コールセンター仕事。 所沢、コールセンター(テレフォンオペレーター)、派遣の求人(仕事)一覧|はたらこねっと

コールセンターの仕事内容や種類、メリット・デメリットを把握しよう

コールセンター仕事

【仕事内容】 クレジットカードを紛失されたお客様の、カード停止処理と、再発行の手続き案内及び、不随する専用システムへの入力業務(他部署への連携有り)。 (氏名・生年月日など) ・失くしたカードが複数枚あれば、全てについて、それぞれ聴取。 コールセンターの仕事のきついところ 【ラクな部分】 体力的にはずっと座っているので、消耗はしない。 ただし、人によっては、足のむくみ、腰痛、(PCを長時間使うので)目の疲れ・頭痛などを感じる人もいる。 【キツい部分】 精神的には、クレームやお叱りを受ける場合もあるので、そういう案件が続くと負担はある。 スポンサーリンク コールセンターのいいところは? ・お客様に感謝の言葉を頂けること。 困って連絡して来られたお客様に対して、適正な処理をすばやく提供できた時や、今後の手続きについて案内差し上げた時、また希望に沿う事ができない時に、代替案・アドバイスをお伝えし、「助かった。 ありがとう」や、「丁寧に教えてもらって分かりやすかった」などのお礼やお誉めのお言葉を頂いた時にやりがいを感じます。 ・繁忙期は電話を切っても、すぐに次の電話がなるので、忙しいですが、繁忙期以外は、基本電話が鳴るのを待っているお仕事です。 なので、隣の人と世間話をしたり、知識を交換しあったりして、必然と仲良くなれます。 コールセンターの嫌なところは? ・クレームの案件に当たってしまう事がしばしばある事。 提供しているサービスに納得がいかない等、真っ当なお叱りなら仕方ないが、理不尽な怒り(八つ当たりに近い)や、人格を否定する様な罵倒を受ける場合もあるので、いかに聞き流せるか(ただし、きちんと聞いてる風な対応をしないと、余計に炎上させてしまう)心の持ちようが重要になってくる。 ・また、お客様の仰っている事が本当にその通りで、なんとかして差し上げたいが、派遣先企業の方針により、どうしてもお客様の希望に沿う事ができない時、もどかしさ・やるせなさを感じること。 ・座り仕事なので、ラクではあるのだが、反面トイレや10分休憩以外は、勝手に歩き回る事ができず、電話対応やPC入力を長時間するので、慣れるまでは、じっとしている事が辛い。 その研修期間中にも、お給料が発生しているし、何よりデビューしてからの自分の為にも、研修は真剣に受けて、業務内容を覚えていくことが大切です。 その為にも、分からない事はその日に、きっちり解決しておくこと。 分からないままデビューすると、お客様対応にも自信のなさが表れ、お客様に信用して頂けないばかりか、誤案内をして、お客様にご迷惑をお掛けしてしまう事もあります。 ・もう一つ重要なのは、「良い意味で、お客様の言うことは聞き流す」「気持ちを切り替える」ことです。 もちろん、おっしゃっている内容は、基本的には聞き逃してはいけませんが、理不尽なお叱り・人格を否定する様な暴言などは、おおまかには聞かなければいけませんが(内容をシステムに残したり、上司に報告する必要がある為)ある程度できいておかないと、精神的に落ち込んでしまいます。 電話が終わったら、上司に報告をして、その後はトイレに行くなり、一服するなりして気持ちを切り替え、次の電話対応で、明るい第一声を発せられる様に備えられる、メンタルが必要になります。 関連ページ 派遣社員の仕事の1つにデータ入力という仕事があります。 データ入力というとガンガンタイピングしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてた紅葉さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに一般事務という仕事があります。 一般事務は派遣社員の王道で募集も多い仕事ですね。 そんな一般事務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたあんこさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに営業事務という仕事があります。 営業事務は営業のアシスタント業務とも言われ、一般事務よりも大変なイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたララ4649さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに旅行事務という仕事があります。 旅行事務というと海外旅行や国内旅行で利用したことのある人もいると思います。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたHaineさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに英文事務という仕事があります。 英文事務というと英語を使った事務仕事、というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたくるみさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに大学事務という仕事があります。 大学事務というと大学生ならイメージしやすいと思います。 学内で事務仕事をしたり、先生や生徒に対応したりする仕事です。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたmeronさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに貿易事務という仕事があります。 貿易事務というと英語を使って海外の人とやりとりする仕事、というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたyhさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに保険事務という仕事があります。 保険事務というと大量の書類を処理してそうなイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、保険事務の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてた紅葉さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに経理補助という仕事があります。 経理補助というとエクセルで計算しまくるイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたりょうさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに人事補助という仕事があります。 人事補助といえば会社の従業員の面接とか勤怠管理などをしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたsimiさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに企業受付という仕事があります。 企業受付というと企業の顔となる華やかな職業ですね。 そんな企業受付の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代〜30代のときに働いてたみみさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにOAオペレーターという仕事があります。 OAオペレーターというとパソコン関係の事務仕事をひたすらこなしてる人というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代〜30代のときに働いてたまりこさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに介護業務があります。 介護業務というと老人の下のお世話や家事などでかなり大変なイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたTMさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに秘書という仕事があります。 秘書というと社長の下でひたすら雑用をしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたギズモさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに通訳・翻訳という仕事があります。 通訳・翻訳というと持ち前の英語力で黙々と翻訳したり、外国人の得意先とのコミニケーションをとっているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときにきらりさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに携帯電話販売員という仕事があります。 