フォート ナイト ジップ ライン。 【フォートナイト】プレステージ ロードトリップチャレンジ攻略(シーズン10 バトルパス)

【フォートナイト】 ロードトリップチャレンジ攻略(シーズン10/x バトルパス)

フォート ナイト ジップ ライン

【目次】• ザ・グラトウとは ザ・グラトウの位置 島の東端に位置しています。 安地が外れやすいので気を付ける必要があります。 ちょっと西に行ったところにある湖のボートを使った方が多少速く移動できると思います。 ボスはブルータス いかにもカタギではない雰囲気のエージェントです(肩幅ヤバ)。 高性能なミニガンを持っています。 DPSが高く、壁を貼ってもすぐ壊されてダメージが貫通してしまします。 気づかれない位置から先に撃ち始めましょう。 (もしくはヘンチマンに変装してから攻撃する) ミシック武器はブルータスのミニガン ミニガン 一見したスペックは金ミニガンと一緒ですが、 但し、集弾性(命中率)がブルータスのミニガンは優れています。 連射時のレティクルを比較すると一番狭くなっていますね。 なので、遠くの拠点にいる敵も建築を破壊しつつゴリゴリ削る事ができます。 スクワッドとかで特に強いと思います。 ザ・グラトウのマップ グラトウは「洞窟」という意味ですが、地中に建物が作られており、非常に分かりづらい作りになっています。 まずメインの入口が3つ!(細かく言うと他にもあるけど) 入口A(リブートバンがある横穴)から入ると、 小さな建物の横に電話BOXがあるのでこれで変装できます。 入って左に曲がるとメインの建物で中に金庫があります。 入口B(これも横穴)から入ると、 こっちにも電話BOXがあります。 奥に行くと大きな空洞になっています。 (次のCの入口から入ったのと同じ場所) ここにも電話BOXがあります。 大きな建物の方へ入ると(Dへの扉) 金庫があります。 電話BOXもあり。 宝箱の位置を全部覚えるのは難しいと思います。 金庫の場所だけは覚えておいた方が良いでしょう。 あと出来れば電話BOXの位置も把握しておくと変装して楽な立ち回りができます。 【金庫の場所詳細】 水が張った空洞にある一番大きな建物内にあります。 ブルータスの場所 ボスであるブルータスですが歩き回っているので固定の場所はありません。 ヘンチマンを脅す事でボスの場所を確認する事ができます。 この赤色の王冠マークがボスのいる位置を示します。 初動死する人の為の攻略法(立ち回り) ヘンチマンを気づかれずに仕留める。 意外とヘンチマンに殺される人も多いと思います(笑) エイムが良いんですよね。 なので正面から撃ち合うのは辞めましょう。 こちらに気づいていない状態の時、頭にエイムを合わせてアサルトライフルやサブマシンガンを撃つと楽です。 もし撃ち合いになってしまった場合は立ち止まって撃ち合うのではなく、左右に動きながら撃つと被弾しにくいです。 (ジャンプするともっと良いけど難易度は上がります) 電話BOXの活用 電話BOXでヘンチマンに変装すればヘンチマンは攻撃してきません。 こちらが攻撃すると変装が溶けてしまうので、なるべくヘンチマンは無視して本命のマイダス(ボス)やプレイヤーがいた時だけ撃ちます。 できるだけ変装した状態をキープして先にスキャン式の宝箱を開けていきます。 そうするとシールドなどが充実するので勝率が上がると思います。 金庫で待ち伏せ 正直、プレイヤーが多いので全員倒すのは骨が折れます。 戦闘に自信が無い人はできるだけ交戦を避け、金庫の近くでスタンバイしましょう。 カードキーを持ってきた敵プレイヤーに全力を注ぐ事でおいしいとこ取りができます。 ・・を上手く使えば更に勝率が上がると思います。 近くに降りて資材・武器を整えてから向かう ザ・グラトウはそこまで人は来ない気がするのでよほど大丈夫だと思いますが。。 もしたくさん来ていたら初動死の確率が上がってしまいます。 そういう時にオススメなのは鉄塔から行くルートです。 ダーティ・ドックス横の鉄塔には宝箱が3つありますので、それを開けてからジップラインで移動してザ・グラトウに向かいます。 (ジップライン移動からの着地は落下ダメ入りません) まとめると、 こんな感じの立ち回り! まとめ 以上、ザ・グラトウの攻略情報についてまとめました。 地下になっていて全容が掴みにくいですが、入口から金庫までのルートさえ覚えておけば迷わないかなと思います。 ミニガンはソロよりもデュオ以上の人数の方が強いと思います。

