新生児 しゃっくり 原因。 赤ちゃんのしゃっくり

赤ちゃんの嘔吐:医師が考える原因と対処法|症状辞典

新生児 しゃっくり 原因

急いでごはんを食べたとき、お酒を飲んだとき、緊張したとき、しゃっくりは誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。 しかし、原因や伴う症状によっては注意が必要なこともあります。 食後にしゃっくりがでて、戻しそうになるときがある• 最近しょっちゅうしゃっくりが出て、なんとなく胃の調子も悪い• 胃の痛みとしゃっくりが続いている このような場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 病気によるしゃっくり ほとんどのしゃっくりは心配がいらないものです。 とくに短時間で止まる場合は心配ありません。 しかし、しゃっくりが長期間続く、頻繁に繰り返すようなときは、病気である可能性を考える必要があります。 しゃっくりの原因となることがある食道と胃の病気 しゃっくりが症状として現れることのある病気には、主に次のようなものが考えられます。 逆流性食道炎 は胃液などが食道に逆流し、食道の粘膜に炎症を引き起こす病気です。 主な症状として胸焼けや、すっぱいものが胃から戻ってくる感じのする 呑酸 どんさん 、げっぷなどが代表的な症状です。 人によっては胸の痛みや咳、声がれ、しゃっくりなどの症状が出ることもあります。 風邪は治ったのに咳が長引くと思っていたらだった、というケースも珍しくありません。 胃潰瘍 いかいよう ・胃がん は、ピロリ菌の感染や消炎鎮痛剤などによって胃の粘膜を保護する力が弱まり、胃の壁に潰瘍という深さのある傷ができる病気です。 胃痛や吐き気、などの症状が多く、潰瘍が深くなると血管を傷つけ吐血などが起こることもあります。 では、初期には症状がほとんど見られないことも多いですが、胃の痛みや胸焼け、吐き気、などの症状が見られることもあります。 いずれの場合も、代表的な症状ではありませんがしゃっくりが起こることもあるといわれています。 しゃっくりの原因となるその他の要因 しゃっくりは食道と胃の病気の他にも、さまざまなことが要因となり起こることがあります。 脳血管障害の後遺症 とは、脳の血管が詰まる脳 梗塞 こうそく や血管が破れる、動脈のできたコブが破裂してくも膜の下に出血が広がるといったのことです。 これらの病気にかかったことがある人で、しゃっくりが出やすくなる・繰り返すことがあります。 アルコール多飲 長期にアルコールを飲み続けると、脳の機能が影響を受け、さまざまな症状が現れることがあります。 しゃっくりは 横隔膜 おうかくまく のけいれんですが、この横隔膜の動きを調整する神経などに影響が出ると、しゃっくりの原因となることがあります。 他の症状には、主にアルコール血中濃度が下がってきたときの手の震えや、幻覚、多量の汗、時間や場所がわからなくなるなどの症状があります。 薬の副作用 一部の薬の副作用にしゃっくりがあります。 主なものとして、気管支拡張薬や血圧降下薬、ステロイド薬といった薬の一部で出やすいことが知られています。 新しい薬を飲み始めた後にしゃっくりが止まらないようなことがあれば、処方を受けた病院で相談してみましょう。 受診の目安とポイント 短期間でしゃっくりがおさまらず、数日続く場合や生活に支障を及ぼす程度の症状が見られるときは医師の診察を受けましょう。 しゃっくりの原因となっていることによって専門の科目は分かれますが、まずは近くの内科やかかりつけの医療機関などで相談するとよいでしょう。 受診の際には、しゃっくりがいつから、どのぐらい続いているか、治療中の病気や服用している薬はないかのほか、既往歴について伝えるとよいでしょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活でしゃっくりを起こしやすい原因には、以下のようなものがあります。 食べすぎや早食い 大量の食べ物や飲み物が一気に胃に入ると、その刺激でしゃっくりの原因となる横隔膜のけいれんを引き起こします。 食事の際気をつけたいこと 食べ物を一気にかき込むことや、食べすぎや飲みすぎは控えましょう。 一口ずつゆっくりよく噛んで食べる、飲み物は一口ずつ飲むなど、胃に負担を掛けない食べ方をしましょう。 タバコの吸いすぎ タバコを吸いすぎると肺への刺激となります。 その刺激によって横隔膜のけいれんを誘発してしまい、日常的にしゃっくりが出やすくなることがあります。 タバコを上手に控えるには 健康面への影響を考えるとが望ましいといえます。 まずは、生活する場所とする場所を分けましょう。 家の外やベランダでするようにすれば、食事後やテレビを見ながらタバコを吸い続ける習慣を改善しやすくなります。 また、思い切ってタバコやライターを処分したり、したくなったら深呼吸したり水を飲んだり、ガムを噛むといった代わりの行動を決めておくと控えやすくなります。 どうしても自分の力だけでやめることが難しいときには、外来などで相談するのもひとつの方法です。 良くならない時には しゃっくりは基本的に大きな心配のいらない症状ですが、以上のような対処法を行っても長期間続くようなときには、思いもよらぬ原因が潜んでいるかもしれません。 一度医師に相談してみましょう。

