ダイナミック 琉球 エイサー。 ダイナミック琉球がなぜ甲子園で応援歌に?高校バスケから野球で熱唱

沖縄美少女・チュニキャンが踊るエイサーEDM「ダイナミック琉球」振付動画が100万回再生突破

ダイナミック 琉球 エイサー

5人組ダンスボーカルグループ・()が故郷・沖縄の名曲をブラスバンドなどを加えたアレンジでカバーした「ダイナミック琉球」のYouTube動画が100万再生を突破した。 2017年から高校野球の応援歌として定番化している沖縄のエイサー曲「ダイナミック琉球」。 チュニキャンがカバーし、ミュージックビデオは沖縄尚学高校での撮影予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になってしまい、やむを得ずコレオ動画(振り付け動画)をアップ。 ただ、そのキレキレなダンス動画は3月の公開以降、芸能人だけにとどまらず、多くの人がこぞって踊る動画をアップ。 じわじわとSNSで広まり、YouTubeでの再生数が大台を超えた。 振り付け監修は沖縄出身の仲宗根梨乃氏で、振り付け指導は沖縄で活躍しているダンサーYuuki。 また、もともとは首里城再建の支援の楽曲。 現在は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で沖縄と高校野球を恋しく思う人から「この曲で沖縄を思い出す」や「この曲が流れてくると高校野球ファンとしてうれしい!」「夏の甲子園思い出すな」といった、つぶやきも多い。 人気YouTuberのフィッシャーズ・ZAKAOは「これはよきやな! エイサーやカチャーシーの動きをしっかり取り入れてて構成もすごい!」と賛辞を送り、ダイノジ大地や、やなわらばーもツイートしている。 この楽曲は甲子園でも応援歌として人気の楽曲だったので、高校野球が中止になってしまいとても残念ですが、来年はこの曲で私たちにできる応援がしたいと夢みています! また、自粛期間が終わり、安全が確認されたら、母校のみんなと予定していたMVの撮影をとても楽しみに心待ちにしています!!

次の

ダイナミック琉球 応援歌・エイサー

ダイナミック 琉球 エイサー

来歴 [ ] E-ZEE BAND時代 [ ] ファンクバンド「E-ZEE BAND」のボーカルとしてにメジャーデビュー。 シングル6枚、アルバム1枚を発表する。 ソロ活動 [ ] にに移住。 ストリートライブ等を行いつつ作曲活動を展開。 に沖縄移住第一弾シングル「風のメロディー」をリリース。 プロデュース活動はE-ZEE BAND時代より行っていたが、沖縄移住後に出会いプロデュースしたのに発売されたシングル「」が50万枚以上売り上げる大ヒットとなった。 同年のにD-51のバックバンドのギターで参加。 D-51とはメジャーデビュー後6枚のシングル、3枚のアルバムのメインプロデューサーとして携わった。 ダイナミック琉球 [ ] とコラボレーションした「ダイナミック沖縄(仮)」を基に、に沖縄限定で「」をリリース。 沖縄県内で反響を呼びのCMに採用されたほか、の曲として多くのエイサー団体に採用された。 、においてが応援曲として演奏したことで注目を浴び、他校も取り入れるようになったことでの応援曲として一気に定番化した。 また、、など多くの歌手にカバーされている。 ディスコグラフィ [ ] E-ZEE BAND [ ] シングル [ ] 枚 発売日 タイトル 規格 品番 順位 収録アルバム 1st 1991年1月25日 Cool Love 8cmCD RODL-1001 Ja Love 2nd 1991年7月24日 Happy Day RODL-1002 Ja Love 3rd 1992年6月25日 WOW WOW RODL-1003 HOT JAM 4th 1992年8月28日 Shining Lover RODL-1004 HOT JAM 5th 1993年5月25日 My Girl RODL-1005 Club Delicate 6th 1993年9月25日 Southern Breeze RODL-1006 アルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 規格 品番 順位 1st 1991年9月10日 PAISLEY LOVER CD ROCL-1001 圏外 ソロ [ ] シングル [ ] 枚 発売日 タイトル 規格 品番 順位 収録アルバム 1st 2002年6月21日 風のメロディー EP 07SH-1784 53位 8cmCD CSDL-3006 アルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 規格 品番 順位 1st 2003年9月23日 LIFE TIME(生熊朗名義) CD SUGM-1003 圏外 2nd 2009年8月5日 CD TKCA-73452 プロデュース [ ]• 当時所属していたワイズミュージック所属アーチスト。 4枚のシングル、3枚のアルバムのプロデュースに携わる• 当時所属していたワイズミュージック所属アーチスト。 3枚のシングル、3枚のアルバムのプロデュースに携わる CMソング [ ]• Shining Lover -• 外伝エンディングテーマ 脚注 [ ] [].

