プーケット 旅行。 プーケット旅行に必要な持ち物2020年版

子連れでプーケット旅行! 家族みんなが楽しむ方法を教えます|エアトリ

プーケット 旅行

by 沢木 慎太郎 世界に数多くの絶景ビーチはあるけれど、プーケットほどおもしろく、刺激に満ちたリゾートアイランドはありません。 世界中の旅行者を惹きつけてやまないプーケットの魅力とは……。 1.物価が安く、フレンドリーなタイの人々 2.年間を通じて観光ツアーが充実 3.治安がいいので、初めての海外旅行者にもおすすめ タイの物価は全般的に日本と比べて約3分の1以下。 広々としたプール付きのゴージャズなホテルもリーズナブル。 しかも天候次第で、たとえば雨季のローシーズン(5〜10月)を狙えば料金がかなりお得。 さらに豪華なディナーやスパでリラックス。 乾季のハイシーズン(11〜4月)は透き通る海でシュノーケリングツアーやダイビングツアーを楽しむ。 さらに離島に行けば信じられないほど美しいビーチが! プーケット島観光はこれでキマリ! タイの物価は日本と比べて安いのですが、プーケットは観光地なのでタイの相場と比べて高いことがあります。 でも、じっくり探せば地元の人が通う屋台などがあり、タイ人価格の安い金額でサービスを受けることも。 タイでは、お金をたくさん出せば、いいサービスが受けられるとは限りません。 驚くほど安い金額で、最高の満足感が得られるのがタイの本当の魅力。 それが世界中の旅行者がプーケットを愛してやまない理由です。 では、プーケットの旅を存分に楽しみに行ってらっしゃい!.

