クラリネット マウス ピース パッチ。 クラリネット・サクソフォン用マウスピースパッチ |ヤマハミュージック

◆道具にこだわる。【マウスパッチ編】 /0036

クラリネット マウス ピース パッチ

「リードがない!」というセリフは、リード楽器奏者の合言葉のようなもの。 調子が悪い原因は、リードのせい?それとも自分のせい?それとも道具のせい?クラリネット吹きにとって、リードとマウスピースとマウスパッチの、小さな1mmの道具の世界にこだわってみると、全然違う吹奏感の世界が広がります。 そう言えば、先生によくこんな風に言われたのを思い出しました。 女子は化粧をして、ほんの1mmのアイラインの引き方、口紅の乱れ、マスカラの付け方にあれほど神経を使うのに、楽器の道具の微妙な違いには気を使わないのか!!と。 たった今思い出されて、ニヤッとしてしまいました。 クラリネット宮前和美 リードの悩み 最近開けたリードの数箱、どれも全滅。 吹きにくい。 全然鳴らない。 リードの悩み、季節の変わり目だからしょうがないか。 いや、まとめて購入してから一年以上缶に入れて保管したまま放置していたからか。 リードの仕入れの回転が早い楽器店で買って、すぐ開けることにしたほうが良かったか。 それとも、今回は毎日新しいリードを吹く時間がなくて、デイリーではなく、数日開けながら育てたからなのか。 なんにせよ、ここまでどのリードも吹けないってのはちょっと問題だ。 リード楽器奏者には切っても切れないリードとのお付き合いである。 一度選んだ後、変化が少ないので信頼できるという意味でも、最近流行りのプラスチックリード(レジェール)も併用して使っている。 でも、最近は良かったはずのレジェール自体も、雑音がするし、反応も、鳴りも、重たくなった気がする。 レジェール 樹脂製リード シグネチャーシリーズ ヨーロピアン 結局練習時間が足りてない私の責任か。 そうやって、リード楽器奏者はどんどん調子が悪い、という状態に陥っていく。 リードがないからダメなのか、自分の練習時間・質の問題か、マッピが劣化してきたのか、楽器の調整か、奏法が悪いのか、その他の原因があるのか。 なぜ自分の調子が変化しているのかという起因を、自分でどう判断し導くかによって、「調子が悪い」という状態に関して早く抜け出せるかが決まる気がする。 大きく分けると自分起因か、道具起因かの判断の正確さ。 さて、今回の私の場合は、リードに問題があると踏んでいた。 ケーンのリードが急に鳴りにくくなってきた。 新しいリードの箱を開けてもどれもダメ。 過去にそういうことがあったから。 でも、遠くで警告ランプが薄っすらと灯っているのに気づいたのは、レジェールさえも同じように鳴りにくいということが今までと違ったから。 もしかしたら他の何かが原因なのかも?とうっすら直感めいたものの声がそうやって聞こえたけれど、ここ最近の「練習時間が足りない」という大きな真っ当な理由の前に、全然気に留めずにいた。 そして今日、何気なく、マウスピースを掃除して、マウスパッチが最近少しズレてきているのに意識が向き、貼り替えてみようと思い立った。 私は歯並びが悪いので、過去、マウスパッチに関しても色々試してきた。 薄いのがいいのか、厚いのがいいのか、どのメーカーがいいのか、貼らないほうがいいのかという一般的なものから、歯並びが悪い所を平均的に当たるように高さを変えてみたり、少し斜めに貼ったり、前歯を止められるように二重にしてみたり。 色々切ったり貼ったり工作をしてきた。 直近で変えたのは確か、2. 