書はいったい なぜ あらすじ全話 感想ネタバレ

キム秘書はいったいなぜ 5話 ネタバレ

アラサー独身。 これからの人生、どう生きていく? そして。 誰かと人生をともにするという生き方を選択する場合、相手はどんな人がいい? ちょうど考える年齢だよね~。 アラサー女子って、子どもを産むリミットの関係で今後の人生設計がリアルになってくるし、 仕事でも責任のあるポジションを任されたり、お給料も安定してきて自分にかけられる金額が増えたり、 忙しいんだよね。 周りの人生と自分の人生を最も比べる時期でもあるかも。 学生時代にやってきたことや積み重ねて来たことが、今の生き方に反映されやすいのもこの時期だと思う。 海外ドラマちゃんも初めて結婚を意識したのが26歳のとき。 このままずーっとバリキャリ路線で働いていくのかな?と、 その先に自分が満足する未来が待ってるのかなあって、ふと思った時があったなぁ。 そしてそのときやっぱり思いましたよ、いったん退職して別の人生を探そうって。 自己中男の粋なサプライズは前日から始まっていた説。 夜の遊園地デートを楽しんだ後、貸切のレストランで食事をする2人。 会話はお互いの幼少時代の話になり、 ミソは昔この辺りに住んでいて、メリーゴーランドの位置にかつての実家があったはず、と思い出を語りだします。 幼少期から秀才だったヨンジュンは、9歳の頃に2学年飛び級して4年生だった兄ソンヨンと同じクラスだったこと、 それを生意気に思ったソンヨンと友達からいじめられていたこと、いじめの主犯が兄自身だったことなどを話します。 ヨンジュンの言動の端々から今なお続いていると思われる兄との確執が見え隠れします。 食事の後、行くところがあるといってミソを連れてきたのは豪華な遊覧船の上。 寒すぎて震えるミソとヨンジュン。 上着の貸し借りでひと悶着する2人の前にたくさんの打ち上げ花火が上がります。 もはやエンディングのようなサプライズw 帰りの車内、ミソは自分の言動や表情に満足げなヨンジュンの顔を見て、 先日レストランでアンケートに回答した内容が、今日のデートで実現しているということに気づきます。 感謝の気持ちを伝え、自宅に去ろうとするミソは「君の望みはもう1つ残っているだろ。 」とヨンジュンに声を掛けられました。 \おひとついかがでしょうか?/ リンク なぜわざわざアンケートを事前にとるなど手の込んだことをしたのか?というと、 「ミソが欲しいものをあげたかった」という気持ちからでした。 ロマンチックなキスは不発に終わるも、ミソにとって特別な1日になるようにあれこれ準備するヨンジュン、健気じゃないですか? ヨンジュンの実直な一面が垣間見えてキュンとします。 お疲れ牛とともに自宅に戻ったミソは顔がほころんで嬉しそうにしていましたね~。 退職祝いとはいえ、大金持ちとはいえ、自分を喜ばせようとする一人の男性の姿にミソの心も少し動いたかな?と思えたシーンでした。 フェーズ2 ミソの理想の男、現る!?平凡な男性とのデートで見えてくるヨンジュンの魅力。 ところがユシクは「平凡な男との結婚を望んでいるキム秘書は、その男ときっとうまくいく。 」と言い返します。 『自分の望む相手だと思っている』男性とデートしているにも関わらず、事あるごとにヨンジュンとのウルトラ級デートを思い出して『理想の平凡男』との差を比べてしまうミソ。 そんな自分に気づき、何か感じながらもその気持ちを振り切ってデートに集中しようと努めますがうまくいきません。 自分とデートした後にする平凡な男性とのデートは 「数百億かけて作った超大作映画を観た後に、B級映画を観るようなもの。 」といい、 そんなものは観ていられないだろうというヨンジュンの思惑にハマっていきそうな予感です。 第5話はここまで。 第5話 感想 第5話のハイライトシーンは何と言ってもヨンジュンとの初デートでしたね~。 サプライズ登場からの遊園地貸切、レストラン貸切、遊覧船貸切の打ち上げ花火というサプライズの応酬。 輸血必須レベルの出血大サービス。 んでこんなロマンチックが止まらない連発しといて、ふいにミソと目が合うと照れて逸らしてしまうというヨンジュン… 萌) ヨン様って冬ソナで終わった死語かと思ってたんだけどヨン様new! ここにありですよ。 また一方で、自分が望む男性像にぴったり当てはまる男性ともデートを試みるミソ。 この試みはいいね~!結婚してしまったらもう比べられんからね。 やりたいこと全部やっちゃえよ!っていうノリで応援したくなります。 デートのお相手、名付けて平凡男さんもイイ感じなんだけどね~。 ユーモラスでギャグが若干スベリがちなんだけど一生懸命な感じで海外ドラマちゃんは結構好き。 ただし胸キュンは望めませんwいい旦那にはなりそうww ちょいちょい顔を出すヨンジュンとお兄さんの確執も今後表面化してくるのでしょうか? 今後明らかになっていく家族の秘密にも注目です。 第5話 おまけ 海外ドラマちゃん的!『キム秘書はいったいなぜ?』名言集。 何気に名言が多いこのドラマから、エピソードごとに一言ずつピックアップしていくこのコーナー。 初回はイ・ヨンジュン様のこの名言を。 夜の遊園地デートを楽しむミソとヨンジュン。 ミソがジェットコースターやバイキングなどの絶叫マシンに乗りたいものだと勝手に思い込んでいるヨンジュンは 何度も何度も乗り込みます。 ところがミソは絶叫系が苦手。 悲鳴を上げすぎてぐったりするミソの隣で涼しい顔をしているヨンジュンに、副会長は怖くないんですかと問うと… 「あぁ。 恐怖は遊具などで感じるものではない。 」 とあっさり答えます。 ヨンジュンは絶叫マシンに乗ってる間ずっと腕組みして真顔 むしろ薄ら笑い なんだよね~。 そのシーン自体が笑えるし、この名言は言い得てるな~と、ジワジワくるなと思って。 絶叫マシンは所詮おもちゃ。 この理論で今後はジェットコースターも怖くないわw ちなみに海外ドラマちゃんが最も怖い絶叫系は富士急ハイランドのドドンパ。 恐怖の塊。 でも乗っちゃう。 泣きながら乗っちゃう。 そしてドドンパから降りるとマスカラで顔に涙腺できててそれはそれで何かウケるの。 ヨンジュン曰く、絶叫マシンはただの遊具。 では本当の恐怖とは何か? その質問には結局今回は答えないんだけど、ドラマが進んでいくに連れて解が出るはず。