次の

【フォートナイト】ザ・グラトウ攻略!金庫・電話BOXの場所など

フォート ナイト ジップ ライン

Epic Gamesの「フォートナイト(Fortnite Battle Royale)」、のシーズンX ロードトリップチャレンジ(シーズンxバトルパス)です。 基本初心者の方向けです。 シーズンXからはバトルパスのチャレンジも一新されたようで、前シーズンのようなウィークチャレンジ、という形ではないようです。 今まででしたら、このロードトリップチャレンジが、ウィーク1チャレンジみたいな感じだったんでしょうね。 各ミッションチャレンジみたいになるようですし、ゲーム内のチャレンジの予定を見ると、一応毎週更新されるようですが、今回のロードトリップのようなチャレンジなのかはわからず…なので、不明な部分もまだ多いですね。 チャレンジには表の通常チャレンジと裏のチャレンジ(プレステージ)があります。 通常のチャレンジは最初3つのチャレンジがアンロックされていますが、それらをクリアすることによって、追加で4つのチャレンジがアンロックされます。 全部で7つです。 通常の7つのチャレンジを全てクリアすると、プレステージという裏面のチャレンジがアンロックされます。 こらちも通常チャレンジと仕組みは同じです。 ロードトリップチャレンジでは、通常のチャレンジに関連した難易度が上がった版、になっていました。 以下、3つの場所を訪れる必要があります。 ワンマッチでなくてもOKです。 プレステージではワンマッチで3ヶ所回るというちょっと大変な仕様になっていますが。 ドリフトが描かれたダーバーガーヘッド プレザント・パークの東にある小高い丘みたいなところにあるダーバーガーのオブジェクトです。 周りに裂け目がある場所ですね。 昔からある場所です。 恐竜 パラダイス・パームズから道路を南に行ったところ、砂漠の南にある恐竜の像です。 ストーンヘッド像 ストーンヘッドはシーズン5でしたか。 今回のチャレンジにて復活です。 場所は凍った湖のすぐ北になります。 また、ストーンヘッド像は複数あるようですね。 どちらの場所でもカウントされるようです。 他にもあるんですかね~。 シーズンXにて追加された「B. 」を使うのが楽ですが、一人で使うと操縦と攻撃を入れ替えるときに、座る場所を変えないといけないので、一人の時はドリフトボードが楽です。 ドリフトボードで、ショットガンをもって、敵にブースト突っ込んでいってすれ違いざまにズドンと当てればダメージを稼ぎやすいですね。 プレステージではダメージが5キルに変更になりますが、PC版ならば慣れるとそこまで難しくはないチャレンジです。 他のデバイスだと大変かもですね。 まず、敵を見つけてブーストします。 すれ違いざまに発射します。 ダメージが入ります。 上手く行くとキルが取れます。 このやり方はPC版だと意外と有効でして、敵に視認されていても、ある程度キルが取れました。 ブーストによる速度変化に対応するのが難しいんですかね。 ただ、障害物にぶつかってわたわたしているとすぐにやられます。 チームランブルならばやられてもリスポーン可能なので、この方法もありかな~と思います。 」を使えば楽なんですが。 どうしてもなかなかクリアできないという場合は、ドリフトボードに乗って静止した状態で、建物の陰などにこっそり隠れていて、スナイパーライフルとかでチクチク削る、というのもありです。 