飯盒 形 理由。 メスティンを通販で購入!大きさや価格は?【写真付き】で詳しくレビューします。

飯盒

飯盒 形 理由

出典: キャンプ時での炊飯アイテムは大きく分けて、 ・ ライスクッカー ・ 飯盒 ・ 土鍋 に分けることができ、それぞれに応じて特徴や利用方法なども変わってきます。 3つを徹底比較してぜひあなたにあった炊飯の方法を見つけてください! ライスクッカー ライスクッカーとは飯盒と同じように炊飯用の器具です。 クッカー 鍋 の中でもライスクッカーは炊飯用としてありますから、他のクッカーに比べて美味しく炊けます。 もともと本来は兵士が野戦用の食器としてできた飯盒と、おいしくご飯を炊くためにできたライスクッカーには大きな違いがあります。 それは鍋の厚さです。 それによって器具への焦げのつき具合が変わってきます。 飯盒の方が厚さがなく焦げつきやすいです。 また、ライスクッカーは厚さがある分、飯盒に比べて、炊きムラが起こりにくく、炊飯時間も短くなります。 飯盒 出典: 飯盒とはキャンプで炊飯のときに使われるものの中で一番オーソドックスなもので、ソラマメの形をした兵式飯盒と丸型飯盒の2種類があります。 一般的な飯盒は最大4合炊くことができ、外蓋と中蓋それぞれで3合、2合のお米を軽量できる仕組みです。 飯盒では中蓋があるおかげでご飯を炊く際に圧力がかかるため、ご飯に甘味がでて、炊きムラが少なくなります。 兵式飯盒は不思議な形をしています。 あの形には理由があるのですが、実はご飯を美味しく炊くためではないのです!一説によると腰にぶら下げて移動するとき、腰の形状にフィットさせることで歩く時に邪魔になりにくくするために凹んでいるのだとか。 驚きですね...。 丸型飯盒はその名の通り、丸い形の飯盒です。 形が丸ですからバランスがとりやすく、ガスコンロ、バーナーの小さいゴトク(置くための台座)の上でも安定感があります。 出典: しかし、兵式飯盒にもいえることですが、飯盒は吹きこぼれをしてしまいます。 焚火や炭火の上では問題ないですが、ガスコンロ、バーナーの掃除が面倒になってしまうという問題点もあります。 土鍋 調理時間も15分ほどでとてもスピーディーに炊けます。 鍋は土から出来ているので、加熱されると鍋全体に熱がじわじわと伝わります。 ゆっくりと温度が上がっていくことにより、お米のうまみ成分を引き出してくれるんです。 遠赤外線効果でお米の芯まで熱が通り、一粒一粒がふっくらと炊き上がります。 ガス・炭・薪から火種を選ぶ まず大前提となるのが火種の種類。 大きく3種類に分けられ、安定して火力調整も可能なガスから、ある程度火力が安定している炭火、火力調整が実質ほとんど不可能な薪での焚き火の3つがあります。 雰囲気を楽しみたいベテランキャンパーであれば薪でご飯を炊くのもありですが、ガスの方が初心者でも圧倒的に扱いやすいので、まずはガスから始めるのがおすすめです! ステップ2. 飯盒炊さんに必要な道具を用意する 火種が決まったら、次はそれに合わせて必要な道具を用意しましょう。 ガスの場合を想定すると、飯盒・ライスクッカーの他に必要になるのはガスバーナー・ガスコンロ程度です。 ガスバーナーはできれば2つ口の付いているツーバーナーを用意するようにしましょう。 調理器具が1口だけのワンバーナーやガスコンロだけだと、どうしても待ち時間が増えてしまうので、タイミングよくご飯をいただけなくなってしまいます。 ステップ3. お米と水の量を調整 お米一合あたり水200mlが基本です。 そんなときに参考にしていただきたいのが、手で水の量を判断する方法です。 手のひらを米に振れる程度に合わせ、人差し指の付け根が水に浸る程度まで水を入れます。 男性であれば、人差し指、女性であれば中指の付け根が水に浸る程度を目安にしましょう。 ステップ4. しっかり吸水時間を取ってから加熱! お米は、洗ったあとにしっかり浸水させてあげましょう。 夏場は約30分、冬場は約1時間。 少し待ち遠しい気もしますが、浸水をしっかりすることで炊きあがった時にお米の芯が残ることが少なくなります。 忙しいのに待てない!という方は、テントなどの準備をしている合間にささっと浸水させる為に、できれば無洗米を選ぶことをおすすめします。 吸水時間が終わったら、中火で20分加熱します。 湯気が出てきても途中でフタを明けてはいけません。 加熱が終わったら10分ほど蒸らして完成です。 吸水をしっかり行っておけば、焦げ付くことも少なく、美味しく仕上がります。 お米を研ぎます。 研いだお米をジップロックに移します。 研ぎ水は不要 3. 最初に用意した水をジップロックに入れ、中の空気を抜きます。 空気を抜いたらジップロックをしめます。 沸騰したお湯に10分間浸します。 鍋蓋はしめます 6. 完成です。 簡単に炊飯できるライスクッカーおすすめ7選 ライスクッカーを比較する際には、調理のしやすさと手入れのしやすさを考えましょう。 そのために見るべきポイントは、素材と加工です。 アルミとステンレスがあり、アルミ素材のものは熱伝導率が良いのでおいしくいただけます。 一方のステンレスは、比較的熱伝導は低いですが、ごしごし洗っても大丈夫な頑丈さがあります。 米が焦げ付くのを防ぐアルマイト加工が施されていれば、アルミ素材でも手入れが楽なのでおすすめです。 もちろん、ライスクッカーなどのちゃんとした調理器具を使った方がきれいに美味しく炊くことができますが、炊飯用のクッカーを完全にゼロにできるのは大きなメリットです! 炊き方は基本的には飯ごうやライスクッカーと同様で、吸水させた後に15分程度加熱しましょう。 空き缶の方が焦げ付きやすいですが、焦げ付く原因は、沸騰する水分がなくなるから。 なので、水分がなくなるタイミングを見計らうのが一番大切なポイントです!沸騰するポコポコという音がなくなったらそこからさらに5分ほど加熱し、片胸ても水分が出てこなければOK。 フタをしたまま30分ほど蒸らして完成です! 飯盒が焦げてしまったときのメンテナンス方法 飯ごうが焦げてしまった時は酢水に浸けて一度沸騰させ、汚れを浮かしてからたわしでゴシゴシこすりましょう。 注意として、重曹を使わないこと、変形しないように注意しましょう! 重曹を使うとアルミと化学反応が起きて黒ずんでしまいます。 また、飯ごうは変形しやすいので、床に置いて底面を磨くようにしましょう! まとめ 以上飯盒とライスクッカーの違いとおすすめの商品を13個紹介しました。 キャンプでよりアウトドアスタイルで行きたい人には飯盒、手軽においしいご飯を食べたかったらライスクッカーという差別化ができますね。 みなさんの好みにあった炊事器具を選んでいただけたらと思います!.

