アストロズ ラグビー。 ノーサイドゲーム・ラグビー部(アストロズ)キャストは元日本代表のラグビー選手も!

アストロズメンバーはラグビー経験者だらけ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

アストロズ ラグビー

出世の道を絶たれた男・君嶋隼人(大泉洋)が、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーとして、再起をかけた戦いに挑む『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)。 そんな今作を盛り上げるのが「アストロズ」のメンバーだ。 「アストロズ」のメンバーを演じる役者陣は全員がラグビー経験者。 ラグビーの技術と演技力を存分に発揮する彼らの中から、印象深いキャラクターをピックアップしたい。 岸和田徹(高橋光臣) 岸和田は、トキワ自動車所属のラグビーチーム「アストロズ」の主将だ。 大泉演じる君嶋やチームメイトからは、親しみを込めて「テツ」と呼ばれている。 岸和田を演じる高橋は、2005年にテレビドラマ『WATER BOYS 2005夏』(フジテレビ系)で俳優デビュー。 中学3年からラグビーをはじめ、高校・大学と続けてきた。 主将として、チームメイト一人ひとりに向き合おうとする岸和田の強い思いが、高橋の苦悩する表情から感じられる。 試合に勝つだけではなく、「アストロズ」存続のために何が最善かを考え、行動する岸和田。 そんな彼の姿を見て、チームメイトが動き出すのだ。 浜畑譲(廣瀬俊朗) 元日本代表で、「アストロズ」不動のエースである浜畑。 そんな浜畑を演じる廣瀬は元日本代表のラグビー選手。 5歳のときにラグビーを始め、北野高校、慶応義塾大学、東芝、日本代表で主将を経験している。 本作で俳優デビューを果たした。 初登場時から圧倒的な存在感を放っている廣瀬。 強い目力からは圧を感じるが、ラグビーへの思いは誰よりも強い。 主将の岸和田とは違った角度で、チームの未来を考えている存在なのだ。 何度もキャプテンを務めてきた経験が、本作ではエースとしてメンバーを引き寄せる役どころに生かされている。 佐々一(林家たま平) 「アストロズ」の新人・佐々。 気弱だが、若々しい力のみなぎるキャラクターだ。 演じているのは落語家の林家たま平。 9代目林家正蔵の息子であり、中学・高校とラグビー部に所属していた。 チームメンバー同士が衝突する場面では、どちらか一方について行動するのではなく、チームのために自分がどうすべきか戸惑う表情を見せる佐々。 そんな佐々は、他のチームメイトに比べると負けん気がないように見えるかもしれない。 だが、林家の凛とした顔つきは新人らしい力強さに満ちていて、今後チームを動かしていく重要な人物になることが示唆される。