携帯電話販売員は時給が高いので求人広告でもひと際目を引きます。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたmakotoさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに家電量販店での販促業務があります。 家電量販店というと携帯とかインターネットとかの勧誘のために営業してるイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを大学生のときに働いてたzimeliumさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにアパレル販売があります。 アパレル販売というとバイトでもありますが、派遣社員でもあるんですね。 実際どんな仕事をして、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたタオさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに試食販売という仕事があります。 試食販売というとスーパーで声を張って試食を促してる人、というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたハケンさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに通信関係の事務職という仕事があります。 通信関係の事務職というとアパートにネット回線引いてくれる人でしょうか? 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたブライアンさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにチルドの仕分けという仕事があります。 主にスーパーに売られている野菜や果物を仕分ける仕事です。 チルドの仕分けがどんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、チルド仕分けの仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたくろさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにコンテナ製作という工場勤務の仕事があります。 コンテナ製作というと工場内で黙々と力仕事をするイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたふれでぃさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに倉庫内軽作業という仕事があります。 倉庫内軽作業というと倉庫でひたすら流れ作業をしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを大学生のときに働いてたdances2kさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにパチンコ屋店員があります。 パチンコ屋店員というとバイトのイメージが強いですが派遣社員でもあるんですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、20代のときに働いてたドリームさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに保育補助という仕事があります。 保育補助というと子供と遊んであげたり、世話をするお仕事ですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたぽっちゃり先生さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに製造・検査という仕事があります。 製造・検査というと工場内で地道な作業をしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてた岩本さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つ品質保証とという仕事があります。 品質保証というと白衣を着て顕微鏡などで細かい検査をしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたiwamotoさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに農作業という仕事があります。 農作業というと田舎でのんびり働くイメージですね。 具体的にどんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたにゃんすけさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに百貨店のジーンズ販売という仕事があります。 百貨店のジーンズ販売というとお店の前を通りかかったり、物色してると声をかけてくる店員さんですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたminminさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに機械オペレーターという仕事があります。 機械オペレーターというと工場で機械を動かしたり、点検したりしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、食品製造現場での機械オペレーターとして30代のときに働いてた送りバントさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにグラフィックデザイナーいう仕事があります。 グラフィックデザイナーは経験を積んでどんどんスキルアップしていくことが大事なので派遣として働くのもいい選択肢だと思います。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたshinosanchezさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにイベント設営という仕事があります。 イベント設営というとライブ会場などで椅子を設置したり、テントを張ったりする仕事ですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたBajistさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに食品工場という仕事があります。 食品工場というとひたすら流れ作業をしているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたかなたさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにキャンペーンスタッフという仕事があります。 キャンペーンスタッフというのはライブなどのイベント会場でMCをしたり、何かお手伝いをしたりする仕事です。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを大学生のときに働いてたゆきちさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにビラ配りという仕事があります。 ビラ配りというと街中や駅前でコンタクトなどのビラを配ってるイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたまいまいさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに第3セクター施設スタッフという仕事があります。 第3セクター施設スタッフというとイメージが沸きづらいですよね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたgさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに銀行融資事務という仕事があります。 銀行融資事務というと融資に関する相談に乗ってくれる頼もしい人というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたミルクティーさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに道路図面作成業務という仕事があります。 道路図面作成業務というと地図を作る仕事というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたマヨネーズさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに放送局での映像管理という仕事があります。 