ギフテッド 診断。 ギフテッドな人々|racoco|note

ギフテッドの顔立ちや特徴は?日本の学校で天才の子供の能力を伸ばす方法

ギフテッド 診断

「ギフテッド」とは、ある分野で突出した才能を持ち、偉業を成し遂げる可能性を多く持つ人物のことを指します。 しかしその反面、ある分野においては一般的な人たちと比べると能力的に著しく劣っていることもしばしば見受けられます。 そのため卓越した才能を開花させその実力を発揮させるために特定のサポートが必要になるケースも少なくありません。 さらに学校などの社会生活の場では、少し変わった扱いにくい子として見られることも良くあるのです。 「ギフテッド」の語源は英語の「gift ギフト 」から来ており「贈り物」を意味します。 つまり生まれもって桁違いの優れた才能を天から「プレゼント」されているというニュアンスが含まれているのです。 いわゆる「持ってる」人物とも言えるでしょう。 ギフテッドになる理由は、はっきりと結論づけられるほど簡単なものではありません。 基本的には、遺伝的要因と後天的環境要因の2つが考えられています。 ただギフテッドには様々なタイプの人が存在するため、一概に「遺伝か後天的要因か」とは決められないのが実情なのです。 ある人の場合は、親が何も教えていないのに物心ついたときから明らかに常人とは違う能力を発揮するケースがあります。 しかしまたある人の場合は、思春期あたりで神の啓示でも受けたごとくに突然ある才能に目覚めることもあるのです。 間違いなく一つ言えることは、親や周囲の人間がそのような人物にしようと思って意図的に育て上げられるような代物ではないということです。 ギフテッドの存在は、日本人には認知度が低いのが現状です。 最先端はアメリカで、国をあげてギフテッドを定義づけ、研究、認知し、さらにフォロー体制も手厚くなされています。 そのため国民の間でもギフテッドに対する受け皿が広く、温かい理解が進んでいると言えます。 しかし日本では詳しく説明されたら意味は理解できても、ギフテッドそのものを広く国民の中に浸透させる動きにまでは至っていないのが現状です。 そのため認知度は極めて低いですし、ギフテッドへの対応も後手に回っていると言わざるを得ません。 むしろ後述する発達障害の枠で捉えられる傾向が強く、その意味では優れた才能を認め社会に活かすというよりは、病気として扱われるきらいが強いと言えるでしょう。 ギフテッドの中には発達障害を合わせ持つケースも決して少なくありません。 その意味では「2E」という表現が使われることがあります。 これは「twice-exceptional」の略で、「二重に支援が必要な」という意味があります。 つまり発達障害に対する支援と卓越した才能を育てていく支援の二つの支援を必要とする人ということです。 たとえば、人とのコミュニケーションは極めて苦手でまともに人と目を合わせたり挨拶もできないという反面、驚くほど記憶力が良かったり、空間認識力が強かったりします。 その常軌を逸した才能を伸ばすために、人より劣る面を周囲がフォローしていければ、ギフテッドがもっと社会で生き易くなり活躍の幅も広がると期待できるのです。 ギフテッドの大人は、独特の思考能力を持つ特徴があります。 普通の人では思いつかない独特の解決法や、一般の人はしないような独特の解釈法を持っているのです。 この点が風変わりな人と見られがちなのですが、時に世紀の大発見や大発明につながることもあるのです。 たとえば、アップル創業者のスティーブ・ジョブズもギフテッドだったと言われています。 彼はまだ世界中で携帯電話がスタンダードだったときに、突然スマートフォンを開発、販売してiPhoneの大ブームを巻き起こしました。 あまりに斬新な発想に世界中が驚きと感動で舌を巻いたのです。 ギフテッドは、その名前の通り天から素晴らしい才能を授かっていると同時に世の人々に素晴らしい「ギフト」を与えるポテンシャルも持ち合わせていると言えるのです。 ウェクスラー式知能検査は、現在世界中で最も使用されている知能検査です。 知能(IQ を調べることが目的なので、これでギフテッドかどうかを判定するものではありません。 しかし、知識、算数、単語などの言語検査と絵画作成、積木模様、絵画配列、行列推理などの動作性検査を行うことで、その人の知能的特性が分かり易く数値化されるので、ギフテッドかどうかの可能性を推測するには有効な方法と言えるでしょう。 具体的には、「幼児用」「児童用」「成人用」に別れており、それぞれの知能を「特に低い(69以下)」「境界線(70-79)」「平均以下(80-89)」「平均(90-109)」「高い(120-129)」「特に高い(130以上)」という枠で分類します。 ただでさえ子供というのは成長段階で疑問を抱くことが多く、「何で?」