ラグナ クリムゾン ネタバレ 24。 【購入・感想】「ラグナクリムゾン 1巻」宿命められた竜殺しの重厚物語、そして未来への復讐の物語

ラグナクリムゾン / 小林大樹(1)、過去の自分に老いた自分の記憶を渡して、俺TUEEEEする滅竜の物語

ラグナ クリムゾン ネタバレ 24

ジャケ買いです。 予備知識ナシです。 発売日に買って、遅まきながら今、感想を書いてみようかと思います。 結論から言いますと、何度も読み返すほどの重厚かつ壮大な、大変興味深く面白いマンガだと思いました。 正直、どう書いたものかと悩むほどの作品です。 これまでこのマンガのような物語の展開を知らなかったというのもありますが。 古より存在する竜は 「魔の血族」であり、人類の天敵であり捕食者 しかし光を嫌い、そして銀を忌み嫌う 人は光と銀をもって竜に対抗する抗争の渦中にある物語 主人公 「ラグナ」は竜を 「銀」で斬り、 「太陽」で焼くことをなりわいとする 「狩竜人」。 そして、その名手のうら若き少女 「レオ」の付き人として竜退治の手伝いをしているところから物語が始まります。 ラグナはそんなレオのもとでずっと一緒にいて助けていきたい、レオのためなら死ねるとも考えていました。 しかし、それは唐突に破られる。 未来の自分、超絶凄腕になったおっさん化した自分が目の前に現れ、衝撃の事実を告げられる 「それは叶わない、お前は失う(レオを)」 ここからが怒涛の展開ですわ。 未来の自分は竜王ですらたせるだけの腕を持っていてもレオは救えなかった、失った。 その虚無の思いで過去に現れ自分の命と引き換えに、自分の命を賭して過去の自分に託して未来を変えて欲しいと現れ、そして未来の自分は死ぬ。 いあもう書くこと多すぎるほどこのマンガは内容が濃いです。 パートナーとなる 「竜王クリムゾン」も当初はメイド服ちっくな衣装の少女だったり、いろいろと見どころは多いです。 「一度読んでハイ終わり」 にはならない 重厚さ、奥深さ、深遠さがこのマンガにはあります。 原作がないのが驚きなくらい。 ジャンル的にはファンタジーでしょうけれども未来の自分が現れるというあたりで、SF的な要素もあるかと思ってます。

次の

漫画『ラグナクリムゾン』、普通に読むと面白いが抜き出すとクッソシュールになるシーン多すぎwww : あにまんch

ラグナ クリムゾン ネタバレ 24

『ラグナクリムゾン』は小林大樹先生の作品でガンガンジョーカーにて連載されている漫画です。 曰く、使い方は市民のみんなが教えてくれるだろうと…。 そして自ら立ち上がる事を決意した彼らを助けてやって欲しいのだと……!! ……少佐は涙を流し、なんていい人なんだとクリシュを称賛する。 「任せてくれ! 彼らと共に必ず勝利してみせる!」 クリシュは優秀で扱いやすい人材がいてくれた事に安堵する。 それは下の層からである。 アイザック達が成竜を待ち伏せしていた頃、下からもう一つの脅威が迫っていた。 ……貯水槽。 そこでぶくぶくと水が泡立つと、やってきた化物が姿を現す。 「やっと、出たぞオオオオ!!!」 …やたら自意識過剰でおつむがあまり良くない、ライオンのような怪物の13位階・ウルシュガルムンだ。 どうやら地中にまで大量に結界を張り巡らされたせいで、地中から賢く侵入は出来なかったようだ。 だが、血族の成者は冷静でなければならないと思い直す。 が…… 「冷痛イイイイイ!?!」 そこには当たるとその箇所が凍る、冷凍ビームのような結界が張り巡らされていた。 《溶解魔法!!!》 彼が壁を叩いて魔法を発動させると、途端に壁は融解して結界が効力を発揮しなくなる。 冷凍ビームを放っていた槍の尖った柄が背中に刺さるも気にしない。 その男は「ああ…眠いわぁ…」とあくびを漏らす。 どうも3日前に2時間仮眠を取ってから一睡もしていないらしい…。 ウルシュガルムンは大声で彼に呼びかけ、魔法陣のある場所まで案内させようとする。 「なら永眠しろォオオ!!!」 そのせいで階段にめり込んでしまう。 ……そう、うっかりころしてしまった。 流石になぜ生きているのかと動揺するウルシュガルムン。 だが、都合のいい彼は、うっかり自分がころさないように無意識に手加減してしまったんだと思ってしまう。 男は言う。 お前みたいな鬱陶しい奴が自分の魔法陣に近づくからストレスで眠れないのだと…。 「ワシの安眠のためにタヒねや」 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 数多の罠を潜り抜けてやってきたのはいいですが、そんな彼が遭遇してしまったのはヤバそうな男。 壁を砕く程の強力なパンチを食らわせてもノーダメージ…。 彼の冥福を祈ります。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

【朗報】月刊少年ガンガンの有能編集長「うおおお、ガンガン改革するぞおおおおお」←結果

ラグナ クリムゾン ネタバレ 24

『ラグナクリムゾン』は小林大樹先生の作品でガンガンジョーカーにて連載されている漫画です。 曰く、使い方は市民のみんなが教えてくれるだろうと…。 そして自ら立ち上がる事を決意した彼らを助けてやって欲しいのだと……!! ……少佐は涙を流し、なんていい人なんだとクリシュを称賛する。 「任せてくれ! 彼らと共に必ず勝利してみせる!」 クリシュは優秀で扱いやすい人材がいてくれた事に安堵する。 それは下の層からである。 アイザック達が成竜を待ち伏せしていた頃、下からもう一つの脅威が迫っていた。 ……貯水槽。 そこでぶくぶくと水が泡立つと、やってきた化物が姿を現す。 「やっと、出たぞオオオオ!!!」 …やたら自意識過剰でおつむがあまり良くない、ライオンのような怪物の13位階・ウルシュガルムンだ。 どうやら地中にまで大量に結界を張り巡らされたせいで、地中から賢く侵入は出来なかったようだ。 だが、血族の成者は冷静でなければならないと思い直す。 が…… 「冷痛イイイイイ!?!」 そこには当たるとその箇所が凍る、冷凍ビームのような結界が張り巡らされていた。 《溶解魔法!!!》 彼が壁を叩いて魔法を発動させると、途端に壁は融解して結界が効力を発揮しなくなる。 冷凍ビームを放っていた槍の尖った柄が背中に刺さるも気にしない。 その男は「ああ…眠いわぁ…」とあくびを漏らす。 どうも3日前に2時間仮眠を取ってから一睡もしていないらしい…。 ウルシュガルムンは大声で彼に呼びかけ、魔法陣のある場所まで案内させようとする。 「なら永眠しろォオオ!!!」 そのせいで階段にめり込んでしまう。 ……そう、うっかりころしてしまった。 流石になぜ生きているのかと動揺するウルシュガルムン。 だが、都合のいい彼は、うっかり自分がころさないように無意識に手加減してしまったんだと思ってしまう。 男は言う。 お前みたいな鬱陶しい奴が自分の魔法陣に近づくからストレスで眠れないのだと…。 「ワシの安眠のためにタヒねや」 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 数多の罠を潜り抜けてやってきたのはいいですが、そんな彼が遭遇してしまったのはヤバそうな男。 壁を砕く程の強力なパンチを食らわせてもノーダメージ…。 彼の冥福を祈ります。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の