英語 学習 アプリ。 英語学習に小学生無料のサイト&アプリ7選! [コロナでも諦めなくていい7つのこと

【2020年最新版】おすすめの無料英語学習アプリランキング

英語 学習 アプリ

「隙間時間にアプリを活用して英語を勉強したい」 「机に向かって勉強するのは苦手だから、ゲーム感覚でアプリを使って英語を勉強したい」 「英語の勉強を継続するのに、アプリを活用したい」 そのように思っている方が増えているのではないでしょうか。 実際、以前に比べて英語学習アプリは各段に進歩を遂げており、十分に学習に活用できるクオリティを揃えているアプリが、数多く配信されています。 そこで今回は、これからアプリを使ってみたい人や、現在アプリを使っているけど、さらに良い物を探している人向けに、編集部が実際に 50種類以上のアプリを使ってみた上で、お勧めできるアプリを厳選してご紹介していきたいと思います! 目次• 1.優良な英語学習アプリ タイプ別一覧 まずはこちらの一覧表をご覧ください。 選抜方法としては、以下のいずれかに当てはまるアプリで、編集部が使用してみて一定以上の使いやすさを感じたアプリをラインナップしています。 予めご了承下さい。 英単語の数が豊富ですし、ゲーム形式になっているので、ついついやる気が出ない時も、楽しみながら取り組むことができます。 完全無料でこのコンテンツ力は素晴らしいの一言。 しかも英語だけでなく日本語の字幕も出るので、日本語でも理解できるところが良い点です。 無料で使う分には申し分のない内容でしょう。 残念ながら iOSのみの配信になるのですが、このアプリは TED( Technology Entertainment Design)の動画やオーディオブックを字幕と共に再生してくれるアプリです。 このアプリの一番良い所は、無料なのに字幕表示と同時に一時停止やリピート機能、そして単語の説明ページも用意されていることです。 多くのフレーズを収録しているので、使いまわせるフレーズが見つけやすいと思います。 アプリのクオリティが高く、有料プランもありますが、無料で使える部分も多いので、その範囲だけでも十分満足できると思います。 ペースメーカーで読むスピードを段々UPできたり、分からない単語がすぐに調べられたりする点は秀逸ですね。 3.どのアプリから使い始めれば良いか悩んでいる方は とはいえ、 「どんなアプリがあるのかはわかったけど、どれから始めるのが良いか分からない・・・」 「自分のレベルに合ったアプリはどれだろう・・・」 そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。 これだけ多種多様なアプリがあると、悩んでしまいますよね。 そこで、神田外語学院で英語を教える伊丹先生に、アプリの選び方のコツを聞いてみました! 伊丹 康洋 先生• 神田外語大学外国語学部英米語学科卒業 Temple University, TESOL M. 英語講師を続けながら、海外放送台本の作成に翻訳者として携わる 3-1.自身のレベルに合わせて、アプリの選び方は変えた方が良い まずはご自身の英語力がどれくらいにあるのか把握されるのが良いでしょう。 以下に日本英語検定協会のHPを参考に基準の目安を示していますので、参考にしてみてください。 レベル 取得資格目安 初級 英検3級~5級程度(中学~高校入試レベル) 中級 英検2級~準2級程度(大学入試レベル) 上級 英検1級~準1級程度(大学レベル以上) 3-2.初級レベルの人はまず英単語から始めるのがお勧め ご自身が初級レベルだと思う方は、まずは英語の基礎、つまり英単語から始められることをお勧めします。 英単語は英語 4技能(読む、書く、聞く、話す)を向上させるために絶対に必要な土台です。 単語力をつけることで、他の勉強も効果的に進めることができます。 また書く、話すというアウトプットの技能より、最初に読む、聞くというインプットの勉強から始めた方が初級者の方はやりやすいでしょう。 初級の方も有料のアプリを使っても良いですし、有料の方が質の高いアプリが多いことも事実ですが、無料で一定の範囲は勉強ができますので、最初は無料のアプリから始めて、学習の感覚値を掴む所から始めた方が無難と言えます。 そういう意味では、リスニング力・リーディング力を鍛えたりするフェーズになってきていると思いますので、それらを鍛えられるアプリを選ぶ方がベターだと考えます。 リスニングに関しては、特にディクテーションに取り組むことをお勧めします。 ディクテーションとは英語の音声を聞き取った後に、その音声を文章に起こす練習法です。 紙に書き出してみると、自分が聞き取れている場所と聞き取れていない場所が鮮明にわかるようになるので、ディクテーションを繰り返すことでリスニングの精度を向上していくことができます。 中級の方であれば、質の高さを求めて、有料アプリを始めてみるのも一つの手だと思います。 強いていえばリスニングにおいて、教材用に録音された音声だけではなく、生のニュースの声やTEDなどの講演映像・音声の聞き取り練習をすると、レベルアップに繋がることでしょう。 