ヒラリー 卿 の 言葉。 エドモンド・ヒラリー

エベレスト初制覇の登山家ヒラリー卿、数々の名言遺す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ヒラリー 卿 の 言葉

家業の手伝いの中で登山家としての能力が身についていった・・・ 彼は、オークランド生まれで、幼いころから父親の養蜂業の手伝いをしていたことで、体力的に登山家に適した体が作られたといわれています。 実際に山登りを始めたのは、高校の旅行で訪れたトンガリロ国立公園内にあるルアペフ山に魅了されてからといわれています。 大学にも進学をしますが、2年で中退をして、養蜂業に従事していました。 第2次世界大戦も経験しており、戦時中は、ニュージーランド空軍に所属をしていました。 戦後は、ニュージーランドに戻り、登山家として冒険家としていくつもの登山を成功させていきます。 彼の偉業を列記すると・・・ 南極点と北極点にも到達するなど前人未到の業績を残しています。 ・1953年の5月29日にエドモンド・ヒラリー Edmund Hillary とテンジン・ノルゲイ Tenzing Norgay、ネパール人 のペアがエベレスト登頂成功 ・1953年6月6日にイギリス国王エリザベス2世より大英帝国勲章ナイトの勲位を授与されSir サー の称号を得る ・1958年イギリスの南極横断遠征隊に参加し、トラクターで南極点に到達。 ・1985年ニール・アームストロングと共に雪上機で北極に到達。 ・「ヒマラヤ基金」を創設し、ネパールに小学校を建てるなど、慈善活動にも熱心に取り組んでいます。 ・5ドル札の肖像画に存命中から採用されています。 数々の本やメディアで紹介されていますが・・・ エドモンド・ヒラリー卿のストーリーは、本やドキュメンタリー、映画になったことはありますが、これまで一度もドラマになったことがありませんでした。 それが、2016年8月から6回シリーズでテレビ番組で放映されることになりました。 6,470,000ドルもの費用をかけられ、2015年の1月から4月にかけてニュージーランドのオークランド、サザンアルプス、ネパールなどで撮影が行われました。 いよいよそのドラマが6回シリーズで始まります。 ドラマ主演は、ニュージーランドのダニーデン出身のAndrew Munroです。 当初、Munro は、ヒラリー卿が長年登山のパートナーとして組んでいたGeorge Loweとしてオーディションを受けたのですが、エドモンド卿としての役のオファーがきてしまい、Munroとしては、この大役に光栄だけれども恐ろしい・・・というような驚きだったそうです。 エドモンド・ヒラリー卿 Sir Edmund Hillary は、ニュージーランド人では知らない人はいないほどで国民にとってヒーロー的な存在ですから、その役を演じるのは相当なプレッシャーであることは想像に難くありません。 番組は、先週の日曜 8月21日 から始まっています。 エドモンド・ヒラリー卿の幼少時代から登山家としての成功、そしてそのエベレスト登頂以後の生きざまを描いています。 このドラマでは、彼の登山についてというよりは、彼の人間性にもっと光をあてた作品となっているそうです。 全6回シリーズですので、しっかり見届けたいと思います。

次の

エベレスト初制覇の登山家ヒラリー卿、数々の名言遺す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ヒラリー 卿 の 言葉