「どうして?」を連発してくるものです。 それが発育している証でもあるのです。 しかしギフテッドの場合は、これに輪をかけて色々な質問を浴びせかけてきます。 しかも普通では考えられないような質問や疑問が目白押しです。 大人でもすぐには答えられなかったり、答えに窮してしまうことも少なくありません。 しかしそこでうやむやにして誤魔化したり、適当な答えを伝えてはいけません。 特に興味のあることについて、ギフテッドはその頭脳の中に想像を絶するほどの正確さでインプットしていきます。 そして疑問に対して答えが見つからないことに大変なストレスも感じるのです。 そのためギフテッドの質問には正確に返答してあげる姿勢が大切なのです。

次の

ギフテッドの特徴は?幼児期の育て方や大人が持つ傾向を紹介

ギフテッド 診断

そのなかで注目を集めているのが、生まれつき高い知能(IQ130以上が目安)や才能を持つ「ギフテッド」と呼ばれる若者たち。 今回番組では、日本国内のギフテッドにアンケートを実施。 すると、才能を秘めた若者が「生きづらさ」を抱えている現状が明らかになった。 才能を十分に発揮できる社会には何が必要なのか、数々のギフテッドの例とともに考える。 ギフテッド ウイキペディア解説 ギフテッド(英: Gifted, Intellectual giftedness)は、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。 または、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を指す。 ギフテッドは、外部に対する世間的な成功を収めることではなく、内在的な学習の素質、生まれつきの学習能力を持つことを指す。 1993年、アメリカ教育省は、ギフテッドを「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。 」と定義している。 ギフテッドにおける高度な知的能力の傾向は、誕生時点から、生涯にかけて見られる。 ギフテッドは、英才児、優秀児、天才児などと和訳されているが、日本では、そのような子供を「飛び級できるような賢い子」という一面でしか捉えられておらず、誤解が生じている。 そのため、本項では、英才児、優秀児、天才児などと和訳せず、「ギフテッド」と呼称する。 「ギフテッドの才能を伸ばす」という言い方はできる。 しかし「こうすればギフテッドになる」とは言わない。 ギフテッドは早期教育や、他人よりも早く多く習得する先取り学習によってギフテッドに成長するようなことはない。 ギフテッドは自ら常に多様な「知的刺激」を切望して満たし、自分の好みの学習方法で、自分の興味のある分野を極めて深く掘り下げて探求する傾向にある。 そのため、ギフテッドは結果的に同年者より先のレベルに到達することが多い。 ギフテッドは、教育熱心な保護者主導で幼児教室に通わせたり、または業者の教材を子供に買い与える受動的な早期教育とは一線を画する。 ギフテッドは、 タレンテッド(英: Talented)という言葉と併用され、「ギフテッド」や「タレンテッド」への教育は、ギフテッド・タレンテッド教育 GATE, Gifted and Talented Education と呼ばれている。 ギフテッドが、全般的、学術的な才能を指すのに対して、タレンテッドは芸術的な才能を持つ人物を意味する。 これは、学習の技術や方法ではなく学習の姿勢として説明されている。 知能には8種類のもの、あるいは人が周囲の世界を学習・把握する際に8通りの形があるとする。 すなわちインターパーソナル(対人関係に関するもの)、イントラパーソナル(個人の精神内界に関するもの)、身体-筋肉感覚的、言語的、論理-数学的、音楽的、環境把握、空間-視覚的把握である。 Howard Gardner(英語版)は『Frames of Mind』の中で、ギフテッドの知能は古典的な知能の分野の他にもあると述べている。 多重知能理論の概念はそうした、さらなる知能の形が存在する可能性を気づかせ、多様なカリキュラムを提案するものである。 Gardnerは多重知能には以下のような種類があると示唆している:言語的知能、論理数学的知能、音楽的知能、空間的知能、身体運動的知能、博物的知能、対人的知能、内省的知能。 ただし、知能がこうした様々な形で複合的に発現するとしても、それぞれが別個の知能と言えるかどうかは実証データが乏しく、個人的見解の域を出ていない。 こうした知能を持つギフテッドの生徒の選別には、単純なテスト方法はないために注意を要する。 観察によって評価することが、おそらくもっとも的確だが同時にもっとも主観的な評価方法でもある。 つまり、現状では的確な判断は主観の範疇をでない。 