次の

赤ちゃんも貧血に注意!乳幼児に多い「鉄欠乏性貧血」の原因と予防法

新生児 しゃっくり 原因

赤ちゃんの目の周りが赤いのはなぜ? 赤ちゃんの皮膚はとても薄く、新生児の場合 大人の半分くらいの厚さしかないので、ちょっとした刺激でもすぐに赤くなってしまいます。 もともと、 皮脂の分泌量が圧倒的に少ないため、赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすく、かぶれたり炎症を起こしたりしやすいという特徴があります。 特に、目の周りの皮膚にかゆみや痛みがあったりすると、こすってしまうのでますますひどくなってしまうことも。 なかには、赤ちゃんが目をこすることで、まぶたまで腫れてしまったりすることもあります。 赤ちゃんの目の周りが赤くなると言っても、その症状もさまざまですが、主に下記のような原因が考えられます。 たとえば、• 乾燥によるかゆみや肌荒れによるもの• 涙や目やになどの刺激によって起こるかぶれによるもの• 乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビなどの乳児湿疹によるもの• アトピー性皮膚炎の症状によるもの• 食品、花粉、ダニやホコリなどのアレルギー症状によるもの などがあります。 目の周りは特に皮膚が薄いため、乾燥しやすく赤みやかゆみなどの皮膚トラブルが起きやすいので注意が必要です。 赤ちゃんの目の周りが赤い!病院に行く目安は? 目の周りが赤くなる赤ちゃんの中には、 乳児湿疹によるものも多いですよね。 乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビなどの乳児湿疹は、過剰な皮脂分泌によって起こるので入浴の際にしっかり余分な皮脂を洗い落としてあげましょう。 この場合は、症状が軽いときは石けんでよく汚れを落として皮膚を清潔にしてあげれば、よくなることもあるので少し様子を見ても大丈夫です。 赤ちゃんの目の周りの赤みがとれなかったり、湿疹がひどくなったり、かゆがる様子が見られる場合は、炎症を起こしている可能性もあるので病院を受診しましょう。 特に湿疹がジュクジュクして化膿しているような場合は、赤ちゃんがひっかいてしまうと、「 とびひ」になることもあるので早めに受診してくださいね。 あまり、かゆがったりしていなければ、しばらく様子を見ても大丈夫な場合もありますが、受診が必要かどうかの判断はなかなか難しいものです。 特に、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などは症状も赤ちゃんによってさまざまなので、自己判断するのは危険です。 日常的に赤ちゃんの目の周りが赤い場合や、少しでも気になる症状があるときは、まずは病院で相談するようにしましょう。 赤ちゃんの目の周りが赤いときは何科を受診する? 赤ちゃんの目の周りが赤くなったとき、何科を受診するか迷ったことはありませんか? 一般的には、赤ちゃんの目の周りが赤くなったときは、まずはかかりつけの 小児科で診てもらうようにするといいですよ。 もちろん皮膚科でも構いませんが、目や耳、皮膚の病気に関してもたいていの問題は小児科で診てもらえます。 