次の

ノーサイド・ゲーム

アストロズ ラグビー

チケットは前売り完売だったが、協会の読みの甘さで観衆は半分も埋まらない失態を犯した 社会人ラグビーの現状を題材にしたTBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」が15日に最終回を迎える。 ラグビーW杯日本開催にあわせる形で「構想3年」という丁寧な作りに反響は大きかった。 ドラマでは、大手自動車メーカー『トキワ自動車』のラグビーチーム「アストロズ」が「年間14億円」の運営費を全額会社から受けている設定。 この資金がなければ、いくらいい成績を収めようが来季、部は存在しないという企業スポーツチームの十字架もはっきりと描かれた。 「運営費の数字はその通りです」。 こう話すのは、自身もラグビートップリーグの強豪、サントリーサンゴリアスのゼネラルマネジャー(GM)、トップリーグCOOや日本協会理事を歴任した稲垣純一氏だ。 その内訳について、こう明かす。 「その多くが人件費です。 ほかに遠征費や合宿費も入ってきます。 私がGMをしていたチームは45人中、35人が社員選手やスタッフで、そこにプロ契約選手が加わった。 社員選手やスタッフに対して払っていたお金、つまり会社が払う給与の総額が大体3億円だったと思います。 もし、プロ契約選手だけであれば、運営費の総額は11億円ぐらいにおさまっていたと記憶しています」 日本の社会人ラグビーはトップリーグの名のもと、全国16チームでNO・1争う。 チームを支えるのはサントリーを筆頭にトヨタ自動車やパナソニックなど。 日本の冠たる一流企業が「親会社」として運営費を捻出して、ラグビー部の支援をしている。 毎年14億円もの資金で支援する理由は明快だ。 「企業のCSR(社会貢献)活動によるものです。 その金額は毎年少しずつ増えていく流れにはありますが、しかし景気が悪ければ真っ先に削られるもの。 それもあのドラマの通りです」。 人気スポーツのプロ野球の場合はどうなのだろうか。 たとえば巨人軍の運営費の詳細はわからないが、売り上げは年間250億円のラインで推移している。 「その柱は満員となるホームゲームでの入場料収入です。 その金額は1試合2億円あまりで、サッカー日本代表戦1試合で集まる入場料収入とほぼ同じです。 ホームゲームが年間70試合もあり、入場料収入だけで140億円。 さらにここ数年、頭打ちだったTV放映権も今年3月に動画配信サービス大手『DAZN』と年間20億円といわれる契約を結びました」(スポーツ紙巨人担当記者)。 毎年、数十億円の補強をすることは、痛くもかゆくもないのだ。 サッカーの場合はどうだろうか。 「J1リーグでは、J2に降格しない成績をあげるために年間30億円近い運営費が必要。 J2もJ3リーグに降格しないために、毎年15億円近い運営費は捻出しないと苦しい経営になります」(スポーツ紙サッカー担当記者)。 Jリーグでは巨人軍より先行する形で、動画配信サービス大手「DAZN」と10年間、2100億円という大型契約を結んだ。 「J1リーグで優勝すれば3年間で22億円以上の優勝賞金などが入り、それとは別にリーグから毎年受け取れる配分金はJ1で3. 5億、J2でも1. 5億になる。 J3でさえ3000万円が配分され、一気にリーグが潤いました」(スポーツ紙Jリーグ担当記者)。 バスケット人気をさらに加速させた八村塁 Jリーグの手法にならう形でバスケットも2016年秋からBリーグとして生まれ変わった。 トップパートナーとしてソフトバンク株式会社と年間30億円を複数年にわたって支援される大型契約を結んだ。 JリーグとBリーグ発足の陣頭指揮をとった川淵三郎・初代Jリーグチェアマンは「Bリーグはソフトバンクの孫正義さんの支援がなかったら、リーグの成功はなかった」と話す。 バスケットは日本代表がW杯と東京五輪出場も果たし、八村塁というスターも誕生。 その人気もうなぎのぼりだ。 3季目のBリーグで営業収入が10億円を超えたクラブが初年度の2から昨季は6に増えた。 6月にB1初の1億円プレーヤー(富樫勇樹)を誕生させた千葉がB1優等生クラブのひとつ。 会社として7季連続黒字を記録して昨年度は14億2704万円の売り上げを記録し、B1クラブでトップだ。 千葉の公表資料によると、主な売上構成比率はスポンサー企業収入が46. 5%、チケット販売が24%、グッズ販売は10. 6%で、「選手にかかる人件費や体育館使用料などの運営費は7億円台といわれています」(スポーツ紙Bリーグ担当記者)。 千葉・島田慎二社長は「1億円プレーヤーを出せたことは、選手の活躍に見合った報酬をしっかり払える基礎体力を持てたということです」と胸をはっていた。 B1の1試合平均観客動員は3078人で、昨年比106%と目覚ましい数字に見えないが、現場の選手スタッフは1チーム20人ぐらいの規模のため、入場料収入以外の収入を獲得できれば、1億円プレーヤーも出せるのだ。 サッカーやバスケットに続き、ラグビーもプロ化にむけて本腰をいれる。 その中心にいるのが7月から日本ラグビー協会副会長に就任した清宮克幸氏だ。 前出の稲垣氏も「 何かを変えないといけないという中で出てきた方法論のひとつだと思います。 清宮氏がプロ化に本気で舵をきるなら、応援するのは当然です」と力を込めた。 2020年1月に開幕するラグビートップリーグ16チームがすべてプロ化し、ホームスタジアムを持ち、運営費を現状より規模を大きくした20億円に設定した場合、どうなるか。 稲垣氏とともに考えてみた。 「5億円のスポンサーを集められたとして、残り15億円をホームスタジアムで行う8試合の入場料収入で賄おうとすれば、1試合で2億円稼ぐことが必要。 平均5000円のチケットとしても1試合4万人のお客さんを集めないといけない計算です」 プロ化への舵を切った清宮克幸副会長(左)。 低迷する組織を必ず変えてきた強烈なリーダーシップが期待されている これまで企業頼みで運営されてきたトップリーグの平均入場者数は5000~7000人。 現状の仕組みのままでは、お客さんの数を増やし、さらにラグビー界全体の発展ものぞめないことからプロ化による改革を打ち出したが、実現には2つの壁があるという。 まず第一の壁はリーグがビッグスポンサーなどの支援により大きな資金をもつことだ。 「JリーグとBリーグの成功の陰には運営組織が動かせる資金があった。 そのことによって、お金が不足しているところに『出しますよ』と手を差し伸べることができ、これがプロ化への引き金になった。 反対にその波にのれなかったバレーボール(Vリーグ)は結果的に今も所属しているチーム頼みになっています」(稲垣氏) もうひとつの壁は「ラグビーが専用で使えるスタジアム」の確保だ。 清宮氏はラグビーW杯で使用する12都市を本拠地にする構想を打ち出したが、現実は簡単にはいかなそうだ。 稲垣氏が指摘する。 「ラグビーを優先的に使えるところは今のところ、大阪・花園ラグビー場、埼玉・熊谷ラグビー場、釜石・鵜住居復興スタジアムなど6カ所ほどしかない。 Jクラブが持っているスタジアムを使わせてもらうことは簡単ではありません」 優先使用権を持っているJクラブのスタジアムには、契約書の中に「ベストコンディションで渡すこと」という趣旨の文言がある。 ラグビーはFWのパワープレーが多く、スクラムやモールなどで芝がめくれるケースが多く、めくれた箇所が回復するまで時間を要することから、Jクラブも簡単には貸せないのだ。 2つの壁を乗り越えるために、まず何が必要なのか。 稲垣氏が明かす。 「リーグを運営する人材のプロ化です。 現場ばかりではない、チケットやマーケティング、広報PRもプロに徹しないかぎり、ラグビーのプロ化も成功しません。 ドラマは終わりを迎えても、日本ラグビー協会の『ノーサイド・ゲーム』はまだ、始まったばかりだ。 写真:アフロ、時事通信.

