トトロ さつき 声優。 【となりのトトロ】メイってどんな子?メイの性格や行動について!

【となりのトトロ】の吹き替え声優まとめ!

トトロ さつき 声優

C スタジオジブリ 名前 草壁メイ 性別 女の子 年齢 4歳 声優 坂本千夏 さかもとちか メイの家族 メイの年齢は4歳なので、本来のこの年齢であれば保育園、または幼稚園に通っていそうですが、メイは通っていません。 お母さんが病気で家にいないので、在宅でお父さんが仕事をしていり時には、庭で1人で遊んでいます。 日中だとは小学生なので、学校へ行っていて家にいません。 お母さんは病院で、お父さんも仕事で大学に行くことが多く、メイはいつも両親に面倒を見てもらえる訳ではありませんが、メイには姉のサツキがいます。 時にはサツキも怒ることがあるものの、いつでも妹のメイのことを気にかけてくれます。 また、隣のおばあちゃんも血の繋がりのある家族ではないですが、メイを自分の孫のように面倒を見てくれる保護者の1人です。 メイの性格 メイは幼いので、あらゆる物に興味を持ってしまう年頃です。 気になった物に対してはすぐに近寄ってみて観察したり、それをお父さんに報告して反応を伺ってみたりします。 非常に多感で好奇心旺盛な性格ですね。 それはメイがまだ小さい子供で、あまり危険予知能力が備わっていないからでもあります。 メイが初めてトトロの仲間である白いを見つけた時にも、怪しいと一切疑わずに小トトロの跡を追いかけていってしまいます。 視点を変えてみると、そこまで幼い女の子の危なげな様子を描いた作品とも言えます。 そんなメイが最後まで大きな怪我なく過ごせたのは、サツキやお父さんを始めとしたトトロ達のような存在達に見守られていたからかもしれませんね。 メイとトトロの関係性 「となりのトトロ」では、3種類のトトロが登場します。 DVDの表紙にいることの多いグレーの1番大きな大トトロ、中ぐらいの大きさの青い、姿を消すことができる1番小さい小トトロです。 3匹の登場の時に最初に出会っているのは全てメイです。 そして名前はトトロとなっておりますが、初期設定では大トトロは「ミミンズク」という名前となっていました。 しかし、トトロが発した音を聞いたメイは、それが自己紹介だと思ってしまいます。 こうして、サツキからもトトロと呼ばれるようになります。 メイの声優 メイの声を担当するのは坂本千夏さんという女性声優の方になります。 1980年代、90年代のアニメ作品の主人公を数多く務めました。 有名作品を挙げると、「サイボーグクロちゃん」のクロや「それいけ!アンパンマン」の中ではてんどんまんを始めとする複数のキャラクターを演じ分けました。 ジブリ作品への参加は「となりのトトロ」が初ではなく、実は「風の谷の」にて少年役で出演していました。 また、「となりのトトロ」より後の作品の「少年アシベ」にて主人公の芦屋アシベを演じましたが、その父親役をネコバスを演じた龍田直樹さんが演じ、再び共演することとなりました。 現在では、次世代の声優やナレーターの育成の為に講師をしているそうです。 その教え子の1人には、有名声優となり数々の作品に出演している内田真礼さんがいます。 メイの名台詞・名シーン 「あなた、トトロっていうのね!!」.

次の

【となりのトトロ続編】その後のメイとさつきをネタバレ!動画はどこで見れる?

