前髪 巻き 方 ストレート アイロン。 【伸ばしかけ前髪の巻き方】ストレートアイロンやコテでおしゃれにチェンジ|MINE(マイン)

ヘアアイロンでつくる前髪セット法。基本的なやり方をおさらいして

前髪 巻き 方 ストレート アイロン

この記事もチェック• コテを使わずに自然なゆるふわヘアを作れるから、巻き髪が苦手な人や初心者さんにおすすめなんです。 毛先をストレートアイロンで挟んで軽く動きをつけるだけだから、忙しい朝のヘアセットでも難なくできちゃう。 ストレートアイロンを横に持つ 2. アイロンで毛先の髪の毛をはさむ 3. ストレートアイロンを使って髪の毛先を外側に向かってくるんと巻くだけでOK。 ロブはちょうど肩に髪がついてハネやすいので、あえての外ハネアレンジでかわいく見せて。 もっとふんわり感が欲しい時は、ストレートアイロンではなくコテを使うのがおすすめ。 ロブの毛先を外側に向かってくるんと巻いたら、トップの髪の毛は内巻きに巻いてふわっとかぶせて。 ストレートアイロンを横に持つ 2. アイロンで髪の毛先をはさむ 3. 毛先をハネさせるように、外側に向かってアイロンすべらせる 4. カーラーを使って髪のトップ巻くとふんわり感がさらにアップ この記事もチェック• コテを地面と水平になるよう横向きに持ったら、ロブヘアの毛先を挟んでそのままくるくると上まで巻きつけるだけ。 ストレートアイロンでは難しいゆる〜いウェーブが簡単につくれちゃうんです。 コテで巻いたあとに、手ぐしでざっくりとカールをほぐしてあげると、ニュアンスたっぷりのロブヘアに仕上がりますよ。 コテを地面と水平になるように横に持つ 2. コテを内向きにして、髪の毛先をはさむ 3. そのまま上の毛束を巻きつけるように、コテをくるくると回転させる 4. 太めのコテを使って、長い前髪から後ろ髪にかけて外側にゆったりと巻くだけ。 顔まわりでふんわりと揺れるカールで、大人の色っぽさを纏えるはず。 コテを縦に持つ 2. 髪の毛の中間をコテではさむ 3. 外巻きに巻きながら、コテを下にスライドさせる 4. コテを縦に持つ 2. 毛束をとり、耳の高さあたりから外巻きに巻く 3. 次の毛束をとったら、耳の高さあたりから内巻きに巻く 4. 髪の毛をうねうねと波打つように巻くことで無造作感たっぷりの仕上がりに。 黒髪や暗めのロブヘアと波ウェーブの合わせ技なら、大人っぽい雰囲気がぐんぐん上昇。 仕上げにツヤのでるオイルやスタイリング剤を揉み込んで仕上げれば、しっとり感がやけに色っぽい大人のゆるふわヘアの完成です。 コテを地面と水平になるように横に持つ 2. 耳の高さで毛束をはさみ、内巻きにカールをつけるようにコテをすべらせる 3. 毛先側は外巻きになるようにコテをすべらせる 4. 2と3をランダムに繰り返す.