上級者の方になれば、無料のアプリでは求めるクオリティに足らず、あまり満足できなくなるかも知れませんので、有料アプリを選んでも良いと思います。 通常月額2,980円(税抜)が発生しますが、動画講義、実践問題集、英単語学習、英文法講座など、非常に濃密な構成になっています。 3-5.一つアプリを使い始めたらやり切ろう ここまでご紹介してきた通り、今はアプリで英語を勉強しようとしたら、いくらでも選択肢がある状態です。 非常に恵まれているといえるでしょう。 ただどうしても選択肢が多い分、あっちのアプリをやっては中途半端に終わり、こっちのアプリをやっては中途半端に終わり、ということになりがちです。 一つ自分がこれだと思って 取り組み始めたアプリは、自分がやり切ったと思えるところまでやりきるべきだと思います。 これは英語の教材にも同じことが言えます。 結局一回やっただけでは身に付きません。 伊丹先生、ありがとうございました! 4.とはいえとても便利なアプリがあっても、勉強を継続できるかは自分次第 「実用的で楽しそうなアプリがあっても、取り掛かるのが憂鬱・・・」、「やらなきゃいけないことはわかっているけど、そもそも英語を勉強する気が起きない・・・」そう感じられている方もいると思います。 その気持ちも非常によくわかります。 どうしてもやる気が起きない自分を、どうにか奮い立たせる方法もご紹介します。 4-1.そもそも勉強に取り掛かれない人は学校や先生に頼ることも重要 やはりアプリがどれだけ優れていても、自分主導で勉強を進めていくには一定の努力が大切です。 先生に顔を見ながら教えてもらったり、気になることを聞けたりする方が自分に合っている、と感じる方も多くいると思いますし、どうしても WEBやアプリで勉強するのは性に合わない、という方もいるかも知れません。 そんな方は やはり学校に通うのが良いでしょう。 例えば神田外語学院のような専門学校ですと朝の 1限は 9:20から始まり、日によりますが夕方 17:00まで授業があります。 早く起きて、規則正しい生活の中で集中して勉強することで、学習習慣をしっかり身につけることができます。 一人で頑張っていると、ついつい怠けてしまったり、勉強が継続できなくなってしまったりしますが、周囲に同じ目標を持っている人がいることで、自分もやらなくては、という モチベーションをキープし続けやすくなります。 一人だと勉強にとりかかれない人は、あえて厳しい環境に身を置くことで、自分のモチベーションを奮い立たせることも有効です。 4-3.目標を持つことが大事! 当たり前の話になってしまいますが、 英語学習が続くか続かないかは目標の有り無しに大きく左右されてきます。 志望校に受かりたいから、就職・転職を成功させたいから、外国人とコミュニケーションをとれるようになりたいから、周囲からすごいと言われたいから、何でも構いません。 まずは明確な目標を持ってみることが、継続の第一歩になるはずです。 学校で英語力を伸ばすなら神田外語学院がオススメ! 5-1. 日本語禁止の英語の授業がほぼ毎日! 神田外語学院では、 EIC(国際コミュニケーション英語)という外国人から英語で英語を習う授業が、 1年次に週 5回、 2年次に週 4回、必修になっています。 授業の中で日本語は禁止。 英語漬けの環境の中で英語の 4技能を向上させるため、自然と英語力がアップしていきます。 5-2. 外国人教員が4割以上! 神田外語学院の外国人教員数は128名!これは全体の教員の4割以上にのぼります。 外国人教員が多いインターナショナルスクールのような雰囲気のキャンパスでは、語学力を高めるだけではなく、常に異文化と身近に接することができます。 5-3. ともに英語を学ぶ仲間がたくさん 神田外語学院には英語を学ぶことが大好きな学生が集まります。 英語を学ぶことにも英語で話すことにも意欲的な人ばかりです。 周囲に英語を学びたいと思う仲間が集まることで、よりモチベーションを高く保つことができます。 6.まとめ いかがでしたでしょうか。 多種多様なアプリがリリースされていますが、自分がどのアプリを使っていくと効果的か、イメージがつかめましたでしょうか。 最後にもう一度今回の記事をまとめます。 (1)無料でも活用できるアプリはたくさんある 最初の図の通り、無料でも良いアプリはありますので、まずは一度ダウンロードしてみることをお勧めします。 自分に合うアプリ、合わないアプリの判断軸を持つことも重要です。 (2)自身のレベルに合わせてアプリを選択することが大事 初級者の方から、いきなり有料のアプリを使って取り組むことはお勧めしません。 アプリもやはりある程度メインとするターゲットをイメージして作られているため、ご自身のレベル感にあったアプリを選ぶことをお勧めします。 (3)そもそも勉強に取り掛かれない人は学校や先生に頼ることも重要 いくら良いアプリや勉強ツールがあっても、自分のモチベーションが上がらないと勉強ははかどりません。 学校に通い、周囲に同じモチベーションを持つ人たちの中で頑張ることは、モチベーションを高く保つための、一つの選択肢です。 ぜひアプリを活用し、英語力をばっちり伸ばしてみてください! 無料ダウンロード.

