タラス 河畔 の 戦い。 高仙芝(こうせんし)とは

西暦751年

タラス 河畔 の 戦い

シルクロードの東西交易の中心、キャラバンが多く行き交ったウズベキスタンでは古来よりオアシス都市が発展し、往時の面影を現代にも残しています。 実はリヒテンシュタインと並んで世界にたった2つしかない二重内陸国 最低2回は国境を越えなければ海に出られない国 の一つですが、毎年世界中から多くの観光客が訪れ、中央アジアで最も人気が高い国です。 ツアーでは世界文化遺産に登録されている4つの都市、城壁都市ヒワ、古都ブハラ、ティムールの故郷シャフリサブス、青の都サマルカンドに加え、西部の自治共和国カラカルパクスタン、南部の仏教都市テルメズなどへもご案内します。 ウズベキスタンの最大の魅力は華麗かつ壮大なイスラム建築群。 砂漠に囲まれたオアシス都市に忽然と聳えるミナレットや、装飾タイルで飾られた壁、トルコ石のドーム天井など、「シルクロードの中央アジア」のイメージに最も近い国かもしれません。 ウズベキスタンの国土の37%を占め、独自の国旗、憲法を持つカラカルパクスタン。 紀元前4世紀頃には既に高度な文化を持っていたといわれる古代ホレズム王国がこの地に栄え、アムダリヤ川の流れと共に肥えた土地を求めて移動する度に領土の境界に城塞(カラ)を築き敵の進入から守ってきました。 現在でも共和国内に1,000カ所もの城塞(カラ)が点在して残っているそうです。 また、ムイナクでは砂漠に船という奇妙な光景が見られます。 この光景が誕生したのは20世紀最大の環境破壊といわれるアラル海問題に端を発します。 1960年ごろまでは日本の琵琶湖の100倍、世界第4位の大きさを誇っていた湖・アラル海の南部の港町として、ムイナクは漁業で栄えていました。 しかしながら、ソ連時代に綿花栽培などの灌漑農業用として、アラル海に注ぎ込む2つの大河川アムダリヤとシルダリヤから大量の水を引いたため、信じられないようなスピードで干上がってしまいました。 結果、たった半世紀でアラル海の面積は約5分の1に縮小し、水量も約10分の1となってしまったそうです。 かつての港に停泊していた船が座礁して残骸が現在も取り残され、不思議な光景が生まれることとなりました。 ユーラシア旅行社の中央アジアツアーでいく、トルクメニスタン もともとペルシャ帝国の支配下にあったソグディアナの地(ウズベキスタンとタジキスタンの一部)に、紀元前4世紀、アレクサンドロス大王は東方遠征を行い、「最果てのアレクサンドリア」を建設しました。 やがてソグド人がシルクロードの東西交易で活躍するようになり、中国に至る各地にコロニーをつくります。 インドでおこった仏教はソグディアナを経て、中国、日本へと伝わりますが、彼らも伝播の役割を担ったことでしょう。 しかし、イスラム勢力がソグディアナへ侵攻してくると、ソグド人は世界史の表舞台から姿を消しました。 様々な民族、宗教が交わり地層のように積み重なったタジキスタンは、歴史の浪漫溢れる地といえます。 この度、外務省の海外安全情報の危険レベルが一部引き下がり、8年ぶりにタジキスタンにご案内できることになりました。 ぜひ中央アジアのハート、タジキスタンへお出かけください。 ユーラシア旅行社の中央アジアツアーでいく、カザフスタン・キルギス 世界最大の内陸国であるカザフスタン中央部の交通の要衝でもあるヌルスルタン(旧アスタナ、カザフ語で首都を意味)は、1997年にカザフスタン最大の街アルマトイから遷都されました。 この都市を設計したのは、日本人建築家・故黒川紀章氏です。 遷都1年後に行われた国際コンペで1位に選ばれた彼の都市計画プランに従ってヌルスルタンは進化を続けており、都市全体の完成は2030年とされています。 近未来的なデザインの建物が次々に設計され未来都市と呼ばれるようになった背景には、かつて中央アジアを支配下に置いていたソビエト連邦からの独立の象徴として、また21世紀型の最先端の都市を建設することによって、世界にカザフスタンの存在をアピールするという目的があります。 2021年以降の設定をお待ちください。 *ご旅行金額につきまして* 旅行代金は全て総額表示です。 空港税・宿泊税や燃油サーチャージは追加徴収いたしません。 出発前の大幅な追加請求や空港税・宿泊税の支払いのために旅行中に手元の残金を気にかける必要がありません。 また、「キャンセル料半額制度」、「リピーター割引制度」も設けており、現在「早期割引キャンペーン」を実施中です。 詳しくはをご覧ください。

