水草 トリミング。 水草のトリミングで美しいアクアリウムを維持しよう

水草のレイアウトやトリミングのめんどくささ解消!ゆるりとラクチン水草鉢植えのすすめ。

水草 トリミング

トリミング前の水草 トリミングを行う理由には大きく分けて4つほどあり、一つ目はレイアウトの維持です。 この作業ではレイアウトを崩すように伸びてしまった水草のカットや有茎系水草を密生させる時におこなうピンチカットなどがあり、水草を途中からカットすることにより切り口から新芽を2,3本出させて密生させる手法でグリーンロタラやパールグラスなどでよく見られる手法でもあります。 二つ目が生長しすぎた水草による環境悪化を防ぐための間引きトリミングです。 水槽という決められたスペースの中で水草が生長しすぎると必然的に空間は少なくなってきます。 ここで生じる問題が水面の空間不足による下葉や背丈の低い水草への光量不足です。 背の低い水草などは伸びすぎた水草の陰になってしまい、光が当たらず生長障害を起こしてしまいますのでそのような事態を避けるために邪魔な水草をカットします。 トリミング前の水草 もう一つが水中での空間不足により水流がうまく回らなく淀みができてしまうことです。 その結果部分的に水質が悪化し、コケの発生などに繋がってしまいますのでそのような事態を避けるためには、古い下葉をカットしたり生長の悪い茎をカットしたりして水がうまく回るように空間を作ってあげることが大切です。 三つ目が枯れた水草やコケの付いた水草の除去です。 枯れた葉は絶対に元気な葉には戻りませんのでそのままにしておくと徐々に腐りだし、水質の悪化を引き起こす要因になりますので早めにカットすることをお勧めします。 コケは種類によっては生物兵器や水質の改善により無くすことができますが、一度付着するとトリミングでしか対処できないコケもあります。 コケの付着を放っておくとコケがさらに広がってしまう、見た目も良くないなどメリットはありませんので見つけ次第トリミングにて除去するようにしましょう。 ただ、全ての水草にコケが付着してしまったときなどにはカットし過ぎてしまうと水草そのものが弱ってしまうこともありますので注意が必要です。 四つ目が弱ってしまった水草の植え替えです。 有茎系水草で行われるトリミング作業の一つですが、水草の上部を何度もトリミングしレイアウト維持をしていると徐々に根元の方が老化し弱ってきてしまうことがあります。 そのような時には一度水草を根から引き抜き下部をカットして植え替えるトリミング方法があります。 このように水草は日常的にトリミングによるメンテナンスをおこなってあげてはじめて健康を維持することができるのです。 水草のトリミングを行う理由はご理解していただけたとおもいますので、それでは水草の種類別にどのようなトリミングをおこなえばいいのかご紹介いたします。 有茎系水草のトリミング 有茎水草のカット位置 まずは有茎系水草といわれる水草で名前のとおり茎と節目から構成されている水草について説明いたします。 パールグラス・グリーンロタラ・ニードルリーフ・ハイグロフィラ・リスのシッポなど多くの初心者向け水草がこの種の水草となります。 このような水草は写真の赤線の部分でカットするようにしてください。 青線の部分でカットし差し戻しをおこなってもこのような水草の場合節の部分から根や葉を出すため節の下の部分はいずれ腐って溶けてしまいます。 よって節の少し下くらいでカットし2節程度の葉はカットして底砂に植え込むようにすると底砂内に埋め込まれた節目から根を出しやすくなります。 この写真は切断するポイントを説明するものであり、実際は多少先端部より短めになってしまいますので実際にカットするときは下のほうでカットをおこなうようにしてください。 あまり短くしすぎると養分吸収率が下がり生長が遅くなってしまうこともあります。 前景向け水草のトリミング ヘアーグラスのカット位置 次はヘアーグラスなどのような前景向け水草のカット方法を説明いたします。 基本的に前景で用いられる水草は背丈が低い物で節目を持たず一枚葉で成り立っているものが多いものです。 このような種類の葉は一度カットしてしまうとその部分から伸びることはありませんのでカットの際は赤線の部分からカットするようにしてください。 地下茎がしっかり生長していればすぐに新しい芽をだすようになります。 逆に青線部分などでカットしてしまうと切断面がくっきり残ってしまい見た目にも冴えないものになってしまう上、生長の止まった葉はコケが付着しやすくなってしまいます。 このようなカット方法はヘアーグラス、コブラグラス、グロッソスティグマなどに適応できるカット方法になります。 ロゼット型水草のトリミング ロゼット型水草のカット位置 右の写真はアマゾンソードなどのロゼット型と言われる水草でこのような水草の特徴は中心より新芽を出し生長していくため外側にいくほど古い葉となります。 外側の葉は成長が鈍りコケが付着しやすくなりますのでトリミングの際は赤線部分からカットし、外側の葉を取除くようにしてください。 青線部分からのカットは葉の成長を止めることになりコケの付着要素となりますのでお勧めできません。 またランナーといって葉ではなくツルのようなものを出し子株をつけることがありますが子株に根がではじめていれば子株は自力で生長しだしますので、そのような時はランナーのどこを切っても問題はありません。 このように水草の種類によってメンテナンス方法は多少違ってきますが、しっかりとしたトリミング作業が水草の生長を促進させ綺麗な水草水槽を維持する為に欠かせないことはご理解いただけましたでしょうか。 トリミング用品にも気を遣う Advertisement 関連する記事• 2019. 11 浮く・沈まない!? 底砂を使わずに水草を上手く沈めて固定する方法 水槽で水草を本格的に育てるのであればソイルなどの底砂を利用して水草を植え込めばいいので[…]• 2019. 18 初心者でも作りやすい有茎水草レイアウト 植え方とトリミングの方法 多くの水草の中でも有茎水草は種類が多く、その色彩や形状が豊かなのでレイアウトに取り入[…]• 2019. 18 ウォーターフェザー活着 育ちやすい巻き方とレイアウト・トリミング 鳥の羽を何枚も重ねたようなふわふわしたイメージを作り上げる水草として知られているウォ[…]• 2019. 19 60cm水槽で作る石組み水槽レイアウトの作り方とコツ 石組み水槽レイアウトでイメージするのが、大きな水槽に大きな石を数個配置し、雄大な光景を作り上げて[…]• 2019. 11 水草の再利用 トリミングなどで余った水草の活用法 水草水槽を管理していると稀に感じる疑問の中に余った水草をどうしようなどということがあります。 この疑[…].