3ヶ月くらい前。 思い切って改造してきたものをやめ、ノーマルにバンドレンの透明なものをそのまま貼り付けた。 それでも左の歯はマウスピースのギリギリの所に当たってしまうから、少し斜めにして直接歯がマウスピースに当たらないようにして。 以外と滑らず吹けると知って、そのまま吹いてきたけれど、少しづつマウスパッチがズレてマウスピースの先端の方に上がってきたのだった。 バンドーレン マウスピース・クッション 0. 35mmクリア 貼り替えよう。 几帳面な人は、きっとマウスピースのギリギリ先端と同じ高さにピッタリ貼り付けると思うけれど、それはリードを振動させる上であまり良くないというのは、きっとシングルリード界では常識である(と思っている)。 特に中高生は、歯でマウスパッチに穴が開いて空気が入っても、粘着力がなくなってビラビラさせていても、リードとマウスピースをまっすぐ見た時に、リードよりマウスパッチ上に見えるくらい上に貼っていても、なーーーーーーんにも気にせず吹いていることがある。 一枚100円、200円、ケチらず付け替えろー! と言いたいのは、過去中学生、高校生でそうやって放置していた経験がある私だからでもあるのだけれど。 さて、なので、マウスパッチをつける位置というのは、 「マウスピースの先端より、1〜2mmくらい下につけましょう。 」 というのが定説であるし、教えるときには必ずそう言っている。 そう考えると、私のマウスパッチも結構上に上がってきてしまったので、今回またズレてしまうことを見越し、ケチケチ精神が働いて、目分量、気持ち的には思い切って、3mmくらいは下につけてみようと思い至ったのであった。 さて、貼り替え終了。 気持ち新たに、さっきまで練習していたリードをつけて、練習再開。 あれ? 鳴り方が違う。 これ、同じリードだっけ?もしかして間違えた? いやいや、間違えなくさっきまで吹いていたリードだ。 あれれ?? 何だか良く鳴るようになってる?? へー?! 他のリード試してみよっ。 あれ?これも吹きやすい。 まさか! 育て中の、吹きにくい、鳴りにくいと思っていたリードを順番に吹いてみる。 ガーーーーン!!! 10枚中10枚ダメと思ってたのに、明らかに吹けるリードが存在してる!!!!!! なんと、マウスパッチの位置をほんの少し変えたら、吹けるリードが増えた! なんてこったい。 季節のせいでもない、リードの箱の運のせいでもない、私の練習のせいでもないじゃん! あぶなーーー!!! このリード達は見限って、危うくもうすぐお払い箱に行かせるところだった! その日の個人レッスンで、高校生のマウスパッチも、早速チェックした。 やっぱり几帳面に、かなりマウスピースの先端近くに揃えて貼っていた。 今までだったら、上に出ていなければいいか、と生徒さんの道具を見過ごしていたけれど、そんな私の話で誘導して、自ら剥がして、付け直してもらったら、吹きながら目がビックリし始めた。 ちょっと違うリード試します、といって今まで彼女にとって吹きにくかったから、しまっていたバンドレン青箱リードを出してきた。 全然息が入らなかったのに、普通に吹ける!!と言って驚いていた。 くっそー。 ショック。 ぜひとも試してみてほしい。 1mmづつマウスパッチの位置をずらして、吹き心地の検証を。 確実に1mmづつの変化で、吹奏感が変わってくる。 私はここまで違いがあることが面白くて、1mmごとの吹奏感の違いや音色を何通りも試して、自分のベストポジションを決めた。 】シリーズ。 第2弾以降はこちらです!.

