マン u 対 アストン ビラ。 マンU、エルナンデスの活躍でアストン・ビラに逆転勝ち 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News

マンUのギグス、右腕骨折で全治1カ月

マン u 対 アストン ビラ

ヴィラ・パーク 9月に始まったに最初から参加した12クラブのうちの一つである。 1893-94シーズンに初優勝を飾ると、それ以降1909-10シーズンまでに6度の優勝を達成した。 特に1896-97シーズンは、も制しクラブ史上初のを成し遂げ、において最も成功したフットボールチームであった。 その後は1912-13、1919-20と2度のFAカップ制覇があるもののリーグを制することはできなかった。 そして、1936-37シーズンにクラブ史上初めて2部へ降格した。 初めての2部でのシーズンとなった1937-38シーズンを優勝で飾り、1年で昇格した。 その後は、第2次世界大戦中の中断期間を挟み1967-68シーズンまでトップリーグでの地位を保った。 その間には、決勝でを下し、7度目のFAカップ制覇を成しえた1956-57シーズンと初めてを制した1960-61シーズンも含まれている。 しかし、1966-67シーズンに2部降格が決まると坂道を転げ落ちるかのごとく1969-70シーズンには3部に降格し2部昇格には2シーズンを要した。 ()の指揮の下、長い低迷期を経てようやく1975-76シーズンにトップリーグへの復帰を果たすと、1980-81シーズンには、1909-10シーズン以来の優勝を遂げた。 1981-82シーズン、においてを1-0で破り、を制した。 そして、に出場したが、のに0-2で敗れ世界一の称号を得ることは出来なかった。 その後チームは急速に弱体化し、1986-87シーズンにはヨーロッパ制覇から僅か5年で2部へ降格した。 しかし、1年で復帰し1992-93シーズンよりプロサッカーリーグの改編に伴い新設されたのメンバーに名を連ね、初年度にはマンチェスター・ユナイテッドに優勝を許したものの2位で終えた。 90年代の残りは、危機はあったが1度も降格することなく、リーグカップも2度制した。 2000年にはFAカップ決勝に進出したものの、旧で行われた最後の試合でチェルシーに0-1で敗れて準優勝。 2001年にを獲得。 2007年夏にはランディ・ラーナーが新オーナーとなり、が監督に就任し、着実にチームは強化されていき、と共にBIG4に次ぐチームになりつつあった。 2010-11シーズンは開幕5日前の2010年8月9日に、ラーナーとのチームのベストプレーヤーを手放す方針の相違から、オニールが辞任した。 しばらくはリザーブチーム監督のを暫定監督とし、にの監督就任を発表した。 2012年2月、クラブは5390万ポンド(約69億円)の損失を計上し、 3ヶ月後にラーナーは約2億ポンドでクラブを売却した。 2014-15シーズンはプレミアリーグ史上最低記録となる開幕25試合でわずか12得点と得点力の欠如に苦しみ、2015年2月にランバートを解任し、 が就任した。 最終的に17位となり、降格の危機を免れた。 2015-16シーズンは二度の監督交代があったものの好転せず、2016年4月16日に1992年のプレミアリーグ創設以来では初、1987年以来となる2部のへの降格が決まった。 2016年6月、中国の実業家、(夏建统)が7600万ポンド(約105億円)でクラブを買収し、会長に就任した。 2017-18シーズンはチャンピオンシップで4位となり昇格プレーオフ出場権を得たが、決勝でに敗れ昇格を逃した。 その後、クラブの財政危機が表面化し、解散の危機も囁かれたが、エジプト企業であるNSWEグループの投資を受け、ナーセフ・サウィーリスが新たなオーナーとなることで合意し、問題を回避した。 2018-19シーズンはクラブ記録となるリーグ戦10連勝もあり、最終的にチャンピオンシップで5位につけ2季連続で昇格プレーオフに進んだ。 そして、ウィリアム王子が見守る中、決勝でに2-1で勝利して2015-16シーズン以来3年ぶりのプレミアリーグ昇格を果たした。 エンブレム [ ] 経営陣に出身者が多かったため、スコットランドの強豪のエンブレムをモチーフに、立ち上がる獅子が描かれたエンブレムを採用。 