次の

【美容師監修】ストレートアイロンで失敗しない前髪の巻き方&スタイリングのコツ

前髪 巻き 方 ストレート アイロン

【目次】ストレートアイロンで作る巻き髪!基本的な使い方や巻き方のコツを解説 ストレートアイロンで巻くためのコツは主に3つ ストレートアイロンの巻き方はコテとは異なり、手首のスナップ次第で巻き方を変えられたり、プレスの力加減で巻きに強弱を付けることができます。 ただ、やりすぎると巻きが直角になってしまったり、修正が効きにくくなってしまう可能性があるため、コツを抑えた上で使うのがベター。 ここからは、ストレートアイロンで巻くときに押さえておきたいポイントをご紹介します。 ストレートアイロンは持っているものの、ストレートにするときにしか使っていない方やストレートアイロンでの巻き髪初心者さんは必見です。 一度にプレスする毛量は少なめに ストレートアイロンを使うときは、一度の多くの毛量を挟むのではなく、できるだけ少なめにするのがベター。 毛束を欲張ってしまうと、大きな型がついたときに修正が効きにくかったり、巻き方にムラが出てしまうことがあります。 髪をプレスしたときに、ストレートアイロンのプレート部分に髪が収まることを目安に巻くようにしましょう。 滑るように型をつけていく ストレートアイロンを使って巻き髪を作る場合は、髪をプレートに挟んだら、なめらかに止まることなく滑らせていくのがポイントです。 コテのように丸みを帯びたフォルムのアイテムであるならば、少々留まらせてもコテに沿った強めのカールができるだけですが、ストレートアイロンは使い方によっては丸みではなく直角に型がついてしまうこともあります。 自分でカールをつけなければならないからこそ、あまり強くそして固定して挟まないようにしましょう。 流したい方向を意識してプレスする 前髪や横上、毛先など髪の流れを作りたいときは、ストレートアイロンでプレスしながら、流したい方向に誘導するように当てましょう。 かきあげヘアのように逆立てたい場合は「垂直に」、前髪を流したいときはアイロンの向きごと「流す方向」に向けて傾けるのがベター。 猫っ毛の方や毛量が少ない方は、髪をプレスしつつ外側に引っ張りながらスライドさせると、表面の髪が外側に膨らみボリュームが出ます。 流したい方向を意識してプレスするというのは当たり前かと思われますが、「髪のボリュームを出す」「プロ級の仕上がり」を出すには些細なポイントもしっかりと抑えておきたいものです。 【基本編】ストレートアイロンで作る!簡単な髪の巻き方を紹介 ストレートアイロンの使い方のポイントを知ったところで、ここからは実践編としてストレートアイロンを使った基本的な巻き方について解説していきます。 基本編でご紹介する巻き方は、プレートの大きさや難しい手首のスナップはあまり関係なく、今持っているストレートアイロンでできる簡単なものです。 ヘアアレンジがあまり得意ではない不器用さんや初心者さんもチャレンジしやすいので、ぜひ試してみてください。 ストレートアイロンを使った「毛先ワンカール巻き」 ヘアアレンジの王道ともいえる「毛先ワンカール巻き」は、コテはもちろん、ストレートアイロンでも作ることができます。 まずは髪全体をある程度ストレートにしたら、上記写真のように髪を上と下とで2分割にブロッキング。 毛量が多い方は、さらに細かく3分割、4分割するなどブロッキングして、プレートで挟める分だけ分けます。 ブロッキングした下の髪から、斜め下側に引っ張るようにして、伸ばします。 毛先まで滑らせたら、手首をスナップさせ内巻きにしたい場合は内に、ハネさせたい場合は外に滑らせていくのです。 下側が終われば、ブロッキングで上げていた髪を下ろし、上の髪も下の髪同様、伸ばしつつ毛先に到達したらスナップさせてワンカールを作ります。 毛先に動きを付けたはいいものの、アイロンで髪全体を伸ばしているため、シルエットがぺちゃんこになりがちに。 そんなときは、髪の表面を持ち上げ、根元から大きなカーブを描くようにして滑らせます。 ストレートアイロンを使った「デジタルパーマ巻き」 ストレートアイロンでの巻き髪初心者さんや、カールに強弱を付けるのが苦手な方は、三つ編みを使った巻き髪がおすすめです。 まずはじめに髪を細かくブロッキングし、三つ編みにしていきます。 三つ編みにした上からストレートアイロンをスタンピングするようにプレス。 このときストレートにする感覚で、髪の上を滑らせるのではなく、あくまで熱を与えて型を付けるといったイメージでプレスするのがポイントです。 