次の

水草の再利用 トリミングなどで余った水草の活用法

水草 トリミング

60cm水槽のトリミングを行いました。 トリミングをするのって結構勇気がいりますよね。 せっかく成長した水草を切るのに抵抗があります。 切った後に成長しなかったらどうしようとか。 (切った後の掃除するのも大変だし) 前回大量にトリミングを行った後に髭ゴケや糸状コケが発生したのもあり、少々トリミングをするのが怖い、ですが、重い腰を上げてトリミングをしました。 上はトリミング前の写真。 後景に植えている赤くならないロタラインディカやグリーンロタラ、ロタラspセイロンが水面に達しています。 赤くならないロタラインディカについての記事はこちら 019 インディカよ!赤くなれ! - 主役は水草~ライバルは苔~ 本日は、水草をトリミングする際に気をつけてほしい(私が気をつけている)ことを書いてみようと思います。 多くの栄養を吸収し、グングンと成長している水草をトリミングすると、成長スピードが一時的に緩やかになります。 成長スピードが緩やかになるということは、今までより栄養を吸収しなくなり水槽内に栄養が残ってしまいます。 水槽に残った栄養は、コケの発生に繋がるため出来る限り一度に大量の水草をトリミングせずに、後景と前景を分けてトリミングをするなど工夫が必要になります。 水槽内にトリミングをした葉や茎が残っていると、水槽内で分解され水槽内に余分な栄養が残ってしまい、コケの発生に繋がります。 そのため、液体肥料などを与えている場合は、トリミング前と同じ量を添加していると余分な栄養が水槽内に残ってしまう場合があります。 トリミング前より肥料の添加を少なくする、思い切って肥料を与えるのをやめるなどしたほうが、コケの発生を抑えることが出来るかもしれません。 トリミングをした水草は、再利用することも出来ますので、カットした水草を水槽内に植えるなどしてボリュームを出すことも出来ます。 たくさんの水槽をお持ちのアクアリストの方は、ストック水槽にトリミングした水槽を確保している方もいらっしゃいます。 重い腰を上げて行ったトリミング後の写真です。 今回は後景草のみをトリミングしてみました。 添加していた液体肥料もトリミングした日と翌日はやめておきました。 トリミング作業は大変ですが、トリミングを行うことで影になっていた部分に光が当たるようになったり、水草のボリュームを出すことが出来るなど良い点が多々あります。 皆さんもトリミング時の注意を思い出しながら重い腰を上げてトリミングをしましょう!.