次の

【公式】スタディサプリの英会話・TOEIC®TEST対策|英語のスタディサプリENGLISH

英語 学習 アプリ

このアプリは法人でも英会話教育に使われている今大人気の英会話アプリです。 その理由は、脳の記憶メカニズムに沿って、あなたの記憶が定着するベストなタイミングで繰り返し出題してくれるその仕組みにあります。 スキマ時間に効率よく反復学習ができるので、仕事や家事で忙しい方でもすぐにスキルアップを実感できるはず。 1ヶ月プランで月額1480円と少々お値段かかりますが、効率の良い英会話学習を行いたい方にはおすすめです。 オンライン英会話の有名サービスであるDMM英会話の受講生であれば、iKnowは無料で利用可能なため、iKnow! をより効果的に使いたい方はDMM英会話も一緒に使うとより英会話が上達しやすくおすすめです。 無料体験レッスンがあるので、DMM英会話を試してみてからiKnowを使うのが良いでしょう。 おすすめ関連記事• おすすめ英会話アプリ3位:ネイティブキャンプ英会話• 参考書や単語帳ではたくさん勉強したのに、実際に喋ってみると全然話せない…そんな悩みを持つ方も多くいらっしゃると思います。 そんなときは、実際に英会話教師と話してみることが一番効果的です。 ネイティブキャンプ英会話なら待ち時間ゼロで空いた時間に無理なく英会話レッスンを受けられるので、英会話教室に通う時間がない方でも簡単にスピーキングのレクチャーを受けられますよ。 また、日本人スタッフによるカウンセリングも何度でも受ける事ができますので、英会話学習に関しての悩みや不安も気軽に解消することができます。 いちいち予約することなく、空き時間に英会話レッスンが受けられるのが最大の特徴です。 忙しい人でも早く英会話を上達させたい、初心者から英会話をしたいと思う方はまず無料レッスンを受けてみてください。 無料体験レッスンはwebから申し込んで、アプリから受けることができます。 ラジオの内容は日本のニュースがもとになっているので内容が頭に入ってきやすいことが特徴となっています。 無料で利用できるので、気軽に試してみることができるのも嬉しい点ですね。 英語もあまり難しいものはなく、初心者〜中級者くらいまでの方におすすめです。 日本のニュースが多いので、時事ネタなど情報収集しつつ英語リスニングの勉強もできるのが嬉しいポイントです。 おすすめ英会話アプリ6位:TED• 海外の学校に通ってみたい、もしくは将来海外でビジネスを展開してみたいという方には特におすすめです。 実際のネイティブスピーカーによる多種多様なテーマについてのプレゼンテーションを視聴することができます。 身近な話から難しい概念までいろいろなテーマについて著名人が語るので、好きなテーマを選んで楽しみながら英語に触れる事ができます。 英語字幕や日本語字幕にも対応しているので、難しいと感じたら字幕を活用して勉強してください。 おすすめ英会話アプリ7位:Duolingo(デュオリンゴ)• 1の大人気英会話アプリです。 このアプリの特徴は、科学的根拠に基づいた効率の良い英語学習で、人がどのように英語を学習したら脳に定着しやすいかを徹底的に研究して作られています。 アプリ開始時に簡単なテストがあるので、自分のレベルに合った内容について場所を選ばずに学習できるでしょう。 リスニングや英会話、英単語なども含めて総合的な英語学習ができ、1つずつ問題に取り組んで正解していくと次のレッスンが受けられるシステムになっています。 1つずつこなしていくことで、挫折しにくく継続しやすい工夫があり、ステージクリアしていく要領でゲーム感覚で英語学習ができます。 これから英語を学びたいと思っているような初心者の方には特にオススメです。 おすすめ英会話アプリ8位:リスニングドリル リスニングドリルは著名人の講演会などを英語で聞くことができるアプリです。 このアプリの優れているところは部分指定をすることでその部分だけを何度も聞きなおすことができたり、セリフだけをリピートすることができるということです。 再生中には英語と日本語がセットで字幕表示されるためにしっかりと自分が意味を聞き取れているかどうかについても確認できます。 しかも字幕表示は様々な言語に対応しており、日本語訳をオフにすることもできるんですよ。 再生スピードも0. 5倍速〜2倍速にまで対応。 リスニングトレーニングには非常におすすめのアプリです。 