しかし、2016-17シーズンからエンブレムは変更され、 PREPAREDの文字が無くなりシンプルなものとなった。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 7回 1893-94, 1895-96, 1896-97, 1898-99, 1899-00, 1909-10, 1980-81• : 7回 1886-87, 1894-95, 1896-97, 1904-05, 1912-13, 1919-20, 1956-57• : 5回 1960-61, 1974-75, 1976-77, 1993-94, 1995-96• : 1回 1981 国際タイトル [ ]• : 1回 1981-82• : 1回 1983• Pos. Pos. in No. Pos. 選手名 4 No. Pos. 選手名 29 out No. Pos. 選手名 -- -- No. Pos. 選手名 -- -- 歴代会長 [ ]• 2016 - 2018• 2006 - 2016• グラハム・テイラー 05. 2002 - 14. 2003• 2002 - 05. 2002 *共同監督• 2002 - 05. 2002 *共同監督• 1998 - 24. 2002• 1994 - 24. 1998• 1991 - 10. 1994• 1990 - 28. 1991• 1987 - 14. 1990• 1986 - 08. 1987• 1984 - 14. 1986• 1982 - 18. 1984• 1974 - 09. 1982• 1970 - 06. 1974• 1968 - 01. 1970• 1967 - 30. 1968• 1964 - 31. 1967• 1958 - 31. 1964• 1953 - 30. 1958• 1950 - 31. 1953• 1945 - 31. 1950• 1936 - 01. 1939• 1934 - 31. 1935• W J Smith 01. 1926 - 31. 1934• 1884 - 31. 1926 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 アストン・ヴィラ殿堂 [ ] 2006年、クラブは" Aston Villa Hall of Fame. "を設立し、ファン投票により、12人の元選手、監督が選ばれた。 2013年5月、が追加された。 脚注 [ ]• EFL. 2019年1月4日閲覧。 BBC Sport. 2019年5月25日閲覧。 BBC Sport. 2005年8月8日. 2008年4月9日閲覧。 Football Club History Database. Richard Rundle. 2012年3月19日閲覧。 BBC Sport. 2000年5月20日. 2010年9月21日閲覧。 Aston Villa F. C 2010年8月9日. 2010年8月17日時点のよりアーカイブ。 2010年8月9日閲覧。 BBC Sport. 2012年2月28日. 2012年3月19日閲覧。 BBC Sport. 2014年5月12日. 2014年7月24日閲覧。 BBC Sport. 2015年2月11日. 2015年2月11日閲覧。 BBC Sport. 2015年2月14日. 2018年2月11日閲覧。 - 2016年4月17日 サッカーキング• BBC Sport. 2016年6月14日. 2016年11月13日閲覧。 Soccerbase. 2007年8月16日閲覧。 Soccerbase. 2007年8月16日閲覧。 Soccerbase. 2011年12月15日閲覧。 Soccerbase. 2012年5月17日閲覧。 Soccerbase. 2015年2月10日閲覧。 Soccerbase. 2015年2月14日閲覧。 Soccerbase. 2015年11月16日閲覧。 Aston Villa F. 2013年5月10日. の2015年9月23日時点におけるアーカイブ。 2013年5月10日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (英語)• (日本語) ニュース• その他•

