写真 漫画 加工。 写真を漫画の一コマに変換する!無料ソフトGIMPで簡単レタッチ

クリスタで写真を漫画背景にする!写真LT変換の基本

写真 漫画 加工

画像加工の無料サイト:写真加工. comについて 当サービスの概要 写真加工. comは 簡単に画像加工できるジェネレーター(Webアプリ)で、フリーウェア(オンラインフリーソフト)として 無料でご利用いただけます。 「基本的な画像加工・修正」から「フォトショップにも搭載されていないような画像処理」まで、様々なフォトレタッチができます。 「フレーム追加、デジカメ写真のイラスト・絵画変換」などの画像加工ソフトが人気です。 人物写真におすすめのアプリケーションもいくつかあります。 一般的なフリーソフトで必要となる「ダウンロード・インストール」は不要です。 また一般的なWebアプリで求められることの多い「登録・ログイン」も不要です。 「JPG、GIF、BMP、PNG」といった、基本的なデジタル画像の形式に対応しています。 年間ページビュー数は約2200万です。 動作対応について 当サイトはWindowsパソコン用で動作確認しています。 また「Mac等のOSが搭載されたPC」ではご利用いただけると思います。 「iPhone・Android等のスマホ」、「スマートフォン以外の携帯電話」、「iPad等のタブレット」では、 「Formによる画像送信ができるOS・ブラウザ」を用いると当サイトをご利用いただけます。 出力画像の利用について 加工済み画像の利用制限はありません。 個人でも商用(ビジネス用途)でもご利用いただけます。 「ホームページ作成(ブログ・ウェブサイト)、印刷(年賀状・ウェルカムボード)、オークション」等、何にでも自由に使えます。

次の

写真を加工してイラスト風にできるアプリ・ソフトまとめ―無料と有料

写真 漫画 加工

iPhoneでは写真を漫画風に加工するアプリが多数あり、コミスタ等のデジタル環境が整うまでは鉛筆で描いた絵をアプリで漫画風に加工し、イラレで四コマに配置してセリフを入れる…という色々と突っ込みどころ満載の描き方をしていました。 Ctrl+zの使えない世界ではもう生きていけない体になっております。 選んだ基準は、ひとつだけ。 「強制的に文字が入らないもの」です。 ちなみにiPhone5、iOS7. 4で使用しております。 KeyLife, Inc. 写真/ビデオ• 線画風カメラは写真にしか見えないですね… MANGAkit、コミックカメラはともに漫画っぽく加工はできるのですが、MANGAkitはリアルっぽさがどうしてもでてしまい、お色気ムードを作りたくても違和感が出てしまいます。 線画風カメラは文字は入力できず、写真を線画にするだけのシンプルなアプリです。 MANGAkitは一番よく使うアプリですが、写真サイズが正方形のためトリミング必須になってしまいます。 ただ背景の加工や文字、アイテム、効果は多数選ぶことができて、どちらかといえばギャグタッチの漫画に加工するのに向いています。 コミックカメラは背景の選択範囲が9種類から選択でき、選択した背景には68種類ものトーンを選び加工することが可能です。 効果的な文字も自分で入力することも雛形や素材から選ぶことが可能で、シリアスな場面や不思議な雰囲気を出すこともできます。 平和な東北の寂れた温泉宿が突如爆発するドラマチックな風景に…! その2 神社の鳥居 撮影したのは年越しな真冬の真夜中なのですが、コミックカメラを使うと真夏の昼間のようにも見せることができるのは便利だと思いました。 その3 ビルのある街並 線画風カメラ、写真にしかならねえ…! 線を太めにしてデフォルメすると多少絵っぽくはなるのだとは思いますが… MANGAkitでは青空も木の葉アイテムを散らすことと効果線や文字で暗い雰囲気を出せるし、コミックカメラでは平和なホリデイな風景も爆破。 MANGAkitはギャグっぽくなってしまうので汎用性があるのはコミックカメラ。 リアルさを追求するなら線画風カメラで加工したものをPhotoshop等でハーフトーン加工する等もう一手間必要な感じ。 コミックカメラは背景加工の選択範囲が自動のため、思い通りに選択できない事あり写真の撮り方にちょっと工夫が必要かも。 というわけで今年は背景をちゃんと自分で描けるようになることを目標にしたいと思います…! kaishaku01.