【1月11日 AFP】世界最高峰エベレスト()の登頂に世界で初めて成功し、11日に死去したエドモンド・ヒラリー()卿は、生前数々の名言を残した。 そのいくつかを紹介する。 「雪に覆われた平らな場所に向かい登り続けた。 到達すると、そこには、何もない空間だけが一面に広がっていた。 後に続いたテンジンとともに驚異の面持ちで周囲を見回していると、途方もない満足感が押し寄せ、われわれが世界の頂上に到達したのだと悟った」 著書『(山頂からの眺め)』に記されたエベレスト山頂に到達したときの様子。 だから他人がどう思おうと気にしない」 インド人記者に、多くの人がヒラリー卿を神だと思っていることを知っているかと聞かれて。 「実用的な技術に加えて、たくさんの『ナンバーエイトワイヤー(No. 8 wire)』があったからね」 ヒラリー卿が創設した「ヒマラヤ基金()」によって多くの学校、病院、診療所が建設された理由について。 (「ナンバーエイトワイヤー」はニュージーランド特有の言い回しで、フェンスを作る際に用いる8番の針金と工具があれば、なんでも自分たちで作れるとの意味) 「自分に『エド坊や、ついにやったね』と言ってやった」 1958年に、車両で初めて南極点に到達するという偉業を成し遂げた際の言葉。 新しいオーバーオールを買わないと』と考えながら、パパクラ(、ニュージーランドの都市)の通りを歩いている自分が目に浮かぶよ」 英エリザベス女王()からナイトの称号が授与されることが決まって。 そうして、わたしの全人生が完結するんだ」 死後は遺灰をオークランド()のワイテマタ()沖にまいてほしいとの希望の理由を聞かれて。 c AFP.

次の

【英語名言】そこにエベレストがあるからのエドモンド・ヒラリーの名言・座右の銘

ヒラリー 卿 の 言葉

家業の手伝いの中で登山家としての能力が身についていった・・・ 彼は、オークランド生まれで、幼いころから父親の養蜂業の手伝いをしていたことで、体力的に登山家に適した体が作られたといわれています。 実際に山登りを始めたのは、高校の旅行で訪れたトンガリロ国立公園内にあるルアペフ山に魅了されてからといわれています。 大学にも進学をしますが、2年で中退をして、養蜂業に従事していました。 第2次世界大戦も経験しており、戦時中は、ニュージーランド空軍に所属をしていました。 戦後は、ニュージーランドに戻り、登山家として冒険家としていくつもの登山を成功させていきます。 彼の偉業を列記すると・・・ 南極点と北極点にも到達するなど前人未到の業績を残しています。 ・1953年の5月29日にエドモンド・ヒラリー Edmund Hillary とテンジン・ノルゲイ Tenzing Norgay、ネパール人 のペアがエベレスト登頂成功 ・1953年6月6日にイギリス国王エリザベス2世より大英帝国勲章ナイトの勲位を授与されSir サー の称号を得る ・1958年イギリスの南極横断遠征隊に参加し、トラクターで南極点に到達。 ・1985年ニール・アームストロングと共に雪上機で北極に到達。 ・「ヒマラヤ基金」を創設し、ネパールに小学校を建てるなど、慈善活動にも熱心に取り組んでいます。 ・5ドル札の肖像画に存命中から採用されています。 数々の本やメディアで紹介されていますが・・・ エドモンド・ヒラリー卿のストーリーは、本やドキュメンタリー、映画になったことはありますが、これまで一度もドラマになったことがありませんでした。 それが、2016年8月から6回シリーズでテレビ番組で放映されることになりました。 6,470,000ドルもの費用をかけられ、2015年の1月から4月にかけてニュージーランドのオークランド、サザンアルプス、ネパールなどで撮影が行われました。 いよいよそのドラマが6回シリーズで始まります。 ドラマ主演は、ニュージーランドのダニーデン出身のAndrew Munroです。 当初、Munro は、ヒラリー卿が長年登山のパートナーとして組んでいたGeorge Loweとしてオーディションを受けたのですが、エドモンド卿としての役のオファーがきてしまい、Munroとしては、この大役に光栄だけれども恐ろしい・・・というような驚きだったそうです。 エドモンド・ヒラリー卿 Sir Edmund Hillary は、ニュージーランド人では知らない人はいないほどで国民にとってヒーロー的な存在ですから、その役を演じるのは相当なプレッシャーであることは想像に難くありません。 番組は、先週の日曜 8月21日 から始まっています。 エドモンド・ヒラリー卿の幼少時代から登山家としての成功、そしてそのエベレスト登頂以後の生きざまを描いています。 このドラマでは、彼の登山についてというよりは、彼の人間性にもっと光をあてた作品となっているそうです。 全6回シリーズですので、しっかり見届けたいと思います。

次の