また、多重知能理論はギフテッドの生徒にだけ適用されるものではなく、すべての生徒をより的確に評価する指針にもなりえる。 また多重知能の広範な概念は、より子供の立場に立った教育方法を導き、より多くの子供たちのニーズに応えられるものだと考えられる。 ギフテッドの判別法 ギフテッドの生徒の指導には特別な配慮が必要だと考えられ、学校機関が重要な課題として「ギフテッド」の公式な選別方法を模索し始めた。 20世紀にはしばしばIQテストを使ってギフテッドを診断していたが、近年の知能の研究は、このようなテストの妥当性や限界について大きな疑問を投げかけている。 これまで北米やヨーロッパの学校は通常の学校教育では能力を引き出せない生徒たちを見つけ出そうと試み、そうした生徒の才能を伸ばすために追加教育あるいは特別な教育を提供しようしてきた。 ギフテッド教育においては、こうした人々(子供、大人を含めて)を見つけ出すことがおおきな課題である。 したがってギフテッドとは何かを知るためには「ギフテッド」という用語を用いる機関がどのように、これを定義しているか注目する必要がある。 ギフテッドの定義 かつて心理学者や精神科学者たちはルイス・マディソン・ターマン(英語版)の1906年の研究を踏襲し、長年に渡ってギフテッドは高知能指数と同意義だと考えていた。 この遺物的概念は今日でもギフテッドの概念の中にいくらか残っている。 ただし当初から他の研究者たち(たとえばレイモンド・キャッテル Raymond Cattell やジョイ・ギルフォード Joy Paul Guilford 、Thurstone(英語版))は知性とはそのような一元的な形で表せるものではなく、もっと多面的な分析が必要だと提唱していた。 1980年代と1990年代に行われた研究によって知性は複数の要素からなるという考えを支持するデータが得られた。 Sternberg(英語版)とDavidson(英語版)による『Conceptions of Giftedness』の中の『giftedness』の再研究において、それが特に顕著に検証されている。 そこで提示された様々なギフテッドの概念は、それぞれ別個であるにも関わらず様々な面で互いに関連性がある。 ほとんどの研究者はギフテッドを複数の資質(すべてが知的な要素というわけではない)として定義している。 またIQ値は、学問や芸術の実質的な創造的貢献を計測することができないとして、ギフテッドの選別には不適切であると考えられている。 Joseph Renzulli(英語版) 1978 の「three ring定義」は詳しい研究から、得られたギフテッドの概念の1つである。 これは、ギフテッド個人というより、ギフテッドの行動の定義であり、その行動は、以下の3つの基本要素から成り立っている。 すなわち、平均以上の能力、高い目的達成意識、高い創造性という3つの特徴が、互いに関連しあい、それを反映した行動がRenzulliによるギフテッドの定義である。 ギフテッドの行動を実現できる者とは、こうした3つの特徴を総合的に持っている人、あるい相互的に開発できる能力のある人であり、かつ、何からの形で有益な活動として活かせる人である。 そして、こうした人々には通常の学校の教育カリキュラムでは、提供されない様々な形式の学習の機会と支援が必要である。 スーザン・K・ジョンセン(英語版)は『ギフテッドの子供の判別法:実践ガイド』の中において、ギフテッドの生徒とはアメリカ合衆国による「ギフテッド」、および、「タレンテッド」の定義に含まれた分野において、高い潜在能力を示す生徒であると説明している。 子供、生徒、若者に対して、ギフテッド、および、タレンテッドという言葉が用いられた場合、知性、創造性、芸術、リーダシップ、あるいは特定の学術分野において高い潜在能力を示し、また、そうした能力をフルに開発するには通常の学校教育にはない支援や活動を必要とする子供、生徒、若者を意味する。 この定義の一部、あるいは、すべてが、アメリカ合衆国の大半の州において、採用されており、また、大半の州が下記のテキサス州の例と似通った定義を用いている。 ギフテッド・タレンテッドの生徒とは、同じ年齢・経験・環境を持つ子供と比較して、著しく高いレベルを達成する、あるいはその可能性をうかがわせる子供。 知的能力、独創性や芸術の分野において高い実行能力を示す、並外れたリーダーシップ能力を持つ、あるいは特定の学術分野で秀でている。 ギフテッドの定義の大きな特徴として、以下の事柄が挙げられる。 ギフテッドの能力を発揮するのは、学業に限らず多様な分野である。 ギフテッドは、他のグループとの比較に基づく(同学年の生徒たち、同年の子供たち、同じ経験や環境を持つ子供たちなど)。 ギフテッドは、能力を伸ばす教育的支援が必要である。 