次の

ニューカッスル対アストンビラ

マン u 対 アストン ビラ

前半はトップ下としての役割を的確にしっかりこなして、後半はDCHに変わったような印象です。 勝利の1番の要因はルーニーではなく、本職のCHだと感じました。 ギグスやクレヴァリーです。 マンチェスターユナイテッドのここ最近の試合内容ですが、どの試合もCHの動きが少なく、縦パスはできない散らすこともできないでボールが上手く回っていませんでした。 しかし、前節のCL戦もそうでしたが、ここにきてまたクレヴァリーのコンディションが良くなってきています。 この試合のギグスも前節とは見違えるほどに縦パスも散らしもできてました。 パサーとしての役割を十分こなしていたことが勝因だと思います。 彼等が好調なので、ルーニーも攻撃に専念でき、ギグスやクレヴァリーから受けたボールをトップ下としてしっかりとチャンスメイクしていた印象です。 後半は3点リードとなったことから、より守備的になっていきました。 フレッチャーを久しぶりに観れて嬉しかったのですけども、彼も問題なくプレーしていましたし、彼の復帰でCHの負担も減り、これからの戦いはもっと楽になると思います。 アストンビラはなにか歯車が噛み合っていなかったですね。 バイマンを投入してからはマンチェスターユナイテッドが引いたのもありますけども、上手くボールが回り随分良くなったと思いますが、時すでに遅し。 もっと早い段階で入れていたらもう少し違った試合展開になったでしょうね。 前半はトップ下としての役割を的確にしっかりこなして、後半はDCHに変わったような印象です。 勝利の1番の要因はルーニーではなく、本職のCHだと感じました。 ギグスやクレヴァリーです。 マンチェスターユナイテッドのここ最近の試合内容ですが、どの試合もCHの動きが少なく、縦パスはできない散らすこともできないでボールが上手く回っていませんでした。 しかし、前節のCL戦もそうでしたが、ここにきてまたクレヴァリーのコンディションが良くなってきています。 この試合のギグスも前節とは見違えるほどに縦パスも散らしもできてました。 パサーとしての役割を十分こなしていたことが勝因だと思います。 彼等が好調なので、ルーニーも攻撃に専念でき、ギグスやクレヴァリーから受けたボールをトップ下としてしっかりとチャンスメイクしていた印象です。 後半は3点リードとなったことから、より守備的になっていきました。 フレッチャーを久しぶりに観れて嬉しかったのですけども、彼も問題なくプレーしていましたし、彼の復帰でCHの負担も減り、これからの戦いはもっと楽になると思います。 アストンビラはなにか歯車が噛み合っていなかったですね。 バイマンを投入してからはマンチェスターユナイテッドが引いたのもありますけども、上手くボールが回り随分良くなったと思いますが、時すでに遅し。 もっと早い段階で入れていたらもう少し違った試合展開になったでしょうね。 前半はトップ下としての役割を的確にしっかりこなして、後半はDCHに変わったような印象です。 勝利の1番の要因はルーニーではなく、本職のCHだと感じました。 ギグスやクレヴァリーです。 マンチェスターユナイテッドのここ最近の試合内容ですが、どの試合もCHの動きが少なく、縦パスはできない散らすこともできないでボールが上手く回っていませんでした。 しかし、前節のCL戦もそうでしたが、ここにきてまたクレヴァリーのコンディションが良くなってきています。 この試合のギグスも前節とは見違えるほどに縦パスも散らしもできてました。 パサーとしての役割を十分こなしていたことが勝因だと思います。 彼等が好調なので、ルーニーも攻撃に専念でき、ギグスやクレヴァリーから受けたボールをトップ下としてしっかりとチャンスメイクしていた印象です。 後半は3点リードとなったことから、より守備的になっていきました。 フレッチャーを久しぶりに観れて嬉しかったのですけども、彼も問題なくプレーしていましたし、彼の復帰でCHの負担も減り、これからの戦いはもっと楽になると思います。 アストンビラはなにか歯車が噛み合っていなかったですね。 バイマンを投入してからはマンチェスターユナイテッドが引いたのもありますけども、上手くボールが回り随分良くなったと思いますが、時すでに遅し。 もっと早い段階で入れていたらもう少し違った試合展開になったでしょうね。 前半はトップ下としての役割を的確にしっかりこなして、後半はDCHに変わったような印象です。 勝利の1番の要因はルーニーではなく、本職のCHだと感じました。 ギグスやクレヴァリーです。 マンチェスターユナイテッドのここ最近の試合内容ですが、どの試合もCHの動きが少なく、縦パスはできない散らすこともできないでボールが上手く回っていませんでした。 しかし、前節のCL戦もそうでしたが、ここにきてまたクレヴァリーのコンディションが良くなってきています。 前半はトップ下としての役割を的確にしっかりこなして、後半はDCHに変わったような印象です。 勝利の1番の要因はルーニーではなく、本職のCHだと感じました。 ギグスやクレヴァリーです。 マンチェスターユナイテッドのここ最近の試合内容ですが、どの試合もCHの動きが少なく、縦パスはできない散らすこともできないでボールが上手く回っていませんでした。 しかし、前節のCL戦もそうでしたが、ここにきてまたクレヴァリーのコンディションが良くなってきています。 この試合のギグスも前節とは見違えるほどに縦パスも散らしもできてました。 パサーとしての役割を十分こなしていたことが勝因だと思います。 彼等が好調なので、ルーニーも攻撃に専念でき、ギグスやクレヴァリーから受けたボールをトップ下としてしっかりとチャンスメイクしていた印象です。 後半は3点リードとなったことから、より守備的になっていきました。 フレッチャーを久しぶりに観れて嬉しかったのですけども、彼も問題なくプレーしていましたし、彼の復帰でCHの負担も減り、これからの戦いはもっと楽になると思います。 アストンビラはなにか歯車が噛み合っていなかったですね。 バイマンを投入してからはマンチェスターユナイテッドが引いたのもありますけども、上手くボールが回り随分良くなったと思いますが、時すでに遅し。 もっと早い段階で入れていたらもう少し違った試合展開になったでしょうね。