滑らせてしまうと編んだ髪がプレートに逆らい、キューティクルを壊してしまう可能性もあるので注意してください。 熱をある程度加えたら、ゴムを外して完成です。 デジタルパーマをしたかのような小刻みな巻き髪に仕上がります。 ストレートアイロンを使った「流し前髪」 ストレートアイロンを使った「流し前髪」は、前髪がある方にはぜひ知っておいてほしい必須アレンジの一つです。 くるんと整った毛流れの前髪は、女子力高めに見える人気のバング。 まずは、前髪を外面と内面でブロッキングします。 さらにその2面を縦割りにし、「し」か「J」の字型にアイロンをプレスして巻いていきます。 最後に前髪全体を馴染ませれば完成です。 【応用編】ストレートアイロンで作る!凝ったアレンジの巻き方を紹介 ここからは、応用編としてストレートアイロンで作る巻き髪アレンジをご紹介します。 普段からストレートアイロンを使っている方や、コテ特有のカールよりもこなれたストレートアイロンの巻きが好みの方におすすめです。 ストレートアイロンを使ったトレンド「ウェーブ巻き」 トレンドヘアスタイルでもある「ウェーブ巻き・波巻き」は、ストレートアイロンでもすることができます。 アイロンの角度やどう当てるかというよりも、手首のスナップさえ掴んでしまえば誰でも簡単にできるので不器用さんにもおすすめです。 まずは基本編でもご紹介したように、髪を上下に分けてブロッキングします。 下側にブロッキングした髪をさらに少なめの束感にし、束の真ん中あたりからウェーブ巻きに。 真ん中あたりをアイロンで挟んだら、手の平が上に向くようスナップ、次のウェーブは手の平が下を向くようスナップ。 この動作を徐々に下にずらしながら行います。 下にずらしていくスピードをゆっくりにすれば、感覚の狭いウェーブ巻きができ、パーマをかけているかのような仕上がりに。 反対に下にずらしていくスピードを速くすれば、ゆるくかつ大きなウェーブができ、ゆるふわで可愛らしい雰囲気になりますよ。 ストレートアイロンを使った「外国人風かきあげ前髪」 on Feb 20, 2020 at 4:08am PST ストレートアイロンのヘアアレンジは、後ろの髪だけではなく前髪にも活用することができます。 伸びかけの前髪を横髪と一体化させワンレン風に仕上げたい方やメイク・ファッションに合わせてノーバングにしたいという方におすすめです。 まず前髪の根元から5cmほどからアイロンを入れ、プレスしたまま垂直に持ち上げ、後ろに持っていきます。 後ろに持っていくときも、髪を立たせることを意識するのがポイントです。 ある程度後ろまで持って行ったら、流したい方へゆっくりとスライドし、後ろ髪と馴染ませます。 ストレートアイロンを使った「ニュアンス巻き」 巻き髪はコテではできないと思われがちですが、プレートだけではなくストレートアイロン本体を使えば、コテで巻いたかのようなニュアンス巻きもできます。 はじめに、プレートで毛束を挟んだら力を入れず毛先まで下ろし、毛先まで届いたら毛先を挟んだまま逆走するようにアイロン本体で髪を巻いていくのです。 巻く方向ですが、ニュアンス巻きの場合は一度外巻きにしたら、次の毛束は内巻きにすると髪に立体感が出て、こなれた感じを演出することができます。 アイロンを逆走させるのが難しい方は、コテを毛先まで通したら方向をあまり気にせず、クルクルと回すだけでも綺麗な巻き髪が作れます。 また、その他にもコテと一体化しており、2WAYとして使えるアイテムもあるので使うヘアスタイルによって選ぶのも良いでしょう。 これからストレートアイロンを買おうか迷っている方はぜひ参考にしてください。 KINUJO(キヌジョ) シルクプレートストレートアイロン プロも使う本格派高機能ストレートアイロンが「KINUJO(キヌジョ ワールド) ワールドワイドモデル ストレートアイロン」です。 およそ2万人の美容師さんが愛用していると話題で、髪を乾燥させない保湿力に優れた「シルクプレート」を使用しているのが特徴。 特殊な素材でできたシルクプレートは、水分保持力がとにかく高く、高温状態で水滴を垂らしても即座に蒸発することがありません。 髪をしっかりと伸ばしたいけど、伸ばした後のパサツキが気になるという方におすすめです。 朝の忙しい時間やパパっと手軽に使いたいときに重宝します。 プレート部分のフチは丸みを帯びている「カールクッション機能」で、毛先の柔らかなカーブも綺麗に巻くことができるのは嬉しいポイントです。 