おすすめ英会話アプリ9位:ABC Talking ABC Talkingは1回5分〜10分程度英語ネイティブの講師とスピーキングトレーニングができるアプリです。 スピーキングトレーニングの予約が必要なくて、隙間時間などにささっとスピーキングの練習ができてしまうところが非常に魅力的です。 また英語ネイティブの講師からレッスン後にフィードバックがもらえるというのもありがたいですね。 オンライン英会話や英会話スクールでは、定額のレッスン料を支払わなければいけませんがABC Talkingの場合には使用した分のチケットコストしか掛かりませんので、自分のペースで必要な時に必要なだけレッスンを受けることができます。 おすすめ英会話アプリ10位:レアジョブ英会話公式アプリ こちらはレアジョブ英会話のオンライン英会話レッスン時に使用することができるこちらのアプリです。 レアジョブ英会話は日本最大規模の受講生数を誇るオンライン英会話で、そのクオリティの高いレッスンをアプリから受けることができるので、スピーキングトレーニングをしっかりと行うことができます。 ホームページをわざわざ開けなくてもこのアプリ上でレッスン予約をしたり、予習などを含めたオンラインテキストの閲覧もできる非常に便利なスピーキング用アプリとなっています。 レアジョブ英会話についての詳細情報はこちらの記事をご覧ください。 英単語アプリランキングの3位はこちら、約1万単語が収録されているmikanです。 このアプリが優れているのはクイズ形式で英単語テストに答えていき、意味が分かった単語は右スワイプ、意味が分からなかった単語は左にスワイプといった形で後から分からなかった英単語だけを復習することができるというところにあります。 システム自体が非常にシンプルでわかりやすいので扱いも簡単。 しかし膨大な量の英単語が収録されているので英単語力を身につけるにはうってつけのアプリとなっています。 AIで英会話の練習ができるおすすめアプリ いきなり人を相手に英語を話すことに抵抗がある人も多くいます。 そういう時は、AI(人工知能)を相手に練習ができるアプリを利用するのがおすすめです。 おすすめAI英会話アプリ:英会話Speakbuddy(スピークバディ)• 対応OS: iPhone、Android• 価格: 月額1,980円(無料体験30日間)• アプリ内言語: 日本語 英会話Speakbuddy(スピークバディ)は日常英会話からビジネス英会話を学習することができます。 学習はカリキュラムに沿って、例文を発音し、それをAIで分析してもらい、スコアが表示されます。 また、フリートークでAIと会話することができ、会話練習の幅が広がります。 練習相手を複数のキャラクターから選ぶことができて、それぞれで話す内容が異なります。 そうすることによって飽きがこないように工夫がされています。 AIと英会話の練習ができるアプリについてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 対応OS:iPhone、Android• 価格:無料(有料プラン有り)• アプリ内言語:日本語 Hello talk(ハロートーク)は、世界中の人々とアプリ上で友達になれ、チャットができます。 ハロートークのユーザーは言語を学習したいという気持ちがあるので、お互いの言語を教え合うことができます。 それぞれのユーザーを条件で絞って検索することが可能で、その他、チャットだけでなく、音声通話、ビデオ通話をすることもできます。 また誰かが投稿した写真にメッセージを送ることもでき、これだけでも英語のコミュニケーションが取れるでしょう。 英語だけでなく、日本語を勉強している海外のユーザーもいるので、その際には日本語を教えてあげることで、より深い交流を図ることもできます。 一般の英語学習では飽きてしまったという人に、ぜひオススメしたいアプリです。 チャットで英会話の練習ができるアプリについてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 対応OS:iPhone、Android• 価格:無料(有料プラン有り)• アプリ内言語:日本語 このアプリは英語のアルファベットや簡単な英単語を遊びながら学ぶことができます。 画面をタッチするだけで、どんどん英語を学べるので3歳児でも楽しめることでしょう。 アルファベットモードでは、AからZまで26個のアルファベットの音を聞くことができます。 