トトロ さつき 声優

TARAKO 声優 さんはトトロで何役? TARAKO 声優 さんは何役で出ていたのでしょう? 調べてみると、なんと2つの役で登場していたのでは?という噂がありました。 1人目は、メイがさつきの通う学校に来てしまい、一緒に授業を受けて帰るシーン。 はたきをもって掃除をしている女の子の声が おそらくはTARAKOさんなのでは?と言われています。 そして次にもう一人目、 物語の後半、メイがお母さんの病院へ行こうとして迷子になりさつきが探しているシーンありましたよね。 小さい女の子を見ませんでしたか?と聞いて 答えてくれたその女性の声がTARAKOさんの可能性が高いです! TARAKOさんがまだちびまる子ちゃんで有名になる前の貴重な出演ということになるのだそう。 そしてもう一つ、メイの声の一部だけが代役としてTARAKOさんの声であるといううわさがありました! 「となりのトトロ」のメイの声は坂本千夏。 しかしサツキと喧嘩して「お姉ちゃんのバカ!」と泣きだすシーンだけが、まる子役のTARAKOが担当している。 この後さつきとメイははぐれてしまい、みんなが総出でさがしに行くシーンに移るとても重要なシーンの一コマ。 ただこの噂を否定するツイッターでのつぶやきもあります。 「となりのトトロ」でメイがさつきに怒られて泣くシーンだけTARAKOさんが演じたというガセネタがあるんだけど、その発信元を特定。 Wikiのこのデタラメな編集が原因で、そこから広がったようだ。 どうなのでしょう。 もう一度このことを念頭に聞き比べしてみたくなります! 確かにWikipediaでは情報が間違ってしまっているものもあると聞きますのでこの情報ももしかしたら間違いかもしれません。 こうなったらTARAKOさんご本人からどの役をされたのか聞いてみたいとことですね! ここからは、トトロのそのほかの声優さんと役柄を紹介していきます。 [adco-2] 草壁さつきの声は? 草壁さつきの声は、日髙のり子さんです! 日髙のり子さんで有名なのはタッチですが、その他の作品でもたくさんの主演を演じています。 風の谷のナウシカでは少年役 魔女の宅急便では赤ん坊役です。 声優仲間では戸田恵子さんや伊倉一恵さんと親交が深いのだそうです! 草壁タツオ お父さん の声は? これはもう知らない人は少ないのではないでしょうか。 メイとさつきのお父さんの声、糸井重里さんです! 糸井重里さんの本業はコピーライター。 ジブリ作品にも数多くのコピーライターとして関わっています。 糸井重里さんはこれまで4作品で声優をしていてその一つがトトロのお父さん草壁タツオ。 こんなにやさしい声のお父さん、憧れます。 さつきとメイを見守るお父さんの声役としてぴったりでしたよね。 草壁ヤス子 お母さん の声は? お母さんの声は島本須美さんです! 島本須美さんはジブリ作品でも数多く声優として参加しています。 中でも一番有名なのはナウシカ。 主人公ナウシカの声は島本須美さんです。 島本須美さんプロフィール 名前 :島本須美 しまもとすみ 本名 :越川須美 こしかわすみ 出身 :高知県 身長 :162㎝ 血液型 :A型 活動 :声優、女優、ナレーター 事務所 :フリー 活動期間 :1970年代~ 代表作品はそれいけ!アンパンマン、名探偵コナン、 アンパンマンではしょくぱんまんを担当しています! あのしょくぱんまんと、ナウシカの声が同一人物だとはびっくりです。 さすが声優さんは声の幅が広いですね。 トトロの声は? トトロの声は高木均さんです! 高木均さんは声優よりも俳優さんとしての活躍が多い方です。 [adco-3] 猫バスの声は? 猫バスを担当したのは龍田直樹さん。 龍田直樹さんはキテレツ大百科のブタゴリラ、ドラゴンボールのウーロン、ゲゲゲの鬼太郎では一反木綿を担当しています! 代表作品の声がみんな有名どころですね。 龍田直樹さんのプロフィール 名前 :龍田直樹 たつたなおき 本名 :竜田直樹 たつたなおき 出身 :和歌山県 生年月日:1950年9月8日 血液型 :A型 身長 :155㎝ 活動 :声優、ナレーター 事務所 :青二プロダクション 活動期間:1976年~ 大垣勘太 カンタ の声は? カンタを演じたのは俳優の雨笠利幸さんです! 暴れん坊将軍や遠山の金さんなどに出演されていた俳優さんだそうです。 カンタのおばあちゃんの声は? カンタのおばあちゃん。 この役もトトロでは欠かせない役どころですよね! カンタのおばあちゃんを演じたのは女優の北林谷栄さんです! 日本を代表する女優さんですね。 ドラマや映画で数々の賞を受賞されています。 [adlk-2] TARAKO 声優 さんの本名は? TARAKOさんの本名は今のところの最有力説だと『佐藤則子』さんだということです! ちなみに、TARAKOという名前の由来はTARAKOさんご本人がたらこ好きだからなのだとか!もう一つの理由はサザエさんに登場する「タラちゃん」に声が似ているからだということです。 独特なネーミングセンスですがエンドロールでも見つけやすいので名前も憶えやすいですよね! TARAKO 声優 さんは結婚してる? TARAKOさんについて結婚しているのかどうか調べてみましたがおそらくは結婚されていないのでは?ということまでしかわかりませんでした。 気になっている方もいるようでネットでも話題になっていましたが、どなたかとお噂になったりしたこともないようですね。 その代わり、TARAKOさんを調べると本当に数々の声優さんとしての実績とナレータ、そしてCMへの出演の本数に驚きました。 日本を代表する声優さんですね。 TARAKO 声優 トトロの声してる?本名や結婚してる相手は誰?のまとめ• TARAKOさんはトトロの中で声優として確かに参加していた!• 本名はおそらく佐藤則子さん?しかしご本人は公表していないので噂の域を出ない• ご結婚についても確かな情報がありませんでした。 これからもちびまる子ちゃんを始め沢山のキャラクターの声を演じてくださることを願っています! 最後までお読みいただきありがとうございました。 [adco-4].

次の

TARAKO(声優)トトロの声してる?本名や結婚してる相手は誰?