もし、眼科や皮膚科などで診てもらう必要がある場合は、小児科医から紹介してもらうことができるので安心です。 ただし、 赤ちゃんに食物アレルギーやアトピー性皮膚炎があるときは、子供のアレルギー疾患を専門にしている小児・アレルギー科を受診するようにしましょう。 スポンサーリンク 赤ちゃんの目の周りが赤いときの注意点は? 赤ちゃんの目の周りが赤くなったときは、まず原因を見つける必要があります。 赤くなる原因が乳児湿疹なのか、食物アレルギーなのかでは対処の仕方も全く変わってきますよね。 特に乳児湿疹は、「 乳児脂漏性湿疹」「 新生児ニキビ」「 あせも」など、症状も湿疹ができる場所もさまざまです。 赤ちゃんによっては、いくつも症状が混在している場合もあるので、自己判断せず、まずは病院を受診して原因を見つけてからケアしてあげてくださいね。 また、赤ちゃんに肌トラブルが起きた場合は、症状が悪化しないように家庭でもいろいろ注意が必要です。 赤ちゃんの目の周りが赤くなったときの注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 目の周りをこすると細菌が入る可能性があるので、赤ちゃんの手を清潔にしておく。 かきむしって肌を傷つけないように、赤ちゃんの爪を短くする。 (爪は短く切った後、やすりをかけておく。 赤ちゃんが目をこすりすぎると、角膜に傷が入ることもあるので注意する。 同じような湿疹でも、自己判断で軟膏を塗ったりしない。 (薬が適切でない場合は悪化することもある。 塗り薬はこすらないようにして、やさしく塗る。 まぶたや目のふちに付ける薬は、目の中に入って大丈夫なものにする。 保湿剤はなるべく湿疹のある部位をさけて塗るようにする。 (直接塗ると悪化する恐れがあるため。 湿疹にさわる頻度が多いと雑菌が付く可能性が高くなるので、必要以上に目の周りを触らないようにする。 体温が上がると皮膚が血管拡張してかゆみが増してしまうので、室温に気を付ける。 肌が赤くなる前にスキンケアで予防を! 赤ちゃんの肌はデリケートなので、一度きれいに治ってもまたすぐに赤くなってしまうこともよくあります。 何度も繰り返さないようにするためにも、普段の スキンケアがとても大切です。 肌が炎症を起こしてしまってから薬を塗るのではなく、普段から 保湿剤を塗って予防しましょう。 乾燥しやすい赤ちゃんの肌をそのままにしておくと、外からの刺激が入りやすくなるだけでなく、かゆみにもとても敏感になります。 わずかな刺激でもかゆみを感じてひっかいてしまい、また肌が赤くなるという悪循環になってしまうので、普段からしっかり保湿をするようにしてくださいね。 赤ちゃんのスキンケアで大切なことは、肌をこすらず丁寧に洗うことと、洗った後しっかり保湿することなので、心がけてみてくださいね。 まとめ 肌が乾燥しやすくバリア機能が弱い赤ちゃんは、目の周りだけでなくいろいろな場所がすぐに赤くなってしまいますよね。 赤ちゃんの目の周りが赤くなったときは、できるだけ早く原因を見つけて適切な対処をしてあげてくださいね。 特に、赤ちゃんはよく汗をかくので、汗や汚れが刺激になって悪化させてしまうことがよくあります。 せっけんなどは香料などが入っていない、刺激の弱いものを選ぶようにして、肌をいつも清潔に保つようにしてあげましょう。