その音はイングリッシュネイティブスピーカーが話しているので、本格的な音を聞き取ることができます。 またペアモードでは、絵が書かれたカードを似た者同士でペアにするゲームです。 さらにリスニングモードでは、聞こえてくる音を聞いて、画面上にある絵を見つけ出す内容になっています。 親子で一緒にできますので、お子さんも楽しく英語を習うことができます。 プロはこう使う!英会話アプリのおすすめ勉強法 それでは次に上記のアプリを使用した英語学習アプリの勉強方法について解説をしていきます。 英会話アプリおすすめ勉強法1:リスニングアプリを使用してシャドーイング・リプロダクション シャドーイングとリプロダクションをリスニングアプリを用いて行うことが非常に効果的なトレーニング方法です。 シャドーイングとは、流れてきた英語の音声を聞き取った後に、その英語音声を真似してそのままスピーキングをするという勉強方法です。 またリプロダクションはシャドーイングと似ているのですが、聞こえてきた音声を聞き取った後に一度音声再生をストップして数秒の間隔を開けた後に真似をしてそのままスピーキングをするという勉強方法になります。 リプロダクションの方が英語音声を覚えておかなければならない時間が長いため難易度が高いと言えます。 このシャドーイングやリプロダクションといった勉強方法を行うことで、リスニングスキルとスピーキングスキルを鍛えることができます。 普通に英語音声を聞くのとは違い、聞き取った後に繰り返して発声をしなければならないため聞き取る時の集中力を鍛えることができます。 リスニングテストや日常会話の際に英語が聞き取れないことの原因としては、• 単純に聞こえてきた英語の意味を知らなかった• リスニング時の集中力が鍛えられておらず、上手く聞き取れなかった が考えられます。 1点目については単語力を鍛えるしかありませんが、2点目に関してはシャドーイングやリプロダクションをすることによって力が付いていきます。 またシャドーイングやリプロダクションで聞き取る英語ネイティブの音声を何度も実際に声に出して繰り返すことによって英語の発音のコツを掴むこともできます。 日本語と英語では表情筋や舌の動かし方、口の開け方などが全く違います。 英語音声を完璧に真似しようとすれば、自然と英語ネイティブが英語を喋る時の口の動かし方を理解することができます。 上記のリスニングアプリランキングで紹介したリスニングドリルを使用してシャドーイングやリプロダクションを行うことで、指定した部分の音声や1つのセリフだけをリピートでき、そして何度も再生と停止を繰り返すことができるので非常に便利です。 リスニングスキルとスピーキングスキルはどちらも英会話の際には大切なスキルなので、これら二つの勉強方法はかなりおすすめです。 英会話アプリおすすめ勉強法2:アプリを使用してディクテーション ディクテーションとは、英語音声を聞き取ってノートなどに書き写すという勉強法です。 流れてくる英語音声を完璧に英文として書き写すまで何度も何度も繰り返して英語音声を聞かなければならないストイックなトレーニング方法です。 しかしこのディクテーションを続けていくうちにリスニングスキルがかなり向上することが実感できるはずです。 ディクテーションで英語ネイティブの音声を書き取るうちに気づくことは、特定の英語同士が繋がりあったときに思っても見ない発音になるということです。 これをリエゾンというのですが、単語一つ一つを聞き取れても単語同士が繋がったときに前の単語の語尾と後ろの単語の語頭が繋がりあってしまうことで英語が聞き取りづらくなってしまうのです。 ディクテーションを続けるとリエゾンした英単語を頭の中で分けて理解することができるようになるため、いざ英語ネイティブとの英会話の機会があったとしてもしっかりと聞き取ることができるようになりますよ。 ちなみに英会話アプリ総合ランキング1位のスタディサプリENGLISHでは、このディクテーショントレーニングだけではなくシャドーイングなどの勉強を行うこともできますのでかなり便利です! 英会話アプリおすすめ勉強法3:英単語アプリで英単語を大量インプットする 英語をスピーキングするときもリスニングするときも、その土台となっているのは英単語のボキャブラリーです。 どれだけ相手の言っていることが鮮明に聞こえていようが、その英単語の意味を知らなければ意味を理解することができません。 また自分の言いたいことを表す英単語を知らなければ英会話をすることはままなりません。 