「カタリスト」はバトルパスを購入するとすぐに手に入ります。 一時停止の標識は街にありますが、道路が通っている街に固まっていることが多いです。 特に、プレザント・パークにはたくさんあります。 パラダイス・パームズやネオ・ティルテッド、メガモールと街に行けばありますが、数が少ないです。 通常のチャレンジの際は、マッチをまたいで良いので楽です。 ただ、プレステージではワンマッチで7つ壊すというちょっとハードな内容になっています。 最初の3つのチャレンジのうち、どれか一つをクリアすると、このチャレンジがアンロックされます。 この辺りは以前と大きく変わった部分ですね。 以前は最初から7つのチャレンジが見えていたのですが、チャレンジをクリアしていかないと次が出ないようになっています。 チャレンジ自体はジップラインに乗るだけで良いので簡単です。 複数のマッチで、とあるので3マッチ必要になります。 プレステージではダメージを与える、に変化します。 チャレンジを2つクリアするとアンロックさされます。 3ヶ所で宝箱を開ければOKです。 プレステージでは、なぜか宝箱から名前付きの場所でのキルに変わります。 チャレンジを3つクリアするとアンロックされます。 ロードトリップチャレンジのなかではちょっと大変なほうのチャレンジです。 お馴染みの2つの場所を訪れるチャレンジですが、ラッキー・ランディングとレイジー・ラグーンはかなり遠いので大変ですね。 チームランブルで乗り物を使うか、デスルーラするのが楽です。 ステージ制でなくなった分は楽になってますね。 プレステージでは、ワンマッチで名前付きの場所に10カ所訪れる、とかなり難易度が上がります。 チャレンジを4つクリアするとアンロックされる最後のチャレンジです。 ドリフトボードで高いところからジャンプしてくるくる回っていればすぐに終わります。 ネオ・ティルテッド、メガ・モールにはスリップストリームがあるので、その中をドリフトボードで飛んでいるだけでもクリア可能です。 プレステージでは、ワンマッチで500,000ポイント取得ですが、これはまあ難しくないですね。 まとめ チャレンジ自体は大きく変わっていませんが、その構成がかなり大きく変わっていますね。 通常のチャレンジは難易度も低く、初心者の方でもそこまで難しくないんじゃないかと。 プレステージは最近の簡単なウィークチャレンジとは一線を画す難易度のものもあり、ちょっと昔を思い出しました。 プレイスキルを大きく求められるものは、シーズン6ぐらいからどんどん少なくなっている印象です。 ただ、標識など、ある程度場所を把握しておかないと、というものもあるので、またぼちぼち画像を作っていこうかと思います。 現状、どれぐらいプレイすれば、ある程度のコスチュームを取得できるか、などがいまいちわからないので、プレイしながら探っていこうかと思います。 プレステージチャレンジへのリンク 通常のチャレンジをクリアすると、プレステージチャレンジがアンロックされます。 報酬としてはXPと追加のスタイルなどになります。 隠しティア 隠しティアですが、こちらは期間限定のデイリーチャレンジに存在しているため、まったく別のチャレンジになり、ロードトリップチャレンジとは連動していないようです。