次の

赤ちゃんの吐き戻しは普通?それとも病気?吐き戻しの原因と対処法とは|ファムズベビー

新生児 しゃっくり 原因

赤ちゃんに多い吐き戻しの原因と対処法 では、赤ちゃんに多い吐き戻しの原因を見ていきましょう。 一緒に対処法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 -十分にげっぷができていない 赤ちゃんは、母乳やミルクを飲むとき、たくさんの空気を一緒に飲み込んでしまいます。 そのままにしておくと飲み込んだ空気と一緒に母乳やミルクを吐き出してしまうため、授乳後にはげっぷをさせなければならないのですが、このげっぷが不十分だと吐いてしまうことがあります。 よく、母乳を乳首から飲んでいる赤ちゃんはげっぷをさせなくても大丈夫と言いますが、新生児期の赤ちゃんは上手に吸えないことが多いので、哺乳瓶ほどではなくても空気を飲み込んでいます。 そのため、安心しきってはいけません。 げっぷが原因で吐き戻しをする場合の対処法は、ズバリ「げっぷを出すこと」。 ただ、毎回完璧なげっぷが出る赤ちゃんばかりではありませんよね。 その場合、姿勢を変えてみる、授乳途中でげっぷを出させるなどの工夫をしてみましょう。 なお、なかなかげっぷが出ない場合、5分ほどで切り上げ、赤ちゃんの右半身を下にして横向きに寝かせ、しばらく様子を見てあげてください。 げっぷを卒業する時期は生後3~5ヶ月頃。 それまでの間、ママパパのストレスになりすぎない程度に頑張ってみてくださいね。 -母乳やミルクの飲みすぎ 生後1~2ヶ月頃までの赤ちゃんには、おなかがいっぱいという感覚がほぼないと言われます。 つまり、与えられたら与えられただけ飲んでしまい、結果として飲みすぎてしまうことも。 小さな胃に入りきらなかった母乳やミルクは、当然吐き戻してしまいますよね。 とくに、赤ちゃんが飲んでいる量がはっきりとわからない母乳の場合に多いようです。 赤ちゃんが泣いたら「母乳が足りないのかも?」と与えてしまいがちですが、泣いている理由が母乳不足とは限りません。 十分飲んでいるのに母乳を与えてしまうことで吐き戻し、吐いたからまた泣くので母乳を与える…。 これでは悪循環。 吐き戻しが多いときには、直母量を測ってみましょう。 医師や助産師に相談して、母乳の出具合や赤ちゃんの体重増加具合などをしっかり把握することをおすすめします。 赤ちゃんの嘔吐は病気が原因である可能性も まれに、病気が原因で嘔吐することもあります。 では、赤ちゃんに多いケースを見ていきましょう。 -ウイルス性胃腸炎 ウイルス性胃腸炎によって赤ちゃんが嘔吐することもあります。 ただし、この場合には下痢や腹痛、吐き気や発熱を伴うことがありますので小児科を受診するようにしましょう。 -胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう) 一度胃の中に入ったものが逆流してしまう胃食道逆流症の疑いもあります。 この場合、嘔吐以外にも、神経過敏や哺乳障害、耳の痛み、声のかすれ、しゃっくり、咳やゼイゼイとした呼吸、肺炎などの症状が現れるので、その場合には早めに受診しましょう。 基本的には自然治癒する病気ですが、まれに「乳幼児突発性危急事態(ALTE)」という危険な状態に発展してしまうことがあるため注意が必要です。 -肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう) 授乳後5分以内に嘔吐するような場合、肥厚性幽門狭窄症が疑われます。 これは、胃と十二指腸がつながる部分(幽門)が狭くなってしまう病気で、突然噴水のように噴き出す嘔吐が特徴。 これが続くと、体重減少や脱水症状が現れることがありますので、早めに受診が必要です。 なお、肥厚性幽門狭窄症は約900人に1人の割合で発症するもので、生後2週間~3ヶ月頃までに多いと言われています。 また、原因は特定されていないものの、発症する男女比は5:1。 男の子に多く、その中でも第1子に多い傾向があるようです。

次の