次の

Phuket Vacations

プーケット 旅行

・はじめての海外旅行。 盗難に遭わないか不安・・・。 ・ショッピングを楽しむため、現金の持ち歩きを検討しているが不安・・・。 ・海外旅行時のお金の持ち歩き方について安全な方法があるなら知りたい・・・。 もし、上記のことをお考えであれば、プーケット旅行前に現金の持ち歩き方について最適な方法を知っておきましょう。 今回は、はじめての海外旅行者向けにお金の持ち歩き方をご紹介します。 プーケット旅行時は、犯罪に注意しよう! 海外は、決して治安の良い国ばかりではありません。 治安の悪い国は、日本よりも非常に多く 警察組織が正しく機能していない国もたくさんあります。 たとえば、下記のような犯罪は、日本よりも頻繁に多発しています。 ・盗難 ・薬物 ・殺人 ・誘拐 ・強姦 このような犯罪は、日本でも発生していますが、海外の発生率と比較すれば、比べものになりません。 特に、盗難の犯罪発生率は非常に高く、旅行者をターゲットとしたものが多いため注意が必要です。 盗難などの犯罪が発生しやすいことがわかっていれば、私たちはどんな点に注意すればよいのでしょうか。 プーケットで 多額の現金は持ち歩かないよう注意する そもそも、プーケット旅行中に日本人がターゲットになる原因は、現地人よりもショッピングを楽しむため、多額の現金を持ち歩いているからです。 犯罪者も現金を持っていない現地人よりも、現金をたくさん持ち歩く旅行者を狙った方が多額の現金を手にできると考えているので注意です。 人通りのない小さな路地裏で多額の現金を持ち歩いていれば、「盗んでください!」と言っているようなものです。 万が一、プーケットで盗難に遭遇した場合は、 抵抗することなく手持ちの現金を渡しましょう。 なにもしないことが命を守ることにつながります。 プーケット旅行中に使用できるお金の種類と注意点 多額の現金を持ち歩くことが盗難などの被害につながるなら、その行為を海外旅行前に見直す必要があります。 ちなみに、プーケット旅行中に使用できるお金は、現金以外にもさまざまな種類があります。 たとえば、ショッピングの決済時に、 現金以外にも、クレジットカードが使用できます。 現金とクレジットカードなら、どちらの方がおすすめなのでしょうか? どっちがおすすめ!?現金とクレジットカードの比較と注意 ここでは、プーケット旅行で現金とクレジットカードの使いやすさや安全性を比較してみます。 どちらの方が、使いやすく安全なのか確認してみましょう。 現金の使いやすさや安全性・注意点 現金は、プーケット旅行中どんなときでも確実に使用できます。 そのため、クレジットカードの決済システムが壊れていても、問題なく決済できます。 プーケット旅行中チップを払いたければ、現金があれば簡単に支払えます。 しかしながら、プーケットで盗難の被害に遭遇した場合、取り戻す手段がありません。 現金は、盗難の被害に遭いやすく非常に危険な側面を持っているため注意が必要です。 クレジットカードの使いやすさや安全性・注意点 一方で、クレジットカードは、プーケットで使用できるものの、取り扱っていない店舗では使用できません。 しかし、盗難などの犯罪に遭遇してもプーケットから 電話 1 本でクレジットカードを停止できるため、犯罪の被害が拡大することがありません。 常に、現金を持ち歩く必要がないため、安全性が高く安心してプーケットを楽しめます。 現金を持ち歩くよりもクレジットカードがおすすめ クレジットカードがあれば、プーケット旅行中多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。 また、プーケットで 現金が必要なときは ATM で簡単に引き出せるため、柔軟性にも優れており、非常におすすめです。 そのため、両替した手持ちのお金がなくなっても、クレジットカードがあれば、すぐに対応できます。 海外旅行中にトラブルに遭遇した場合は、電話でクレジットカードのデスクサポートに助けてもらえるため、非常に安心です。 海外旅行中に自分自身の不注意によって紛失してしまった場合でも、すぐにプーケットから電話1本で利用停止にできるため、被害の拡大を未然に防げます。 プーケットに最も適したクレジットカード 海外旅行おすすめクレカ1位 海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているで私自身もそう思います。 が旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。 年会費が 無料• 海外旅行保険が 無条件でついてくる• 2,000円分ポイントがもらえる• 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 まずは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる 無条件自動付帯 上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。 の保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。 コラム:プーケットでのその他注意事項 プーケットはタイ国内でも大変人気の高いビーチリゾートです。 国内外から美しいビーチを求めて観光客が訪れる街なのでとても賑わっていて発展しています。 そんな一大観光地のプーケットでは、幾つか注意すべき点があります。 まず、街中では交通事故が多発しているので注意する必要があるのです。 日本のような横断歩道など存在しないので、大通りを自力で横切る必要がありますが、車には十分に注意して横断する必要があります。 また、交通機関が発達していないので、現地では観光客でもレンタルバイクやレンタカーを借りる機会が多いのです。 そのため、観光客の交通事故も多発しています。 レンタルバイクやレンタカーを借りる際には安全運転を心がける必要があります。 また、現地人は運転の荒い人が多く、交通マナーを守らなかったり、歩行者に対する配慮が欠けているので安全には十分な注意が必要です。 プーケットに限ったことではありませんが、タイ国内では置き引きが多発しています。 外国では日本のように荷物をおいてどこかへ出かけると言ったことはご法度です。 自分の荷物や貴重品は肌身離さずに目の届く範囲内に負いておくようにしましょう。 安全は自分で守る必要があります。