しかし、上記3点だけでは、努力で高学力を身に付けた優等生とギフテッドのふるいわけが十分にできないという懸念がある。 様々な選別方法 ギフテッドの特徴 一般的にギフテッドは同年の人間より速く、深く、広く学ぶ。 しかしこれは個人差がある。 ギフテッドの子供は幼いうちから話したり文字を読んだりするが、必ずしもこれが全てのギフテッドの幼少期にあてはまる特徴というわけではない。 ずいぶん年上の子供と同レベルで学習することもある。 高い論証能力、独創性、好奇心、想像力、洞察力、芸術性、共感的理解、豊富な語彙、優れた記憶力を持つ傾向にある。 わずかの反復で全体概念を修得しやすい傾向がみられるが、個人差がある。 ギフテッドといっても、全ての学術分野に等しく秀でていることは稀だろう。 たとえば、論理問題を解くのが非常に優れているのに文字の綴りが苦手であったり、あるいは、学年平均よりずっと秀でた読み書きができる一方で数学が苦手であったりする。 個人の発達の遅れに様々なケースがあるように、ギフテッドにも様々なケースが存在することが指摘されている。 肉体的、精神的に繊細で敏感であったりする。 幼少時から優れた論法や推論力を示し、文章または口頭で豊富な語彙を用いることができ、使う語彙に対して鋭敏である。 おしゃべりまたは早口であったり、並外れた集中力、幅広い関心、創造性豊かで限りない知識欲、深い分析力、優れた記憶力を持ち、知的好奇心や独創性に富み、鋭い質問をしたり、一風変わった考えを持つこともある。 深く速く理解し、短期間の復習で課題を修得でき、その内容を詳細に理解しており、原理や概念を示すことができる。 ギフテッドは時として完全主義の傾向があったり、現実的な高い自己基準を持っていたり、早い時期から内面的な統制の所在(LOC:ローカス ・オブ・コントロール)を発達させ、自己を厳しく評価または非難する傾向がみられたりする。 一生懸命勉強せずとも際立った学習成績を修めるという特徴が一部のギフテッドにはみられるが、これも個人差がある。 ギフテッドは授業に興味がわかない、興味のある事以外はやりたがらなかったり、本人にとり意味の見出せない暗唱や機械的な丸暗記を嫌がったり苦手であったり、クラスや課題に集中できなかったり白昼夢していたり、周りとうまく合わせることができない、一般的な学校の勉強に興味を示さず成績は芳しくない、学校で問題児あつかいされたり、繊細さや感受性の豊かさにより過度に周囲に同化しようとするあまり、意図的に能力以下の成績を修めたり、ギフテッドの特異な才能を隠す傾向がみられることが指摘されている。 才能を隠すことは女性に際立ってよくみられる傾向である。 ギフテッドは、一般的な教育方法では、優れた成績や才能を発揮できず、このため一般教育ではその才能をフォローすることが難しく、欧米ではギフテッド用にそれぞれの才能を伸ばす英才教育が行なわれている。 知性、認知能力や語彙が発達していることから同級生ではなく年上や大人と話すのを好む。 他のギフテッドとの交流は、心的に安定感をもたらすと報告されている。 コミュニケーション能力に優れ、道徳心、責任感、高い洞察力、共感的理解、問題解決能力などの高いリーダーシップ力を潜在能力の特徴として指摘されている。 芸術分野のギフテッドは、高いIQと知性を示し、早期から芸術分野で才能を現し、豊かな想像力や表現力に富み、創造性、独創性、芸術性に優れ、アイデアに溢れ、身体動作やリズム感に繊細、思慮深く、洞察力、感受性が豊かなどの潜在能力を示す[14]。 しかしこれもまた個人差の範疇を出ない。 これら知性面だけを取り上げて、ギフテッドは単純に学力やIQテストによって測定できる量的な違いであると信じられがちだが、一方で、ギフテッドは世界を知覚するのに一般人とは根本的な違いがあり、その違いが本人の人生経験すべてに影響している、とする仮説がある。 過敏な神経による過度激動な反応(OE。 後述)が原因となって、社会や人生における出来事を一般人に比べて強く、深く、長く感じるという説である。 この生理的な違いは、ギフテッドの子供が学校を卒業しようと、大人に成長しようと消えない。 ギフテッドの大人はめったに特殊な人として扱われないが、ギフテッドならではの心理的、社会的、感情的な要求を持っているのである。 OE(Overexcitabilities、過度激動) ギフテッドの人間には異常なほどの熱情、並外れた集中力、一般人とは一風変わったふるまいが見られる。 これは多動性障害、双極性障害、自閉症スペクトラムやその他の心理的障害の兆候によく似ていたり、場合によってはおなじである可能性も否定できない。 一方で、ギフテッド教育の専門家はドンブロフスキは「積極的な分離」 w:en:Positive Disintegration という人格形成理論を主張している。 