次の

キム秘書はいったい、なぜ?|ラブコメ1位に納得!パク・ソジュンがハマリ役|猫耳のドラマ生活

キム秘書はいったいなぜ 5話 ネタバレ

出典:tvN 凄いですよねー。 雰囲気からスタイルからそのまんま。 特にパクミニョンのキム秘書なんて完璧です。 捨て身の演技っていうのでしょうか 笑 中途半端ではなく、二人共ぶっ飛んだ演技をされていて、この二人の相性が良いと言われるのもよく分かります。 パクソジュンは笑えるのにカッコいいし、パクミニョンはどの角度から見ても完璧に美しい! シンデレラ・ラブコメディ 観てみると、このドラマが面白くて人気と言われるのに納得。 私も最初の1話を観ただけで、「これは面白い!」とハマりました! 出典:tvN ヨンジュンの部下でもあり唯一の親友でもある社長・ユシク。 ヨンジュンはミソの事で悩む度にこのユシクに悩みを相談するのですが、それがもう中学生レベルの会話で 笑 アドバイスになっているのかなっていないのか分かりませんが、この二人の会話がコメディ度に拍車をかけています! さらに私が爆笑したシーンは、後半でミソが同僚達と飲み過ぎて酔っぱらってしまうシーンです。 そこに心配したヨンジュンは迎えに行くのですが、ミソと一緒に飲んでいた女性社員達(ヨンジュンの部下)もベロベロに酔っていて…。 日頃は副会長・ヨンジュンに怯えている女性社員達も、酔っているのでヨンジュンに言いたい放題。 尻文字を書けとか 笑 とにかく痛快に面白いです。 ツンからデレへの変貌 ストーリーが進むにつれて、ヨンジュンとミソの距離は近付いていきます。 その頃からヨンジュンがツンからデレに変化していきます。 それでも相変わらずナルシストっぷりは変わりないのですが、ミソへの愛情表現もどんどんストレートになるので、視聴者は胸キュンする事間違いなし! 後半の展開 前半はとにかく面白くて爆笑の連続ですが、途中から二人の過去が絡み始めサスペンス部分が出てきます。 そこも最初は集中して見てたのですが、あまりにも引っ張り過ぎるのが私は残念に感じました。 ラブコメ部分とサスペンス部分がうまくかみ合っていないような…。 なので後半は若干ダレてしまった気もしますが、全体としては十分楽しめるラブコメだと思います。

次の