家族婚 費用。 家族婚は「ハワイ」へGO!身内だけのメリット・デメリットと費用内訳&相場の紹介

家族挙式の費用相場は?挙式スタイル別(食事会・挙式無しなど)に紹介!

家族婚 費用

家族挙式にかかる費用の相場はどのくらい? 家族挙式を考えているカップルは、なるべく結婚費用を抑えたいと思っているのではないでしょうか。 費用を抑えるために家族挙式にする人は、平均費用がいくらなのか知りたい人も多いと思います。 挙式だけなら10万円以下が一般的 マイナビウエディングのアンケート調査によると、 挙式のみの費用は1万円〜10万円が最も多い回答でした。 しかし50万円以上かかったという回答も多く、特に神前式の場合は選ぶ衣装によってかかる金額が異なります。 家族婚 挙式+会食 を10名でおこなうときの相場は70万円程度 家族婚をおこなう人数は個人差があると思いますが、仮に両家の親・兄弟姉妹の合計人数を10人として、 挙式+会食をした場合の相場は70万円程度になります。 費用は挙式料、衣装代、人数分の料理・飲み物代などが全て含まれた金額です。 一般的な結婚式にかかる費用は全国平均360万円と言われているため、家族挙式を選択すると大幅に費用をおさえられます。 家族婚でできる内容って?挙式だけが主流なの? 家族婚には、「挙式だけ」「挙式+会食」「会食だけ」の3パターンがあります。 披露宴とは異なり、派手な演出や会場装飾はおこなわずに家族とゆっくり食事をするのが特徴です。 それぞれの特徴を簡単にまとめたので、一緒に確認していきましょう。 挙式だけ 結婚式のセレモニーだけをおこなうシンプルなスタイルで、とにかく結婚費用を抑えたいという人にはおすすめです。 教会式だけでなく、人前式・神前式などをおこなうことも可能なうえ、オプションで挙式後に式場やその周辺で記念写真を撮るプランもあります。 挙式+会食(食事会) 挙式と会食がセットになっていて、 家族婚の中で最も一般的なのがこのスタイルです。 結婚式場と同じ敷地内で会食をする場合と、別の場所で会食をおこなう場合がありますが、同じ敷地内のほうが準備がスムーズに進むでしょう。 会食だけ 挙式なしで家族にお披露目する場合は、会食だけおこなうのも可能です。 結婚式場以外でも会食はできるので、会場にこだわらなければ選択肢が広がります。 海外挙式をおこなったカップルが、帰国後してから家族にお披露目するために会食をおこなうケースも多いです。 家族挙式をするカップルが増えている理由 家族挙式を選択するカップルが年々増えているのは、一般的な結婚式より費用を抑えることができるのが一番の理由です。 費用を抑えることができる• 準備が少ないので時間的な負担がない• 家族と距離が近いアットホームな結婚式ができる 結婚費用を節約できるため、新婚旅行や二人の新生活の資金に回すことができるのは家族婚のメリットです。 また、一般的な規模の結婚式では何ヶ月も前から打ち合わせや準備に追われるケースが多いですが、小規模の家族婚は準備が少ないため忙しいカップルでも負担になりません。 家族と距離が近いアットホームな結婚式ができるのも、家族婚ならではの利点です。 家族・親族に行き届いたおもてなしをしたいなら、家族婚がおすすめです。 家族挙式を選択しなかった先輩カップルの理由 家族挙式は費用を抑えられるメリットがある反面、プランの内容に制限があるなどのデメリットを忘れてはいけません。 家族挙式ができる式場が少ない• お祝いとしてのご祝儀が期待できない• 親族には個別に挨拶に行く必要がある 家族挙式ができる式場が少ない 結婚式の平均招待人数は約70人と言われているので、多くの結婚式場は100人程度を収容できる造りになっています。 