支払基金 東京。 No.645 なぜ今、支払基金改革か?支払基金の都道府県支部を廃止、本部のガバナンス強化

「調剤レセプト直接審査・支払制度(レセネット®)」について

支払基金 東京

確定給付企業年金法施行規則より抜粋 第八十七条 事業主等(第七号に掲げる事項については第八十二条の要件に該当する規約型企業年金の事業主を除き、第八号に掲げる事項についてはリスク分担型企業年金を実施する事業主等に限る。 ) が法第七十三条第一項の規定に基づき、その確定給付企業年金に係る業務の概況について加入者に周知させる場合においては、毎事業年度一回以上、当該時点における次に掲げる事項(第二号から第六号までに掲げる事項にあっては、 当該時点における直近の概況。 以下この条において「周知事項」という。 )を加入者に周知させるものとする。 一 給付の種類ごとの標準的な給付の額及び給付の設計 二 加入者の数及び給付の種類ごとの受給権者の数 三 給付の種類ごとの給付の支給額その他給付の支給の概況 四 事業主が資産管理運用機関等に納付した掛金の額、納付時期その他掛金の納付の概況 五 積立金の額と責任準備金の額及び最低積立基準額との比較その他積立金の積立ての概況 六 積立金の運用収益又は運用損失及び資産の構成割合その他積立金の運用の概況 七 基本方針の概要 八 調整率の推移その他調整率に関する事項 九 その他確定給付企業年金の事業に係る重要事項 「加入者への業務概況の周知」をするための広報のイメージはこのようになります。 法で定められた公告事項や確定給付企業年金法施行規則改正の際に示された「業務概況の周知における工夫」 に基づく業務概況の周知内容を、すべて周知をすることができます。 情報を提供してくださるだけで、弊社が情報の精査を行い、ページを作成します。 情報の追加やページの追加作成など、カスタマイズもいたします。 ページを更新する際も、情報を提示していただくだけで弊社で更新いたします。 更新は月1回は無料です。 情報の追加やページの追加作成など、カスタマイズもいたします。 別途費用が必要となります。 保養所・福利厚生施設とは、福利厚生施設を経由してご予約・ご購入いただくと「年金なびポイント」 が貯まります。 貯まった「年金なびポイント」で全国共通商品券と交換することができます。

次の

コラム<どーせなら、覚えちゃお! Vol.32>Q:社会保険診療報酬支払基金と国保連合会はどう違うの? 医療・医薬業界どーせなら、覚えちゃお!

支払基金 東京

所管局等 保険局 担当課 保険課 内線3249 法人名 住所 港区新橋2-1-3 電話番号 03 3591 7441 代表者役職名 理事長 代表者役職氏名 神田 裕二 根拠法令 社会保険診療報酬支払基金法 設立年月日 S23. 1 目的の概要 保険者の行う療養の給付及びこれに相当する給付の費用について、診療担当者に対して支払う診療報酬の迅速適正な支払を行い、あわせて診療担当者より提出された診療報酬請求書の審査を行うとともに、高齢者関係業務、退職者医療関係業務、介護保険関係業務及び特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等支給関係業務を行うことを目的とする。 主な事業の概要• 1診療担当者の提出する診療報酬請求書に対して、厚生労働大臣の定めるところにより算定した金額を支払うこと。 2診療担当者の提出する診療報酬請求書の審査 その審査について不服の申し出があった場合の再審査を含む。 を行うこと。 3保険者からの拠出金及び納付金の徴収並びに市町村に対する交付金の交付を行うこと。 区分 補助金等の名称 補助等対象事業の名称 金額(千円) 補助等の目的 補助等対象事業の内容 交付金 高齢者医療制度円滑運営臨時特例交付金 高齢者医療制度円滑運営臨時特例交付金事業 52,953 「70歳代前半の被保険者等に係る一部負担金等の軽減特例措置実施要綱」に基づき、国が支払う一部負担金等の一部に相当する額(以下「指定公費負担医療費」という。 )の支払いを行うため、支払基金に対し保険医療機関及びその他の請求者に指定公費負担医療費の支払いを行うために必要な経費を交付することにより、高齢者医療制度の円滑な実施を図る。 指定公費負担医療費を保険医療機関等その他請求者に支払う事業並びに指定公費負担医療費の審査・支払業務に係る事務経費。 補助金 介護保険関係業務費補助金 介護保険関係業務 232,403 「介護保険関係業務実施要綱」に基づき、支払基金が行う介護保険関係業務に要する経費を補助することにより、介護保険制度の円滑な実施を図る。 介護保険の介護給付費・地域支援事業支援納付金を医療保険者から徴収し、保険者である市町村に対し、介護給付費交付金及び地域支援事業支援交付金として交付する業務に係る事務経費。 交付金 特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給業務費交付金 特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務 250,437 「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法第37条」に基づき、支払基金に造成する基金及び特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務の事務の執行に必要な経費に充てるための資金を交付することにより、特別措置法の円滑な実施を図る。 [1] 支払基金に設置する特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給基金の造成業務 [2] 支払基金が行う特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等支給関係業務 に係る事務経費。 合計 535,793 年間収入に対する補助金等の割合 0.

次の

「調剤レセプト直接審査・支払制度(レセネット®)」について

支払基金 東京

確定給付企業年金法施行規則より抜粋 第八十七条 事業主等(第七号に掲げる事項については第八十二条の要件に該当する規約型企業年金の事業主を除き、第八号に掲げる事項についてはリスク分担型企業年金を実施する事業主等に限る。 ) が法第七十三条第一項の規定に基づき、その確定給付企業年金に係る業務の概況について加入者に周知させる場合においては、毎事業年度一回以上、当該時点における次に掲げる事項(第二号から第六号までに掲げる事項にあっては、 当該時点における直近の概況。 以下この条において「周知事項」という。 )を加入者に周知させるものとする。 一 給付の種類ごとの標準的な給付の額及び給付の設計 二 加入者の数及び給付の種類ごとの受給権者の数 三 給付の種類ごとの給付の支給額その他給付の支給の概況 四 事業主が資産管理運用機関等に納付した掛金の額、納付時期その他掛金の納付の概況 五 積立金の額と責任準備金の額及び最低積立基準額との比較その他積立金の積立ての概況 六 積立金の運用収益又は運用損失及び資産の構成割合その他積立金の運用の概況 七 基本方針の概要 八 調整率の推移その他調整率に関する事項 九 その他確定給付企業年金の事業に係る重要事項 「加入者への業務概況の周知」をするための広報のイメージはこのようになります。 法で定められた公告事項や確定給付企業年金法施行規則改正の際に示された「業務概況の周知における工夫」 に基づく業務概況の周知内容を、すべて周知をすることができます。 情報を提供してくださるだけで、弊社が情報の精査を行い、ページを作成します。 情報の追加やページの追加作成など、カスタマイズもいたします。 ページを更新する際も、情報を提示していただくだけで弊社で更新いたします。 更新は月1回は無料です。 情報の追加やページの追加作成など、カスタマイズもいたします。 別途費用が必要となります。 保養所・福利厚生施設とは、福利厚生施設を経由してご予約・ご購入いただくと「年金なびポイント」 が貯まります。 貯まった「年金なびポイント」で全国共通商品券と交換することができます。

次の