そのため英単語アプリを使用してとにかく英単語をインプットしまくるということは日常英会話を行う上では必須の勉強法です。 英単語を覚えるために最も効率がいいのはひたすら英単語が並んでいる英単語帳なり英単語アプリを眺めることなのですが、それでは長期的に英単語を学習することができない人が多いです。 最近では英単語の収録数がかなり多い上に、英単語を選択クイズなどを覚えることができる英単語アプリが多く、黙々と英単語表を見て覚えるということが苦手な人には、ライトに英単語暗記をすることができる英単語アプリがおすすめです。 なかでも英単語アプリ1位のiKnow! は脳のメカニズムにしたがって暗記をしやすいタイミングでの反復学習などを行ってくれる優秀なアプリ。 もしくはマジタン、mikanなども様々な便利機能がついた選択クイズアプリとなっていますのでこれらのアプリを駆使して英単語のボキャブラリーをとにかくどんどん吸収していきましょう! 英会話アプリおすすめ勉強法4:オンライン英会話アプリで英語をアウトプットする 英単語や英会話表現をただインプットすれば喋れるということではなく、日常英会話を行う機会をどれだけ作れるか、つまりアウトプットの場面をどれだけ日常に作ることができるかが日常英会話力向上の鍵となります。 しかし簡単に日常英会話を行うことができる機会はそこまでありません。 そこでおすすめなのがアプリから利用できるオンライン英会話を使ったアウトプットです。 オンライン英会話は安価なサービスだと1レッスンが150円程度から利用することができ、それで30分程度の英会話を行う時間を作ることができるんです。 その30分間はとにかく英会話をアウトプットしまくることを意識してください。 日頃黙々とインプットしてきた英単語や英会話フレーズを英会話の中に意識的に取り入れていって、その英会話が外国人講師相手に伝わったときにの喜びときたらありません。 このような経験によってインプットした知識が頭に完全に定着しますし、アウトプットをするのが楽しくなり、継続した勉強をすることができるようになります。 アプリからレッスンを受けられるおすすめオンライン英会話 アプリから英会話レッスンを受けられるオンライン英会話の中でも特におすすめなのが、ネイティブキャンプです。 月額料金を払うと、なんと何度でもレッスンが受け放題になります。 アプリからすきま時間を見つけて勉強しやすく、カリキュラムも質が高いのでコストパフォーマンスNo. 1です。 まずは無料体験レッスンを受けてみると良いでしょう。 英会話アプリを使うメリットとデメリット 最後に英語学習にアプリを使うことのメリットやデメリットについて紹介していきます。 英会話アプリのメリット1:ゲームのように楽しんで取り組むことができる 英語学習の際にアプリを使うことのメリットとして一番にあげられるのは、ゲーム感覚で取り組むことができるということです。 スマホ画面でサクサクと勉強を進めていけるため英語学習を始める際にもあまり精神的な抵抗感などが起こりにくいです。 またスタディサプリENGLISHにはストーリー仕立てになった英語問題があったり、TEDには内容を聞くだけでも十分楽しめる著名人の講演が聞けたりと、単純に面白いと思わせる要素がたくさんあります。 英会話や英語学習に対して抵抗感がある人や、机上の勉強では三日坊主になってしまう人には英会話アプリでの学習はかなりおすすめです。 英会話アプリのメリット2:いつでもどこでもスマホ1つで勉強できる 勉強と言えば自室の机の上で、というイメージかもしれませんがスマホアプリならばいつでもどこでも勉強ができてしまいます。 日常にある隙間時間を使って少しずつ勉強をしていけるため、生活スタイルを大きく変えなくても英語の学習を進めていくことができます。 忙しい人でも通勤時間や昼休みにでもスマホ一つでできるということは、かなりのメリットです。 英会話アプリのデメリット1:機能が英語4技能と英単語を網羅していないことが多く、バランスよく鍛えられない 英会話アプリの多くは、英語4技能(読む、聞く、話す、書く)か英単語のどれか一つに特化したものとなっています。 そのため一つのアプリではバランスよく英会話力を鍛えることができないというデメリットがあります。 1つのアプリだけに集中して勉強していると他の技能がおろそかになってしまうので、英会話力の向上に結び付きづらいのです。 