次の

プーケット旅行・ツアーなら「旅工房」

プーケット 旅行

人口 25万人 フライト所要時間• 概要 タイで最も有名なリゾートアイランド。 「アンダマン海の真珠」と呼ばれ、アジアを代表する高級ビーチリゾートとして世界的に知られている。 マレー半島の西海岸に位置し、南北約50km、東西約25kmの亜熱帯性の島はタイ本土とは橋で繋がっている。 丘陵多く変化に富んだ海岸線にはカラフルなパラソルが似合ういくつもの美しいビーチが存在し、さらに島の周辺には40ほどの小さな島が浮かんでいる。 島の中心都市は中国と欧州の文化が融合したコロニアルな雰囲気のプーケットタウンである。 島内を象が歩いているが、野生の象ではなく全て飼育・訓練されているものである。 4 33. 3 33. 8 33. 7 32. 5 32. 1 31. 7 31. 7 31. 2 31. 4 31. 3 31. 5 東京 参考 9. 9 10. 4 13. 3 18. 8 22. 8 25. 5 29. 9 32. 1 28. 2 21. 8 16. 9 12. 9 24. 3 24. 9 25. 3 25. 1 25. 0 24. 6 24. 8 24. 2 24. 1 24. 3 24. 0 東京 参考 2. 5 2. 9 5. 6 10. 7 15. 4 19. 1 23. 0 24. 5 21. 1 15. 4 9. 9 5. 4 33. 3 33. 8 33. 7 32. 5 32. 1 東京 参考 9. 9 10. 4 13. 3 18. 8 22. 8 25. 9 24. 3 24. 9 25. 3 25. 1 25. 0 東京 参考 2. 5 2. 9 5. 6 10. 7 15. 4 19. 7 31. 7 31. 2 31. 4 31. 3 31. 5 東京 参考 29. 9 32. 1 28. 2 21. 8 16. 9 12. 6 24. 8 24. 2 24. 1 24. 3 24. 0 東京 参考 23. 0 24. 5 21. 1 15. 4 9. 9 5. 1 時差 -2時間(タイは全て-2時間) 言語 タイ語 空港 プーケット国際空港• バンコクまで直行便で約1時間25分• チェンマイまで直行便で約2時間• サムイ島まで直行便で約55分• クアラルンプールまで直行便で約1時間20分• シンガポールまで直行便で約1時間50分• ペナンまで直行便で約1時間15分• シェムリアップまで乗り継ぎ便で約4時間 鉄道駅 鉄道はなし 知っておきたい プーケット旅行のアドバイス ベストシーズン プーケット旅行のベストシーズンは気候的には12月~4月と言える。 この時期は乾期でさわやかな晴天が続き、海の透明度も最も高くなる。 タイは5月~10月が雨期で、アンダマン海に面したプーケットでもこの時期は降水量が多い。 バンコクなどタイ中部では2月~5月は酷暑の時期であるが、プーケットはそれほどひどい暑さにはならない。 イベントが目的の場合、プーケットの奇祭として有名なベジタリアン祭りを見たいなら、9月の末から10月にかけての時期である。 ツアーの料金はいつ安い? プーケットの海外格安ツアー料金が最安値となる時期は、成田発の場合は10月~11月、関空・中部発の場合は6月である。 ただし、これは成田発については直行便、関空・中部発については経由便の場合の傾向であって、利用便によってツアー料金に差が出てくる。 基本的にはプーケットは11月~4月がハイ・シーズン、5月~10月がロー・シーズンで安い時期とされているが、海外格安ツアーの場合は日本人旅行客が集中する夏休み(8月)が最も高くなる。 8月に比べると年末年始とGW ゴールデンウィーク および秋の5連休 シルバーウィーク はそれほど高くはならない。 春休み期間は気候的にベストなシーズンの割にはツアー料金は高くない。 旅行プラン プーケットは、タイはもちろん東南アジアでも屈指の一大リゾート地であり、ビーチ以外にも島内に数多くの観光スポットがある。 そのため海外格安ツアーパックのほとんどが全日プーケット滞在型のフリープランである。 短い日数でバンコクを含めたタイ周遊のプランではプーケットの魅力を存分に味わうことは難しい。 最も多いのは5日間ツアーであり、激安ツアーもこの日程に多くある。 フライトの時刻が航空会社によって幅があるため、たいていは3泊5日の形になるが、行きが深夜発の便の場合は2泊5日というパターンもある。 コンパクトな4日間ツアー(2泊4日)や少し長い6日間ツアーもかなりある。 