ドンブロフスキの積極的な分離理論の中核をなすのが、刺激に対する並ならない反応(OE Overexcitabilities 過度激動)である。 これは神経の感受性が増すことによって通常の人間よりも刺激を生理的に強く経験する性質であり、ギフテッドの特徴である。 否定的な分離とは、一般社会的な生き方から受動的・破滅的に離れてしまうことで、行為の主体性を喪失するため精神病や自殺を引き起こす可能性がある。 それに対して積極的な分離とは、一般的な受身の人生から離れるべく、まず対象から主体的に分離し、物理的あるいは精神的な距離を置くことで、より広い視野を俯瞰し、強い知覚に基づく深い理解を形成し、より高いレベルの認識を求め続けることである。 たとえば、一般社会に対してでさえ積極的分離と再融合を繰り返すギフテッドは、自己や世界の概念が徐々に変化しながらも少しずつ社会の矛盾を解きほぐし、問題を認識し、最終的に独創的な生き方のビジョンを得てその解決や克服、その実現を目指す。 しかし、その分離過程では、常に、緊張、不安、気分的うつ、恥、罪悪感といった精神的苦痛を伴う。 その自己の葛藤は、常に深い感情作用と連動しており、人生の要となる出来事から日常の内省行為まで、世の中がそうあるべき姿と現実世界とのギャップを思い知る強烈な機会となる。 ドンブロフスキは、短時間の単純な感情は人格の成長にあまり影響はなく、否定的感情も含めた激しい感情作用こそが人生を変えるような劇的な体験をもたらし、積極的な分離を起こすと考えた。 つまり精神的苦痛は、個人が心理的により高いレベルへ成長するために不可欠であり、その深い感情作用を最大にもたらすものはOEである、と結論付けている。 ギフテッドの子供が、OEという平均以上に敏感な精神状態にあることは、勉学や芸術で著しい成果をあげるだけでなく、日常におけるすべての活動においても精神に特異な反応を起こしていることを示す。 つまりギフテッドは、誕生時より常に外界・内界両方からの刺激を増長した精神で感じ、激しく深い幅をもって経験し、内省を繰り返していることが、彼らの著しい成長に関連しているという仮説である。 ドンブロフスキはOEを次の5つの分野に区分けした。 精神運動性OE:一般的に「落ち着きがなく頭の回転が速い」印象を与えるもので、身体的多動だけでなく、話すスピードが速い、話が一気に飛躍する、頭が働いて眠れない、という精神的多動を示す。 知覚性OE:「神経質」という言葉で表される性質で、増長した知覚意識を持ち、まぶしい光、大きい音、匂い、触感など感覚器官に与えられた刺激に過剰に反応する。 靴下の縫い目や服のラベルが気持ち悪かったり、隣室の時計の時を刻む音が気になって集中できない、などの例がある。 鋭い感性は、幼少の頃から絶景に息を呑み、名曲に涙を流すといった美的感覚にも通ずる。 想像性OE:隠喩などの詩的表現に優れる。 「注意力散漫」と見られ、「おとぎの国の住人」と揶揄されるほどの強い想像力をもつ。 白昼夢を楽しみ、前夜見た夢にも過剰に反応する。 いわゆる英語圏で言うところの、"think out of the box"(枠にとらわれない独創的な考え方)あるいは"think different"ができる能力として賞賛される資質である。 知性OE:一般に広く知られているギフテッドの特徴。 知識とロジック、新しい意味を渇望し、疑問を追求し、理論的な分析や真実の探求を愛する。 そのため高度な科学・ドキュメンタリー番組を好んで見たり、頭脳パズル、知覚・論理ゲームを好む。 感情性OE:感情の種類と幅が大きく「ドラマチック」な反応を示す。 より楽しみ、より悲しみ、より腹立ち、より驚き、より恐れ、より共感する。 深く感情移入し、愛着心、責任感、自省意識も非常に強い。 ある程度の人生経験を持つギフテッドには、相手の気持ちを鏡のようにリアルタイムで読取り、共感する人もいる。 どの分野のOEが強いかは個人差がある。 たとえば、高い知覚性OEを持つギフテッドは外界からの刺激に対して非常に敏感であり、五感のいくつかが働きすぎて作業に集中できないため、混雑や混乱した環境を避けようとする。 一方、知覚性OEが低く、妨害をすべて遮断して作業や思考に集中でき、むしろ五感への刺激が存在する只中に身を置くことを好み、その状況下で上手くやっていけるギフテッドもいる。 OEが強いほど毎日の生活が強烈な体験となるが、特に想像性、知性、感情性において過剰に反応する人は、他人に比べて日常生活を深遠に体験し、人生の苦楽も激しく感じる。 精神的、社会的な問題 OE(過度激動)に起因する問題 ドンブロフスキは、強いOE(前述)を持つ人間は最高にハイな気分とどん底に沈み込む気分両方を味わう可能性があり、決して楽な人生ではないことを表して、OEを「悲劇的なギフト(天からの贈り物)」と呼んだ。 