生まれ た 意味 など なかっ た。 らん❀ :: 生まれた意味などなかった。 가사

生まれた意味などなかった。

生まれ た 意味 など なかっ た

厚紙 あつがみの 箱 はこに 捨 すてられた 命 いのちならば 値打 ねうちはないか? バス 停 てい 待合 まちあいに 渦巻 うずまく 見 みて 見 みぬふりの 雑踏 ざっとう 書 かき 損 そんじはどうしようもないが それに 勝 まさる 反吐 へどが 出 でない か? その 行方 ゆくえは 今日日 きょうびじゃ 誰 だれも 知 しらない 母 ははの 手 てを 零 こぼれた 小 ちいさな 命 いのちは 後部 こうぶ 座席 ざせきに 勝 まさる 価値 かちもない 何者 なにものにもなれる 命 いのちで 救 すくえるものひとつもないのだ これほどに 器用 きような 手先 てさきで 救 すくえるものひとつもないのだ 僕 ぼくたちは 底 そこ 知 しれた 愚鈍 ぐどんな 世界 せかいだ 書 かき 物 ものに 筆 ふでを 取 とれども ぶちまけたインクのそれが ひどく 適切 てきせつではないか? 死 しにたいかと 言 いわれりゃ 特 とくに 死 しぬほどの 孤独 こどくでもないが 生 いきたいか 問 とわれたら 何 なにも 言 いえない 虚 むなしさに 適 てきした 表情 ひょうじょうはどれだ 書 かき 始 はじめの 言葉 ことばは 『 生 うまれた 意味 いみなどなかった。 』 先 さき 見 みえぬ 小説 しょうせつを 読 よめば 捲 めくり 終 おえぬ 世界 せかいがあるのか? 振 ふり 向 むけば 崩 くずれる 足場 あしばで 明日 あしたから 何処 どこへ 向 むかうのだろう 僕 ぼくたちは アンノウン アンノウン 「 私 わたしは 誰 だれだ」 「 貴方 あなたは 誰 だれだ」 アンノウン アンノウン 消 けしては 書 かいて 丸 まるめ 捨 すてては アンノウン アンノウン 自分 じぶんひとつが 未 いまだ 書 かけない 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 事切 こときれぬものなんてないのに 救 すくいえるものひとつもないのに この 命 いのちに 意味 いみなどないのに 優 やさしい 明日 あしたなんてないのに 行 いかなくちゃ たとえ 死 しに 向 むかって 歩 あるいていたって 書 かかなくちゃ 当然 とうぜん 余白 よはくも 残 のこっちゃいないが 知 しらなくちゃ 明日 あすを この 途方 とほうもない 暗晦 あんかいを 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃいけない 厚紙 atsugami の no 箱 hako に ni 捨 su てられた terareta 命 inochi ならば naraba 値打 neu ちはないか chihanaika? バス basu 停 tei 待合 machiai に ni 渦巻 uzuma く ku 見 mi て te 見 mi ぬふりの nufurino 雑踏 zattou 書 ka き ki 損 son じはどうしようもないが jihadoushiyoumonaiga それに soreni 勝 masa る ru 反吐 hedo が ga 出 de ない nai か ka? その sono 行方 yukue は ha 今日日 kyoubi じゃ ja 誰 dare も mo 知 shi らない ranai 母 haha の no 手 te を wo 零 kobo れた reta 小 chii さな sana 命 inochi は ha 後部 koubu 座席 zaseki に ni 勝 masa る ru 価値 kachi もない monai 何者 nanimono にもなれる nimonareru 命 inochi で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda これほどに korehodoni 器用 kiyou な na 手先 tesaki で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda 僕 boku たちは tachiha 底 soko 知 shi れた reta 愚鈍 gudon な na 世界 sekai だ da 書 ka き ki 物 mono に ni 筆 fude を wo 取 to れども redomo ぶちまけた buchimaketa インク inku のそれが nosorega ひどく hidoku 適切 tekisetsu ではないか dehanaika? 死 shi にたいかと nitaikato 言 i われりゃ warerya 特 toku に ni 死 shi ぬほどの nuhodono 孤独 kodoku でもないが demonaiga 生 i きたいか kitaika 問 to われたら waretara 何 nani も mo 言 i えない enai 虚 muna しさに shisani 適 teki した shita 表情 hyoujou はどれだ hadoreda 書 ka き ki 始 haji めの meno 言葉 kotoba は ha 『 生 u まれた mareta 意味 imi などなかった nadonakatta。 』 先 saki 見 mi えぬ enu 小説 syousetsu を wo 読 yo めば meba 捲 meku り ri 終 o えぬ enu 世界 sekai があるのか gaarunoka? 振 fu り ri 向 mu けば keba 崩 kuzu れる reru 足場 ashiba で de 明日 ashita から kara 何処 doko へ he 向 mu かうのだろう kaunodarou 僕 boku たちは tachiha アンノウン announ アンノウン announ 「 私 watashi は ha 誰 dare だ da」 「 貴方 anata は ha 誰 dare だ da」 アンノウン announ アンノウン announ 消 ke しては shiteha 書 ka いて ite 丸 maru め me 捨 su てては teteha アンノウン announ アンノウン announ 自分 jibun ひとつが hitotsuga 未 ima だ da 書 ka けない kenai 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 事切 kotoki れぬものなんてないのに renumononantenainoni 救 sukui えるものひとつもないのに erumonohitotsumonainoni この kono 命 inochi に ni 意味 imi などないのに nadonainoni 優 yasa しい shii 明日 ashita なんてないのに nantenainoni 行 i かなくちゃ kanakucha たとえ tatoe 死 shi に ni 向 mu かって katte 歩 aru いていたって iteitatte 書 ka かなくちゃ kanakucha 当然 touzen 余白 yohaku も mo 残 noko っちゃいないが tchainaiga 知 shi らなくちゃ ranakucha 明日 asu を wo この kono 途方 tohou もない monai 暗晦 ankai を wo 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃいけない kinakuchaikenai.