次の

ECナビ

マン u 対 アストン ビラ

【マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アストン・ビラ プレミアリーグ第14節】 イングランド・プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われた。 試合は2-2の引き分けに終わった。 試合は開始11分、ホームのユナイテッドがいきなり失点してしまう。 左サイドでボールを受けたアストン・ビラのグリーリッシュがペナルティーボックスに入り込み右足でシュート、GKデ・ヘアは一歩も動けずボールはゴール右上に決まりユナイテッドはリードを許す。 ユナイテッドも22分にマルシャルがペナルティーエリア内でシュートを打つもGKヒートンの好セーブにあい同点とはならず。 逆に29分にはピンチを迎えアストン・ビラのトレゼゲに決められたかと思われたが、その前にオフサイドがあったとVARの検証結果の末に判定され、ゴールは取り消される。 そのまま試合は進み42分、右サイドでボールを受けたペレイラがアーリークロスを入れるとファーサイドでラッシュフォードがヘディングシュート、GKが触るもボールはそのままゴールイン、記録はオウンゴールとなり1-1でハーフタイムへ。 後半最初のシュートチャンスはユナイテッド、51分にマルシャルがドリブルからゴールを狙うもブロックされ得点とはならず。 その後も優勢に試合を進めるユナイテッドは64分、右ショートコーナーキックからアストン・ビラの選手がクリアしきれず流れたボールをファーサイドのリンデレフが頭で決め逆転に成功する。 リードしたユナイテッドだったが2分後にショートコーナーから最後はミングスにゴールを決められ直ぐに同点に追いつかれてしまう。 勝ち越しゴールが欲しいユナイテッドはリンガード、ショーそしてグリーンウッドを立て続けに投入するも流れを変えるまでには至らず。 試合はこのまま終了、ユナイテッドは前節のシェフィールド・ユナイテッド戦に続き2節連続で引き分けに終わった。 【得点者】 11分 0-1 グリーリッシュ(アストン・ビラ) 42分 1-1 オウンゴール(マンチェスター・ユナイテッド) 64分 2-1 リンデレフ(マンチェスター・ユナイテッド) 66分 2-2 ミングス(アストン・ビラ)• ニュース記事を読み、「いいね」「ひどいね」「かなしい」「うれしい」のうち、いずれかのボタンを押すと1ポイントが加算されます。 ポイントが加算されるのは、 2記事目、 4記事目、 5記事目の記事となります。 ポイント加算は、PC版とスマホ版それぞれで1日最大3回、あわせて6回までとなります。 ポイントはニュース記事ページ下部にあるボタンを押した時点で加算されます。 一記事でポイント加算されるのは1回1ポイントのみです。 各記事ページにある「関連する記事」はポイント加算対象外です。 ニュース記事の更新は随時行われます。 ポイント獲得回数の更新は毎日午前3時に行われます。 犬がいるよ.

次の