サロンで縮毛矯正をしたかのような究極の使い心地とSNSでも話題を集めた名品です。 こちらのアイテムは、使用時に噴射口から髪を傷めないよう「マイナスイオン」を発生させ、熱に負けないなめらかな使用感を誇っているのが特徴。 使用されているプレートは2種類の素材からできており、1種類目の「チタニウムプレート」は熱電動力が高く時間をかけず温かくなります。 もう1種類の「セラミック」は滑りの良さが魅力で、髪の上をプレートが引っかかることなく使うことができ、摩擦といった余計な傷みから回避させてくれるのです。 さらに、サロニアのストレートアイロンは海外使用にも対応しており、100~240Vまでならどこの国でも使うことができます。 温度上昇の速度や温度範囲は問題ないのですが、温度表示はデジタルではなくダイヤル式なので、それに関しては今現在何度になっているのかが見にくいです。 そうとはいえ、一度温度設定するとなかなか変えることもないので、それほど問題でもないでしょう。 名前にも入っている通り、マイナスイオンの1,000倍以上の水分保有量をもつ「ナノイー」を配合させ、ヘアケアしながらストレートに導きます。 プレートにも強いこだわりを持っており、従来のプレートに比べコーティングを強化し、滑りやすさ20%アップ、摩擦を軽減することでキューティクルを熱から守ってくれるのです。 その他にも、プレス中の温度低下は「ヒーター温度低下検知機能」を搭載することで抑制し、ストレートやスタイリングにムラを作らせません。 唯一の弱点はプレート周りの厚み。 繊細なアレンジをするには厚みがあった方がグリップしやすいのですが、髪の根元からのプレスがしづらいなといった印象です。 そんなときは髪をできるだけ縦に持ち上げ、プレートを添わせるようにしてプレスすると綺麗に伸びます。 こちらのアイテムは、プレートに用いた滑る力を上げる「スプリング機能」と髪に優しい「マイナスイオン機能」を搭載しており、濡れた髪にも使うことができるというのが特徴的。 一般的なストレートアイロンは、濡れた髪に使うと湯気を出しながら水分を蒸発させ、髪の傷みに繋がります。 その分こちらなら、マイナスイオン機能が髪を保護してくれるため、お風呂上がりやセッティングで濡らしたままの髪に使えるのでとても便利です。 専用のヘアスタイルブックも付属でついており、幅広いバリエーションの髪型がこちらのアイロン1本で試せます。 したい髪型はもちろん、アイロンを使ったアップスタイルにも挑戦できるのでおすすめです。 こちらのアイテムの最大の特徴は、ストレートアイロンとコテの両用使いができるという点です。 プレートの内部もしっかりと熱くなる「両面ヒーター設計」なので、はじめはストレートアイロンとして使い、途中からコテとして使うなどその瞬間瞬間で温度を気にせず使い方の変更ができます。 コテはシルキーピンクコーティングを施しており、髪に素早く熱を与えつつも、傷ませないから驚きです。 ピンクとブラックのおしゃれな見た目も、「毎日使うものとして気分が上がる…!」と女性から人気を集めている理由の一つ。 温度設定はボタンの下にあるダイヤルを回して設定、長く使い続けていると文字が薄くなり、分かりづらくなってくるのが残念です。 ただ、温度上昇中は電源ボタンが点滅することから一目で状態が分かるため、巻きやストレート具合にムラが出ないのは嬉しいポイント。 コテもアイロンもどちらも譲れない、おしゃれさんにおすすめです。 数あるストレートアイロンの中でも、女性のような小さな手でも片手のみでグリップできる数少ないアイロンの一つで、機能性が高いのにスリムなのが特徴。 急速加熱ヒーター機能に加え、高い熱伝導性を持ったセラミック素材で、効率よく髪をプレスしてくれます。 さらに髪に起こる静電気を少なくさせつつ、熱による水分蒸発を防ぐ「マイナスイオン」が放出されていることにより、熱による枝毛や断毛といったダメージも未然に防いでくれます。 力を入れずとも、一度プレスしてくぐらせただけでほとんどが綺麗なストレートになり、とにかく使い勝手の良いのが魅力的です。 温度調整は4段階と少なめで、最低温度が今回ご紹介するアイテムの中で最も高め。 プレスする場所によって温度の微調整はできないものの、強めのクセやうねりを補正したい方や基本はストレートだけどたまに巻き髪もしたいという方にはおすすめです。 2WAYタイプのアイロンを使ったことがない方も、細みかつ軽めなので使いやすいでしょう。