4日間ツアーは料金もさすがに安く、5日間の休みが取れない人には魅力だが、少し慌ただしい日程であることは否めない。 のんびりしたい場合はやはり最低でも5日間ツアーにしたい。 プーケットに限らずリゾート滞在型ツアーでは、ホテル選びが大きなポイントになる。 ホテルのランクと場所、高層タイプかコテージ・タイプかなどをしっかりチェックしておこう。 プーケットは現地でのオプショナルツアーも多くあるが、催行は天候に左右されやすいので、現地に着いて天候を見てから申しむのがベスト。 服装の準備 一年を通して日本の夏服でよいが、建物内は冷房が効きすぎていることが多いため、一枚羽織れる服があるとよい。 日差しが強いので紫外線対策も必要。 また、プーケットにも仏教寺院があり、ここを参拝する場合はカジュアル過ぎない服装を用意していかなければならない。 治安と衛生 プーケットは世界的なリゾート地であるため、バンコクなどタイの他の都市部と比べるとはるかに治安は良い。 ただしスリ、置き引き、詐欺などの軽犯罪は日本より頻繁に起こるので注意が必要である。 また、東南アジアのビーチリゾートで多い麻薬事件に巻き込まれないように気を付けること。 プーケット国際空港では偽ガイドがいることも忘れてはならない。 水道水は飲まないほうがよい。 チップ タイ全体としては必ずしもチップが常識となっているわけではないが、観光リゾート地であるプーケットは、早くから欧米人によってチップの習慣が根付いており、今では常識となっている。 電圧 日本の電気製品を使う場合は、変圧器と変換アダプターが必要。 電圧220V、周波数50Hz。 コンセントはAタイプかCタイプ。 旅行注意点 タイは敬虔な仏教国であり、しかもその仏教は日本の仏教とは全く異なる。 プーケットは国際リゾート地であってもこの点は全く同じである。 僧侶の地位は非常に高く、特に女性が僧侶に触れることは厳禁である。 また仏教と並んで王室に対しての崇敬の度合いも極めて高いので、王室に対する発言には注意しなければならない。 またタイの一般人全てに対してであるが、たとえ子供であっても頭を触ってはならない。 プーケット島では道路をゾウが歩いていることがある。 これは野生のゾウではなく訓練されたゾウではあるが、注意しなければならない。 通貨 バーツ Baht B 、補助単位はサタン Satang S 観光地・名所・見どころ パトン・ビーチ プーケットを代表する最も歴史あるビーチである。 プーケット・タウンの西15kmの西海岸にある全長約3kmのビーチは遠浅で波も穏やかで泳ぎやすい。 日中は多くのパラソルが並び日光浴やマリンスポーツを楽しむ人々であふれている。 ビーチのすぐ背後には高級ホテルや各国のレストランが並ぶタウィーワォン通り、バンガローが多いラチャユーティット通り、深夜まで無数のバーが賑わいを見せるバングラ通りなど、ショッピング・グルメ施設やナイトライフもたいへん充実している。 カロン・ビーチ/カタ・ビーチ パトン・ビーチと並ぶプーケットを代表する有名ビーチである。 同じ西海岸のプーケットの少し南に位置しており、パトン・ビーチより静かで落ち着いた雰囲気である。 サイ岬を挟んで北側がカロン・ビーチ、南側がカタ・ビーチで、さらにカタ・ビーチは北の入り江のカタ・ヤイと南の入り江のカタ・ノーイに分かれる。 カロン・ビーチの砂は踏むとキュッキュッと音がする石英質の砂粒で鳴き砂と呼ばれる。 カタ・ビーチにはビーチに面したレストランが多くリゾートらしい気分を満喫できる。 スリン・ビーチ パトン・ビーチの北、プーケット島の西海岸のちょうど真ん中付近にあるのどかで落ち着いたビーチ。 ビーチの北側と南側に岩場がありスキューバ・ダイビングやシュノーケリングが楽しめ地元の人にも人気の場所である。 波が少し高く潮の流れが速いのであまり遊泳には向いていない。 南の岩場には美しいシン洞窟がある。 スリン・ビーチのすぐ北のパンシー湾にはリゾートホテルの草分けとして世界に名高い最高級リゾートホテル・アマンプリがある。 ラワイ・ビーチ プーケット島の一番南に位置するビーチリゾート。 砂の質が良くないので泳ぐのには適していないが、沖に浮かぶボン島など海辺の景色が美しいことで有名である。 最南端のプロンテップ岬までも歩いていける距離である。 船着場からはスキューバ・ダイビングやシュノーケリングのポイントであるヘー島やケオヤイ島へ渡ることができる。 またビーチの北側にはかつてアンダマン海を放浪して海のジプシーと呼ばれた先住民族・チャオレー族の村がある。 プーケット・タウン プーケット島の中心となる街である。 