次の

プロ奏者の間でこっそり話題【噂のクラリネットグッズ】ベスト3!

クラリネット マウス ピース パッチ

厚さ 厚めが好み 厚さは調べた中では0. 05mm〜1. 0mmまで幅広いラインナップがある。 私は厚めが好みです。 現在使用しているのはYAMAHAの0. 8mm 楽器屋で購入することもできるので手軽に買える。 楽器屋で見たことが無いが試してみたい厚めパッチは、この2つ。 8mmも相当厚めだが、0. 87mm、0. 9mmがどんな吹き心地になるか気になる。 ちなみにAmazon. jpには取り扱いが無いようだがAmazon. ukには1mmがある。 気になる。 一度だけ0. 3mmを使用したときに、歯に伝わる振動に驚いた!ビリビリ!!ビリビリ!と「こんなに楽器って振動していたのか!?」と衝撃。 慣れないせいもあったが口が疲れた。 これまで厚めのものしか使ったことない人は、一度試してみるのも良い経験になる。 歯が揺れる! 厚さ順に並べる 0. 1mm〜1. 0mmまで並べてみます。 6と0. 7は探せていません) 厚さ 商品 色 0. 1mm 黒色 0. 2mm 黒色 0. 3mm 黒色 0. 4mm 透明 0. 5mm 黄色 0. 6mm ー ー 0. 7mm ー ー 0. 8mm 黄色 0. 9mm 透明 1. 0mm 黒色 ティースガイド(溝) パッチの表面は基本的に平らですが、からは、歯を当てる部分にティースガイド(溝)があるパッチが販売されている。 一度試したい。 このパッチはベースは0. 8mmで、溝の部分は0. 5mmのよう。 もしこのパッチを使うとしたら、歯を置く位置に溝がくるようにする必要がある。 ちょっと手間取りそう。 厚さと演奏 パッチの厚さと演奏はどういう関係があるのか。 私にとっては厚い方が疲れないと感じる(もちろん人による)。 口の開きが大きくなる方が、長時間吹いても疲れが出にくい。 バンドレンのマウスピースで、トラディショナルより先端が鋭角になっているプロファイル88がある。 プロファイル88だと、鋭角な分、口の開きはトラディショナルに比べて小さくなる。 トラディショナルだと口は大きめに開くことになり、更にパッチも厚めだともっと大きく開く。 私は口が大きく開く方が疲れない。 その他 色 黒色、透明、黄色(黄土色)がある。 できればクラリネットのマウスピースの色に合わせて黒が良いと思っている。 もしくは透明。 残念ながらYAMAHAの0. 8mmは黄色(黄土色)しかない。 いかにも「貼っています!」というのが嫌で、楽器に馴染む黒や透明がいいなぁ。 ただ、単に色というよりはソフトタイプが黄色になっていて、柔らかい感触が気に入っているので、今と同じ厚さの0. 8mmで色が透明や黒があっても、すぐに乗り換えるかは微妙。 他にあるのか? 汚れ 余談だが、クラリネット奏者(サックスも)には分かると思うが、パッチには謎の汚れがつく。 予想はつくが一応、謎としておきたい気持ち。 しばらくすると、少し固まった汚れが付着する。 付着する場所はパッチの中央部の表面。 そしてパッチとマッピの境目(口元部分)。 布で拭き取って完全に取り除けるものでは無いので、パッチを貼り替えるしかないけど。 パッチvsクッション 商品名でマウスピースパッチとなっているものと、マウスピースクッションとなっているものがある。 どっちかと言うとパッチの方が一般的かな。 まとめ 厚さや色、そしてこれからはティースガイド(溝)の有無も選べるパッチ。 重要な役割を果たすパッチだが、リードに比べてなんとなくで選んでしまいがちなもの。 最初に部活の先輩から貰ったり、部の備品から貰ったり、楽器のスターターキットに入っていたパッチを使ってその後もそのまま同じ種類をなんてことも。 最初はなんとなくで使っていても、好みに合わせて様々なパッチを選ぶことが良いでしょう。 厚さや柔らかさも種類が豊富。 そしてこれからもどんどん種類が増えることに期待!.