次の

【美容師監修】ストレートアイロンで失敗しない前髪の巻き方&スタイリングのコツ

前髪 巻き 方 ストレート アイロン

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ まずはストレートアイロンの選び方、使い方をマスター! プレートの幅は3~4cm程度、長さは10cmくらい 毛先のニュアンス作りにもぴったりなのが、太すぎず細すぎないストレートアイロン。 細すぎるものもテクニックが必要なので、中ぶりを選んで。 濡れ髪にアイロンはNG! 濡れてキューティクルが開いた状態でアイロンを使うと、髪の水分が一気に蒸発して傷みの原因に…。 完全に乾かしてからスタートしてくださいね! ストレートアイロンを使った内巻きのやり方 セミロングのワンカール巻き 1. ハチ上と下で髪をブロッキングする。 髪の中間から毛先に向かって、力は入れずにアイロンをするんと滑らせて。 毛先をはさんだまま、1カール内巻きに。 後ろの髪も[1][2]を繰り返す。 ぺたんとしちゃうので根元ははずし、中間からするのがポイント。 ブロッキングしたハチ上の髪は、大きいカーブを描くように中間から滑らせ、ふんわり作って。 前髪もふわっとさせるため、カーブを描くように中間からアイロンを。 プレスしすぎず、スーッと抜く感じでやるとナチュラルな仕上がりに。 シアバターを手のひら全体に溶かし広げた後、手ぐしを通しながら毛先中心につけて自然な束感をつくったら完成。 FINISH! 360度どこから見ても、美しいきちんと感のある上品ヘアが出来上がり! ショートのワンカール巻き 毛先だけストレートアイロンでややワンカール巻きすることで、ニュアンスをプラス。 ツヤのあるワックスでウェット&タイトに仕上げるのもこなれて見せる技。 ストレートアイロンを使ったゆる巻きのやり方 セミロングのゆる巻き 1. ハチ上と下で髪をブロッキング。 ハチ下の髪は、中間にCカールをつけるように丸めて数秒キープ。 そのまま毛先までアイロンを滑らせ、今度は毛先を外巻きに1カールさせ、毛束にS字のカールをつけて。 ハチ上の髪は持ち上げて大きいカーブを描くようにアイロンを滑らせてふんわり感をプラス。 後ろの髪も同様に繰り返して。 シアバターを手のひら全体に溶かし広げ、毛先をくしゅっと軽くにぎりながら塗布して、束感と動きをON。 FINISH! 動くたびにふわっと揺れる、作り込み過ぎないエアリーヘアが完成! ショートのゆる巻き 1. 髪全体をシャワーや水スプレーなどで濡らした後、根元から毛先までオイル3〜5プッシュ程度をなじませて。 毛束をつまみ上げてバサバサと動かしながら、ドライヤーで根元にしっかりと風を当てて全体を乾かす。 前髪から細く毛束をつまみ上げ、ストレートアイロンで中間から挟んで手首を外側に半回転させ、外ハネに。 後ろの髪も中間から挟み、内側に半回転させて軽く内巻きに。 FINISH! 丸みのあるシルエットと外ハネ前髪で、色っぽショートヘアスタイルが完成! ストレートアイロンを使ったウェーブ巻きのやり方 こなれウェーブ巻き 1. サイドの髪は3段に、後ろの髪は4段にブロッキング。 毛束を細かめにとって、中間の髪を内巻きに。 内巻きの下は、外巻きに。 内・外・内・外とウェーブをつけながら毛先にアイロンを下ろして。 他の箇所もまんべんなくウェーブになるよう同様に。 顔周りの髪は持ち上げて、大きなカーブを描くように外巻きに1カール。 仕上げに毛先を中心にシアバターをつけて束感を出して。 FINISH! エレガント過ぎない、抜け感のあるスタイルが大人の余裕感! ストレートアイロンを使った前髪巻きのやり方 厚めな辛口前髪のやり方 1. うねりのある前髪をまっすぐ整えたいので、ストレートアイロンでクセづけ。 根元から毛先にかけてスーッとすべらせるようにして、軽く内巻き。 少量のオイルを手のひらにとり、フロント&サイドの髪の表面をならすようにサラッとなじませ、ツヤとまとまり感をアップ。 前髪をコームで数回とかして、さらにストレートに。 FINISH! 厚めストレートバングでモードなおしゃれヘアに! 透け感のあるすき間前髪のやり方 1. 根本にしっかり水をつけて濡らし、指で毛の生え際を揺らしながらドライヤーを当て、まずはクセとり。 ストレートアイロンで前髪に軽くテンションをかけ、ほんの少しカール。 中指の腹くらいの量のワックスをとり、両手の指をこすり合わせてのばし広げる。 前髪の外側ではなく、内側から手ぐしでとかすようにして、指のつけ根についたワックスを少量なじませて髪が動きやすい状態に。 軽く束感をつくりながら、指先で前髪全体にざっくりとワックスをなじませて。 おでこの肌見せを7割くらいにして透け感を作りたいので、重い前髪はサイドに寄せ、ベストバランスのすき間感をつくる。 FINISH! 前髪の隙間のおかげで、清涼感のあるヘアスタイルが完成!.

次の