コロナ マヌカ ハニー。 「マヌカハニー(ハチミツ)がコロナ予防に効く」はデマ!【林修の今でしょ講座】|ゆみログ

今こそ食べたいマヌカハニー。新型コロナウイルス対策になるって本当?

コロナ マヌカ ハニー

世界中が新型コロナウイルスで大変な中、健康維持のために毎日せっせと摂取しているモノがある。 マヌカハニーだ。 日本で人気沸騰中のマヌカハニーであるが、オーストラリアやニュージーランドでは普通に売っているやや高めのはちみつにすぎない。 ニュージーランドのマヌカ(マオリ語:Manuka)とオーストラリアのジェリーブッシュ(英語:Jelly bush)は同じフトモモ科ネズモドキ属のギョリュウバイ(学名:Leptospermum scoparium)という灌木の一種。 オーストラリア南東部とニュージーランドに自生し、南半球では春から初夏にかけてピンクや白の花を咲かせる。 (ジェリーブッシュの花。 ブライトンビーチ付近の海沿いのサイクリングロードにて撮影。 どこにでもある。 但し開花期間が6週間程度と短いため収穫量が限られている。 ) その蜜は古くから原住民の間で薬用効果のあることが知られ、治療に用いられてきたという。 オーストラリア産とニュージーランド産の差異については、オーストラリア産の方が甘くてなめらかという意見もあるようだが、生産者と気候によりさまざまであるというのが真相のようだ。 ただニュージーランドは『マヌカハニー』の名称をオーストラリアに使われることが気に食わないらしいが。 以前住んでいたオーストラリアではオーストラリア産もニュージーランド産も安価に入手できたので日常的にいろいろ試していた。 人それぞれの考えがあると思うが私の経験をちょっとだけご紹介することにしたい。 1.ニュージーランド産マヌカハニー ニュージーランド産の有名ブランドといえばCOMVITA(コンビタ)。 高品質と薬用効果の高さで知られている。 色は通常のはちみつのように透明ではなく、キャラメルのような色。 とても甘いが少々薬っぽくて、いかにも効きそう。 一日一さじ、摂取することにしている。 (今のところ日本でも買えます。 ) 2.オーストラリア産マヌカハニー オーストラリア産はニュージーランド産と比べてお手頃価格が多いようだ。 一番使いやすいのがオーストラリアのスーパーでどこでも売っているCAPILANOブランドのマヌカハニーである。 CAPILANOのマヌカハニーには濃さの異なる何種類かある。 但し、このクラスの濃度では新型コロナウイルスには全く太刀打ちできなさそうだ。 3.濃度の単位 マヌカハニーを選ぶ際、戸惑いがちなのは、UMF、NPA、MGS、MGOと濃度(抗菌レベル)の単位/表記がばらばらでよくわからないことだ。 (1)UMF UMFはマヌカハニーの抗菌活性力を示すために誕生した最初の規格。 そして、UMF数値は、殺菌作用の度合を、同等の殺菌効果を持つフェノール消毒薬の濃度で示したものだ。 UMFHA(Unique Manuka Factor Honey Association、UMFはちみつ協会)という審査機関が認めた商品にのみUMF数値が表示される。 COMVITAやSTEENSはこれに加盟していることで『正統性』を主張しているわけだ。 (2)MGO 1キログラムのマヌカハニーに何mgの"Methylglyoxal"(MGO: メチルグリオキサール)が含まれているかを示す規格。 最も科学的でわかりやすい表記である。 ドイツのドレスデン工科大学のトーマス・ヘンレ教授が2008年に抗菌性物質MGO(メチルグリオキサール)を発見した。 同時に、メチルグリオキサールはマヌカの花に含まれているのではなく蜂が花蜜に酵素を加え巣の中で熟成される過程で生成されることもわかった。 (3)NPA Non-Peroxide Activity(過酸化水素以外の効果)の略称。 一般的なはちみつにも殺菌効果のある物質である過酸化水素が含まれているが、それ以外の殺菌効果のある物質を測定する。 結果的にMGOと同様に、ほぼメチルグリオキサールの濃度を測定することになっている。 従って、NPA規格はUMF規格の数値とほぼ同等と解釈してよい。 違いは上記UMFHAという協会のお墨付きがないことである。 味もハチミツらしくて美味しい。 ~~~~~ 朝昼晩と栄養のある食事をとって、睡眠をよくとって、室内でNHKの体操などで身体も動かすなどして、それぞれのやり方で頑張ろう! 関連記事(おいしいもの):.