放送局での映像管理というとテレビ放送の裏で仕事をしているスタッフ、といったイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたにゃおさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにエアコン部品の組立作業という仕事があります。 エアコン部品の組立作業というと黙々と流れ作業をしているイメージですね。 エアコン部品の組立作業が実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたnakaさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに食品工場の冷凍食品製造という仕事があります。 食品工場の冷凍食品製造というと工場hの製造ラインで黙々と作業しているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてた山本正晃さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに食品工場の冷凍食品製造という仕事があります。 食品工場の冷凍食品製造というと工場hの製造ラインで黙々と作業しているイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてた山本正晃さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにインフォメーションカウンターという仕事があります。 インフォメーションカウンターというとデパートなどでフロアの案内係をしているお姉さん、というイメージですね。 実際どんな仕事で、時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたhappyMKさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにフォークリフトオペレーターという仕事があります。 工事現場などでフォークリフトを操作する仕事ですね。 フォークリフトオペレーターの時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたdaisuke0520さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに社会保険事務という仕事があります。 社会保険事務は社会保険に関するさまざまな書類手続きを行う業務です。 そんな社会保険事務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたtpppsさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに倉庫内出荷作業という仕事があります。 倉庫内出荷作業はネット通販で購入された商品を出荷する仕事です。 倉庫内出荷作業の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたあすかさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに法律事務という仕事があります。 法律事務所で働く事務スタッフです。 そんな法律事務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたワイズマンさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにレンタルオフィスの受付・事務という仕事があります。 レンタルオフィスは様々な企業や個人が会議室やワーキングスペースをレンタルするために訪れます。 そこで受付や事務作業を行う業務です。 そんなレンタルオフィスの受付・事務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたのんののさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにクレジットカード勧誘という仕事があります。 ショッピングセンターなどでクレジットカードの勧誘をするお仕事です。 そんなクレジットカード勧誘の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたハナさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに百貨店のカード制作という仕事があります。 百貨店のカードといえば入会を勧誘する仕事ですが、そちらではなく、入会されたお客様のカードを作る作業をする仕事です。 そんな百貨店のカード制作の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたちひろさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに半導体電子部品の検査という仕事があります。 半導体電子部品の検査というと白衣を着て顕微鏡などを使って小さな部品を検査するイメージですね。 そんな派遣の半導体電子部品の検査業務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたうめぴさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つにキッティング・サポート業務という仕事があります。 企業などから仕事を請け負ってパソコンの立ち上げや設定作業を行う仕事です。 そんなキッティング・サポート業務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたkasatakeさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに建築CADオペレーターという仕事があります。 パソコンでCADによる図面作成作業をするお仕事です。 そんな建築CADオペレーターの時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたももさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに飲食店でのアンケート記入依頼という仕事があります。 あまりなじみのない人が多いと思いますが、飲食店でお客さんにアンケートをお願いする仕事です。 派遣社員の仕事の1つに給与計算という仕事があります。 給与計算というとどこの会社でも必ず誰かがやらなきゃいけない需要のある仕事ですね。 そんな給与計算の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたnintomoさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに社内ヘルプデスクという仕事があります。 ヘルプデスクは社内のパソコンに関するトラブルを解決する仕事です。 そんな社内ヘルプデスクの時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを40代のときに働いてたpcstrychocolateさんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに倉庫内ピッキングという仕事があります。 倉庫内ピッキングといえば一人で黙々と作業する仕事というイメージですね。 そんな倉庫内ピッキングの時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを大学生のときに働いてたポン太さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに半導体装置の解体と組立という仕事があります。 作業服を着てする仕事ですね。 そんな半導体装置の解体と組立の仕事の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを30代のときに働いてたtas4789さんに聞いてみました。 派遣社員の仕事の1つに商品の受注業務という仕事があります。 お客様から商品の受注を受けて対応する仕事ですね。 そんな商品の受注業務の時給や月収がどれくらいなのか、仕事の良いところ、嫌なところを20代のときに働いてたぽえ〜むさんに聞いてみました。 バイトの求人情報探してたらコンビニ派遣と言うのを見つけた。 コンビニ派遣は時給が高いメリットもあるけどデメリットも大きい働き方です。 今回はコンビニ派遣が実際どんな働き方でどんなメリット・デメリットがあるのかお伝えします。 派遣社員の仕事といえば求人数が非常に多いのがデータ入力の仕事。 タイピングをするだけの楽な仕事なのか、それともタイピングを1日中やるのはきついのか? 100人に仕事の実態を聞いてみました。 派遣社員の仕事の中でも求人数が非常に多いのがコールセンターの仕事。 コールセンターは時給が高くて魅力的だけどストレスが溜まりそうなイメージがあります。 実際どうなのか、コールセンターの派遣社員をやってた100人に仕事の実態を聞いてみました。