次の

わたしが丸型飯盒を旅に持って行きたくなる理由【キャンプ道具】

飯盒 形 理由

飯盒豆知識 飯盒炊爨でおなじみの飯盒。 上から見ると大豆のようなゆるく屈曲した長円形で兵式飯盒と呼ばれています。 丸いのが丸型飯盒です。 飯盒は西洋の陸軍が使ってたもので、日本には江戸時代末期~明治維新の西洋式軍学とともに入ってきたようです。 現在でも陸上自衛隊で使われてるようですので、野外、特にサバイバル時の飯炊き道具としては最高のものなのでしょう。 大豆のような形 飯盒のあの独特の形には意味があるようです。 焚火のような不安定な火力でも、対流により米に均等に熱が回るよう、あの形になっているようです。 だから兵式飯盒なら意外と簡単に炊けるのです。 また、一度に大量に並べた時に無駄なスペースができず、ぶつかり合わないように設計されているともいいます。 飯盒のフタの取っ手 飯盒の上蓋に取っ手のある飯盒と無い飯盒があります。 なぜ取っ手があるかというと、取っ手を横に伸ばすことで外ブタがフライパンになり調理することが出来ます。 また、フタは食事用の皿にもなり、取っ手の先に内ブタを付けることが出来のもあるらしく(自衛隊仕様)、片手で2つの皿を持つことが可能。 炊飯時に蒸気でフタが持ち上がる時に取っ手を飯盒の底に引っ掛けることで、それを防止することも可能。 (一応、重石を置きましょう) 飯盒の内ブタ 飯盒の内ブタの使い方って知っていましたか? 計量とお皿代わり程度と思ってましたが、内ブタは美味しくお米を炊くためにあるのだそうです。 飯盒って圧力釜の原理でご飯を炊くらしく、3合までの米を炊く場合は、内ブタをすることによって圧力を高めることができるらしい。 4合の米を炊く場合には、外ブタ近くまでご飯が増えるので中ぶたをはずすのです。 圧力釜の原理だから噴きこぼれはじめたらフタに重石を置いてフタが開かないようにしてるんですね。 それともうひとつ。 3合以下なら中ブタを入れて、その中ブタに野菜とか魚とかを入れてご飯を炊くと蒸し焼き料理も一度に出来ちゃうんです。 炊き上がった後、間違ってもひっくり返さないように・・・。 飯盒をひっくり返す理由 炊き上がった後、飯盒をひっくり返して蒸らします。 なぜひっくり返したほうがいいのか? 火から下ろしたばかりの飯盒は熱いです。 一番熱いのは底の部分。 中のご飯は、底のほうが少し焦げているかもしれません。 反対に上ほうは熱い蒸気。 ひっくり返すことで一番熱いのは底の部分での焦げ付きを防いで、上にある熱い蒸気を底部分に入れ替えて、焦げかけてるごはんをやわらかくするらしい。 一石二鳥です。

次の

メスティンを通販で購入!大きさや価格は?【写真付き】で詳しくレビューします。

飯盒 形 理由

【兵式飯盒】 飯盒はアルミ製の器で深底にできている。 現在「兵式」飯盒と呼ばれているものの、形は円筒型ではなく、上から見るとソラマメのようなゆがんで扁平な形をしている。 これは各国の軍用飯盒に見られる形で、日本でも1932年(昭和7年)まで日本陸軍制式であった。 この形状が採用された理由としては、以下のような説がある。 本体のほかに外蓋と中蓋があり、それぞれ食器として使用される。 旧軍標準では一食は米2合であるが、掛子(かけご)と呼ばれた中蓋は、すり切り1杯で2合の容量があり、外蓋1杯の水でちょうど2合の飯が炊けるようになっている(外蓋すり切り1杯で3合の米を量ることもできる)。 胴体には2合と4合の米を炊く時の水の量を示す刻みが入っており、1回に最大4合の飯を炊くことができた。 また携行用・調理時の吊り下げ用にワイヤー製の取っ手(弦)が取り付けられている。 野外炊爨(やがいすいさん)は、飯盒炊爨(はんごうすいさん)ともいわれ、飯盒で米を炊くことをいう。 戦後、小・中学校の林間学校では必須科目だった。

次の