次の

ノーサイドゲームのアストロズキャストは?実際のラガーマンが多く出演!

アストロズ ラグビー

面白かったです。 男祭り、筋肉祭りですね、大泉洋さん以外(笑)。 色々な立場の人の気持ちもよく分かって、いろいろな気持ちになりました。 大泉洋さん演じる君嶋隼人の気持ちも分かるし、口うるさくなっちゃう妻・真紀(松たか子)も分かる気がするし、アストロズメンバーがそれぞれ負い目を感じていて、ミスを押し付けられたり残業を押し付けられても従うしかない悔しさも分かる。 社内実業団の結果より毎日の社食の値上げが重要なのも分かるし、自分の推してるスポーツの試合を見に行くのを楽しみにそれを支えに楽しみを見出している人の気持ちも分かる。 色々な人の気持ちになりながら見ていました。 どうしようもなくラグビーに心惹かれてしまう社長(西郷輝彦)のロマンも理解できる。 でも、ただ一人、滝川常務(上川隆也)だけは感情移入できなかった(笑)。 たくさんいるので全部はなかなか厳しいですが、公式のHPで紹介されている主要なメンバーをここで載せてみたいと思います。 「アストロズ」のメンバーにはだれがいる??芸人も?? 岸和田徹(演:) 浜畑譲(演:) 本波寛人(演:天野義) 安西信彦(演:齋藤祐也) 佐々一(演:林家たま平) 友部祐規(演:) 里村亮太(演:佳久創) 有馬真吾(演:) 公式HPで分かる範囲では、ほかにも、 ・笠原ゴーフォワードさん(芸人) ・田沼広之さん ・鶴ケ崎好昭さん ・北川勇次さん ・仲村慎祐さん ・阿久根潤さん といった、実際のラグビー元日本代表選手たちが登場している。 また、社会人チームでプレーしてきた方たちなど、きちんと実績のある選手を集めたそうです。 大人数なので引きで映ることが多く、だれがどこにいるか分からないと思うのですが、少しでも参考にして頂けたら、と思いました。 静かな雰囲気でも内なる闘志を秘めた戦う男ですね。 あとは仕事を押し付けられていた佐々さん。 本当は嫌だけど、でもただ純粋にラグビーが好きだから、耐える。 これさえ耐え抜いたら大好きなラグビーをやらせてもらえるから。 ここに漬け込む人間最低でしたね。 あのシーンは見ていてつらかったなぁ。 結果が出せていないから、現状14億円負債なだけのお荷物社員だから強く出られない。 本当は胸を張りたいのに。 苦しかったなぁ。 最後の君嶋とともに奮起したシーンは感動的でしたが、最初に文句を言うシーンで、みんなが反抗して机をバンバン叩く感じがちょっと思わず笑ってしまいました。 みんな机叩きすぎ!!!! それと、マネージャー的な眼鏡女子・佐倉多英と一緒によくいる細身のイケメンも気になりましたね。 上の写真の、有馬くん(村田琳)。 君嶋の歓迎で体育館のドアを開けるときとか佐倉に指示されてい動いていたし、下っ端??社長が来たことを君嶋に知らせにきてくれたりとか、どっちかっていうとこの子もマネージャー的なの??って思っちゃうような細身の彼でしたが、イケメンなので応援したくなりました(笑)。 これから一人一人の出番が増えていくのではないかと予想しています。 是非、ここを参考にしてもらえたらな、と思います!! 追記: 公式HPで「アストロズ」メンバーの紹介がされていました!! お顔写真付きで一人ひとりの詳しい役柄・設定なども紹介されています。 FWメンバー: BKメンバー: 詳しくは公式HPの.

次の