ある程度の人数でないと受け付けていない結婚式場もありますので、家族挙式を希望している人は、 会場の選択が難しいと理解しておきましょう。 お祝いとしてのご祝儀が期待できない 家族挙式では、挙式+会食というスタイルがメインになりますので、ご祝儀を辞退するケースが多く見られます。 また家族婚は友人を招待しないので、ご祝儀の期待ができません。 親族には個別に挨拶に行く必要がある 家族挙式をすると、 招待しなかった親族に個別に挨拶回りをする必要があります。 まずは両親に相談して、誰に挨拶しに行くか一緒に決めてもらいましょう。 疎遠になっている親族には、いきなり会いに行っても迷惑になるので、年賀状などで結婚の報告をするのもひとつです。 家族と小さな会場で和気あいあいと結婚式ができました。 ドレス選びも親身に選んでいただき嬉しかったです。 ホテルは設備が整っていて、ヘアメイクや宿泊場所など悩まなくて済んだのが良かったです。 当日、主人とスイートルームに泊まれたのもいい思い出になりました。 そのほか、おじ・おば・いとこを招待するケースも多く見られます。 家族挙式の親戚をどこまで招待するか明確なルールはないので、パートナーや両親と話し合って決めましょう。 両家の親戚人数を把握すると招待する人を選びやすい 家族挙式に誰を招待するか決める際、新郎新婦それぞれで親戚の人数を把握しておくのがおすすめです。 両家の招待人数のバランスが取れるだけでなく、普段から関わりのある親族と疎遠になっている親族の線引きがしやすくなります。 先に招待人数を決めてから招待する人を選ぶ方法もある 家族挙式に誰を招待するかで悩んでしまうようなら、先に招待できる人数を決めてしまいましょう。 招待人数を増やしてしまうと、自分たちがイメージしていた家族挙式の域を超えてしまい、結婚費用もオーバーする可能性があります。 場所と日時の確認のためにも招待状は用意しておく 結婚式をおこなう場所と日時を確認してもらうためにも、招待状は準備したほうがいいでしょう。 またマナーの面でも、家族として長く関わっていく相手なので、手抜きせずに招待状を送っておいたほうが無難です。 司会はなくてもOK!プランナーさんに声がけを頼んでおくと安心 シンプルに会食をおこなう場合、 司会を立てなくても進行に問題はありません。 担当プランナーさんに声がけを頼んでおけば、新郎新婦の入退場やケーキカットなど必要に応じて進行をしてもらえます。 家族挙式でも友人を招待しても問題ない 家族挙式をおこなう際、どうしても招待したい友人がいる場合は招待しても問題ありません。 実際に家族挙式に友人として参列した人の中には、 「家族と同じぐらい特別な存在として参列できて嬉しかった」という意見もあります。 ただ招待するときは、あらかじめ家族挙式であることを伝えた上で、なるべく友人が過ごしやすい席順にするなどの配慮が必要です。 結婚式は、本人だけでなく家族も楽しみにしている一大イベントですので、全員が満足できる結婚式にするためにも、理想の結婚式に対するイメージを事前に話し合っておきましょう。 家族挙式を検討しているならハナユメがおすすめ! 家族挙式を検討しているのであれば、式場検索サイトであるハナユメの利用がおすすめです。 ハナユメ(式場検索サイト)は少人数結婚式の費用がおさえられる定額ウェディングが準備されているだけでなく、人数を設定して対応している式場を探せます。 ハナユメを経由してブライダルフェアに参加すると31,000円分の商品券がもらえるだけでなく、結婚式の費用が100万円以上割引されると評判のハナユメ割が適用されます。