次の

写真加工.com

写真 漫画 加工

LT変換・設定画面の使い方 はじめにLT変換の設定画面を開きます。 写真の読み込み方法は をご参照ください。 レイヤーのLT変換、設定画面です。 複雑に見えますが大丈夫です。 必要事項はたったの4つです。 プレビューは設定の変更や調整にとても便利なので、 一番はじめに必ずチェックを入れましょう。 数字が小さいほど線が細く、大きいほど線が太くなります。 自身の作風にあったライン幅に調整しましょう。 矢印の方向に影ができ 線が太くなり ます。 基本は2方向で、写真の光源や好みで設定してOKです。 トーンを追加するには空白部分にマウスカーソルをあててクリックします。 全ての調整が終わったらOKを押します。 輪郭線 線画 、トーンワーク、下地のセットが1クリックで完成しました。 一見便利に見えますが、これは線画とベタが同一化して、分離できない状態です。 後々の編集がラクになります。 下準備・写真の濃度調整と解像度 ・写真の解像度 写真LT変換の精度は写真の解像度が大きく関わります。 キレイな線を出すには横幅1600px以上の 解像度が大きめの写真を使いましょう。 LT変換の前に、シーンに合わせた濃度調整を行うと良いでしょう 写真素材は色調補正で濃度やコントラストを自由に加工できます。 写真LT変換を漫画風に直すコツ クリスタの写真LT変換はとても便利な機能ですが、 そのままではリアルすぎて漫画のキャラクターに合いません。 また、厄介なことに 写真LT変換の精度や相性は写真によってさまざまに変わります。 この項目ではLT変換後の写真を漫画風に直すための様々なコツをご紹介します。 そこで、2枚の線画を組み合わせたのが以下の例です。 まずはライン幅を0に、トーンワークのチェックをはずし、 OKボタンを押して 1枚目の メイン線画を作ります。 次にライン幅を3に、トーンワークにチェックを入れて OKボタンを押し、2枚目の サブ線画を作ります。 サブ線画は必要な部分だけを抜き出し、 トーン削りブラシで補正します。 メイン線画(上)にサブ線画を組み合わせた図(下)です。 写真LT変換・仕上げ例 使用写真: 写真素材一覧は このように、二つの線画を良い所どりして、 足りない部分を補い合うことができます。 詳細は をご参照ください。 また、植物はLT変換に向かないため、全て削除して描き直すのがポイントです。 植物はブラシ素材を使えば簡単に描き直せます。 漫画素材工房のブラシ素材は写真LT変換に良く馴染みますので、 是非合わせてご利用ください。 カラー写真は各パーツが色でしっかり分けられていますが、 モノクロ画は色が少ないので、 各パーツの立体がわかりにくくなるのです。 そこで、メリハリとコントラストをしっかりつけたのがこの図です。 水面と空にグラデーション。 木々にはベタ。 建物と手前のオブジェには輪郭線を入れ、パーツをしっかり分けました。 これだけで一気に漫画らしくなったのがわかります。 使用写真: 写真素材一覧は モノクロ画の少ない色数でも、メリハリやコントラストは自由につけられます。 詳細は をご参照ください。 そこで、2枚の陰影 ベタ を組み合わせたのが以下の例です。 ・1枚目のLT変換 手前の壁と階段は良い感じですが、奥の城が真っ白で加筆が大変そうです。 ・2枚目のLT変換 奥の城は良い感じですが、手前の壁と階段が真っ黒につぶれています。 そこで2枚のベタを別々にLT変換して組み合わせることにします。 2枚のベタを組み合わせた図がこちらです。 奥と手前で丁度良い感じの陰影ができました。 使用写真: 写真素材一覧は このように、2回のLT変換で陰影組み合わせると 加筆の手間を大きく減らせます。 詳細は をご参照ください。 加筆の時間がない場合は空トーンだけでも貼り替えてしまいましょう。 クリスタに写真を読み込み、 レイヤーのLT変換で好みの線画を抽出します。 白地を透明色で削って 建物だけの白地を作ります。 白地の下に 夜空のトーンを貼り、 モスクに白フチをつけます。 空トーンを貼るだけで一気に漫画らしくなりました。 完成図 使用写真: 写真素材一覧は LT変換は写真によって精度や印象が変わるので、 仕上げ方法は写真に合わせて様々に変える必要があります。 ここに挙げたのはその一例にすぎませんが、 アイデアの引き出しは多ければ多いほど役に立ちます。 是非ご自身の作品でお試しください。 メイキングの詳細は をご参照ください。

次の