トトロ さつき 声優

あらすじ【となりのトトロ】 小学生のサツキと幼いメイは、父と一緒に田植え頃の農村へ引っ越してくる。 引越し先の空き家には小さな黒いオバケが沢山住んでいた。 それは子供にしか見えず、害もなく、人が住み始めるといつのまにか居なくなるという。 二人は入院している母に、オバケのことを報告する。 母がオバケ嫌いであることを心配したが、少しも怖がらずに「自分もオバケに会いたい」と言ってくれる母を見て、二人は母が早く退院して一緒に暮らせることを願う。 サツキが小学校に通う日がやってくると、1人で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物を見つける。 その生き物を追いかけて森に入ると、そこにはずっと大きな生き物が寝転んでいる。 メイはサツキや父にもトトロを見せようとするが、トトロが寝ていた場所が見つからない。 本当にトトロを見たと言い張るメイに、父は「トトロはきっと森の主で、いつでも会えるわけではないのだ」と優しく諭す。 梅雨の季節となったある夜、サツキとメイが森にあるバス停で父の帰りを待っていると、そこにトトロがやって来る。 サツキがトトロに傘を貸してやると、トトロはお礼に木の実を渡し、バスの姿をしたネコ(ネコバス)に乗って行ってしまう。 二人は木の実を庭にまいたが、なかなか芽が出ない。 すると二人はトトロの夢をみる。 夢の中で木の実は巨木へと育ち、二人はトトロと共に空を飛ぶ。 目が覚めると巨木は消えていたが、かわりに小さな芽が生えていた。 それを見た二人は、夢だけど夢ではなかったと大喜びする。 夏となったある日に、二人がトウモロコシを収穫していると、病院から突然の連絡が入る。 母が体調を崩してしまい退院が延びるというのだ。 不安になったサツキは母が死ぬかもしれないと泣き出し、それを見たメイは1人で病院に向ってしまう。 村中でメイを探すが見つからない。 途方にくれたサツキがトトロに助けを求めると、トトロがネコバスを呼んでくれる。 サツキを乗せたネコバスは風のように走り、道に迷っていたメイを見つける。 メイは母にトウモロコシを持って行きたかったという。 ネコバスは二人を病院に連れて行く。 そこには元気そうに父と話す母の姿があり、それを見た二人は安心する。 母が二人の気配に気づくと、そこにはメイが持ってきたトウモロコシが置かれていた。 実際に検証して結果や、スタジオジブリからの異例の発表により、あくまで「都市伝説」であることが判明しています。 ・映画後半からメイとサツキの影がなくなっている ・病院まで行ったのに、トウモロコシだけを置いてお母さんに会わない ・エンドロールが二人の回想シーンのみ 成長した姿が見られない 影問題については、演出上の理由。 お母さんに会わなかったのは、二人がお母さんの元気そうな姿を見たことで、「大丈夫みたいだね」と安心します。 そこで、 今までお母さんに甘えていた幼い姉妹がちょっとだけ成長した様子を表現している。 回想シーンについては、回想シーンではなく、しっかりとその後のシーンとなっています。 よく見ると、背景には枯れ葉が舞っており、「5月に引っ越してきて夏にトトロと出会い、秋を迎える」という物語の時系列にも合致しています。 真相は・・・・・ トトロは純粋な子供達にしか見えません。 めいを目指すネコバスが「墓道」を通る。 ということは、ネコバスは魂を運び、メイの元へサツキを届けるのではないか?話題になりました。 実際には、となりのトトロの舞台となった地名を入れているだけ。 とのこと。 その狭山丘陵付近である、埼玉県・狭山市で実際に起きた事件が「となりのトトロ」のモチーフになっているのではないか?という都市伝説です。 その事件は、姉妹の妹が誘拐され殺されるという事件。 ・その事件後に、行方不明になった妹を必死に探す姉の姿が目撃されている ・妹の遺体が見つかった時、姉は錯乱状態に陥り「猫のお化けを見た」「大きな狸に会った」などの謎の言葉を発したらしい トトロと類似している部分が多いですね。 しかし、妹を探す姉の姿や、狸のお化けを見た。 といった記録は残っておらず、「こじつけ」のようです。 実際には、トトロを作った宮崎駿監督の幼少時代に迷子になった経験や、近所で行方不明になった子供を探していたら、別の場所でただ遊んでいただけ。 といった幼少時のエピソードから思い付いたストーリーです。 安心してくださいね! スタジオジブリからの異例のコメント みなさん、ご心配なく。 トトロが死神だとか、メイちゃんは死んでるという事実や設定は、「となりのトトロ」には全くありませんよ。 最近はやりの都市伝説のひとつです。 誰かが、面白がって言い出したことが、あっという間にネットを通じて広がってしまったみたいなんです。 「映画の最後の方でサツキとメイに影がない」のは、作画上で不要と判断して略しているだけなんです。 みなさん、噂を信じないで欲しいです。 …とこの場を借りて、広報部より正式に申し上げたいと思います。 (ジブリ公式サイト「いつものジブリ日誌」より あまりにもどうなっているんだ?との問い合わせが多く、異例のコメント発表がありました。 これで安心できますね!! でも、あくまで「都市伝説」ではありましたが、少々怖い話ではありましたね。 「となりのトトロ」を楽しむチョットした味付けになればうれしいです^^ では、ごゆっくり!.

次の