次の

今更聞けない?フォートナイトプロでもやってるクライアントの設定

フォート ナイト ジップ ライン

表の通常チャレンジから一転してかなり大変なチャレンジになります。 場所は通常チャレンジと同じです。 マッチの制限のなかった場所に、ワンマッチという指定が加わることで難易度が上がっています。 また、この3つの場所がかなり遠いです。 3つの場所は通常のチャレンジと全く同じです。 新たに探さなくても良いのは楽ですが。 チームランブルで、ダーバーガーヘッドとストーンヘッド像あたりにエリアが来た時に、まず砂漠の恐竜に行って、エリア付近にデスルーラし、エリア外にあるほうのオブジェクトに行って、最後にエリア内のオブジェクトに行く、などをすると、時間内に回れる確率が高くなります。 もしくはドリフトボードですね。 後から出てくるチャレンジの、10カ所回った時にドリフトボードを使いましたが、その時の感覚では、エリア次第ですが、ドリフトボードの速度で何とかなる可能性もあるかと。 ただ、ストーンヘッド像は複数あるので、その場所によっては別の場所を使えばかなり簡単になるかもです。 恐竜やダーバーガーヘッドも複数あればかなり楽になるのですが…。 結局この2つが遠いんですよね…。 ドリフトが描かれたダーバーガーヘッド プレザント・パークの東にある小高い丘みたいなところにあるダーバーガーのオブジェクトです。 周りに裂け目がある場所ですね。 昔からある場所です。 恐竜 パラダイス・パームズから道路を南に行ったところ、砂漠の南にある恐竜の像です。 シーズンが始まる際に大体準備される新要素用のチャレンジですが、「B. 」用ですかね。 5キルになります。 自分はドリフトボードに乗って突っ込んでショットガンで倒しましたが、複数人で「B. 」に乗るのが、シーズンX当初は楽かな、と思います。 今後、また新しい乗り物などが出てくると変わってくるかもですね。 プレステージで難易度がかなり上がるチャレンジです。 特にチャレンジ開始時は取り合いになるので、そらに難易度が上がります。 自分が見つけられた範囲ですが、プレザント・パークに13ヶ所ぐらいはあるので、そこで一気にクリアするのが楽です。 他の場所もあるのですが、現状プレザント・パーク以上のところが見つけられず…。 複数個所見つけられているとこういうチャレンジは楽にクリアできますが…。 多分、時間がたてば、取り合いになることもなく、簡単になるんでしょうが、最初は取り合いなので、通り道のソルティ・スプリングスに行ってももう誰かが壊してる、などになっていましたね。 プレザント・パークの標識 基本プレザント・パークで狙うのが楽です。 プレザント・パークには13カ所の標識があり、一気に終わらせられる可能性があります。 大規模モードで、街の左上の塊を取った後に、人がいなさそうな方向の標識側に移動する、という感じでしょうか。 ただ、取り合いになるのは最初だけなのでは、と思うので、後からクリアでも良いかと思います。 ただ使うだけよりも難易度は上がります。 プレステージのチャレンジを1つクリアするとアンロックされます。 以前もあったチャレンジですね。 ジップラインに乗っている状態で敵にダメージを与えるチャレンジです。 大規模モードでジップラインがあるエリアが最後に入れば、難易度はぐっと下がります。 行ったり来たりしながら敵を待つか、隠れて敵を待つか、といったところですかね。 アサルトライフルが遠くの敵も狙えるので、比較的やりやすいです。 機会、という意味でちょっと大変なチャレンジです。 通常チャレンジでは宝箱でしたが、裏ではキルチャレンジに変化するチャレンジです。 マップ内には現在20カ所以上の名前付きエリアがありますが、その中で10カ所をワンマッチで訪れる必要があります。 正直10カ所は大変でした。 自分はドリフトボードでクリアしました。 バスからすぐに降りて、ジャンク・ジャンクションとザ・ブロックの間にあるレース場でドリフトボードを取得し、マップの左側半分をぐるっと回って反時計回りにぐるっと回ってクリアしました。 チームランブルなら、7つぐらい回ってしまえば、後は倒されてもエリア付近を回ればなんとかなるので、大規模モードで最後にエリア付近に到達するようなルートをとるとクリアしやすいですかね。 シーズン5よりも前のころのチャレンジ難易度を少し思い出しました。 プレステージではトリックポイントのポイント数が倍になり、ワンマッチで、という制限がつくようになりました。 基本は通常チャレンジと同じで、ドリフトボードで高いところから飛んでくるくる回っていればすぐに終わります。 スリップストリームでもOKです。 着地はちょっと注意が必要ですが。 ロードトリップチャレンジの報酬 通常チャレンジ 報酬ですが、通常モードの報酬は合計50スターと5000XP、7つクリアでバックアクセサリーのアトモスフィアになります。 プレステージ プレステージでは、合計5000XPと、4つクリアでスプレー「ドリフト」、7つクリアでカタリストドのスタイル「レフトストーム」がアンロックされます。 まとめ プレステージは全体的に少し難易度が上がります。 基本は通常チャレンジで出てきたものが、ワンマッチ指定になったり、ダメージがキルになったり、といった感じでの難易度上昇です。 ゲーム内にも、「難しいチャレンジをクリアして」という文言が入ってますから、その通り、といったところでしょうか。 特に訪れるチャレンジはかなり大変ですね。 ワンマッチで10カ所か~…どうやって回ろう…と少し考えてしまいました。 乗り物を使えば、チームランブルでもなんとかなるので、クリアできない、ということではないですが。 昔あったトラップキルとかよりは全然簡単ですよね~。 通常のロードトリップチャレンジ攻略.

次の