次の

ヤマト運輸の事務・コールセンターはつらい?楽?口コミ・レビュー

コールセンター仕事

2014年のことですが、オックスフォード大学が認定する「あと10年で消える職業、なくなる仕事」が発表されました。 その中に、「電話オペレーター」が含まれていました。 果たして、コールセンターの仕事は、10年後に無くなってしまうのでしょうか? 人件費の面から、縮小されることは間違いない あくまで私見ですが、縮小されることは間違いないと思います。 実際、私の知るとある企業の問い合わせ窓口は、以前は朝9時~21時でオープンしていましたが、数年前から10時~19時体制になっていました。 9時~21時の営業時間であれば、早番と遅番の2シフト勤務が必要だったところ、10時~19時であれば1シフトの勤務で済むので、単純計算ですが人員が半分で済むことになります。 NTTの問い合わせ窓口「116」も、以前は9時~21時でしたが、現在は9時~17時までに短縮されています。 コールセンターというのは、いつ、どんな問い合わせが増えるか、予測が難しい業界でもあります。 いつでも豊富にオペレーターが待機していれば、急な問い合わせの増加にも対応できますが、逆に問い合わせが少ない日には、オペレーターが電話がかかってくるのを待つことになってしまいます。 問い合わせの数に対してオペレーターを余らせると、不要な人員を用意してしまったことになり、人件費は赤字です。 通常は、問い合わせ数の予測を立てて、それに見合った人員を配置します。 余剰な人員を配置する金銭的な余裕は、どこの企業にもありません。 問い合わせ数を減らす施策 とは言え、闇雲に人員を減らして、まったく電話がつながらないようでは、その窓口は機能しているとは言えません。 そのため、各企業は問い合わせ数を減らすことに力を入れています。 例えばWEB上でコールセンターの電話番号を表示する前に強制的に問い合わせの多い内容のFAQを表示したり、問い合わせの件数や内容によって有料にしたり、電話の自動応答だけで対応できるようにしたりと、様々な対策が取られています。 最近見かけた例ですが、保険会社のアフラックでは、問い合わせの多い「生命保険料控除証明書の再発行手続き」を、インターネット上からの手続きだけでなく、電話の自動応答のみで完結できるようになっています。 オペレーターが対応する必要があるのは、ネットや自動応答で対応できない一部の顧客だけです。 LINK 顧客も電話窓口で待たされる必要がなくなり、オペレーターの人件費も削れる、素晴らしい施策だと思います。 コールセンターの扱う目玉商品は人そのものですが、人件費は常に、コールセンターの中ではコスト減を考えるべき対象なのです。 「ロボットが電話対応をする」ことをイメージしなくても、先程のアフラックのように、人間のオペレーターに代わって音声応答だけで問い合わせが完結することも、AI化の1つといえると思います。 「ロハコ」の事例 また、アスクルとYahoo! が提供しているサービス「ロハコ」では、実際にAIチャットボットで問い合わせの3分の1が減っているそうです。 LINK とは言え、このようなサービスはユーザ側にある程度の「質問スキル」が求められます。 「ロハコ」は元々、ネット通販の利用する程度のリテラシーがある層が問い合わせをしているので、このような成果が出たのではないでしょうか。 私もマナミさんに質問してみました。 うーん、全国送料無料なのかな?沖縄も無料に含まれるのかな? 私もネット通販をよく利用しますが、送料無料と書いてあっても、「沖縄は別途有料」というショップも多いのです。 そこが質問したいポイントだったのですが。 その辺りの、質問が生まれる背景までは、AIで判断するのは難しいですよね。 最も、人のオペレーターが対応する場合も、背景を考慮してくれるのは優秀なオペレーターさんだけかもしれませんが…。 ペッパーくんに、接客は可能か? コールセンターのお話と少しずれますが、皆さんは、あの「ペッパーくん」とお話したことがありますか? 私は、とある温泉地のホテルのロビーにいたのを見たことがあります。 おそらく、館内案内なども出来る仕様になっていたのではないかと思いますが、その辺りはまったく記憶にありません。 誰にも話しかけられなくなったペッパーくんは、一人で「ペッパー警部」を歌っていました…。 彼がまっとうしていた役割はせいぜい、チェックインを待つ間の暇つぶしだと感じました。 ですが、ただの暇つぶしであれば、自分のスマホでも充分です。 それだけ、AIが「人の話し言葉から適切な回答を返す」というのは、まだ人間の行う「業務」に相当するレベルには達していないということではないでしょうか。 「人が対応出来ること」の精度を高めていくしか無い 2014年から10年後、2024年までに無くなる仕事ということは、残り7年。 一部では問い合わせをAIが担っているとは言え、今のところ、完全にコールセンターの業務が無くなったわけではありません。 先程のアフラックの書類再発行のような業務は、今後益々自動化が進んでいくと思われます。 ただし、再発行のサービスは証券番号などが手元にある場合のみ、対応が可能です。 私は損害保険のコールセンターで働いていたことがあるのですが、事故に遭った時に手元に証券を用意して電話を掛けてこられる方はあまり多くありません。 もちろん、事故というのはいつ遭うかわからないものなので、仕方がないことです。 その場合は、電話番号やお名前などの登録内容から契約を探すのですが、お引っ越しをされている場合など、登録内容に変更があると契約の特定が難しいケースもあります。 そう言った、ある程度複雑な内容については人間が対応する必要性は残るでしょう。 無くなると言っても、完全に無くなることは考えにくいです。 人として、価値のあるサポートが出来るスキルを高めて行くことが、生き残る術ではないでしょうか。