次の

高仙芝(こうせんし)とは

タラス 河畔 の 戦い

概要 [ ] タラス川は、の北西麓に源流を発し、カラコル川( Karakol)とウク・コショイ川( Uch-Koshoy)が合流してタラス川となり、から流下する小河川を集めて国内のタラス渓谷()を西に流れ、同州の州都周辺で流路を北に転じ、国内にはいってなどカザフスタン南部のを通過して北西に流路を転じ、("Lake Aydyn"、)に到達する前の低位帯での地中に消える。 水源は、毎年、12月から3月にかけてつくられてきたであり、河川流量は4月下旬から9月上旬に最大に達する。 上流部の平均流量は毎秒15. 7立方メートルである。 としての使用は容易ではなく、キルギスのキーロフスコーエ( Kirovskoe)にはキーロフ貯水池が建設されており、にはも使用される。 また、タラス川ではもおこなわれている。 タラス川一帯は、古来より東西交易の要衝であり、『』では「怛羅斯」と表記され、ではタラーズと呼称された。 流域最大の都市は、、系のによって都が置かれた。 流域 [ ] 流域は、ほとんどが砂漠、、に覆われている。 川は灌漑のためにせきとめられており、水資源としてはが重要である。 キルギスとカザフスタンの両国は、乾燥地域における水資源問題を解決していくために、 Chu-Talas River Basins Commission(・タラス川流域委員会)を設けている。 歴史 [ ] 西匈奴の「都頼水」 [ ] 時代のタラス川流域はによる大帝国の支配するところであったが、後継者争いによって内紛が生じ、には東匈奴のと、その兄で堅昆(キルギス)に移った西匈奴のとに分裂して互いに対立した。 呼韓邪単于は漢に入朝し、自ら臣と名乗ったため、漢王朝はを単于に嫁がせた。 郅支単于も当初は漢に入朝したが、のちに漢に対抗し、周辺の諸民族を攻めて併合した。 の王とも関係を結んだが、やがて康居が礼を尽くさなくなったと感じると、娶った康居の王女や貴人、人民数百人を殺害し、死体を切断して都頼水に棄てた。 また、には、郅支単于は人民を徴収して都頼水のほとりにを築造させたと記される。 この「都頼水」はタラス川に比定される。 タラス河畔の戦い [ ] 、キルギスのタラス近郊で、の安西四鎮であったと軍との間でが起こっている。 この戦いは、高仙芝が(シャーシュ)を攻略したことに始まった。 両軍はともに数万の大軍勢で戦ったが、テュルク系の一部族で唐に来朝していた(葛邏禄)が唐を裏切ってアッバース軍に寝返り、唐軍は大敗した。 これにより、唐がから後退し、このときとなった中国人がの製法を西方に伝える契機となった。 タラスの会盟 [ ] タラスはまた、におけるでの側についたが、にの首領と()の代表と会盟し、分割の提案とともに、反の同盟を成立させた地でもあった。 脚注 [ ] [].