特にスピーキングスキル、リスニングスキル、英単語力をバランスよく鍛えることで英会話力に効果的に結びつけることができます。 もし英会話学習をアプリで行うならばオンライン英会話と併用するなどしてバランスよく英会話力を鍛えられるアプリを選びましょう。 英会話アプリのメリット2:選択クイズ系は本当に理解しているかが不明瞭 英単語アプリなどでは選択クイズ形式の問題がよくありますが、最初から答えが見えている状態の中での解答になるので日常英会話を実際に行うときに実践力が身についているのかどうかが分かりづらいです。 大体の英単語帳アプリの場合は画面上部に英単語、画面下部に選択肢という感じのデザインになっているので、本当に英単語力を身につけるならば画面下部を隠して意味を答えた後に選択肢を選ぶといった使い方がおすすめです。

次の

厳選32種!英語学習に最適なアプリを完全収録(英語教員解説付き)

英語 学習 アプリ

2020年、小学校の英語教育が変わる!【ポイント解説】 「学校の英語教育が変わる」そんなニュースに心がざわついている方のために、文部科学省が発表した英語教育改革についてわかりやすく解説します。 参考:文部科学省 英語学習の本格化《小中高一貫したカリキュラムに》 新学習指導要領によると、2020年から英語教育が大きく変わります。 小・中・高を通して一貫した英語教育の充実・強化を図るものに。 何がどう変わるのか、まとめてみました。 学年 変更点 学習単語数 小学校 中学年 ・英語開始(週1,2コマ) ・コミュニケーション能力の素地を養う なし 小学校 高学年 ・「教科」になる(週3コマ) ・初歩的な英語の運用能力を養う 600~700 中学生 ・英語での授業 ・会話重視 1,600~1,800 高校生 ・英語での授業 ・「読む」「書く」「聞く」「話す」スキル習得 1,800~2,500 小学校5,6年生になると、英語が1教科として評価の対象になります。 ( 成績がつく) また、中学高校では、英語の 授業は英語オンリーになる点も大きな変更点でしょう。 習得目標としての英単語数にも注目です。 今中学校で習っている単語が1,200程度ですが、その半分以上が小学校時代に習得することが求められるのです。 (中学・高校の単語数もそれぞれ増加しています) 英語を使いこなせて当たり前になる これまでの「文法」「読解」「単語」中心から、「読む」「書く」「聞く」「話す」4技能スキルの習得を強化し、総合的に英語を使える人材になることが教育改革の最終目標です。 具体的な到達点として、高校卒業段階で英検2級~準1級、TOEFL iBT57点程度以上と明記しています。 「 英語は使えて当たり前」を求められるのが今の子どもたちの将来なのです。 小学生の英語学習は「楽しく慣れる」をモットーに! 英語の教育改革によって、大きく学習環境が変わる今の子供達。 小学生時代の英語学習ではどんなことを意識すればよいでしょうか。 最も大事なのは、英語に「 楽しく慣れる」ことだと思います。 「楽しい」要素があると、一気にやる気がでるのが子供ですよね。 わかりやすい操作性、カラフルで楽しい雰囲気、できる?できない?ワクワクするゲーム要素... その点、子供向けの英語アプリはバッチリ。 よく考えられており、子供の興味を引き、遊びながらきちんと学びを提供してくれるのです。 成績がつくこと・覚えるべき単語数が多い事実に身構えることなく、学習アプリをうまく活用し、「楽しい!英語が好き」に誘導してあげましょう。 小学生キッズにおすすめ!英語アプリ8選 子供向けの英語学習アプリ、小学生キッズへのおすすめを8選ご紹介していきます。 アプリの内容、おすすめポイント、無料有料など総合的にチェック。 思い立ったが吉日!気になるものはダウンロードして試してみてくださいね! 1. アルファベットストーンズ 40,000ダウンロード突破!人気の英語アプリ「 アルファベットストーンズ」。 制限時間内に、ステージごとのお題(アルファベットをタップ・単語のアルファベットをなぞって消す)をクリアするパズルゲーム!楽しみながら本格的なレッスンが叶います。 【おすすめポイント】• ネイティブ英語が何度も聞ける• 音とつづりの関係(フォニックス)が学べる• 発音の発声あり• 簡単なルール設定とクリアによる達成感• 進捗度定着度を保護者にお知らせ• MagicFinger-ABC 親子で楽しく学べるアルファベット知育アプリ 魔法、魔物、呪文と子供が惹かれるワードが並ぶゲーム要素たっぷりな英語学習アプリ。 