プーケット島はかつては錫の産地として栄え、海洋交易の拠点としてアジアとヨーロッパの文化が融合する結果となった。 プーケット・タウンはその時代の名残を残すコロニアル風の古い街並みが魅力である。 プロムテープ時計塔やシンプラチャー・ハウス、小ぢんまりとした道教寺院など、20世紀初頭のノスタルジックな香りが漂う街はぶらつくだけでも楽しい。 ワット・チャロン(ワット・シャロン) プーケットタウンの南西約8kmほどのところにあるプーケット最大規模の格式高いタイ式仏教寺院で、地元の参拝者と多くの観光客が訪れる場所である。 寺院内には仏像の他に、1876年に錫鉱山で働いていた中国人坑夫の反乱を鎮めた高僧ルアン・ポー・チャムとルアン・ポー・チュアンの像がある。 タイの寺院での習慣通り、像は参拝者が貼り付けた金箔でいっぱいになっている。 ワット・プラトーン プーケットタウンと空港を結ぶ国道402号線沿い近くにある寺院で、肩から上だけが地上に出ている珍しい仏像があることで有名。 伝説では、昔この場所で息子をなくした父親が夢でのお告げによりこの仏像を掘り起こしたが、大きいため全て掘り起こすのを断念したため、現在の状態になっているという。 仏像の顔は信者によって貼られた金箔で黄金色に輝いている。 ラン・ヒル プーケットタウンの北西にある眺めの良いことで有名な丘である。 頂上は公園になっており街を一望でき、視界の良い日には海の向こうに浮かぶ島々まで見渡すことができる。 豊かな緑と芝生広場があり昼はピクニックに最適の場所として家族連れなどで賑わう。 タイ料理のレストラン「トゥンカ・カフェ」があり、このレストランはプーケット・タウンの夜景スポットとしてカップルなどに人気が高い。 トン・サイ滝 カオ・プラ・タエオ国立公園内にある滝。 規模は大きくないが数メートルの高さから岩をつたって流れ落ちる水の音が心地よい。 滝の周辺は植物公園になっており、東屋にテーブルやベンチなど用意されのんびり憩える。 またミニ動物園や自然展示室もあり子供連れにも楽しい。 山の反対側に行くとバンペー滝もあり、その近くにはギボン・センターがある。 バタフライ・ガーデン タイに生息する美しい蝶を集めた庭園である。 自然に近い状態の熱帯植物が茂る大きなガーデン内の中央には池があり、数千匹にも及ぶ様々な蝶が舞っている。 蝶の繁殖に関する研究も行われており、その様子を見学することもできる。 また蝶以外にも魚や昆虫も飼育しており、ミニ水族館も隣接している。 ギボン・センター バンペー滝近くにあるギボン 手長猿 の療養施設である。 ギボンはふさふさの美しい毛と愛らしさが魅力のため、捕えられてペットにされるため野生のものが減少している。 この施設ではペットにされていたギボンを保護し、再び野生に返すための活動を行っている。 観光施設ではないがボランティアスタッフの好意により見学させてもらえる。 旅行者に人気のラグジュアリーホテル プーケットを代表するビーチであるパトンビーチの中心部に位置する同地区のランドマーク的存在のホテル。 ビーチから約5分のところにあり、ショッピングエリア、ナイトライフもすべて徒歩圏内である。 25階建ての「パラダイスウイング」と7階建ての「ロイヤル ウイング」の2棟からなっており、エレガントな客室は窓が大きく天井も高いので明るくゆったりした雰囲気である。 最上階の展望レストランおよび高層階の客室からは、アンダマン海の素晴らしい景色を一望することがでる。 カタビーチとカロンビーチの間の小高い丘の上に位置するホテルで、一つの建物ではなく独立した3つの建物で一つのホテルを構成している。 南国ムード漂う広い敷地内には緑が溢れ、館内には温もりある木彫作品が多く、日本人には人気が高い。 現代的なタイ風インテリアでコーディネートされた部屋が多いが、建物により部屋のタイプはバラエティ豊かである。 敷地内とビーチ、そして姉妹ホテルであるアンダマン・カナシアの間はシャトルバスが運行している。 3つのスイミングプール、ジャグジー、健康マッサージを備えている。 パトンビーチの中心に位置する4つ星ホテル。 アンダマン海に面した5エーカーものトロピカルガーデンの中にあり、スタイリッシュなデザインと設備で人気が高い。 4階建ての建物はE字形に3棟が並ぶ形で、それぞれの客室棟の間にはプールが張り巡らされているため、水場の面積が多く涼しさを演出している。 さらに大型のスイミングプールが3つあるという充実ぶり。 全客室にSelect-TVインタラクティブシステムを備えている。 パトンビーチの中心「バングラ通り」のすぐ横にある大型リゾートホテル。 