テニスフットワーク。 コーチから見たフットワークの軽い人と遅い人の違い

ボレー 基本のフットワーク

テニスフットワーク

ストローク時はフットワークを常にする。 相手とラリーをするときに自分がボールを打ってから、次のボールが来るまでの時間に 右足と左足を交互に動かしてリズムをとっておくことがストロークを安定させるために非常に重要です。 リズムをとらないで、打ったあと次のボールがくるまでじっと待っていた場合 ストロークを打つタイミングが非常に取りづらくなり 振り遅れや打点が前になりすぎる原因になります。 練習では、相手が自分に向かってストロークを返してくれようとしているので 常にフットワークをとらなくても打ちやすいボールが返ってきます。 実際の試合やゲーム形式の練習になると、誰も私にめがけてボールを打ってきてくれません。 むしろ私のいないところにボールは飛んで行きます。 フットワークをとらずにそのまま走って打つとミスする確率がとても高くなります。 リズムがないので、フォームが一定でなくなり、その時の調子や気分によってストロークの 威力やコントロールが乱れやすくなります。 大坂なおみさんの調子のいい時はリズムがとても良い。 ストロークを打つ時のリズムって文章で示すのはなかなか伝わりにくいです。 大坂なおみさんのプレーが非常にわかりやすいです。 リズムが崩れます。 肩に力が入ります。 フォームが崩れます。 ほんのわずかなことです。 ボールが来る前にしっかり素早くテイクバックをとってボールを待ち構えて しっかり打つ。 でも、ボールを待ってしまうと肩になぜか力が入ってしまうことが多いです。 大坂なおみ選手でも決めにいったストレートのストロークをサイドアウトやバックアウトするとき 若干ですが、足が止まっていることがあります。 動きながら打つとストロークのミート率は下がるのか。 動きながら打つことによって、ガットの真ん中に当たる率は下がります。 自分自身が動いていて、向かってくるボールを打つので多少はズレやすくなります。 しかし、当たる瞬間まで足を動かすことによって 肩の力が自然と抜けやすなり、素振りの自然なフォームをしやすくなります。 試合のときに一つの動きに集中しすぎるとどうしても力が入りすぎてミスしがちになります。 安定なストロークはフットワークで打つ直前までタイミングをしっかり取る。 普段の練習からぜひやってみてください。 ストロークの入る確率が上がると思います。 フットワークを取ると息が切れてしまいやすくなりますよね。 私もすぐに息が切れて疲れやすくなるので、フットワークってとりたいけどどうしても長続きできなかったんです。 持久力をつけるためにランニングをすることはとても良いことです。 息が切れにくくなるサプリメントをご紹介します。 グリコが販売している商品で、持久力アップします。 これを飲むとテニスの試合の時の息苦しさというのが随分楽になります。 息が上がってしまうとどうしてもフットワークは止まり気味になってしまいます。 いろいろな方が、その効果を実感されています。 私自身も飲み続けていると試合中のしんどい時の呼吸の粗さがすごくマシになりました。 また多くの方がその効果を実感されています。 ぜひ一度試してみてください。

次の

【テニスフットワーク基本】テニスのいいフットワークとは?