モンスターをやっつけるためには、君の英語力が必要! アルファベットの書き順・発音、書いたアルファベットを使った英単語の学習まで。 張り切って英語にトライするでしょう。 【おすすめポイント】• 画面をなぞるとキラキラ光る演出• ハイクオリティな音質でネイティブ英語• 書いたアルファベットは自動的にアプリ内に保存• アルファベット1文字につき、複数のミニゲームを用意• ステージを進んでいくとボスとの対決が!• 6人まで登録可能 【価格】 「A」〜「F」までは無料 「G」以降はアプリ内課金 3. ビノバ英語 子供用 -小学生,5年生・6年生-基礎の単語をドリルで勉強 小学生5,6年生が、英語学習のスタートに最適なアプリです。 小学生レベルの英単語や英会話文を学習できます。 問題総数550問!塾や学校でも使われているそう。 4択のクイズ形式で、正解するとステージごとにビノモンカードがもらえます。 【おすすめポイント】• 完全無料• 問題総数550問• 基礎的な単語・文章を収録• 単元選択可• モンスターゲットでやる気UP 【価格】無料 4. 続く英語学習 えいぽんたん! 英単語からリスニングまで 自分のレベルに合わせて英単語を学習でき、ユーザー数が多い「えいぽんたん」。 英語学習初心者から、TOEIC R 高得点を目指す方まで、英語を頑張るすべての人にマッチする内容です。 小学生キッズにもおすすめ! 高校までの目標習得英単語3,000語をたった半年で習得しているユーザーもいるそうですよ。 継続メソッドが、毎日の学習習慣を応援します。 【おすすめポイント】• ユーザーの80%が毎日学習(継続メソッド)• レベルに合った問題が出題• 間違えた問題は繰り返し出題• 学習することでキャラクターやおきものを獲得• 英語発音アプリ道場 英語の発音を判定するアプリ「英語発音アプリ道場」。 ネイティブの英語を聴いてから真似て発音。 その音声をネイティブの発音との近さを4段階で判定してくれます。 「聴く」「話す」を繰り返すことで、正しく美しい英語の発音が身につくという理由なのです。 基本単語から大学受験レベルまでおまかせ! 【おすすめポイント】• たっぷり学べる1416問• 英検受験対策にも• 「小学生編」では全問イラスト付でわかりやすい• テーマごとに金・銀・銅で表彰あり 【価格】無料 6. 英検リスニングマスター 5級4級 英検リスニング対策アプリの決定版!その名も「英検リスニングマスター」。 学習をはじめたばかりのキッズ向け、英検5級4級問題内蔵がこちらのアプリです。 リスニング問題10回分相当の全550問も収録! イラストを見て答えるイラスト聴解や、長文を聴いて質問に答える長文聴解など試験内容に対応しているのでリスニング対策はこれでばっちりでしょう。 【おすすめポイント】• 完全無料• 1問ごとに答え合わせができる「ステージモード」• 実際の検定と同じ問題数で出題される「実戦モード」• 間違えた問題や苦手な問題は「あやふや問題」に登録で苦手克服• あり 【価格】無料 7. アイキャンディー/楽しく小学英語 今年リリースされたこちらのアプリは、アニメキャラクターと共にストーリーを進めながら、リスニング力・リーディング力・語彙文法力を伸ばし、英検5級程度の英語力を身につけることを目指す内容です。 どんな展開が待っているかお楽しみに。 【おすすめポイント】• 問題に答えるためのヒントがたくさん!• 英語教材のプロがつくった良問揃い• クオリティの高いネイティブの発音を搭載• 多彩なキャラクターが登場 【価格】 「ストーリーモード」ステージ1~6と「スペシャルコンテンツ」は無料 「ストーリーモード」ステージ7~12は240円課金要 8. ペラペラ英会話 フレーズで丸暗記する無料の英語クイズ 英会話によく出てくるフレーズをクイズ感覚で学べるのが「ペラペラ英会話-フレーズで丸暗記する無料の英語クイズ」です。 細かい単語や文法は気にせず、フレーズを丸々暗記しちゃおう。 【おすすめポイント】• 英会話(三択)約3000問• 英単語(単語帳)約5000問• 試験(四択)約2000問• クリアで次のステージへ!ゲーム要素あり• 重要なフレーズを丸暗記できる• 小学生のスタートダッシュは、楽しく続けられる方法で学ぶのがベスト! 今回ご紹介したアプリはどれも子供の心を掴むポイントたっぷり。 筆者も小学生の息子のために早速ダウンロードしたいと思います!.

次の