次の

チュニキャンの新曲「ダイナミック琉球」の振り付け動画が再生回数100万回を突破し、話題

ダイナミック 琉球 エイサー

お好きなところからご覧ください。 「ダイナミック琉球」は誰の歌? まずは、この「ダイナミック琉球」は誰の歌なのか?とても気になりますよね。 「ダイナミック琉球」で検索するとすぐにいっぱいの検索結果が出てきます。 しかし、そこには何人かのPVが表示されていて、誰かがカバーしている曲なのか?と思ってしまいます。 「ダイナミック琉球」のWikiが存在せずに、 成底ゆう子という女性の方が見つかります。 きっとこの成底ゆう子さんの曲だと思いますが、実は違います。 「ダイナミック琉球」は、 作詞 : 平田大一 作曲 : イクマあきら まったく知らない名前ですか? このお二人は沖縄では超有名なんですよ。 それぞれ、詳しく紹介していきましょう。 まずは、 この「ダイナミック琉球」がどのように生まれたのかを知っておきたいですね。 この曲は、 2008年に誕生しています。 2017年に認知されだしたので、約11年の歳月が経っていますね。 結構長くかかりました。 琉球大学で生まれた曲で、土木工学科の創立50週年の記念するために『琉球ルネッサンス』という組踊(くみおどり)絵巻のテーマ曲として制作されたそうです。 組踊は沖縄の無形文化遺産で、太鼓を叩いて踊るエイサーや沖縄空手を取り入れた踊りを組み入れて上演されました。 どこかの歌手に歌ってもらうために作られたわけではないのです。 それなのにこんなに勢いがある力強い楽曲になっているのは凄く心地よくて口ずさんでしまうくらい耳に残ってしまいます。 イクマあきらさんバージョン 平田大一とは? 「ダイナミック琉球」の歌詞を作った平田大一。 実は、みなさんもよく知っているTHE BOOMのボーカル宮沢和史とも親しいようで、お互いに楽曲作りで交流があるそうです。 沖縄県文化振興会の理事も務めたほどの人材で、沖縄文化を愛しているひとりと言っても良いでしょう。 イクマあきらとは? 作曲担当のイクマあきらさん。 漢字で書くと「生熊朗」。 福岡出身で現在は沖縄在住のミュージシャンです。 名前を見て気付いた方もいると思うが、90年代に E-ZEE BAND(イージーバンド)という40代・50代のお父さん・お母さん世代にしかわからないバンドのボーカルだった。 その後、2002年に活動拠点を沖縄へ移してから有名になったのが、ドラマ『ごくせん』第2シリーズの主題歌「NO MORE CRY」を歌ったD-51などをプロデュースしている。 自分自信もソロで活動中で、この「ダイナミック琉球」も9年の年月を経てPVを発表したぐらい。 沖縄では、エイサーの曲も多く作曲しているので、地元ではかなり有名になっています。 「ダイナミック琉球」は、エイサーの踊りの楽曲としてどこでも耳にする曲となっていて、18番と言ってもいいくらいのエイサー曲となっています。 【スポンサードリンク】 「ダイナミック琉球」はなぜ流行った? 「ダイナミック琉球」は2008年に作られた曲ですが、なぜ2017年にいきなり有名になったのでしょうか? それは、高校野球のときにスタンドにいるベンチに入れなかった選手が応援歌として採用したのがキッカケのようです。 初めてではないが、使って有名になったのが 仙台育英高校。 試合中に、いきなり音楽もなしいアカペラで歌いだします。 出だしのソロパートの後は、全員でテンポがいい流れで全員で歌いだして盛り上がる曲になっています。 高校野球ダイナミック琉球のソロパートまとめ その仙台育成のソロがうまかったのでよけいに話題になって、SNSで拡散されたからまた一段と認知されるようになってきました。 これをキッカケに色んなスポーツの試合中も「ダイナミック琉球」がうたわれるようになってきました。 ソロパートの出だしがうまいと注目を浴びるようになってきましたから、なかなか下手な歌声は聞かせられませんね。 〈海よ 祈りの海よ 波の声響く空よ 大地踏み鳴らし叩く 島の太鼓(てーく)ぬ響き〉 沖縄ではもう普通の事のようにスポーツの応援に使われていて、高校野球はもちろんのこと、バスケットのハーフタイムの応援合戦にもしっかり浸透しているようですよ。 そんな沖縄では普通の楽曲「ダイナミック琉球」がなぜ全国にひろまったのかは、高校野球でも強豪校である仙台育英高校が取り入れて全国放送で流れたから。 やはりテレビの影響力は高いし、SNSでで拡散されて勢いを増したとも言われています。 このように、何がキッカケで有名になるかわからない感じなので不思議ですね。 これからもっと他のスポーツでも取り入れられて行くと思われるので、楽しみですね。 誰が一番うまいのかなんて言う企画も生まれてきそうで、カラオケNo1なんて言う企画も出てきそう!!.

次の