テニスフットワーク

テニスで苦手な人が多い、前後のフットワークのやり方について紹介します。 あなたは、短いボールやドロップショットを追う場面の 「前へのフットワーク」に自信ありますか? フットワークの練習というと、「横の動き」である左右への動きはよく練習しますが、 「縦への動き」である前後の動きはあまり練習する機会がありません。 前の短いボールを追うときに、ただ前にまっすぐ走るだけではうまく打てません。 フットワークで人と差をつけたいのならば、前方向への動きに自信を持てるようにすることです。 特に、女子のプレイヤーは前方向の「浅い」「短い」球を苦手にしていることが多いと思います。 どのように前へ走って行くべきなのかのコツを 2パターン、ご紹介します。 この記事の目次• テニスコートは「縦長」 テニスコートの形やサイズは、どのようなものか知っていますか? あなたのイメージするコートを紙とペンで、紙に書いてみてください。 テレビで見ているテニスコートはこんな感じです。 あなたの書いたコートもこのような形になっていませんでしたか? テニスコートのサイズや縦横の比率を正しくイメージできている人は、それほど多くはありません。 ビギナーや中級位までの方でしたら、このテレビ画像のような 正方形に近い感じで思っている方が多いようです。 テニスコートは、縦が23. 77m、横はダブルスコートの場合で10. 97mです。 下の図の水色部分がコートです。 テニスコートサイズ このコートを見て、「意外と、縦に長い!」と思いませんでしたか? この 縦の長さを使うのが、テニスの戦術としては有効です。 コートのサイズを生かすために、相手を左右に動かすよりも、長短(前後)に動かすことを狙うことでより相手を走らせることができます。 ・相手の頭上を越えて、後ろにボールを落とすような深い山なりのロブショット ・ネットの手前に落とすドロップショット などを使うことで有利に試合を運ぶことができます。 逆に、自分が相手から前後に動かされた場合にはしっかり対応できるように、どのように動いたらよいかを理解して練習で身につけるようにしましょう。 そのときにも、コートサイズが感覚として身についていると、今いる地点から目的の地点までが必要な歩数で動けるようになり、無駄な運動量を使うことなく、その後のショットをしっかり相手へ返すことができます。 左右どちらの足から踏み出すかまでの感覚をつかむには練習を重ねる必要がありますが、相手に返すだけではなくもっと良いショットを打ちたいのであれば、そこまでの感覚をつかめるように意識して練習することが必要です。 テニスコートのサイズについては、こちらの記事をどうぞ 前へのフットワーク 相手から前後に動かされた場合のうち後ろ方向への対応についてはスクールのレッスンなどで練習する機会があるかもしれません。 ロブショットに対してスマッシュやハイボレーで対応する練習はスクールでもやっています。 けれども、ネット近くの短いボールへの対応といった練習はあまりされません。 前に行く練習としては、相手のボールが短くなったチャンスボールやアプローチショットの練習はしても、全力で走らなければ取れないボールへの対応といった練習はあまりされていません。 短いボールを使われても対応できるように、 「 前へのフットワーク」をご紹介します。 ネット近くへの短いボールやドロップショットのようなボールを追うフットワークには、 2つのパターンがあります。 ただ走るだけでは NG ただ全速力で真っすぐ走るだけということにならないように、前のボールに追いついてその球を正確に打つためにはどういう風に走れば良いのか説明します。 余裕を持って追いつける場合とギリギリで追いつく場合では、それぞれのフットワークがありますので、順番に解説していきます。 前へ行っても余裕がある状況 最初にご紹介するのは、前へボールを追いかけていってもまだ余裕がある状況の場合です。 走り始めは良いのですが、動いていってボールに近づいた時には、腰を起こした真っすぐの姿勢で前へ移動し、そのままボールの横に入って打つ。 これが、余裕のある時の姿勢です。 前へ走る時には、あまり「 頭が下がらない」ように気をつけましょう。 前へ走っていった時に、あまり前のめりの姿勢になってしまうと、その姿勢からボールの横に入って打つことはしづらくなります。 ・最初は前へまっすぐ走って良いのですが、ボールに近づいたら「回り込むように」してボールへ近づくようにします。 ・打つモーションに入ったら、クロスステップ、サイドステップを使って打点の調整をします。 実際のフットワークの使い方 ギリギリ追いつく状況 ボールへ追いつくのがギリギリとなってしまうような状況については、また別のフットワークを使います。 その場合には、短距離走の「よーいドン」のようなイメージです。 姿勢を低くして、頭を少し前にすることで加速します。 といっても、それをやりすぎてしまうと転んでしまいますが… 厳しい球に追いつくための姿勢としては「腰」がポイントです! 次のような姿勢を意識します ・腰はある程度低く落とす。 ・腰が前足よりも出ないようにする 「腰」がポイント 腰をポイントとするのは… 腰が折れ曲がると、走っていく時に膝が上がらないので前へ早く進めなくなってしまうからです。 頭が前にあって、足よりも腰が後ろにある「バランスの取れた」状態で走っていくようにしましょう。 この状態で、ベースラインからネットまでの 12m位の距離を「短距離走」のようにして早く走っていってボールに追いつくようにします。 よく見かけるのが、下の画像のような状態です。 短距離走者のように「胸を出していく」イメージで走ってみてください。 短距離を急いで走るときに、通常はこの姿勢をしていないのでは? 下の画像を見ていただくとわかると思うのですが 早く走る=腕を振る です。 ボールに追いつけない人は腕を振って走っていないのが原因かもしれません。 「走る」ことに慣れていないと、腕を振って走るということが難しく感じることも多いようです。 ボールにいつも追いつかないというのなら「腕」を意識してみてください。 ボールを打つ間際にラケットを持って、それまではラケットをリレーのバトンのように持って走るようにしましょう。 (実際のフットワークの使い方) 最初は低い前傾姿勢 徐々に腰を立てていく 腕を振って走る 走りながらラケットセットに入る ボールに追いついたら、背筋を立てて 最後の姿勢では、足を大きく開いて背筋をまっすぐ立てることで上体のブレをなくして、できるだけふだん打つ時の姿勢で打つようにします。 ボールに追いついた後、頭が下がってしまっている方も多く見受けられます。 最後まで、前かがみにはならないぞ!とここはガンバって。 姿勢が崩れないことで、膝が折れ曲がりやすくなりますので、最後まで打点の調整ができます。 下の動画内では、河合幸治校長がデモンストレーションしています。 「前へのフットワーク 縦の動き 2パターン」 Tennis Rise テニス・レッスン動画 「前」は女子プレイヤーの弱点 女子の中には、前への対応を苦手としている人が多くいます。 シングルスプレイヤーならば一人でコートをカバーする意識が高いかと思いますが、女子ダブルスをメインでやっていると、短いボール、浅いボールへの対応に自信がないことが多いようです。 両手バックハンドで打つ女子でバックハンド側で浅いボールを処理するのが苦手で、ボールを浮かしてしまう、もしくは追いつけないというシーンをよく見かけます。 片手バックハンドとくらべて、低いまたは高いボールは両手バックハンドの方がしっかり打てるのですが、 遠いボールは両手の方が不利です。 浅いボールが来てもしっかり対処して、そこからでも攻撃できるように練習をしておきましょう。 ボールへの最初の反応が早ければ、足が遅くてもカバーできます。 前のボールに対しての反応をよくするためには、予測を立てられるようにすることも必要です。 相手の打つボールへの予測 相手が打ってくるボールを予測する一つの方法は、相手が打つ直前のラケット面を見ることです。 どの位の回転、スピード、強さ、コースかを打つ直前のラケットの構えや向いている面である程度予測します。 知っている相手であったり、初めての相手でもゲームがある程度進んでくると相手の傾向がつかめてきます。 そうなると、こういう時にはこのコースが多いなどの試合中のデータで、 可能性の高いコースはどこかという予測を立てます。 これらの予測から、 1歩めの反応を速くすることができます。 走るコースの予測 相手がボールを打つポイントからボールがバウンドする位置をまず予測します。 そして、 自分がいる位置からバウンドする位置までの最短距離はどこかを瞬時に予測することで走り出しの反応を早めることができます。 こうした予測をする意識を日頃から持って、反応速度を高めていきましょう。 自分の試合の時だけでなく、人の試合を見るときも自分が試合をしているつもりになって予測をすることで「予測」する力をアップすることができます。