次の

家族婚(少人数結婚式)はアットホームな式が実現!費用・方法・注意点全て教えます!卒花の口コミも

家族婚 費用

この記事の目次• 神前式の自己負担は約60万円 初めに結論を述べると、 神前式のみ(披露宴などやらない場合)の場合は、普通の結婚式より安く済むことは確実です。 しかし、家族との食事会や着物などオプションでかかる費用が意外とあります。 私たちは家族婚で【挙式+披露宴】をしたのですが、 自己負担の総額は約60万円でした。 自己負担額は、挙式する神社や利用するプラン、親族からのご祝儀の額によっても異なります。 基本プラン• 土日祝料金(プランによる)• 玉串料 それぞれ説明していきます。 基本プラン 私たちが利用したエージェントには、以下の内容を含んだ「神前挙式プラン」というものがありました。 神前挙式プランの内容• 紋付袴(男性着物)• 白無垢(女性着物)• 挙式サポート 料金プランは税抜168,000円でした。 土日祝料金 わたしたちは土日に挙式したので、追加で20,000円かかりました。 エージェントが紹介している基本プランは、最低限の値段(平日挙式)で案内している場合が多いと思います。 玉串料 玉串料というのは、神社に納めるお金です。 神社によってばらつきはありますが、 玉串料の相場は8万円~10万円のようです。 私たちは、 基本プラン168,000円+土日料金20,000円+玉串料100,000円=288,000円でした。 挙式参列の詳細 「挙式に参列する」というのは、 神社の中に入って挙式を見守ることができることを言います。 通常の結婚式のようにくだけた空間ではなく、厳かな空間になります。 恐らくなかなか参列できる機会も少ないので、友人たちも楽しんでくれました。 参列できる人数 参列できる人数には制限があり、 一般的には合計26名~40名のようです。 私たちの場合は、 合計参列人数が40名、1家族20名でした。 参列者は無料 また、参列者は別途費用が発生するということはなく、規定の人数以内に収めれば大丈夫です。 人数は限られますが、 親族・友人には無料で参加してもらうことができます。 友人からのご祝儀について 結婚式はご祝儀ありきな部分もありますが、神前式のみの参列の場合は、 「特別なおもてなしをすることができないので、ご祝儀は不要です」とあらかじめ言っておくとスマートです。 確かに、食事や引き出物を用意するわけでもないのに、ご祝儀だけもらうのは気が引けますね。 私は少し離れた場所で挙式をしたため、友人にはお菓子を用意しました。 オプションで発生する追加費用 上に紹介した金額は、あくまでも【神社挙式のみ】の場合に発生する費用ですが、オプションを付けると費用が発生します。 この表は、私たちが実際にかかった費用:約60万円の内訳です。 花嫁の色打掛 それぞれ詳しく紹介します。 1.写真 写真には、この2つが含まれています。 集合写真と2人の記念写真撮影+アルバム2冊で35,000円• プロの方に撮っていただく「スナップデータ」158,000円 少し高いなぁと思いましたが、当日は家族も友人も写真を撮られる側なので、プロのカメラマンに頼んでよかったです。 挙式中の撮影はカメラマンのみ許可されているので、カメラマンに頼まなかったらこの光景を後で思い出すこともできなかったので、頼んで良かったです。 2.食事 私たちは、家族のみ合計14人での食事会を予定しました。 食事のコースは、1人11,000円のコースにしましたが、料亭の美味しいお料理をいただくことができました。 3.色打掛 基本プランには白無垢と紋付袴は含まれていますが、色打掛という柄の入った着物を着たい場合は別途レンタルする必要がありました。 私は、エージェントと提携しているレンタル着物店で選び、 定価50万円の着物を15万円でレンタルさせてもらいました。 ネットで探せば10万円以下でもレンタルできますが、当日合わせるのが不安だったので、15万円かけてでも選んでよかったと感じました。 ちなみに色打掛にも種類があって、私は「友禅」という種類のものを選びました。 織物・・・生地を織りながら模様を描いたもの。 お洒落で今風の柄が多いけど、継ぎはぎで手間が少ないので安い。 友禅物・・・絵画のように生地に模様を描いたもの。 和風の柄が多く、一枚の生地に絵を描く大変さゆえ、高額。 以上3点は、事前に把握していた追加費用だったのですが、意外とかかった費用もあったので紹介します。 会場設営サポート 地味に高かったですが、設営や当日のエスコートのおかげで順調に会が進んだので感謝です。 お色直し やはりプロにお願いするとはお金を支払うべきですね。 お色直しも含めて一日フォローして下さったので、支払うべきお金でした。 テーブル装花 普通の結婚式でも持ち込み不可で高いとは聞いていたけど、高い…。 でも、無いと寂しいと思ったのでお願いしました。 まとめ 私たち夫婦は、結婚式にお金かけるなら別の体験をしよう!と思っており、結婚式は挙げない予定でした。 しかし、結婚式は両親や親戚に感謝をする場だと考えて、挙式とささやかな身内食事会を開催することにしました。 結果として、自分たちにとっても家族にとっても特別な1日となったので、挙式をして良かったです。