次の

クラリネットのおすすめマウスピース3選!相性の良いリードも解説

クラリネット マウス ピース パッチ

まずはクラリネット吹きの超定番、バンドーレン5RV 誰が何と言おうとクラリネットマウスピースの定番といえば、バンドーレンの5RVですよね。 初心者の中学生からプロ奏者まで幅広く使われている超定番なマウスピースです。 当然日本だけではなく、世界的にもクラリネット奏者の基本となっているモデルです。 フェイシング(先端)の開きは小さめで、バンドーレンのトラディショナルなら3~3半でちょうど軽~く吹けるくらいの抵抗感になってます。 初心者でもコントロールしやすく非常に人気があります。 上級者で5RVを愛用している方は5RVライヤーを使ってる方が多いですね。 通常の5RVに比べて少し開きが大きめでフェンシングが長いので5RVのコントロールに加えて表現の幅や響きの豊かさが広がる感じがします。 これも定番バンドーレンB40! 5RVに続き定番モデルのB40。 こちらも初心者からプロ奏者まで幅広く使われていますね。 5RVに比べて柔らかめのリードで気持ちよくいい音で吹けるようなマウスピースです。 私は5RVの時は3半ですがB40を使うときは3で丁度いいです。 軽めのリードでいい感じの抵抗感で吹けるが音はコンパクトにきれいにまとまる。 高音の反応や響きも良い。 そんな感じです。 たぶん。 新作、バンドーレンブラックダイヤモンドBD5 2015年に新発売されたブラックダイヤモンドBD5。 ディップの開きは5RVとB40の中間ぐらいのイメージです。 私が試奏したときに使ったリードはバンドーレントラディショナルの3半とV12の3半でした。 とってもコンパクトにまとまった音と抵抗感です。 低音から高音まで歯切れが良くて渋い感じの音がしました。 全体的な感想としては、音がきれいにまとまって気持ちいい、ブラックダイヤモンドの名の通りな感じです。 楽器屋さんに頼めば簡単に本数揃うと思いますので気になる方はぜひ試奏を。 この動画は定期的に来日しているフランスのパスカルモラゲス氏がブラックダイヤモンドBD5について語っている映像です。 音も聴けますので是非参考にしてみてください。 クランポンの新作マウスピースICON(アイコン) こちらもブラックダイヤモンドと同じく2015年に新発売されたマウスピースです。 いままでクランポンのマウスピースを使っている人なんてほとんど居ませんでしたが、なんとなく興味があり試奏してみました。 ICONは開きの大小で2種類あります。 ICON1は開き小さめ。 ICON2は開き大きめです。 感想としてはどちらも息の入りがとてもスムースで吹きやすい。 心地いい。 という感じでした。 5RV系を使ってる方はICON1を、B40系を使ってる方はICON2を試してみてください。 ただしまだまだクラリネットのスタンダードマウスピースとして全く認知されていないので、勇気がある方以外はおススメしません。 試奏の為に楽器屋さんから数本借りて持ってた時は周囲のクラリネット仲間から変り者扱いされました。 最高だと思います。 初めての出会いは約6年前。 馴染みの楽器屋さんが、ヴィルシャーっていうマウスピースが入ったから吹いてみない?と試奏用に40Bを5本持ってきてくれました。 それまで使っていたマウスピースはバンドーレンB40でしたが、ヴィルシャー40Bを吹いた瞬間に運命的な出会いを感じました。 とにかく音が良くて響きがあって吹き心地も丁度いいです。 ただし、音程が死ぬほど不安定なのでしっかりコントロール出来る方以外にはお勧め出来ません。 音痴野郎とニックネームを付けられる程に音程(特に高音)がスーパー不安定です。 私は約6年前から使い始めて現在使っているヴィルシャー40Bは4本目です。 数年前の某有名コンクールのクラリネット部門ファイナリスト5名中4名がヴィルシャー40Bだったみたいですね。 2014年に製造中止になってしまって在庫があまり無いのでこれから探す方はご注意を。 個体差がかなりあるので複数本準備して試奏したほうが良いと思います。 ヴィルシャー40Bを使ってたプロ奏者も、消耗品なのに品薄だと話にならないので既にバンドーレンのB40系に戻してる方がかなり多くなってます。 まとめ.

次の