給付 金 税金 かかる。 持続化給付金は税金かかる?課税関係や計算方法を徹底解説!|アフィリエイターや個人事業主のための税金

国や自治体の給付金に税金はかかる? 知っておきたい課税と非課税の境界線(前田恒彦)

給付 金 税金 かかる

見ていくと分かるのですが、税金がかかってくる助成金や給付金などは、商売をしている商工業者に関連するものが当てはまってくるようですね。 持続化給付金 持続化給付金は、一番話題になっている給付金ですね。 国が支給する給付金で、5月1日から申請がはじまって殺到していますが、何かというと今年に入って、1ヶ月どこかの売上が、昨年の同月と比較して50%以上減少している場合に対象となります。 金額は法人事業者で最高200万円。 個人事業者で最高100万円です。 感染拡大防止協力金 感染拡大防止協力金は、東京都が休業要請をして応じた事業者に支給される協力金で、各自治体によって金額や名前も違ってきます。 10万円ぐらいから50万ぐらいの金額が支給されています。 雇用調整助成金 雇用調整助成金は、新型コロナウイルスの影響で仕事などがなくなり、会社の支持で従業員を休業させた場合に、休業補償を支払う必要があるのですが、その一部が助成される制度です。 小学校休業等対応助成金 小学校休業等対応助成金は、新型コロナウイルスの影響で、小学校などが休校し子供を世話をするために休む必要があったときに、会社が有給休暇を別であたえて休ませた事業者に対して助成される制度です。 小学校休業等対応支援金 小学校休業等対応助成金は、新型コロナウイルスの影響で、小学校などが休校し子供を世話をするために契約した仕事ができなくなった保護者を支援するため、助成される制度です。 もともと、事業者の売上が減少したことに対する補填や給与賃金など必要経費に参入するべき経費の補填なので、税金としては事業所得になります。 雑収入に計上する形になるかと思います。 課税される根拠は国税庁より取り扱いの文書が出ています。 上記は、事業者向けのものでしたが、こちらは一般家庭向けの制度で税金のかからない収入になります。 特別定額給付金 特別定額給付金は、一番気になってた1人あたり10万円支給されえるといわれていた給付金ですね。 子育て世帯への臨時特別給付金 子育て世帯への臨時給付金は、中学校以下の子供1人につき10,000円支給されますね。 ただ、このような状況下であり、売上の補填的な役割があるので、黒字になることは少ないけど、計算方法自体で全部ではないかと考えられる。 非課税枠を拡大してはどうかとの意見も出ているそうですが、今のところはこのような感じです。

次の

特別定額給付10万に税金はかかるの?