次の

【マヌカハニーで免疫力を高めよう】コロナウイルスの対策と予防

コロナ マヌカ ハニー

【目次】• コロナはウィルスであって細菌ではない コロナウィルスは、そもそも 「ウィルス」であって 「細菌」ではありません。 ここを正しく理解しておかないと、ネットのエセ情報に踊らされてしまいます。 細菌とウィルスの違いについて簡単に説明します。 細菌とは 細菌とは、人の目には見えないごくごく小さな生物のこと。 ご存知の通り、人の腸内には腸内細菌が沢山いますし、皮膚にも皮膚常在菌、口の中にも口腔細菌が沢山います。 これらの細菌は、人に悪さをするものもあれば善玉のものもいます。 悪い細菌が繁殖してしまうと、食中毒や炎症などの病気になります。 ウィルスとは ウィルスとは、細菌の50分の1ほどの非常に小さいものです。 ウィルスが「生物」であるかどうかは議論が分かれている所で、最大のポイントは 「繁殖能力を持たない」ところです。 細菌は細胞分裂によって繁殖しますが、ウィルスは自前の繁殖能力を持たず、細菌などに入り込んで繁殖機能を乗っ取ることで増えていきます。 このウィルスが体内で大量に繁殖すると、風邪や肺炎などの病気になります。 ここをしっかり理解しておいて下さい。 コロナウィルスとマヌカハニーの研究結果は無し 現時点で、新型コロナウィルスに対するマヌカハニーの効果を調べた研究結果は見つけられませんでした。 新型コロナウィルス自体が、2020年に入ってから注目されたものなので当たり前ですよね。 このため、新型コロナウィルスに対してマヌカハニーが効くかどうかの科学的根拠は無いという事になります。 ただし、科学的根拠が無い=効かないという事にはならないので、効く可能性はあるかも知れません。 インフルエンザ予防にはマヌカハニーは効く可能性 新型肺炎と同じく、毎年大流行する 「インフルエンザ」に対しては、マヌカハニーによる予防効果が検証されています。 日本ではちみつと言えば山田養蜂場。 山田養蜂場と長崎大学大学院の研究によると、 マヌカハニーを食べているとインフルエンザの予防に役立つ可能性があると言うことです。 蜂蜜の抗インフルエンザウイルス活性を調べるため、培養細胞に、レンゲ、アカシア、甘露、ソバ、およびマヌカを蜜源とした各蜂蜜をさまざまな濃度で加えると同時に、インフルエンザウイルスを感染させた。 この値が低いほど阻害活性が高い)を算出した。 その結果、試験した蜂蜜の中で、 マヌカ蜂蜜の抗インフルエンザウイルス活性が最も高いことが分かった。 最後に、既存の抗インフルエンザウイルス薬とマヌカ蜂蜜の併用効果を評価したところ、マヌカ蜂蜜が薬剤の効果を増強することが分かった。 先述の通り、コロナウィルスと同じくインフルエンザウィルスは 「細菌」ではありませんので、メチルグリオキサールによる殺菌力は意味がありません。 しかしそれでも、マヌカハニーはインフルエンザに対する高い抗ウィルス作用を示したという事。 注意なお、これはあくまでも 「予防」であって 「治療」ではありません。 