OEが強い場合、周囲のあらゆる刺激に過剰に反応してしまい、所属する集団から浮いてしまうことがある。 例えば、感情の起伏が激しいことから気分屋、知覚が鋭く些細なことで不快になってしまうことから神経質、といったレッテルを貼られる ラベリング。 また反応が表面化しない場合でも、普通であるべき行為が心から自然にできない、相手の感情・欲求・反応などを考えすぎるあまり行動に一貫性がなくなる、などの対人距離、反社会的反省に常に駆られ、状況を満足に楽しめないケースも多い。 逆に、感情や五感への刺激を避けるために敢えて集団から離れていると、今度は人付き合いが悪いと非難される。 それらの状況下で感じるあらゆる気分的うつ(慢性のうつ病とは異なる)や自己嫌悪といった否定的な感情も、OEゆえに必要以上に増幅され強く感じてしまうため、逃げ場を失う危険を内包する。 気分的うつ ギフテッドと慢性うつ病や自殺との関連性は、科学的には未だ証明されていない。 レイスとレンズリの研究では次のように述べられている。 「著述や視覚芸術に優れた独創的なギフテッドである青少年を除いては、ギフテッドの人間も一般人もうつ病に関する違いはない。 ギフテッドは知覚能力が発達しており、他人よりも敏感で発達社会的に孤立し、発達状態にもむらがあるため社会的、精神的な問題にぶつかる。 しかしながら、彼らのもつ高い問題解決能力、ソーシャル・スキル、倫理判断、学校外の事物への関心、達成感といったものが助けとなっていると思われる」 また自殺率についても、ギフテッドとの関連性はいまだ証明されていない。 しかし、ギフテッドの人間が気分的にうつ状態に陥ることが多いことは、過去から広く認知されている。 死の終局、個人個人の根本的な存在、人生の意味や意味の欠如といった抽象的な心配ごとが引き金となり、他人より不安を感じやすいという性質もうつ状態に拍車をかけている。 孤立 ギフテッドはOE(前述)に起因する少し変わった行動をとる、同世代の子供達と精神年齢や興味が異なり話が合わないといった理由で、気の合う友達がみつからなかったり、他の子供から疎外されることもある。 外界からの刺激を嫌うためや、人生をより真摯に受け止めるがゆえに内向性を持ち、頻繁に内省するために、ギフテッド自身が一人でいることを選ぶ場合もある。 特にギフテッド仲間の社会的ネットワークを持たない者にとって、孤立は一番の問題である。 他人に好かれ、認められようと、ギフテッドの子供はしばしば自分の能力を隠そうとする。 低達成児となったり、家族や信頼できる人といる時に使う高尚な言葉とは異なり、同級生といる時は簡単な言葉を使うようにするといった、本当の自分とは異なる姿を演じる。 これはギフテッドの女性に際立って見られる傾向である。 一般社会において人は「ふつう」でなければならないという多大な心理的負担がある。 ギフテッドやタレンテッドの人間は、変わり者という烙印を押されたり、 いじめの対象になったりし、自己嫌悪や自己卑下する可能性もある。 この孤立問題を解決するために、ギフテッド教育の専門家は共通した興味や能力に基づいたギフテッド達でグループを作ることを薦めている。 グループに参加する時期が早いほど、孤立を避けられる。 欧米にはギフテッド教育を施す私立校がある。 アメリカ合衆国の場合、公立や進学校を含めた他の私立からギフテッド専門の私立校へ転校する子供も多い。 専門私立校は公立のギフテッド・プログラムとは異なる選考基準を設けるところもある。 卒業生がアイビー・リーグなどの名門大学に進む学校も多いが、ギフテッド専門校は進学校ではなく、あくまでもギフテッドである生徒のニーズにきめ細かく応えることができる学校である。 そこでは、ギフテッドの子供が、本来の自分のままでいながらにその才能を最大限に咲かせられることを最優先にしている。 ギフテッド専門校に通ってようやく話が通じる仲良しの友達ができた、「普通の人」を演じる必要がなくなった、というような広義の意味でのクオリティ・オブ・ライフ(人生の質)の向上に力を入れている。 恒吉僚子~ 現在の日本社会にそぐわない知性論そのものを周知させることが、常に逆差別や感情論などを引き起こし議論を停滞・誤解させる危険を伴う。 臨床的にも、おそらく社会的にも認知されておらず、「ただのわがまま、社会性欠如」としか判断されないことが、想像され、それは特に、この問題に限らず、いままであった学校内事例から判断すれば、一つの断片としか判断されないだう。 何時の世も、そうした判定しか下せない日本の社会心理学界の底辺の薄さが国をダメにしている。 おそらく、そうしたタイプのネガティブアクションは、非日常的であり、社会の秩序を破壊する、という指導の下、排斥されているだろうと思われる。 また、仲間、友達からは異端視扱いされ、いじめの格好の標的になる。 