給付 金 税金 かかる

「そんな話があるか!」 「えっ、課税対象になるなんて初耳です。 も休業協力金もですか? 課税されるなんて説明、ひと言も聞いてないですよ。 商工会議所や税理士さんにも相談していますが、そんな話はまったく出ていません」 こう語るのは、福島県「そば処 ふくしまや」の店主、佐々木義剛さんだ。 佐々木さんは本誌の取材で初めて持続化給付金と休業協力金が課税されることを知った。 「はっきり言って反対です。 一体なんのための給付金や協力金なのか。 もっと取るところはいくらでもあるでしょうに……」 東京・早稲田の「キッチンブン」店主の飯田文雄さんもこう語る。 「協力金自体、いまだに振り込まれる気配がありません。 通帳を見るたびに『一体いつになるんだ……』とヤキモキしています。 もちろん、丸々もらえると思っていました。 だからを取られると知った時は、『そんなおかしな話があるか!』と、怒りの感情のほうが強かった。 課税対象にするなら、せめて協力金をさっさと給付してほしい。 税金の徴収は早いのに、支給となると遅すぎる」 Photo by iStock 持続化給付金は、収入が半減した中小企業に、国が最大200万円を手当する制度だ。 休業協力金は都道府県の制度で、東京都の場合、臨時休業などを行う事業者に最大100万円を支給する。 そんな、経営に窮する事業者のための支援金が実は課税対象であったことに困惑を示す人は多い。 そもそも、なぜ国民全員に配付される特別定額給付金の10万円は非課税なのに、持続化給付金と休業協力金は課税扱いになるのか。 税理士の金子尚弘氏が解説する。 「定額給付金の10万円は、家計支援や生活費という扱いなので非課税になります。 ですが、持続化給付金と休業協力金の場合、財務省は、『事業者の売り上げが減った分の補填』として考えている。 制度として違うということです。 とはいえ、コロナで営業利益が軒並み下がっているため、実際の課税額はごくわずかになる」 Photo by iStock たとえば、コロナ以前に営業利益が500万円あった東京都の飲食店のオーナー(妻は店手伝いで子供2人)にかかる所得税が17万円、住民税が27万円だったとする。 自粛で売り上げが激減し、150万円の持続化給付金を足して営業利益が250万円になった場合、基礎控除や扶養控除を差し引くと、所得税は1万円、住民税は2万円となる。 この1万円すら、きっちり国に還元させようというのが財務省=国税のスタンスなのだ。 財務省は、「税金といっても少しだけじゃないか」と思っているだろう。 だが、事業者にとっては「たったの1万円」ではない。 倒産や閉店の危険を冒して文字通り命がけで自粛に応じた代償としてのおカネである。 その命のカネからも、むしり取ろうというのだから、前出の店主たちが驚き、憤るのも無理はない。 経済評論家の荻原博子氏が語る。 「かつてない営業危機に瀕してる人々にとって、ようやく給付金が出たのに、『来年3月には税金として取られる』という心理的負担はかなり大きいものです。 後々の経費計算の煩雑さもある。 100万〜200万円程度の支援金なら、課税額も少ないため、非課税のほうが申請者も税務所にとっても、楽になるはずなのですが」 財務省は変わらない こんな時でも融通が利かず、財務省が税金を取り立てようとするのはなぜなのか。 そこには「不公平になるから」というお役所の論理がある。 元財務官僚で経済学者の高橋洋一氏が解説する。 「持続化給付金や休業協力金が、もし非課税だったとします。 すると、テイクアウトを行い、懸命に営業努力して利益をあげた飲食店は課税される。 その一方、休業した店舗は、給付金をもらうだけもらって税金は取られないという、いわば『休み得』になる。 『休み得』を防ぎ、事業者の公平性を担保するという名目を財務省は掲げている」 確かに、ごく一部の事業者のなかには制度を不正利用し、働きもせず、カネだけ受け取ろうという者もいるだろう。 そうした「不公平」を防ぐためには、全員に課税してしまえという「悪平等」のほうが制度として正しいというのが財務省や国税の言い分だ。 だが、給付金は「緊急事態」への対策として支給されたのだ。 戦後最悪の危機だとか、日本は感染爆発の瀬戸際にあるから店を閉めろなどと言っていたのは政府である。 なのに、「ズル休み」する奴を許せないから税金は全員きっちり払えというのでは、税の仕組み云々以前に、必死で自粛要請に協力した国民の心情からあまりにかけ離れている。 高橋氏が続ける。 「東京都も『休業協力金を非課税にしたほうがいい』と反発しましたが、財務省はさらさら応じる気はなく、すぐに却下しました。 この緊急下でも、財務省の『緊縮病』はなんら変わることはなかったというわけです」 こんなことをしていたら、もう誰も自粛要請などに従わなくなる。 『週刊現代』2020年6月6日号より 外部サイト.

次の

持続化給付金や休業要請の協力金には税金はかかる?〜個人も法人も課税対象です〜

給付 金 税金 かかる

何はともあれ、給付が決まりました 昨年末頃からさまざまな議論のなされていた『定額給付金』ですが、実施の運びとなりました。 国民を様々な議論に巻き込んだ「定額給付金」も、ついに国会の承認を受け、すでに早いところでは給付が始まったようです。 この給付金は、平成21年2月1日において、住民基本台帳に記録されている、または外国人登録原票に登録されている人に、1人12,000円(平成21年2月1日に65歳以上の人および18歳以下の人については20,000円!)を支給するというのですから、日本国中の人を巻き込んだビッグプロジェクトとなることは必至です(給付にかかる事務費として、825億円超もかかるとか……)。 さて、このようにして消費拡大・景気浮揚の役割を担うべく給付される『定額給付金』ですが、あらかじめ、この『定額給付金』についてひとつ明らかにしておきたいことがあります。 それは、この『定額給付金』の税務上の取り扱いについてです。 『地域振興券』は、所得税の「一時所得」として課税対象 実は1999年にも今回の『定額給付金』と似たような政策がとられたことがありました。 覚えていらっしゃる方も多いかと思いますが『地域振興券』というクーポンを子供がいる世帯や、一定の要件を満たす高齢者に配ることにより、景気浮揚を狙ったのです。 この際の『地域振興券』の取り扱いは、「所得税の一時所得に該当する」というものでした。 「一時所得」とは、所得税法上「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得」と決められていますが、要は「賞金・賞品や、落し物を拾ったときにもらう報労金、満期の保険金」など、突発的に受ける利益のことです。 一時所得には1年あたり50万円の「特別控除額」が設定されていますから、地域振興券だけをもらった場合には課税の対象にはなりませんが、この他に保険の満期金などがある場合には、確定申告の計算に入れないといけませんから、当時の申告では神経を使ったことを覚えています。

次の