次の

らん❀ :: 生まれた意味などなかった。 가사

生まれ た 意味 など なかっ た

厚紙 あつがみの 箱 はこに 捨 すてられた 命 いのちならば 値打 ねうちはないか? バス 停 てい 待合 まちあいに 渦巻 うずまく 見 みて 見 みぬふりの 雑踏 ざっとう 書 かき 損 そんじはどうしようもないが それに 勝 まさる 反吐 へどが 出 でない か? その 行方 ゆくえは 今日日 きょうびじゃ 誰 だれも 知 しらない 母 ははの 手 てを 零 こぼれた 小 ちいさな 命 いのちは 後部 こうぶ 座席 ざせきに 勝 まさる 価値 かちもない 何者 なにものにもなれる 命 いのちで 救 すくえるものひとつもないのだ これほどに 器用 きような 手先 てさきで 救 すくえるものひとつもないのだ 僕 ぼくたちは 底 そこ 知 しれた 愚鈍 ぐどんな 世界 せかいだ 書 かき 物 ものに 筆 ふでを 取 とれども ぶちまけたインクのそれが ひどく 適切 てきせつではないか? 死 しにたいかと 言 いわれりゃ 特 とくに 死 しぬほどの 孤独 こどくでもないが 生 いきたいか 問 とわれたら 何 なにも 言 いえない 虚 むなしさに 適 てきした 表情 ひょうじょうはどれだ 書 かき 始 はじめの 言葉 ことばは 『 生 うまれた 意味 いみなどなかった。 』 先 さき 見 みえぬ 小説 しょうせつを 読 よめば 捲 めくり 終 おえぬ 世界 せかいがあるのか? 振 ふり 向 むけば 崩 くずれる 足場 あしばで 明日 あしたから 何処 どこへ 向 むかうのだろう 僕 ぼくたちは アンノウン アンノウン 「 私 わたしは 誰 だれだ」 「 貴方 あなたは 誰 だれだ」 アンノウン アンノウン 消 けしては 書 かいて 丸 まるめ 捨 すてては アンノウン アンノウン 自分 じぶんひとつが 未 いまだ 書 かけない 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 事切 こときれぬものなんてないのに 救 すくいえるものひとつもないのに この 命 いのちに 意味 いみなどないのに 優 やさしい 明日 あしたなんてないのに 行 いかなくちゃ たとえ 死 しに 向 むかって 歩 あるいていたって 書 かかなくちゃ 当然 とうぜん 余白 よはくも 残 のこっちゃいないが 知 しらなくちゃ 明日 あすを この 途方 とほうもない 暗晦 あんかいを 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃいけない 厚紙 atsugami の no 箱 hako に ni 捨 su てられた terareta 命 inochi ならば naraba 値打 neu ちはないか chihanaika? バス basu 停 tei 待合 machiai に ni 渦巻 uzuma く ku 見 mi て te 見 mi ぬふりの nufurino 雑踏 zattou 書 ka き ki 損 son じはどうしようもないが jihadoushiyoumonaiga それに soreni 勝 masa る ru 反吐 hedo が ga 出 de ない nai か ka? その sono 行方 yukue は ha 今日日 kyoubi じゃ ja 誰 dare も mo 知 shi らない ranai 母 haha の no 手 te を wo 零 kobo れた reta 小 chii さな sana 命 inochi は ha 後部 koubu 座席 zaseki に ni 勝 masa る ru 価値 kachi もない monai 何者 nanimono にもなれる nimonareru 命 inochi で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda これほどに korehodoni 器用 kiyou な na 手先 tesaki で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda 僕 boku たちは tachiha 底 soko 知 shi れた reta 愚鈍 gudon な na 世界 sekai だ da 書 ka き ki 物 mono に ni 筆 fude を wo 取 to れども redomo ぶちまけた buchimaketa インク inku のそれが nosorega ひどく hidoku 適切 tekisetsu ではないか dehanaika? 死 shi にたいかと nitaikato 言 i われりゃ warerya 特 toku に ni 死 shi ぬほどの nuhodono 孤独 kodoku でもないが demonaiga 生 i きたいか kitaika 問 to われたら waretara 何 nani も mo 言 i えない enai 虚 muna しさに shisani 適 teki した shita 表情 hyoujou はどれだ hadoreda 書 ka き ki 始 haji めの meno 言葉 kotoba は ha 『 生 u まれた mareta 意味 imi などなかった nadonakatta。 』 先 saki 見 mi えぬ enu 小説 syousetsu を wo 読 yo めば meba 捲 meku り ri 終 o えぬ enu 世界 sekai があるのか gaarunoka? 振 fu り ri 向 mu けば keba 崩 kuzu れる reru 足場 ashiba で de 明日 ashita から kara 何処 doko へ he 向 mu かうのだろう kaunodarou 僕 boku たちは tachiha アンノウン announ アンノウン announ 「 私 watashi は ha 誰 dare だ da」 「 貴方 anata は ha 誰 dare だ da」 アンノウン announ アンノウン announ 消 ke しては shiteha 書 ka いて ite 丸 maru め me 捨 su てては teteha アンノウン announ アンノウン announ 自分 jibun ひとつが hitotsuga 未 ima だ da 書 ka けない kenai 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 事切 kotoki れぬものなんてないのに renumononantenainoni 救 sukui えるものひとつもないのに erumonohitotsumonainoni この kono 命 inochi に ni 意味 imi などないのに nadonainoni 優 yasa しい shii 明日 ashita なんてないのに nantenainoni 行 i かなくちゃ kanakucha たとえ tatoe 死 shi に ni 向 mu かって katte 歩 aru いていたって iteitatte 書 ka かなくちゃ kanakucha 当然 touzen 余白 yohaku も mo 残 noko っちゃいないが tchainaiga 知 shi らなくちゃ ranakucha 明日 asu を wo この kono 途方 tohou もない monai 暗晦 ankai を wo 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃいけない kinakuchaikenai.