また親は親で、そうした臨床知識も全くなく、ただただおろおろするばかりで、学校指導者に相談すれば、同様に知識のないのは判っていて、それでも、現状を平穏になだめるには、既成的指導要領にそった処方しか下せない、というのでは、もっとも肝心な本人を救うことは出来ない。 そうした社会的例題は、これまで多くのニュースで報道されているとおりで、その結末をみれば、各々の業務役職固持願望の言葉が延々と語られる、という体質はまったく変っていない。 」、その例が実際であるとするなら、この臨床、教育の基本的策定が、わが国では、欠落していことになる。 はるか約100年前の1905年前後のヨーロッパでは、物理科学分野で、目覚しい発展が認められている。 1905年、相対性理論を世に説いたアインシュタインは、生まれながらにして言語が喋れず、親を困らせた、という逸話がある。 また大学入試も一度失敗しており、職も学者としての定職も着いていない。 たまたまある本で読んだが、一時、特許庁の仕事をした、というのがあって、おそらく、そのときの知識を後の研究に大いに役立ったと思われた。 そのように「世紀の天才」とうたわれた人物でさえ、若い頃はまったく無名の凡人としか見られていなかった。 それが社会の目である。 欧米では習熟度別指導が早くから導入され、一般化しています。 一般的にいわれていることですが、欧米では人間の成長・発達というものは一人ひとり違っているという前提が受け入れられているのです。 実は、欧米では「習熟度別」とはいわず、はっきりと「能力別」というのです。 能力というのは生まれつき、その人に備わっているものです。 その能力に応じて指導しようというのです。 — 加藤幸次、アメリカにおける能力別グループ指導 加藤幸次. 2004年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。 2014年8月25日閲覧。 恒吉僚子の著書『人間形成の日米比較』にも同様の記述が見られる。 アメリカにくらべ、日本では、「児童間の学業成績の差はなぜ生じるのですか」という質問を教師や親にした場合、生来の能力差以外の理由が好まれることは、H・スチーヴンソン(英語版)やW・カミンズ(Jim Cummins? )などの数々の研究者によって繰り返し示されてきた。 学力差の原因は児童の「努力」の違いや、家族の協力的あるいは非協力的態度、教育環境の良し悪しなど、さまざまな要因に求められるわけだが、「生まれつきの能力差は存在しないか、たとえ存在しても努力や環境などの後天的なものにくらべれば問題にならない」という考えが、日本人の間では一時代前から強いとされてきた。 これは、能力平等観などと呼ばれ、日本人の特徴だと言われている。 これに対して、アメリカでは、日本よりも生来の能力差を肯定する傾向があることは、幾度となく指摘されてきた。 「生来の能力差は直接、神からわれわれが授かるものであり、人間はその存在をなくすことは決してできない」とは、『アメリカのデモクラシー』でのA・トクヴィルの言葉であるが、"gifted"という語は、「天賦の」という意味であり、ある子どもが他にくらべ、特別な能力や才能を天から授かっているという宗教的な響きがある。 — 恒吉僚子、 現在の日本社会にそぐわない知性論そのものを周知させることが、常に逆差別や感情論などを引き起こし議論を停滞・誤解させる危険を伴う。 また「ギフテッドは生まれつき」という概念を浸透させるには、血にこだわり建前として能力平等を前提とする日本社会において遺伝子論争や優生思想を避けては通れないため、ギフテッド・プログラム導入には非常に慎重にならざるを得ない。 誤診の問題 日本の現状は、ギフテッドの社会認知がいまだ希薄である。 ギフテッド教育がさかんな諸国では、ギフテッドが、発達障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)や自閉症、強迫性障害、アスペルガー症候群、気分障害 の気分変調性障害、 鬱、双極性障害などに誤診され社会問題となっており、注意が呼びかけられている。 一般的なギフテッドの社会認知は進んでいても、医師や教育者のギフテッドに関する知識不足によりギフテッドが誤診されやすい傾向が指摘されている。 部分抜粋 政治 香港 周庭 御宅女生的政治日常 日記 エッセイ コラム 小説 ビジネス ブログ note 仕事 読書 ライフスタイル フリーランス 就活 転職 プログラミング 移住 田舎暮らし 就職 エッセー ノマド 資本主義 公務員 スローライフ 働きたくない リゾートバイト リゾバ ビジネス 仕事 毎日更新 毎日note ライフスタイル フリーランス ネットビジネス 仕事術 弁護士 行政書士 税理士 社労士 司法書士 弁理士 経費削減 特許事務所 人生を変えた出会い.