日常的にマヌカハニーを食べていることで、インフルエンザなどのウィルス性の病気を「予防」する可能性があると言うことで、既に病気になった人に対する治療にはなりませんのでご注意下さい。 風邪や肺炎の症状が出たら、すぐに病院に行って診察を受けてくださいね。 マヌカハニーの殺菌力について マヌカハニーとは、ニュージーランド原産の 「マヌカ」という花を使って育てたミツバチから摂れる蜂蜜のこと。 古くからマヌカハニーには強力な殺菌力がある事が知られており、その効果は科学的にも解明されています。 マヌカハニーの殺菌力の秘密は 「メチルグリオキサール」という物質で、これが蜂蜜中にどのくらい含まれているかで、マヌカハニーの等級が決められています。 マヌカハニーの等級には2種類あります。 どちらもマヌカハニーの殺菌力を示す指標であるため、下に対応表を参考にして下さい。 UMF MGO 主な用途 UMF5+ MGO30+ 普通のハチミツと同じ調味料として UMF10+ MGO100+ 毎日食べて風邪予防・喉のケア・花粉症予防 UMF15+ MGO250+ 消化不良の時などに UMF20+ MGO400+ 風邪を引いたとき、喉が腫れたときなどに UMF25+ MGO550+ ピロリ菌・慢性的な胃腸炎などに UMF39+ MGO1100+ 最高レベルのマヌカハニー 潰瘍性大腸炎・がんの転移阻止など医療にも使われる 【マヌカハニーの選び方】 経済的な問題もあるので、毎日食べるのであればMGO220~550くらいが一番良いですね。 家で毎日食べているのは、ヴィダーヴィのMGO300+がコスパも良くて最近のお気に入りです。 ヨーグルトやトーストにちょっと付けたり、スプーンで直接なめるのも美味しいですよ。 本気で健康を守りたいなら、TCN最高の ストロングマヌカハニーです。 500gで39,420円という価格ですが、特に高齢の方ならば本当に実感できますよ。 うちの90歳の祖母も、これを買って大事に食べています。 まとめ:マヌカハニーはコロナウィルス予防効果の可能性はある• マヌカハニーがコロナに効くという医学的根拠は無い• インフルエンザにはマヌカハニーで予防できる可能性はある• マヌカハニーは全般的に体にいいのでこの機会に食べる価値はある 今回の結論としてはこのようになりました。 元々マヌカハニー大好きであった我が家では、ここ数年だれもインフルエンザにならないし、コロナ対策としても食べる価値はあるんじゃないかと思っています。 石田ゆり子さんも、元々マヌカハニーの効果を感じていたから日常的に食べているだけで、 「コロナにも効いたらラッキー」くらいのものだと思います。 ただ、これでマヌカハニーブームになって売り切れちゃったら困りますね(笑) ちなみに、我が家が買っているMGO1100のマヌカハニーは TCNのマヌカハニーです。 ニュージーランド政府の認証を受けている会社で、実は現地ニュージーランドで日本人の方が経営している会社ですよ。 美味しいし、品質も高いと思います。 この機会に試してみる価値はありますよ。