次の

家族婚は「ハワイ」へGO!身内だけのメリット・デメリットと費用内訳&相場の紹介

家族婚 費用

これはワタベウェディング発のキャッチコピーで、リゾート婚「リゾートウェディング」を略した言葉です。 ハワイ・グアム・ヨーロッパを中心とした海外リゾートや、沖縄・軽井沢・北海道などの国内リゾートで、観光も兼ねた開放的な結婚式を挙げることができるのです。 リゾ婚は少人数での結婚式が主体 海外でのリゾ婚の列席ゲストの平均数は10名前後が目安です。 一方で、国内でのリゾ婚は10名~40名程度と、場所によってはゲスト数が変わります。 国内、海外共に、リゾ婚は新郎新婦の住まいから遠く離れた海外や国内のリゾート地で行われるため、通常の結婚式のように数多くのゲストを招待するには不向きです。 そのため、両親・兄弟などのごく身内と、親しい友人のみを招待した少人数開催でアットホームな形式の結婚式が主体となっています。 リゾ婚ではお車代・ご祝儀はなしの考え方も 国内・海外でのリゾ婚で心配なるのがゲストの渡航費用や宿泊代。 日本では「お車代」として、遠方に住んでいるゲストの宿泊代や交通費を新郎新婦が負担することが一般的です。 リゾ婚では、お車代を出さない代わりにゲストからのご祝儀は辞退するといった形式が主流になっています。 一方で国内のリゾ婚では、宿泊費などの一部を負担し、ご祝儀は新郎新婦の考え方に寄るところが大きいようです。 海外リゾ婚の費用 ハワイウェディングの平均費用と内訳 ハワイウェディングの費用総額の平均金額 210. 8万円 ハワイウェディングの費用総額の平均金額 210. 8万円 ウェディングの旅行費用 81. 1万円 お土産費用 7. 6万円 ショッピング費用 14. 2万円 挙式の総額費用 112. 1万円 ゲストの旅費負担の費用(負担した場合) 113. 7万円 ハワイウェディングの旅行費用 ハワイウェディングの旅行費用の平均金額 81. 1万円 2人分の旅行代金(航空代金、宿泊代)です。 お土産費用の平均金額 7. 6万円 ハワイウェディングのお土産代は、結婚式に招待できなかった親しい人たちへの挨拶用や、帰国後にお披露目パーティを行う際のゲストへのギフト用などが含まれているため、総じて高くなる傾向にあるようです。 ハワイ挙式の費用 ハワイ挙式の総額費用の平均金額 112. 1万円 挙式にかかった費用には、会場使用料、衣裳、小物、ヘアメイク・エステ、ブーケ、写真・ビデオ、関係者への謝礼等、挙式にかかった費用全てが含まれています。 招待ゲスト数が少ないため、結婚式費用は国内に比べリーズナブルです。 ハワイウェディングの衣装費用 ハワイウェディングの衣装費用の平均金額 41. 2万円 新婦の衣装の平均金額 26. 7万円 新郎の衣装の平均金額 14. 0万円 ハワイ挙式の衣装の大きな特徴として、フォトツアーや帰国後にお披露目パーティなどで何度か着用することを計画し、ドレスやタキシードの購入に踏み切るケースも多く見られます。 ヘアメイク・着付の費用 ヘアメイク・着付の費用の平均金額 7. 4万円 ヘアメイクリハーサルを現地で行う人もいますが、国内で済ませて指示書を海外に持ち込んだり、ヘアメイクリハなしで本番にのぞむ人花嫁の割合も多くなっています。 挙式でのブーケの費用 ブーケの費用の平均金額 3. 