次の

ギフテッドって何?ギフテッド小学生の今

ギフテッド 診断

今回は、発達障害専門の小児科医の診察を受け、ギフテッドだと言われたことについて書いていきます。 すんごい為になるお話だよ!! 専門の小児科の先生 療育では様々な専門の先生方と関わります。 通園の担任の先生• 小児臨床心理士• 発達障害専門の小児科医• 言語聴覚士(ST)• 作業療法士(OT) 多くの先生方の理解と協力を受けながら育てられ、非常に心強く有り難く感じています。 先日、発達障害専門の小児科の担当医の診察を受けてきました。 小児科の診察を受けるのは、半年~1年に1回なので、普段の療育に関わることはありません。 しかし 『障害の診断』を言い渡せるのは医師のみなので、定期的に診察を受けるのです。 医師以外は絶対に言ってはいけません。 とんでもない先生の話も療育仲間のお母さんに良く聞きます。 診断名にこだわるか否かは親次第なパターンもあります。 ここから本題なのですが、息子も約1年ぶりに専門の小児科医の診察を受けました。 診断名にこだわるつもりはないけれど、息子の今後の在り方と、親の気持ちの在り方のため、しっかりと診断名を知りたかったからです。 自閉症スペクトラムとはいえ、前回の診察から時間が経っているので、診断が変わっているかもしれなからです。 で、 ギフテッドだと言われました。 はて?ギフテッドってものすごい天才というイメージだが・・・? ものすごくIQの高い天才ってこと?息子はIQむしろ低めですが。 ギフテッドとは? 先生によるとただ単に天才(IQ高い)=ギフテッドではないそうです。 ウィキペディアには以下のように書いてあります。 一般的にギフテッドは同年の人間より速く、深く、広く学ぶ。 しかしこれは個人差がある。 ギフテッドの子供は幼いうちから話したり文字を読んだりするが、必ずしもこれが全てのギフテッドの幼少期にあてはまる特徴というわけではない。 ずいぶん年上の子供と同レベルで学習することもある。 高い論証能力、独創性、好奇心、想像力、洞察力、芸術性、共感的理解、豊富な語彙、優れた記憶力を持つ傾向にある。 わずかの反復で全体概念を修得しやすい傾向がみられるが、個人差がある。 ギフテッドといっても、全ての学術分野に等しく秀でていることは稀だろう。 たとえば、論理問題を解くのが非常に優れているのに文字の綴りが苦手であったり、あるいは、学年平均よりずっと秀でた読み書きができる一方で数学が苦手であったりする。 個人の発達の遅れに様々なケースがあるように、ギフテッドにも様々なケースが存在することが指摘されている。 ちょ、長いしよく分かんねぇ・・・ ですよね?? 小児科の先生の言葉を借りて簡単に説明すると『信じられないほどの能力あること』だそうで、『ギフテッド』といういわゆる診断がつくわけではないそうです。 だから 『ギフテッド』という言葉の正しい使い方は、こうです。 では息子のどこがギフテッドの能力かというと、数字・文字に関してです。 さらにいうと 「1歳半~2歳までの間に100までの数字を日本語と英語で覚え、ひらがな・アルファベットを覚えた」ことだそうです。 小さい頃に文字に興味があること自体は珍しくないらしいですが、やはり1歳のうちから、さらには 短期間で完璧に記憶できる能力は並外れているとのこと。 だよね、親からすると違和感ありありだったもん。 発達障害を疑うきっかけにもなったしね。 注:ギフテッド=発達障害ではありません。 もう何がなんだか・・専門家でもないし訳が分かりません。 とにかく息子は発達障害だという事 要は自閉症スペクトラム(アスペルガーの要素が強い)なんです。 人より秀でた部分もあるけれど、遅れがあって生活に支障が出ています。 コミュニケーションが苦手なので、近い将来、息子が生きづらさを感じるかもしれません。 なにはともあれ、 「大きな愛を持って接し、得意な事はどんどん伸ばし、苦手な事は少しずつ克服していこう」 ギフテッドでもハイパーレクシアでも発達障害でも健常児でも、育児(教育)において大切なのはこれなんですよね。 親が我が子の事をしっかりと理解して適切な接し方や環境を用意してあげること、これに尽きます。 これが一番大事で、でも一番難しくて悩むところです。 だから療育に通ってプロに手助けしてもらうことが大事なんです。 まとめ ギフテッドについてなんとなく伝わりましたか? 先日の受診のときも、小児科の先生は、息子の今後予想される困難や、小学校はどうなるか?中学校ではどうなるか?長々と真剣に私たち親の不安を聞いてくれて、アドバイスをしてくれました。 母親とはいえ素人です。 やはりプロのアドバイスほど有難いものはありません。 沢山のプロの方々に出会えたことに感謝しています。 それにしても、イヤだと感じる先生が1人もおらず、みんな素晴らしい先生です。 こんな嬉しい事ってある?! 広告 その他おすすめ記事です。 読者登録と応援クリックお願いします。 chantam 当サイト『chantam's Diary』の管理人chantamです。 クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報Cookie 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。

次の