次の

テニスで軽やかに動くためのフットワーク!バックフットとは何か

テニスフットワーク

Vol. 1 フットワークの新発想・新常識 上巻 総論 足が遅くても素早いフットワークはできる スピードは頭でカバーできる テニスをしているところを見て、「あの人すごく足が速いよね」と言われる人でも、普通に50m走をすると、それほど速くないということがよくある(そういう人はプロ選手にもいる)。 なぜなら、テニスでのフットワークの良さ(コートカバーリング能力)は、単に足の速さだけで決まるものではなく、ポジショニングや予測によっても大きく変わるものだからだ。 逆に、ポジショニングや予測さえ良ければ、足が遅くても、動きが素早いように見せることは可能なのだ。 とくにダブルスでは、1人が動く距離は少なく、スピードに自信がなくてもまったく問題はない。 つまり、足の遅さは、頭脳でカバーできる。 今回の特集では、そのための知恵や心構えについても、たっぷりと解説していく。 ショット自体に関係してくる部分も多い そして、もうひとつ忘れてはならないのは、フットワークとは、単に移動することだけではなく、ショットの成否にも大きく関係してくるということだ。 それは、下イラストのようにリズムを作るという意味もあれば、ショットの安定性にも関わってくるし、球種の打ち分けや駆け引きにも関係してくる。 そうしたさまざまな要素を総合して、フットワークの新発想・新常識について考えていこう。 左図はテニスコートのサイズを正確に示したものだが、思ったよりも細長いと感じる人が多いのではないだろうか(簡略な図では縦を縮小していることが多い)。 シングルスコートの横幅は8. 23mで、その半分は4mちょっと。 つまり、普通は4〜5歩動けばだいたいのボールに届くため、単純な足の速さで大きな差がつくことはないわけだ。 フットワークはリズム合わせでもある では、ここからは具体的な各論に入っていこう。 まず最初は、ショットの威力や安定性にも関わってくる要素について。 タイミングやリズムは足でとるのが基本 総論でも触れたように、フットワークとは、移動することだけが目的ではなく、リズムやタイミングを合わせるという意味も大きい。 というより、タイミングやリズムは、足でとるのが基本と言ったほうが良いだろう。 テニスのショットは、すべて全身運動であり、基本的にほとんどが足から始まるため、足でリズムを作るのが、もっとも効率良く、かつスムーズに全身運動につなげやすい(つまり身体全体を使って打てる)のだ。 したがって、3歩で届く距離なら3歩だけ動けば良いということではない。 余裕があっても、足を小刻みに動かしながらリズムをとること(イラスト下)が大切なのだ。 具体的な動きとしては、下の連続写真のように、両足で軽くぴょんぴょんと跳ねるようにしながらリズムをとるのが望ましい。 ボクサーのような軽やかに跳ね回る動きをイメージしていれば、ボールに対する反応も自然に良くなってくるはずだ。 テニスのフットワークでは、ボールを待つ余裕があるときでも、足を小刻みに動かして足でリズムをとることが大切だ。 イメージとしては、ボクサーのような軽くぴょんぴょん跳ねるような動き方が理想であり、「腰を落としてじっくり構えて待つ」というような感覚は必要ない。

次の