次の

まふまふ 生まれた意味などなかった。

生まれ た 意味 など なかっ た

厚紙 あつがみの 箱 はこに 捨 すてられた 命 いのちならば 値打 ねうちはないか? バス 停 てい 待合 まちあいに 渦巻 うずまく 見 みて 見 みぬふりの 雑踏 ざっとう 書 かき 損 そんじはどうしようもないが それに 勝 まさる 反吐 へどが 出 でない か? その 行方 ゆくえは 今日日 きょうびじゃ 誰 だれも 知 しらない 母 ははの 手 てを 零 こぼれた 小 ちいさな 命 いのちは 後部 こうぶ 座席 ざせきに 勝 まさる 価値 かちもない 何者 なにものにもなれる 命 いのちで 救 すくえるものひとつもないのだ これほどに 器用 きような 手先 てさきで 救 すくえるものひとつもないのだ 僕 ぼくたちは 底 そこ 知 しれた 愚鈍 ぐどんな 世界 せかいだ 書 かき 物 ものに 筆 ふでを 取 とれども ぶちまけたインクのそれが ひどく 適切 てきせつではないか? 死 しにたいかと 言 いわれりゃ 特 とくに 死 しぬほどの 孤独 こどくでもないが 生 いきたいか 問 とわれたら 何 なにも 言 いえない 虚 むなしさに 適 てきした 表情 ひょうじょうはどれだ 書 かき 始 はじめの 言葉 ことばは 『 生 うまれた 意味 いみなどなかった。 』 先 さき 見 みえぬ 小説 しょうせつを 読 よめば 捲 めくり 終 おえぬ 世界 せかいがあるのか? 振 ふり 向 むけば 崩 くずれる 足場 あしばで 明日 あしたから 何処 どこへ 向 むかうのだろう 僕 ぼくたちは アンノウン アンノウン 「 私 わたしは 誰 だれだ」 「 貴方 あなたは 誰 だれだ」 アンノウン アンノウン 消 けしては 書 かいて 丸 まるめ 捨 すてては アンノウン アンノウン 自分 じぶんひとつが 未 いまだ 書 かけない 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 生 うまれた 意味 いみなどないのか? 事切 こときれぬものなんてないのに 救 すくいえるものひとつもないのに この 命 いのちに 意味 いみなどないのに 優 やさしい 明日 あしたなんてないのに 行 いかなくちゃ たとえ 死 しに 向 むかって 歩 あるいていたって 書 かかなくちゃ 当然 とうぜん 余白 よはくも 残 のこっちゃいないが 知 しらなくちゃ 明日 あすを この 途方 とほうもない 暗晦 あんかいを 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃ 生 いきなくちゃいけない 厚紙 atsugami の no 箱 hako に ni 捨 su てられた terareta 命 inochi ならば naraba 値打 neu ちはないか chihanaika? バス basu 停 tei 待合 machiai に ni 渦巻 uzuma く ku 見 mi て te 見 mi ぬふりの nufurino 雑踏 zattou 書 ka き ki 損 son じはどうしようもないが jihadoushiyoumonaiga それに soreni 勝 masa る ru 反吐 hedo が ga 出 de ない nai か ka? その sono 行方 yukue は ha 今日日 kyoubi じゃ ja 誰 dare も mo 知 shi らない ranai 母 haha の no 手 te を wo 零 kobo れた reta 小 chii さな sana 命 inochi は ha 後部 koubu 座席 zaseki に ni 勝 masa る ru 価値 kachi もない monai 何者 nanimono にもなれる nimonareru 命 inochi で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda これほどに korehodoni 器用 kiyou な na 手先 tesaki で de 救 suku えるものひとつもないのだ erumonohitotsumonainoda 僕 boku たちは tachiha 底 soko 知 shi れた reta 愚鈍 gudon な na 世界 sekai だ da 書 ka き ki 物 mono に ni 筆 fude を wo 取 to れども redomo ぶちまけた buchimaketa インク inku のそれが nosorega ひどく hidoku 適切 tekisetsu ではないか dehanaika? 死 shi にたいかと nitaikato 言 i われりゃ warerya 特 toku に ni 死 shi ぬほどの nuhodono 孤独 kodoku でもないが demonaiga 生 i きたいか kitaika 問 to われたら waretara 何 nani も mo 言 i えない enai 虚 muna しさに shisani 適 teki した shita 表情 hyoujou はどれだ hadoreda 書 ka き ki 始 haji めの meno 言葉 kotoba は ha 『 生 u まれた mareta 意味 imi などなかった nadonakatta。 』 先 saki 見 mi えぬ enu 小説 syousetsu を wo 読 yo めば meba 捲 meku り ri 終 o えぬ enu 世界 sekai があるのか gaarunoka? 振 fu り ri 向 mu けば keba 崩 kuzu れる reru 足場 ashiba で de 明日 ashita から kara 何処 doko へ he 向 mu かうのだろう kaunodarou 僕 boku たちは tachiha アンノウン announ アンノウン announ 「 私 watashi は ha 誰 dare だ da」 「 貴方 anata は ha 誰 dare だ da」 アンノウン announ アンノウン announ 消 ke しては shiteha 書 ka いて ite 丸 maru め me 捨 su てては teteha アンノウン announ アンノウン announ 自分 jibun ひとつが hitotsuga 未 ima だ da 書 ka けない kenai 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 生 u まれた mareta 意味 imi などないのか nadonainoka? 事切 kotoki れぬものなんてないのに renumononantenainoni 救 sukui えるものひとつもないのに erumonohitotsumonainoni この kono 命 inochi に ni 意味 imi などないのに nadonainoni 優 yasa しい shii 明日 ashita なんてないのに nantenainoni 行 i かなくちゃ kanakucha たとえ tatoe 死 shi に ni 向 mu かって katte 歩 aru いていたって iteitatte 書 ka かなくちゃ kanakucha 当然 touzen 余白 yohaku も mo 残 noko っちゃいないが tchainaiga 知 shi らなくちゃ ranakucha 明日 asu を wo この kono 途方 tohou もない monai 暗晦 ankai を wo 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃ kinakucha 生 i きなくちゃいけない kinakuchaikenai.

次の