次の

カザフスタン旅行・ツアー・観光特集~中央アジア、遊牧文化の残る天山山脈の麓へ~

タラス 河畔 の 戦い

シルクロードの東西交易の中心、キャラバンが多く行き交ったウズベキスタンでは古来よりオアシス都市が発展し、往時の面影を現代にも残しています。 実はリヒテンシュタインと並んで世界にたった2つしかない二重内陸国 最低2回は国境を越えなければ海に出られない国 の一つですが、毎年世界中から多くの観光客が訪れ、中央アジアで最も人気が高い国です。 ツアーでは世界文化遺産に登録されている4つの都市、城壁都市ヒワ、古都ブハラ、ティムールの故郷シャフリサブス、青の都サマルカンドに加え、西部の自治共和国カラカルパクスタン、南部の仏教都市テルメズなどへもご案内します。 ウズベキスタンの最大の魅力は華麗かつ壮大なイスラム建築群。 砂漠に囲まれたオアシス都市に忽然と聳えるミナレットや、装飾タイルで飾られた壁、トルコ石のドーム天井など、「シルクロードの中央アジア」のイメージに最も近い国かもしれません。 ウズベキスタンの国土の37%を占め、独自の国旗、憲法を持つカラカルパクスタン。 紀元前4世紀頃には既に高度な文化を持っていたといわれる古代ホレズム王国がこの地に栄え、アムダリヤ川の流れと共に肥えた土地を求めて移動する度に領土の境界に城塞(カラ)を築き敵の進入から守ってきました。 現在でも共和国内に1,000カ所もの城塞(カラ)が点在して残っているそうです。 また、ムイナクでは砂漠に船という奇妙な光景が見られます。 この光景が誕生したのは20世紀最大の環境破壊といわれるアラル海問題に端を発します。 1960年ごろまでは日本の琵琶湖の100倍、世界第4位の大きさを誇っていた湖・アラル海の南部の港町として、ムイナクは漁業で栄えていました。 しかしながら、ソ連時代に綿花栽培などの灌漑農業用として、アラル海に注ぎ込む2つの大河川アムダリヤとシルダリヤから大量の水を引いたため、信じられないようなスピードで干上がってしまいました。 結果、たった半世紀でアラル海の面積は約5分の1に縮小し、水量も約10分の1となってしまったそうです。 かつての港に停泊していた船が座礁して残骸が現在も取り残され、不思議な光景が生まれることとなりました。 ユーラシア旅行社の中央アジアツアーでいく、トルクメニスタン もともとペルシャ帝国の支配下にあったソグディアナの地(ウズベキスタンとタジキスタンの一部)に、紀元前4世紀、アレクサンドロス大王は東方遠征を行い、「最果てのアレクサンドリア」を建設しました。 やがてソグド人がシルクロードの東西交易で活躍するようになり、中国に至る各地にコロニーをつくります。 インドでおこった仏教はソグディアナを経て、中国、日本へと伝わりますが、彼らも伝播の役割を担ったことでしょう。 しかし、イスラム勢力がソグディアナへ侵攻してくると、ソグド人は世界史の表舞台から姿を消しました。 様々な民族、宗教が交わり地層のように積み重なったタジキスタンは、歴史の浪漫溢れる地といえます。 この度、外務省の海外安全情報の危険レベルが一部引き下がり、8年ぶりにタジキスタンにご案内できることになりました。 ぜひ中央アジアのハート、タジキスタンへお出かけください。 ユーラシア旅行社の中央アジアツアーでいく、カザフスタン・キルギス 世界最大の内陸国であるカザフスタン中央部の交通の要衝でもあるヌルスルタン(旧アスタナ、カザフ語で首都を意味)は、1997年にカザフスタン最大の街アルマトイから遷都されました。 この都市を設計したのは、日本人建築家・故黒川紀章氏です。 遷都1年後に行われた国際コンペで1位に選ばれた彼の都市計画プランに従ってヌルスルタンは進化を続けており、都市全体の完成は2030年とされています。 近未来的なデザインの建物が次々に設計され未来都市と呼ばれるようになった背景には、かつて中央アジアを支配下に置いていたソビエト連邦からの独立の象徴として、また21世紀型の最先端の都市を建設することによって、世界にカザフスタンの存在をアピールするという目的があります。 2021年以降の設定をお待ちください。 *ご旅行金額につきまして* 旅行代金は全て総額表示です。 空港税・宿泊税や燃油サーチャージは追加徴収いたしません。 出発前の大幅な追加請求や空港税・宿泊税の支払いのために旅行中に手元の残金を気にかける必要がありません。 また、「キャンセル料半額制度」、「リピーター割引制度」も設けており、現在「早期割引キャンペーン」を実施中です。 詳しくはをご覧ください。

次の