10階建ての本館タワーでシービュー&プールビューの客室がある「サンセットウィング」、3階建てでガーデンビュー&プールビューの客室がある「サイアムウィング」、同じく3建てでプールビューの客室がある「サンライズウィング」の3棟からなり、10階建ての本館タワーの客室からはビーチが遠望できる。 極めてカラフルで明るいデザインの客室が特徴である。 プーケットでは歴史ある老舗であり、ホテルが所有する「バナナ ディスコ&パブ」はパトンで一番の盛り上がりを見せるという。 プーケット島の最北端、ウミガメの産卵地として国立公園に指定されているマイカオビーチに2001年に誕生した高級リゾートホテル。 まるでマイカオビーチを独り占めしているかのような気分を味わえるホテルとして有名であり、目の前には見渡す限りのアンダマン海の光景が広がる。 木の床にシルク素材の織物をふんだんに使用した上品な客室は、全室にバルコニーとタイ風のあずま屋がデザインされている。 11のレストランとバーも個性豊かでそれぞれのオリジナルメニューが充実している。 プーケット島の北西海岸にあるナイトン・ビーチ沿いにひっそりと1軒たたずむ5つ星リゾートホテル。 映画「ビーチ」や「クエスト」の舞台ともなった白い砂浜と透き通った海がまぶしいビーチがすぐそばにある。 全客室がヴィラ・バンガロータイプのオーシャンビューで、タイスタイルのインテリアでまとめられたスタイリッシュな空間が演出されている。 街や込み合うビーチの喧騒から離れた静かな場所に位置するため、静かにゆっくり過ごしたい人にはぴったりのホテルである。 カタビーチ・カロンビーチ地区を代表する高級ホテル。 プーケットでも最大級の大型リゾートホテルである。 9万坪を超える豊かな熱帯庭園に囲まれたヴィレッジスタイルのリゾートとして特に家族連れの旅行者などに人気が高い。 5つの屋外プールの合計面積は2,500㎡もありプールだけでも泳ぎ疲れるほどの規模である。 客室は最小でも38㎡のゆとりある設計で、専用バルコニーまたはシーティングエリアがあり緑豊かな景色が楽しめる。 旧名はプーケット アルカディア ホテル&リゾート。 プーケット島の北部バンタオビーチのラグーナ地区随一の規模を誇る豪華リゾート。 以前よりシェラトンラグーナとして知られてきたが、2011年12月にバンヤンツリーの姉妹ブランド『アンサナ』としてニューアル・オープンした。 水中音楽が流れる長さ323mのプールに囲まれ、スタイリッシュで洗練された雰囲気を持ちながらも、ホスピタリティ溢れる温かみのある高級リゾートとして人気を集めている。 客室はタイのリゾートらしい趣のあるインテリアが特徴で、ホテルルームタイプの客室やプール付きのレジデンスなどバラエティに富んでいる。 ホテルで飼われているゾウがいるのも楽しい。 パトンビーチ北側にある、街を見下ろす高台に建つプーケットでは老舗の高級リゾートホテル。 伝統的なタイのスタイルと機能性を兼ね備え、日本の雑誌や新聞、和食レストランなど日本人向けのサービスが充実していることで知られる。 多彩なカテゴリーの客室はすべてオーシャンビューになっており、アンダマン海の美しい景色を眺めることができる。 レストランは伝統的なタイ料理から日本料理、洗練されたフランス料理やイタリア料理まで揃っている。 約850mもの美しい白い砂浜が広がる静かなカタ・ノイビーチに位置する大型リゾートホテル。 目の前のビーチはほとんどプライベート感覚で堪能できる。 元々は別のホテルだった名残でタニウィングとブリウィングの2館に分かれていて、ロビーも別、朝食レストランも別々である。 すべての客室にはプライベートバルコニーかテラスが付いている。 広々としたウッドフロアの客室は現代タイ様式のデザインで、タイ風の家具やガラス張りのバスルームが備わっている。 ホテル名のカタ・タニとは「海辺の街」という意味である。 プーケット島の東海岸にあるのどかで小さなスィレイ島にありる高級リゾートホテル。 緑豊かなトロピカルの環境で、絶景と人里離れた静かなビーチを楽しむことができる。 リゾートの周囲をめぐるプライベートビーチに加えて、リラクゼーションを促進する各種サービスや設備とさまざまな娯楽が提供される。 世界的に有名なピピ島、ジェームズ・ボンド、シミラン、マヤへの観光へ便利なボートも利用できる。 客室は最小でも50㎡の広さがあり、全室に屋外バルコニー、レインフォレストシャワーが付いている。 DVDプレーヤー、衛星テレビチャンネルを楽しめる37インチの液晶テレビなど、最新のエンターテインメントシステムも備える。

次の