次の

【マヌカヘルス】マヌカハニー1ヵ月摂取!効果・感想を徹底レビュー

コロナ マヌカ ハニー

なぜオーストラリアのハチミツは有名なのか オーストラリアと言えばコアラ。 コアラが食べるのはユーカリの葉とご存知の方も多いかと思いますが、オーストラリアでメジャーなハチミツはやはり ユーカリのハチミツなんです。 ちなみに日本で取れるはちみつは、アカシアやレンゲが一般的です。 ユーカリから取れるはちみつは抗菌性や、栄養価が高いと言われています。 さらに大気汚染のない広大な自然の中で育っています。 スーパーにもたくさんの種類が売っている この写真オーストラリアのスーパー、ウールワースのはちみつコーナーです。 日本のスーパーだと数種類しかはちみつって置いてないですよね。 オーストラリアははちみつの種類も豊富です。 CAPILANOのはちみつ たくさんの種類がありますが、オーストラリアで一番有名でよくみかけるのは CAPILANO(キャピラノ)のはちみつです。 可愛いハチの絵と、種類が多いのでお土産にもおすすめです。 コアラもよく買います。 好きなのは四角いチューブタイプのもの。 面倒くさがりなので、ビンタイプだと毎回毎回スプーンを使うのがめんどうだし、 三角っぽいチューブだと残り少なくなった時にひっくり返してもなかなか中身が出てこないんです。 四角いチューブタイプが最強です!! マヌカハニー マヌカの花から採取されたはちみつで はちみつの中でもさらに強い殺菌・抗菌・抗炎症作用を持つとされ人気です。 有名なのはニュージーランドですが、オーストラリア産のマヌカハニーも取れます。 オーストラリアのスーパーにもマヌカハニーが何種類か売っています。 先ほど紹介したキャピラノからもマヌカハニーでてますね。 オーストラリアだとジェリーブッシュハニー?? マヌカハニーのマヌカってニュージーランドのマオリ語です。 同じ木はオーストラリアにも生息しているんですが ジェリーブッシュまたは ティートゥリーの名で知られています。 マヌカの木ってティツリーなの?って思われた方結構いるんじゃないでしょうか。 ティツリーといえばその殺菌効果で有名です。 ですからオーストラリアの製造者は、この花から採れたはちみつに、以前はジェリーブッシュ・ハニーあるいはティートゥリー・ハニーという名称を用いていました。 でもマヌカハニーが有名だから同じ木ならマヌカハニーってパッケージに書く方が売れそうでしょ? ということで、ニュージーランドとオーストラリアはマヌカハニーの名称を巡って揉めているそうです。 マヌカハニーの値段の違いとは? お土産屋さんだと、50ドル以上するものがあれば、スーパーだと10ドルくらいのマヌカハニーもあります。 パッケージに 同じMANUKA HONEY と書いてあるけどこの違いは何でしょう? それはMGOです。 MGOというのは抗菌作用をもたらす生理活性物質の食物 メチルグリオキサ-ルのことです。 この数値が高いとより殺菌効果が高いと言われています。 十分な殺菌作用というには少なくともMGO100、MGO250くらいあるのがベターなようです。 リンク マヌカハニーを超える!?ジャラハニー はちみつといえばマヌカハニーが知名度が高いんですが、 実はオーストラリアにはマヌカハニーを凌ぐとも言われる殺菌効果が期待されるジャラハニーがあります。 『ジャラハニー』はジャラの木から採れるのですが、 ジャラの木は西オーストラリア州南部にしか生息していません。 ジャラの木もユーカリの一種です。 ユーカリというとコアラが葉を食べているというイメージが強いかと思いますが 実は種類も多く約600種もあります。 ちなみにコアラが食べるのは12種ほどで、好みのユーカリしか食べません。 ジャラハニーはシドニーのスーパーではほとんど見かけません。 お土産屋さんや、通販で売っています。 はちみつは、金属に触れると変質してしまいます。 ハニーディッパーや金属以外のスプーンを使いましょう。 だからはちみつの写真っていつも木製のスプーンが使われているんですね! はちみつレモン 栄養価の高いはちみつですが、 唯一の弱点がビタミンCが含まれていないこと。 はちみつレモンなら一緒に美味しく栄養が取れます。 はちみつレモンを作る時は、 皮ごと使うのでオーガニックの物を選ぶようにしましょう。 まとめ 今回は、殺菌力の高いオーストラリアのはちみつを紹介しました。 コアラも普段からちょっと風邪の引き始めかなと思ったらはちみつを舐めるようにしています。 コロナウィルスにしても、風邪のウィルスにしても抗菌効果の高いはちみつを取り入れて予防しましょう。 そしてもちろん、手洗いうがいも忘れないように〜!.

次の