次の

【看護師】コールセンターの仕事内容と求人の探し方

コールセンター仕事

大きな液晶モニターがあるコールセンター内で「現在電話対応中の件数」「まだ対応できていない電話対応待ちのお客様の件数」がリアルタイムに表示されます。 次から次へとひっきりなしにかかってくる電話を受けるお仕事です。 パーテーションのある個人のデスクスペースはありますが、フロア全体でみんなが電話に対応しているため、静かな環境での仕事という雰囲気ではありませんでした。 マイク付きヘッドフォンを装着して、ひたすらお客様からのお問合せに答えながら、必要な内容を履歴へ打ち込んでいくので 、集中していると時間はすぐに過ぎていきます。 マイレージサービスについて知識のない方からのお問合せだけでなく、中には「マイレージの達人」のような方もいました。 そうした達人の方からのお問合せにお答えするのは、かなりの知識が必要とされ、 勉強不足だと叱られてしまったこともありました。 大変だったのは、様々な企業と多様なキャンペーンを実施することが多いため、キャンペーンごとにしっかりと内容を頭に入れる必要がありました。 残業はありませんでしたが、そのつど配布物に目を通しミーティングに参加するなど、電話対応以外で勤務時間を使うこともありました。 バイトの印象 よい経験になる/人と話せる/マナーが身につく おすすめの人 話を聞いたり説明するコミュニケーションが苦にならない方におすすめです。 バイトにもう一度誘われたら 都合が合えば入ってもいい 派遣先の社員の人は 優しかった 継続期間 2年(週5日) はじめの1か月は土日を除いて毎日座学研修でした。 覚えることが非常に多くかなり大変なので、 研修の段階で辞める人も多かったです。 実際に電話対応を始めるときは同じチームの先輩が横で聞いてくれていて、優しく教えてくれます。 大手キャリアのコールセンターのため、問い合わせ数がかなり多くあまり休んでいる暇はありません。 クレームも1日1,2件はありました。 やはり辞める人が多いためか、定期的に新人さんが入ってきていました。 時給がそれほど良いわけではないので、どうしても他に仕事がなかったとかコールセンターが好きという人でないと長くは続かないと思います。 正直なところ、時給が2倍になっても私はもうやりたくありません。 パソコンスキルを磨いて事務職についたほうがよっぽど楽に、楽しく仕事ができると思います。 満足度・評価 バイト満足度 時給/日給 時給1,300円/日給10,400円 実働時間 実働時間8時間(休憩1時間) 給料面の満足度 バイトを選んだ理由 時給の良いバイトをしたかったから。 電話対応がもともと苦手だったので克服したかったから。 バイトの印象 きつい/ツラい おすすめの人 クレームが来ても仕事として毅然と対応できる精神力の強い人におすすめです。 