1万円 ブーケ・ブートニアは現地で生花を注文せず、造花やドライフラワー、プリザープドフラワー等で日本で作って持ち込むカップルの割合も多くなっています。 フォト撮影・動画撮影・フォトツアーの費用 フォト撮影の費用の平均金額 28. 4万円 動画撮影の費用の平均金額 18. 8万円 フォトツアーの費用の平均金額 26. 2万円 屈指のリゾート地ということから、フォト撮影、動画撮影共にグレードアッフを希望する新郎新婦が多い傾向で、国内での結婚式以上に平均金額が高くなっています。 レセプトパーティの費用 レセプトパーティの費用の平均金額 26. 1万円 結婚式の後の会食です。 招待ゲスト数によって金額が変わりますが、披露宴のように固いものではなく、少人数でのカジュアルでアットホームな会食スタイルであることがほとんどです。 ゲストの旅費負担の費用 ゲストの旅費負担の費用の平均金額 113. 一部負担の内訳も両家両親の旅費のみなど、友人ゲストや兄弟は自費で参加するケースがほとんどのようです。 その代わり、ご祝儀は辞退するスタイルがハワイウェディングでは主流になっています。 7万円 2人分の旅行代金(航空代金、宿泊代) ただし、地域によるばらつきが大きく、石垣島などの離島への旅行の場合や、高級リゾート地が多い沖縄北部の滞在だと、旅行費用は倍以上になることもあります。 沖縄挙式の費用 沖縄挙式の総額費用の平均金額 100万円~200万円 挙式の平均金額 155万円(平均ゲスト数 25. 4人) 挙式のみの平均金額 109万円(平均ゲスト数 14. 1人) 挙式・披露宴の平均金額 209万円(平均ゲスト数 40. 0人) 挙式と食事会の平均金額 101万円(平均ゲスト数 26. 8人) フォトウェディング 129万円(平均ゲスト数 16. 0人) 国内屈指のリゾート地のため、フォト撮影を中心にしたウェディングの人気があるようです。 沖縄ウェディングの衣装費用 沖縄ウェディングの衣装費用の平均金額 20万~30万円 新婦の衣装の平均金額 20万円 新郎の衣装の平均金額 10万円 国内・海外挙式と比較すると、衣装代を安価に済ませる人が多い傾向です。 またハワイウェディングと同様に、リゾート地から戻った後にお披露目パーティを行う場合はドレスを購入に踏み切る人も多いようです。 フォト撮影・動画撮影の費用 フォト撮影の費用の平均金額 15~30万円 動画撮影の費用の平均金額 15万円 フォト、動画撮影は国内の一般的なウェディング業者に依頼する平均金額と差はありません。 リゾート地での挙式のため、フォト撮影に関してはグレードアップを希望する新郎新婦も多く、通常の国内挙式より金額が上がることも。 ゲストの旅費負担の費用 ゲストの旅費負担の費用の平均金額 20万~40万 沖縄は国内のため、宿泊費または交通費のどちらか一部を新郎新婦を負担するケースが多くなっています。 また国内の結婚式同様に、挙式・披露宴を続けて行うカップルが多いため、ご祝儀制を選択することの方が多い傾向になっています。 まとめ 海外リゾ婚のハワイウェディング、国内リゾ婚の沖縄ウェディングの費用に必要な費用は、旅行費用・観光費用・結婚式の費用などが挙げられます。 どちらもリゾート地で行う結婚式ですが、ゲストのお車代に対する考え方や、ご祝儀の有無、招待するゲスト数などな違いが出てきます。 国内か海外か、リゾ婚を計画する際の参考にしてくださいね。

次の