次の

やらないとダメ?ハサミはいる?初めての水草トリミングのコツ

水草 トリミング

ウィローモスをトリミングする時のポイントと注意点 小さく切りすぎない トリミングして他の石や流木に巻く場合、細かくカットしないようにしましょう。 小さすぎて石などに巻きにくくなります。 小さくと言っても1㎝以上あれば問題ありません。 比較的あまり手を加えなくても育ってくれますが、1センチ以下に極端に短くしてしまうとこなごなになってしまい、成長も止まってしまいます。 切りすぎには注意しましょう。 状態の悪いものは思い切って切ってしまう 少しのダメージならそのまま放置しておいても問題ありませんが、光量不足などにより極端に茶色くなったり、枯れてしまったウィローモスは再生不可なので思い切ってトリミングし、健康なものだけを残しましょう。 ちょっと切りすぎたかなと思っても健康な水草になると成長速度も早まりますのでみるみるうちに増えていきます。 枯れている水草を残していると、フィルターのつまりの原因になったり、水質が悪化するので、見つけ次第カットする方がいいですね。 トリミングする時は切れ味の良いハサミを使用する 元気なモスは余ったからといって捨ててしまってはもったないですね! 余ったモスをどんどん増やしていく事で、草原のようなモスの絨毯 じゅうたん を作る事も出来、素敵なレイアウトにもなります。 ウィローモスを石や流木に巻く【必要な物&手順】 エビの隠れ家や、メダカなどの産卵床になり卵を産み付けたものを隔離するのにそのまま他の水槽に移動できるので、ウィローモス+マット、流木、溶岩石は大変便利で重宝されています。 これらはネットやお店で販売もされていますが、実は自分でも作る事が出来ます。 この時、モスが死んでしまう可能性があるので、あまり強く縛りすぎないようにしてくださいね。 石や流木は揃えやすく、比較的簡単にでき、自分の好きな形や大きさで作る事が出来ますので、トリミングしたウィローモス、南米ウィローモスは捨てないようにして再利用してあげてください! 水苔 ミズゴケ の代わりに活用する 水苔 ミズゴケ とは観葉植物などの植物の根元に肥料の代わりとして使われるコケです。 蘭や山野草、観葉植物、多肉植物など幅広く使えます。 土だけで植物を育てていると、水やりの際に土が飛び散って周辺が汚れるという場合も、水苔を植えこむだけで、そういったトラブルを解消することができます。 育てたい植物の根の周りに敷くか、根本に巻き付けるようにするだけなので簡単です。 こうすることで根の乾燥を防ぐことができ、水草 ウィローモス の豊富な栄養を植物に与えることが出来ます。 ご家庭で他にも植物を育てている方はおすすめです。 エビ類:他生体のエサにする ビーシュリンプや、ミナミヌマエビなどのエビ類はウィローモスが大好きです。 その他水草を食べるような生体がいる水槽に入れてあげると余ったウィローモスが餌になります。 水槽内に導入することでおいしそうにパクパク食べてくれます。 この利用方法もあるので、そのままモスを捨てるのはもったいないですね!.

次の