バイトにもう一度誘われたら 二度とやりたくない 派遣先の社員の人は 普通だった 継続期間 3ヶ月(週5日) 生命保険に関する問い合わせの電話対応と、お客様にこちらから電話をかけて自社の商品を売り込む仕事でした。 まず生命保険に関する専門用語や個人情報の扱い、言葉遣いなど、最初に覚えることがかなり多かったです。 はじめて3ヶ月ぐらいは毎日分からないことだらけで上司に通話中にヘルプを出して助けてもらうことも多かったです。 慣れてくると自分一人で対応できることも多くなり、特に上司に聞くこともほとんどなくなり楽になりました。 ただ、一人ひとり営業目標が毎月あり、その目標売り上げを達成しないとかなりうるさく言われます。 逆に数字さえ届いていれば何も言われないのでいいのですが、毎日が売り上げとの戦いなので 神経はかなりすり減りました。 あとはお年寄りからの問い合わせ電話も多いのでなかなか意思疎通が取れないです。 クレームの電話も多く、想像よりキツイ仕事でした。 満足度・評価 バイト満足度 時給/日給 時給1,300円/日給10,400円 実働時間 実働時間7時間(休憩1時間) 給料面の満足度 バイトを選んだ理由 それまで立ち仕事ばかりだったため、デスクワークで働ける職場を探していた。 バイトの印象 きつい/よい経験になる/マナーが身につく おすすめの人 人と話すのが好きな人、デスクワークがしたい人、売り上げ目標を達成することにやりがいを感じる人におすすめです。 バイトにもう一度誘われたら 入りたくはない 派遣先の社員の人は 優しかった 継続期間 6ヶ月(週5日) 活発な人や個性的な人が多かったので、明るい人や話す事が好きな人には向いている職場でした。 良かった点は、 仕事に対しての良い所も悪い所もフィードバックがあり、仕事がしやすく対人関係は良かったです。 休み時間もしっかり取れて、仕事以外の話をできるのでストレスも発散できます。 しかし、上司に返事をしなかったりあきらかに常識外れの方には凄く厳しい会社でした。 ツラかった点は、電話相手にとってはただの営業電話ですので、冷たい反応の人や不審に思う人も多くいました。 困ったときはグループ内の社員が、電話を変わる等の手助けをしてくれるので安心できます。 ただ、 ノルマが達成できない時は、少し空気が悪くなったり、厳しい言葉も飛びます。 クレームやノルマについては働いていて常に不安でした。 顔が見えない相手にいかにわかりやすく説明するか、気持ちいい話し方ができるか等、電話応対のスキルは学べたので、派遣期間の半年間働かせていただきました。 満足度・評価 バイト満足度 時給/日給 時給1,050円/日給7,350円 実働時間 実働時間7時間(休憩1時間) 給料面の満足度 バイトを選んだ理由 勤務日を自由に選べるバイトを探していたため。 バイトの印象 スキルが身につく おすすめの人 明るく話す事が好きな人や電話応対、言葉づかいを学びたい人におすすめです。 バイトにもう一度誘われたら 入りたくはない 派遣先の社員の人は 優しかった 継続期間 6ヶ月.

次の